1ページ目秋彼岸の料理レシピ〜日本の行事と文化        
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

1ページ目秋彼岸の料理レシピ〜日本の行事と文化

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

 ≪日本の文化と行事≫

 1ページ目秋彼岸の料理レシピのページです
彼岸は、「川の向こう岸」という意味です。
仏教では、悩み、苦しみの多い現世の人間界(此岸しがん」に対し、解脱して悟り開いた「涅槃ねはん」の境地=来世のことを言います。太陽が真西に沈むこの時期。亡くなった人がいると言われている西方の極楽浄土とつながりやすいと考えられています。そして先祖を尊ぶ行事が行われるようになりました。この行事は日本だけの習慣です。
毎年3月の春分の日とその前後三日間を合わせた七日間を「春の彼岸」と言います。春分の日は、「彼岸の中日」 初日は「彼岸の入り」 最後の日は「彼岸の明け」となります。(毎年9月の秋分の日とその前後三日間を合わせた七日間を「秋の彼岸」と言います)この期間は、ご先祖様の供養のために、お墓参りをします。また、仏壇にはぼた餅や春らしく旬菜の精進料理をお供えします。
▽お彼岸を迎える準備をします。
@お仏壇、仏具の掃除をします。  Aお墓の掃除をします。 
B供花やお供えをします。      C果物・菓子などの他、精進料理をお供えをします。
・春は牡丹の花にちなんで牡丹餅と言います。 ・秋は萩の花にちなんでおはぎと言います。
D「お香典」ですが現代では現金を包むことを指しますが、本来はお香(お線香)を届けたことに由来します。
お仏壇やお墓にお参り出来ない時や、他家に伺う時はお供えの他にお線香を届けましょう。
Eお墓参りするときは事前にお寺様または、霊園の管理事務所等に卒塔婆をお願いしておきます。
(宗派によっては不用のところもあります)
   @ページ目の「秋彼岸」料理レシピ

@ページ目のレシピへ  
・小松菜の白和え ・冬瓜のさっぱり煮もの ・かぼちゃとさやいんげんの精進揚げ ・簡単稲荷ずしの作り方
Aページ目のレシピへ  
・そうめんの油揚げすまし汁 ・さと芋とオクラの煮もの ・椎茸とじゃがいもの炒め煮 ・あずきときな粉のおはぎ 
・きのこ汁
    
 小松菜の白和え ♪材料ほか(4人分) @小松菜・1輪(300g)A厚揚げ・1枚(150g)
Bしょうゆ・大さじ1/2
CA ・練りごま・30g・砂糖・大さじ2・塩・小さじ1/2強
 小松菜の白和え
♪下拵え
@厚揚げは熱湯をかけて油抜きをします。細かく切ってからボウルに入れ、Aを加えてよく練ります。
Aこまつなは塩少々を加えた熱湯でゆで、冷水にとって水気を絞り、しょうゆをふって下味をつけます。
さらに水気を絞ります。
♪作り方
@小松菜を練った厚揚げで和えて出来上がりです。
 
 
 冬瓜の
さっぱり煮もの
♪材料ほか(2人分)@冬瓜・1/8個A梅干し・1個B新生姜・少々
C昆布(乾燥)・15cmD水溶き片栗粉(水溶きして20分ぐらい置いたもの)
・片栗粉・大さじ1・水・大さじ1
E合わせだし ・昆布だし・400cc・薄口しょうゆ・大さじ1・酒・大さじ1
・みりん・小さじ2・塩・小さじ1
♪下拵え
@昆布だしは乾燥昆布を水1リットル に対して15cm程度1枚を、冷蔵庫の中で2日間おいて作ります。
急ぎのときは、湯温60度で30分かけて煮出し、昆布を取り出してすぐに強火にし、沸騰直前に出てきた
灰汁をとる方法もある
A片栗粉と水を合わせ、水溶き片栗粉の状態にして20分以上置いておきます。
B 冬瓜は、食べやすい一口大に切っておきます。
C梅干しは、梅肉と種に分け、梅肉は細かく刻んで叩いておきます。種は捨てずに取っておきます。
D新生姜は良く洗い、皮を剥かずに摺り下ろしておきます。
♪作り方
@合わせだしとダシを取った昆布、冬瓜、梅干しの種を鍋に入れ、
40分ほど中弱火にかけます。アクが出たら丁寧に取り除きます。
A40分煮たら、火を止め、鍋から冬瓜・昆布・梅干しの種をあげ、残ったダシに刻んだ梅肉と新生姜を入れます。
Bさっと沸騰させて、水溶き片栗粉を入れ、粘りのコシが弱くなるまで混ぜ続けてあんかけを作ります。
C器に冬瓜を盛り、あんかけを回しかけて出来上がりです。
   
