節分の日〜恵方巻き        
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

節分の日〜恵方巻き

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

 ≪日本の文化と行事≫

 節分の日〜恵方巻きのページです
「節分」とは、前の季節が終わって次の季節に変わる、「節」を「分」ける日のこと節分「せちわかれ」とも言います。つまり、現在広く知られている立春の前日だけが節分なのではなく、立夏の前日、立秋の前日、立冬の前日も節分の日であり、かつてはこれらの日(年4回)に、その季節で溜まった穢れを祓うための節分行事が行なわれていたのです。やがて、もっとも重要な季節である立春前日の節分だけが年中行事として残り、今でも各地の有力神社では、大がかりな節分の行事が行なわれています
 節分には何をするのか

豆まき 
かつて日本では、神にお供えした白米をまくことによって厄が祓われると考えられていましたが、その後中国で行われていた「追儺(ついな)」という風習が取り込まれ、室町時代から豆を撒く風習が定着していったと考えられています。豆は鬼の目を打つ「魔目」であり「魔減」の役割を持つと言われるようになって、「鬼は外、福は内」と唱えながら鬼に豆をぶつける事で、邪気払いをするようになりました。

*豆を投げる理由・・・「追儺(ついな)」とは、災厄をもたらす悪霊・邪気を追い払う行事です

豆を食べる
・豆まきが終わったら、1年の厄除けを願い豆を食べよう。場所によっては大豆ではなく、落花生のところも。ほかには黒豆と大豆を使った豆大福など。

イワシの頭とヒイラギを戸口に挿す
焼いたイワシの頭の悪臭と、ヒイラギの棘で鬼を追い払うという風習。現在では、焼いたイワシを恵方巻きとともに食べる家庭が多いようです。
恵方巻(えほうまき)きを食べると縁起が良いとされる。大阪を中心とした風習。
恵方(吉方位)をその年の歳徳神(としとくじん)の位置する方角「恵方」に向かって巻き寿司を無言で丸かぶりする
*巻き寿司には、「福を巻き込む」という願いがこめられ、切らずに食べるのは「縁を切らない」という意味があります。
 恵方巻きの作り方と食べ方
 太巻きの
作り方
(4本分)
♪材料ほか @米・3カップA水・3カップB寿司酢・90ccCほうれん草・1/2束
Dさくらでんぶ・大さじ2
E三つ葉・適量F焼きのり・4枚Gかんぴよう・20g   
♪調味料ほかH水・2カップI上白糖・大さじ4Jしょうゆ・大さじ2
Kたまご・4個L上白糖・大さじ2M塩・少々N味の素・少々Oサラダ油・適量
 ♪下拵え
@米は炊く30分前にといでザルにあげます。水を加えて普通に炊きます。
A炊き上がったらご飯をバットに入れ、寿司酢を回しかけて、手早くあおぎながらしゃもじで切るように混ぜて、
寿司飯を作ります。
Bかんぴょうは塩少量でもみ、洗って水気を絞り鍋に入れます。
上白糖、醤油を加え、煮立ったらアクを取り弱火で汁気がなくなるまで煮ます。
C卵は溶きほぐして、上白糖、塩、味の素を混ぜ合わせます。
フライパンにサラダ油を熱して玉子焼きを作ります。巻きすで形を整えて細長く切ります。
Dほうれん草はさっと塩茹でして食べやすい大きさに切ります。

♪巻き方
@巻きすを広げてのりをのせます。上2cmほどあけて寿司飯を1/4量を広げ、その上に具材をのせます。
A具材を包むように一気に一巻きししっかり押さえます。
B切らずに盛りつけます。
 
♪恵方巻きの食べ方
@恵方巻(えほうまき)きを食べると縁起が良いとされる。
大阪を中心とした風習
A恵方(吉方位)をその年の歳徳神(としとくじん)の位置する方角「恵方」に向かって巻き寿司を無言で丸かぶりする
B関西発祥の行事。2012年の恵方は北北西!
C巻き寿司には、「福を巻き込む」という願いがこめられ、切らずに食べるのは
「縁を切らない」という意味があります。
 
  

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】