伝統素麺~日本の食文化

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典      

伝統素麺~日本の食文化

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃~ 夏5月6日頃~  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃~   冬11月7日頃~   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃~
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃~
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃~
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃~
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜~索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚~索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝~索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦~用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 

≪日本の行事と文化≫

  全国の伝統素麺のページです。

徳川吉宗が将軍となった18世紀には、全国各地に素麺の名産品が生まれ。今もなお、各地の個性と往時の製麺方法が生き続けて、変わらぬ麺の味が尊ばれる、そんな伝統品です。

○素麺の豆知識
手延べ麺は
小麦粉の中に含まれるグルテンの性質を利用し、麺の繊維を同じ方向に整えながら、ゆっくりと
時間をかけ、徐々に細く延ばした麺のことを言います。

「そうめん」と「ひやむぎ」の違いは?
現在麺の太さによって区別されています。
・乾めん類(手延べ干しめんを含む)品質表示基準」によると手延製の場合は、長径(断面直径)
1.7mm未満に引き延ばしたものは、「手延べそうめん」「手延べひやむぎ」のどちらで表示しても
よいことになっています。
・機械麺の場合は、長径(断面直径)1.3mm未満に引き延ばしたものを「そうめん」、1.3mm以上
1.7mm未満を「ひやむぎ」、1.7mm以上は「うどん」となります。

手延べ素麺はなぜ「極寒製」が美味しいの?
・気温が低く塩分の少ない極寒期は製麺が可能であり、塩分の少ない素麺はコシが強く、質の
良い物ができます。
・晴天の日が多い冬は、素麺製造にも適しています。

そうめんの「古物」とは?
・「古物 (ひねもの)」とは、今年2回目の梅雨を越す(製造から2年目を迎える)そうめんを示します。
・「大古物(おおひねもの)」は3回目の梅雨を越すそうめんをいいます。
・一番の食べ頃は製造から2~3年といわれてます。

そうめんを選ぶめやすは?
機械製→「手延風」「手打風」「準手延」等はほとんど、機械製が多く、切断面が同じ太さになっています
手延べ麺→切って細くするのではなく、よりをかけながら細く引き延ばしてつくります。
そのため1本1本の太さ、形、切り口などが、それぞれ微妙に異なります。
製麺の時期→手延べ素麺については、新物(今年製造されたもの)よりも、古物(ひねもの)、
大古物(おおひねもの)がコシがあって美味とされています。
麺の色について→手延べそうめんは、真っ白いものと思われますが、製造時の天候条件等により、
若干黄色み(飴色)がかることがあります。

日本三大素麺 
◆奈良県  三輪そうめん  
そうめん発祥の地です。奈良盆地の底冷えする気候の中で生まれたコシのある良質な麺が、古来より今日にいたるまでの三輪のブランドを守りつづけているのです。
*株式会社 池利の商品の一例
・三輪素麺「山辺の道」少量で味を好まれる方は、高額な素麺。   
    
翁蒼龍の糸のど越しを求められる方は極細素麺。   
    
蔵囲三輪素麺素麺独特のコシを好まれる方は涸品物素麺   
    
・三輪素麺「三輪」大家族や沢山お召し上がる方には新物素麺。   
    ※ 季節により料理内容が変わりますがご了承ください。
素麺の美味しい食べ方  株式会社 池利季節のオリジナルメニューをご覧ください.
 
◆兵庫県 揖保乃糸 
全国最大のそうめん生産地帯
①肥沃な土壌で出来た小麦
②赤穂の天然の塩
③麺の天日乾燥に適した瀬戸内海地方の雪や雨の少い気候、豊かな自然な環境。
④勤勉な農民の労働力。などに支えられて全国ブランドとして生まれ育った
手延べそうめん「揖保乃糸」
小麦粉の質や原材料やめんの細さ、製造時期などの違いによって、手延そうめん「揖保乃糸」には、いくつかの等級があります

