六曜

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

六曜

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 

≪日本の行事と文化≫

  六輝・六曜(ろっき・ろくよう)のページです。

  六曜(ろくよう)は、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種をいいます。

  歴史
  幕末のころから、民間の暦にひっそりと記載始めた。明治時代に入って吉凶付きの暦注は
  迷信であるとして政府に禁止された。六曜だけは迷信の類ではないと引き続き記載された。
  このことから人気に拍車がかかり第二次世界大戦後の爆発的流行に至った。
  一般的な暦には広く用いれられてきたが、行政をはじめとする公共機関が作成する暦には
  使用せず、掲載を取りやめるよう行政指導を行っている機関もある。


 暦の用語→  ・年中行事   ・干支   ・六曜   ・国民の祝日と休日   ・五節句  

          ・
雑節    ・二十四節気   ・選日   
♪月齢と月の呼び名

  六曜について

先勝(せんしょう・せんかち・さきがち・さきかち)
・「先んずれば即ち勝つ」の意味
かつては「速喜」「即吉」とも書かれた。万事に急ぐことが良いとされる。
「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」と言われる。


友引(ともびき)
・「凶事に友を引く」の意味
かつては「勝負なき日と知るべし」と言われ、勝負事で何事も引き分けになる日、
つまり「共引」とされており、現在のような意味はなかった。「朝は吉、昼は凶、
夕は大吉、ただし葬式を忌む」と言われる。葬式・法事を行うと、友が冥土に
引き寄せられるとの迷信があり友引は火葬場を休業とする地域もある。
しかし六曜は仏教とは関係がないため、友引でも葬儀をする宗派(浄土真宗)がある。
火葬場での友引休業を廃止する自治体も増えてきている。逆に慶事については
”幸せのお裾分け”という意味で結婚披露宴の引き出物を発送したりする人もいる。


先負(せんぶ・せんぷ・せんまけ・さきまけ)
・「先んずれば即ち負ける」の意味
かつては「小吉」「周吉」と書かれ吉日とされ吉日とされ吉日とされていたが、字面に
連れられて現在のような解釈がされるようになった。万事に平静であることが良いとされ、
勝負事や急用は避けるべきとされる。「午前中は悪く、午後はよろしい」とも言う。


仏滅(ぶつめつ)
・「仏も滅するような大凶日」の意味
元は、「空亡」「虚亡」と言っていたが、これを全てが虚しいと解釈して「物減」と呼ぶようになり、
これに近年になって「佛(仏)」の字が当てられたものである。この日は六曜の中でも最も凶の
日とされ婚礼などの祝儀を忌む習慣がある。
「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」とも言われる。


大安(たいあん・だいあん)
・「おおいに安し」の意味
六曜の中で最も吉の日とされる。何事においても吉、成功しないことはない日とされ、
特に婚礼は大安の日に行われることが多い。しかし、本来はこの日になにも行うべき
でないとする説もある。この点で、キリスト教やユダヤ教における安息日に
ほぼ相当すると言える。


赤口(しゃっこう・しゃっく・じゃっく・じゃっこう)
・「陰陽道の(赤舌日)という凶日に由来する。
六曜の中で唯一名称が変わっていない。午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、
それ以外は凶とされている。この日は「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつける。
つまり「死」を連想されるものに注意。「万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い」
と言われる。

   
配当
六曜は先勝⇒友引⇒先負⇒仏滅⇒大安⇒赤口の順で繰り返すが、
旧暦の毎月1日の六曜は以下のように固定される。
・1月と7月は先勝   ・2月と8月は友引   ・3月と9月は先負
・4月と10月は仏滅  ・5月と11月は大安   ・6月と12月は赤口


 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】