鍋料理〜魚介類

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

Bページ目魚介類〜鍋レシピ

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
          誕生花     誕生石    お祭り    万年暦    旬の野菜   旬の魚    旬の貝    用語集 
                 
 
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


   HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

♪暦〜誕生花
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気
・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化
・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化
♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。
・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール




<冬のごちそう魚介類の鍋レシピ>
  
Bページ目冬のごちそう”鍋”魚介類定番レシピのページです
                         
冬の素材を満載アツアツの鍋料理。おもてなし〜定番の我が家の鍋料理のレパートリーを広げてみては。

 Bページ目の「冬のごちそう鍋」レシピ

・次のページへ
@鍋のレシピ(野菜類)  
・雪牡丹鍋 ・ねぎの鴨鍋 ・獅子頭(シーツートウ)鍋 ・白菜と大根のかに鍋 ・水菜と豚しゃぶの味噌鍋
A鍋のレシピ(野菜類) 
・野菜と鱈のチゲ ・ごぼう沢山すき焼き ・きのこたっぷりの寄せ鍋
B鍋のレシピ(魚介類)   
・鮭と鯛のしゃぶ鍋 ・鰤しゃぶ ・かぶのみぞれ石狩鍋 ・冬の新鮮魚介たっぷり鍋 ・牡蠣の豆乳土手鍋
C鍋のレシピ(魚介類)  
・牡蠣の土手鍋(広島県) ・牡蠣鍋(宮城県) ・ブイヤーベース風のたらちり
D鍋のレシピ(肉類)  
・薬膳牛肉のしゃぶしゃぶ ・すき焼き(関西風) ・すき焼き(関東風) ・スペアリブ鍋 ・焼きもつ鍋
E鍋のレシピ(肉類)  
・坦々鍋 ・豚肉とほうれん草鍋 ・あぶりねぎの鴨だし寄せ鍋
 
♪鮭と鯛のしゃぶ鍋   新鮮な魚を用意して豪華鍋に
♪:材料(4人前)
@鯛・・1さく(300g) A鮭・・1さく(300g) B大根・・1/4本(300g) Cにんじん・・1本(200g) 
D水菜・・1束
♪:調味料ほか
@A ・しょうゆ・・1/4カップ ・だし汁・・1/4カップ ・スダチ(絞り汁)・・1/4カップ
・木の芽(みじん切り)・・20枚分  Aだし汁・・4〜5カップ Bさんしょう(粉)・・適量

♪:そのほか(下拵え)
@鯛と鮭は薄切りにします。 A大根とにんじんはピーラーでリボン状にします。
B水菜は半分の長さに切ります。 CAを混ぜ合わせてたれを作ります。

♪:作り方/食べ方
@煮る・・鍋にだし汁を入れて火にかけて煮立たせます。
A食べる・・各自が材料を食べる分だけサッとくぐらせてたれにつけます。
お好みで山椒をふっていただきます。

鍋の後は麺類を入れていただきます。
・鍋にきしめん(300g)を入れて煮ます。残った具とスープごとに器に盛りたれを加えていただきます。
ごはんで雑炊やもちで雑煮風にとお正月の鍋にもってこいです。
鯛の白と鮭の紅が紅白でめでたさも演出します。
♪栄養価一人分   @熱量・379kcal A塩分・2.6g
♪鰤しゃぶ   鰤とだいこん、きのこを一緒にくぐらせてごくシンプルにいただきます
♪:材料(4人前)
@鰤(おろし身)・・300g Aしめじ・・1パック(100g)Bかいわれ菜・・2パック
Cエリンギ・・1パック(100g) Dだいこん・・1/4本(300g)
♪:調味料ほか
@A ・水・・6カップ ・昆布・・15p ・酒・・1/4 Aポン酢・・適量
♪:そのほか(下拵え)
@だし汁を作ります・・Aを合わせて、昆布を30分以上浸します。
これを火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止めます。
A鰤は薄切りにします。 Bしめじは石づきを取って小房に分けます。
Cエリンギは薄切りにします。 D
だいこんはピーラーで薄切りにします。
Eかいわれ菜は根を切り落とします。
♪:作り方/食べ方
@鍋(だし汁)を食卓で煮立たせます
A鰤ときのこと野菜をはさみ煮汁にくぐらせて火を通し、ポン酢でいただきます。
B昆布は2倍くらいの大きさに膨らんだら取り出します。

♪栄養価一人分   @熱量・244kcal A塩分・2.2g


♪かぶのみぞれ石狩鍋   脂ののった鮭をかぶのすりおろしでやさしい風味
♪:材料(4人前)
@生鮭(切り身)・・4切れ(400g) A白菜・・1/6個(400g) B豆腐(木綿)・・1丁(300g) 
C長ねぎ・・1本(100g) Dエノキダケ・・1パック(100g) Eマイタケ・・2パック(200g)
Fかぶ(葉付き)・・4個(400g) Gかまぼこ・・1/2本(80g)
♪:調味料ほか
@A ・だし汁・・5カップ ・しぉうゆ・・1/3カップ ・みりん・・大さじ2 ・酒・・大さじ2 
A万能ねぎ(小口切り)・・10本分(25g)

