日本の四季の区分

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典      

日本の四季の区分~春

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃~ 夏5月6日頃~  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃~   冬11月7日頃~   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃~
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃~
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃~
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃~
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜~索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚~索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝~索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦~用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 

≪日本の四季≫

  日本の四季~春のページです。

春のページ
 区分  古代中国  現在
(西欧流)
 慣習的  細分した自然季節区分
(日本)
 春 立春から立夏の
前日まで 
春分から夏至の
前日まで 
3月・4月・5月 ・初春(3月1日~17日)
・春(3月18日~5月4日)
・晩春(5月5日~5月21日) 
・立春(りっしゅん)2月5日頃
冬と春の分かれる節分の翌日であり寒さが明けて春に入る日です。又、立春以降初めて吹く南よりの強風を春一番と呼び、立春の早朝禅寺では、厄除けのために門に縦書きをする左右対称になる「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣があるそうです。
・春分(しゅんぶん)月21日頃
昼と夜の長さが同じになる日です。昔の人は、この日を「自然に感謝し春を祝福する日」だと感じていました。それは冬眠していた生物が動き始め人の生活にも新しい希望と活力がもたらされる時期だからです。この日前後に、家族でご先祖様のお墓参りに行く習慣があります。

二十四節気
二十四節気とは、節分を基準に1年を24等分して約15日ごとに分けた季節の事で、1か月の前半を「節」
後半を「中」と言います。その区分点となる日に季節を表すのにふさわしい春・夏・秋・冬等の名称を付けま
した。12個の中気と12個の節気の総称で、中国の戦国時代に成立した。節気ないし二十四機とも略称する
二十四節気は現在季節の区切りとして受け取られているがその名称は今から二千何百年も昔の華北の
気候に基づいて名付けられたものであるから、日本の気候と合わないものがあっても不思議ではない。

節気(せっき)  <1カ月の前半> 中気(ちゅうき)  <1カ月の後半>
・立春(りっしゅん)2月5日頃
冬と春の分かれる節分の翌日であり寒さが
明けて春に入る日です。又、立春以降初めて
吹く南よりの強風を春一番と呼び、立春の
早朝禅寺では、厄除けのために門に縦書きを
する左右対称になる「立春大吉」と書いた紙を
貼る習慣があるそうです。


・啓蟄(けいちつ)3月6日頃
土の中で縮まっていた虫(啓)が穴を開いて
(啓いて)働き出す日のことです。この時期は
一雨降るごとに気温が上がってゆき、春に近
づいてゆきます。日差しも徐々に暖かくなって
きます。

・清明(せいめい)4月5日頃
清明とは「清浄明潔」の略で「万物ここに至り
て皆潔斎にして清明なり」という意味があり
ます簡単にいえば「満開の桜を見ると全て
のものが生き生きしているように見えるなあ
」さあ「花見だ」ということでしょうか。この頃
南の地方には、越冬のツバメが渡って
来るようです

・雨水(うすい)2月19日頃
雪が雨に変わり雪解けが始まるという
日で、忍び寄る春の気配に草木が蘇ると
言う意味があります。


・春分(しゅんぶん)3月21日頃
昼と夜の長さが同じになる日です。
昔の人は、この日を「自然に感謝し春を
祝福する日」だと感じていました。それは
冬眠していた生物が動き始め人の生活にも
新しい希望と活力がもたらされる時期だから
です。この日前後に、家族でご先祖様の
お墓参りに行く習慣があります。


・穀雨(こくう)4月20日頃

穀雨とは春の雨が全ての穀物を潤すという
意味です。農業を営む人は、この時期に
種まきをすると、食物の成長に欠かせない
雨に恵まれると言われています。
 
Copyright (C) 2015~2020  暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】