選日(せんじつ)

   
TOPへ暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典   日本の「桜と富士山」
  
 

選日について  

 
日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国です。
     
春2月4日頃〜  夏5月6日頃〜    日本の四季の区分 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜 
   
四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べるのも特徴。   日本の文化と年中行事など
旬の野菜索引へ  旬の魚索引へ 旬の貝索引へ 日本の暦 過去・未来の暦
         
       

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 



≪日本の暦≫

 選日(せんじつ)についてのページです。


 暦〜用語解説
  旧暦   月の朔望と潮回り  六輝・六曜(ろっき・ろくよう)   年中行事

  国民の祝日と休日  五節句   干支(えと)・十干(じっかん)・十二支(じゅうにし)

  二十四節気    雑節   選日   和暦・西暦早見表
 

選日(せんじつ)は、お日和、お日柄のこと。婚姻・移転・建築・売買・その他生活全般にわたって日の吉凶が重なる場合は常に吉日が勝る。

一流万倍日(いちりゅうまんばいにち) 一粒の種が万倍にも実という吉日で、種蒔き、開業、土地、家屋の購入に吉とされている。借金などは、逆に増える意味から大凶になる。
不成就日(ふじょうじゅにち) 何をやっても成就できない日、結婚、開店、移転は凶。
八専(はっせん・はちせん) 壬子(みずのえね)の日から癸亥(みずのとい)の日までの十二日間で結婚、神仏祭礼、建築に凶。このうち癸丑(みずのとうし)、丙辰(ひのえたつ)、壬戌(みずのえいぬ)の日は間日と言って無関係。
三隣亡(さんりんぼう) 建築関係には凶とされ、建前などを行うと三隣(隣近所)を滅ぼすと言われています。
天一天上(てんいちてんじょう) 天一神が天上へ上る時期で癸巳(みずのとみ)日から戊申(つちのえさる)日の十六日間不浄を慎む日。
十方暮れ(じっぽうくれ) 甲申(きのえさる)の日から癸巳(みずのとみ)までの十日間。この間の間日である丙戌(ひのえいぬ)、己丑(つちのとうし)の日を除いて、結婚、交渉事、移転、旅行は凶。
 犯土(つち) 動土・穴掘り等、土に関することは慎んだ方がよいとされる
大犯土(おおづち)は、庚午(かのえうま)の日から、丙子(ひのえね)の日までの7日間を大犯土(おおづち)。 
 小犯土(こづち)は、戊寅(つちのえとら)の日から、甲申(きのえさる)の日までの7日間を小犯土(こづち)。

 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】