♪:そのほか(下拵え)
@鮭、白菜、豆腐は食べやすい大きさに切ります。 A長ねぎは斜めに切ります。
Bかまぼこは薄切りにします。 Cエノキダケは根元を切り落としてほぐします。
D
マイタケま石づきを取って小房に分けます。
Eかぶは皮をむいてすりおろし、葉は適量を食べやすい長さに切ります。
♪:作り方/食べ方
@鍋にAを煮立たせて、火の通りにくい材料から順に加えて煮ます。
火がほど良く通ったら、すりおろした株を数ヶ所に分けてのせます。
A薬味として万能ねぎを添えます。

♪栄養価一人分   @熱量・297kcal A塩分・3.4g
♪冬の新鮮魚介たっぷり鍋   
酒とだしで煮込む大人の鍋煮込んでいるうちにアルコールがとんで豊かな風味と甘さが残ります
♪:材料(4人前)
@海老(有頭、殻付)・・・・4尾(280g) A帆立貝柱刺身・・4個(120g)
B浅蜊(殻付、砂出しをしたもの)・・300g Cほうれんそう・・1束(200g) D白菜・・1/4個  
E長ねぎ・・2本(200g) Fにんじん・・1/2本(100g)
♪:調味料ほか
@A・カポス(絞り汁)・・1/4カップ・だし汁・・1/4カップ・しょうゆ・・1/4カップ
AB ・赤唐辛子・・1本 ・大根・・1/4本(200g) B酒・・3カップ Cだし汁・・4カップD

♪:そのほか(下拵え)
@海老は背ワタを取ります。 A浅蜊は殻をよくこすり合わせてよく洗います。
B帆立貝柱は殻付の場合は、黒い苦玉を除いてヒモをはずし食べやすく切ります。
C白菜は食べやすい大きさに切ります。 D
ほうれん草は半分の長さに切ります。
E長ねぎは斜めに切ります。 Fにんじんは厚さを8mmの輪切りにし、花にんじんにしてサッと茹でます。
Gポン酢と薬味を作ります。
・Aの材料を混ぜ合わせて、ポン酢を作ります。
・Bの赤唐辛子は水に浸して、やわらかく戻してます。
・大根の皮をむき、箸で穴をあけて赤唐辛子を差し込み、すりおろします。軽く水をきってもみじおろしにします
♪:作り方/食べ方
@鍋に酒を入れて煮立たせて、アルコール分をとばします。
Aだし汁を加えて再び煮立たせて、白菜と魚介類を入れます。
B火が通ったらほうれん草、にんじん、長ねぎをを加えて煮ます。
Cもみじおろしとポン酢でいただきます。
*鍋の後のお楽しみ料理は魚介類のうま味たっぷりのスープですから
お餅で雑煮とかうどんなどでも美味しいです。

♪栄養価一人分   @熱量・417kcal A塩分・2.9g
♪牡蠣の豆乳土手鍋   豆乳でコクが増してスープはまろやかに牡蠣はミルキーに
♪:材料(4人前)
@牡蠣(むき身)・・200g A春菊・・1束(200g) B長ねぎ・・1本(100g)
C椎茸・・8枚(80g) Dごぼう・・1本(150g)
♪:調味料ほか

@A ・味噌(中辛またはお好みのもの)・・80g ・みりん・・大さじ2 ・砂糖・・大さじ2/3
AB ・豆乳・・3カップ ・だし汁・・2カップ
♪:そのほか(下拵え)
@牡蠣は塩水(分量外)でふり洗いをして汚れを落とします。ざるに上げます。
A春菊は食べやすい大きさに切ります。 B長ねぎは斜め切りにします。
C椎茸は石づきを取り、飾り切りを入れます。
D
ごぼうはささがきにして、酢少々(分量外)を入れた水から下茹でをします。
♪:作り方/食べ方
@Aを混ぜ合わせて土鍋の縁に塗ります。 A合わせたBを入れて火にかけます。
B煮立ったら材料を入れて、煮ながらいただきます。
*牡蠣がプーッとふくらんだら食べごろです。
♪栄養価一人分   @熱量・212kcal A塩分・2.0g

 Bページ目の「冬のごちそう鍋」レシピ

 ・次のページへ @鍋のレシピ(野菜類) A鍋のレシピ(野菜類) B鍋のレシピ(魚介類)

           C鍋のレシピ(魚介類) D鍋のレシピ(肉類) E鍋のレシピ(肉類)



Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】