はりま製麺株式会社の商品の一例   *単位はmmです
  「三神さんしん」揖保乃糸の最高品
・長さ:190 ・太さ:0.55~0.6 ・製造時期:1月   
    
  特急とっきゅう」熟練製造者に限定
・長さ:190 ・太さ:0.65~0.7 ・製造時期:12~2月   
    
  「縒(より)」つむぎ小麦本来の風味
長さ:190 ・太さ:0.7~0.8 ・製造時期:12~翌3月   
    
  「上撰じょうせん」なめらかな食感・つるみ感が特徴
・長さ:190 ・太さ:0.7~0.9 ・製造時期:12~翌3月    
    
   「手延べそうめん」バチ三味線の「ばち」の形に似ている。   
   
  「播州小麦(ばんしゅうこむぎ)」2種類をブレンド
・長さ:190 ・太さ:0.7~0.9 ・製造時期:12~翌3月  
    
  「熟成じゅくせいめん1年間組合専用倉庫にて熟成
・長さ:190 ・太さ:0.7~0.9 ・製造時期:11~翌3月   
    
  「上級じょうきゅう全生産量のおよそ80%
・長さ:190 ・太さ:0.7~0.9 ・製造時期:10~翌4月  
    
「太(ふと)づくり」少し太くすることで食感と歯切れ
・長さ:190 ・太さ:1.10~1.50 ・製造時期:5月・9月
 
素麺の美味しい食べ方 
 兵庫県手延素麺協同組合の揖保乃糸そうめんのおいしい食べ方レシピ集をご覧ください。
 
香川県 小豆島手延べ素麺
瀬戸内海の穏やかな気候に育まれたそうめんです。小豆島の手延べそうめんは、延ばすときに使う油が100%純正の天然ごま油であるため、他の地域で用いられる食用油の手延べそうめんとは一味違った風味を楽しむことができます。        
 *小豆島手延べ素麺協同組合の商品の一例       
 島の光
手延べ素麺
  選ばれた職人が手作りで造りあげた、白く細く長い手延素麺。小豆島手延べ素麺協同組合では全国でも珍しい純正ゴマ油を使用し、二日間製造工程と天日乾燥。コシが強くのどごしの良さが特徴です。   
 島の光
手延オリーブ
そうめん
  オリーブは「地中海から来た美と健康の贈り物」と呼ばれるなど古くから食用として重要。オリーブには、オレイン酸や天然の抗酸化物質(ビタミンEなど)が豊富に含まれていますこの実をペースト状に練り込み仕上げた。のどごしも良くコシが強く彩りも華やかです。   
素麺の美味しい食べ方      小豆島手延べ素麺協同組合の素麺レシピ集をご覧ください。   
 
全国の伝統素麺 都道府県名/名産品/特徴

☆岩手県卵めん
:新鮮な鶏の卵と厳選された小麦粉を混ぜ麺生地をつくり、
赤穂の天然塩,少量の水で延ばした素麺です


☆宮城県白石温麺
:小麦粉と塩水から造られる乾麺は、
長さが約9cmと伝統的な麺では一番短いもの。


☆秋田県稲庭素麺
:小麦粉と塩水のみで作られる貴重なものです。

☆徳島県半田そうめん
:冷麦と呼ばれかねない骨太の半田そうめんは、
麺食文化の地域性の出たそうめんです。

☆岡山県鴨方手延べ麺
:今も昔ながらの手延べの伝統を守り続けています。
コシの強さとつるっとしたのど越しのよさが自慢。


☆佐賀県神埼そうめん
:現在機械麺では日本3位の生産量と言われる。

愛媛県五色そうめん
:鶏卵(黄)、抹茶(緑)、梅肉(赤)、そば粉(茶)を混ぜ五色。
人工着色料を使わない手延べそうめんです。


熊本県南関そうめん
:髷を結ったように素麺を束にする
「まげ素麺」細さを極めた高級「白髪素麺」が有名です。

長崎県島原そうめん
:良質の小麦でていねいに作られた素麺、腰が強く、
歯ざわりのいいそうめんです。伝統職人芸が生きる。
       


 
Copyright (C) 2015~2020  暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】