 
 かぼちゃと
さやいんげんの
精進揚げ
♪材料ほか(4人分)@かぼちゃ・1/6(200g)Aさやいんげん・16本(100g)
BA ・卵・1個・冷水・1/4カップ・小麦粉・1/3カップ・塩・適量・揚げ油・適量
 精進揚げ
♪下拵え
@かぼちゃはスプーンで種とワタをとり、くし切りにします。 Aいんげんは筋をとります。
B卵は溶き、Aを合わせた中に薄力粉を加えてざっくり混ぜます。
♪作り方
@フライパンに2cmくらいの深さまで油を注いで170度に熱します。 AかぼちゃはBの衣にざっとくぐらせます。 
Bいんげんは2-3本ずつまとめて衣をつけます。 C火が通るまでゆっくりと揚げます。 
D皿に盛り付け、塩をつけていただきます。
 
 
 簡単稲荷ずし ♪材料ほか(4人分)@米・2カップ(320g)Aにんじん・50g 
B生しいたけ・6枚(60g)Cれんこん・50gDみつば・1輪(50g)E卵・2個
F油揚げ・4枚(80g)G塩・少々Hサラダ油・大さじ2/3
IA ・砂糖・大さじ4・しょうゆ・1/3カップ・水・1/2カップ
JB ・酢・1/2カップ・水・1と1/2カップ強・塩・大さじ1/2・砂糖・大さじ2
 簡単いなりずし
  ♪下拵え
@米は炊く30分以上前に洗ってザルにあげ、水気をきります。
Aにんじん・しいたけ・れんこんは粗みじんに切りに、れんこんは水にさらして水気をきります。
Bみつばはさっと茹でて小口切りにします。
C卵は塩を加えて溶きほぐし、フライパンにサラダ油を熱して溶き卵を流し入れ箸でよく混ぜながら炒り卵を作ります。
♪作り方
@炊飯器に米とBを入れてよく混ぜ、上ににんじん、しいたけ、れんこんを平らにのせて普通に炊きます。
油揚げは、さっと水で洗って半分に切ります。
袋状に開いてから耐熱皿に並べて、よく混ぜ合わせたAをまんべんなくかけ、ラップをして電子レンジで8分加熱する。
一度上下を返して、味をなじませるためそのまま冷まします。
A炊けたら、バット等に広げて、冷ましながらみつば、炒り卵を加え混ぜます。
油揚げは汁気を絞って口を内側に折り込み、等分したすし飯を均等に詰めて出来上がりです。
※電子レンジは素材の量によって加熱時間が異なります。100gにつき2分-2分30秒が目安となります。
    @ページ目の「秋彼岸」料理レシピ

@ページ目のレシピへ  
・小松菜の白和え ・冬瓜のさっぱり煮もの ・かぼちゃとさやいんげんの精進揚げ ・簡単稲荷ずしの作り方
Aページ目のレシピへ  
・そうめんの油揚げすまし汁 ・さと芋とオクラの煮もの ・椎茸とじゃがいもの炒め煮 ・あずきときな粉のおはぎ 
・きのこ汁
   

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】