旧暦について

     
暦~本年        TOPへ      暦~過去未来 
    暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典    
      旧暦について
日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる~栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ~誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ~本年
 ・暦~過去・未来
 ・暦~誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている~
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃~
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃~
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃~
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃~
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月~野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月~魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月~貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

  ≪日本の暦≫

 旧暦(きゅうれき)についてのページです
 
 ◇この暦に記載されている~用語の解説 
旧暦について  月の朔望と潮回り(潮名・干満時刻)について
  九星について 

六輝・六曜(ろっき・ろくよう)について  干支(えと)・十干(じっかん)・十二支(じゅうにし)について  

日本の年中行事について  七五三について    五節供について  二十四節気について   雑節について

選日について  年末年始について   国民の祝日と休日について  便利な和暦・西暦早見表
 
旧暦(きゅうれき)とは、「改暦」があった場合のそれ以前に使われていた「暦法」の事である。
改暦後の暦法は「新暦」。多くの国では「グレゴリオ暦」が現行暦の為、グレゴリオ暦の前の暦法を指す。
    
 
日本の旧暦は、「天保暦(てんぽうれき)」、かつて日本において使用された「太陰太陽暦の暦法(和暦)」である。正式には「天保壬寅元暦(てんぽうじんいんげんれき)」とよびます。
これは過去に中国でも用いられた暦法にも同名の「天保歴」が存在するためである。
日本の旧暦は、広義には「太陽暦」導入以前の「日本の暦法」を指すが、狭義にはこの「天保歴」を指す。日本で公式に使用されたものでは最後の太陰太陽暦による暦法である。
 
 
「天保歴」は、今なお「占い」や「伝統行事」などで需要があり、旧暦もしくは陰暦の俗称でも用いられている但し後術するとおり、現在旧暦として使われている暦は改暦前の天保歴とわずかに異なる。
「天保歴」は、明治5年12月2日(1872年12月31日)まで使われていた。
その翌日の12月3日をもって明治6年(1873年1月1日に改められ、グレゴリオ暦(太陽暦)に改暦された。
改暦は明治5年11月9日(1872年12月9日)に布告し、翌月に実施された。
この年の急な実施は明治維新後、明治政府が月給制度にした官吏の給与を(旧暦のままでは明治6年は閏6月があるので)年13回支払うのを防ぐためだったと言われる。
 
 
旧暦の計算は、江戸時代までは京都における真太陽時により暦の計算に必要な中気・朔の日な日時を経験的に知られていた定数や周期に基づいて求めていた。
そのため閏月の付加や毎年変化する大小月(30日の大月、29日の小月)も毎年計算していた。
 
 ◇この暦に記載されている~用語の解説 
旧暦について  月の朔望と潮回り(潮名・干満時刻)について
  九星について 

六輝・六曜(ろっき・ろくよう)について  干支(えと)・十干(じっかん)・十二支(じゅうにし)について  

日本の年中行事について  七五三について    五節供について  二十四節気について   雑節について

選日について  年末年始について   国民の祝日と休日について  便利な和暦・西暦早見表

Copyright (C) 2019~2027  暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】