鍋料理〜魚介類

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

5ページ目鍋の料理レシピ〜肉類

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 

≪鍋の料理レシピ≫

 5ページ目鍋料理のレシピ(肉類)のページです。

冬の素材を満載アツアツの鍋料理。おもてなし〜定番の我が家の鍋料理のレパートリーを
広げてみては。


 Dページ目の冬のごちそう”鍋”「肉類」のレシピ

@鍋のレシピ(野菜類)  
・雪牡丹鍋 
・ねぎの鴨鍋 
・獅子頭(シーツートウ)鍋 
・白菜と大根のかに鍋 
・水菜と豚しゃぶの味噌鍋

A鍋のレシピ(野菜類) 
・野菜と鱈のチゲ 
・ごぼう沢山すき焼き 
・きのこたっぷりの寄せ鍋

B鍋のレシピ(魚介類)   
・鮭と鯛のしゃぶ鍋 
・鰤しゃぶ 
・かぶのみぞれ石狩鍋 
・冬の新鮮魚介たっぷり鍋 
・牡蠣の豆乳土手鍋

C鍋のレシピ(魚介類)  
・牡蠣の土手鍋(広島県) 
・牡蠣鍋(宮城県) 
・ブイヤーベース風のたらちり

D鍋のレシピ(肉類)  
・薬膳牛肉のしゃぶしゃぶ 
・すき焼き(関西風) 
・すき焼き(関東風) 
・スペアリブ鍋 
・焼きもつ鍋

E鍋のレシピ(肉類)  
・坦々鍋 
・豚肉とほうれん草鍋 
・あぶりねぎの鴨だし寄せ鍋

”鍋”のレシピ 


 薬膳牛肉の
しゃぶしゃぶ
♪:材料(4人前)
@牛肉(しゃぶしゃぶ用)・・500g
A春菊・・1束
B長ねぎ・・1本(100g) 
Cにんじん・・1/2本(100g) 
Dもやし・・1袋(200g) 
Eエノキダケ・・1パック(100g)
♪:調味料ほか
@A 
・干ししいたけ・・5枚(20g) 
・ナツメ・・4個 
・水・5カップ 
・鶏がらの素・・小さじ1 
・酒・・1/2カップ
・赤唐辛子・・1本 
・クコの実・・大さじ1
・しょうが(薄切り)・・1かけ分 
・しょうゆ・・1/4カップ
疲れた胃腸の調子を調えます  
 ♪:そのほか(下拵え)
@Aの干ししいたけは分量の水に浸して戻し、
石づきを取って薄切りにします。Aナツメは半分に切ります。
B @とほかのAの材料を合わせて火にかけて、
必要であれば塩(分量外)を加えて味をととのえます。
C野菜を用意します。
・春菊は食べやすい長さに切ります。 
・長ねぎは斜め切りにします。
・にんじんは長さを5pの拍子切りにします。 
・もやしはひげ根を取ります。
・えのきだけは根元を切り落としてほぐします。
♪:作り方/食べ方
@煮ます・・スープを入れた鍋を食卓で煮立たせます。
A各自が食べる分だけ牛肉をスープにサッとくぐらせていただきます。 
B野菜類も加えて火を通します。
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g
 すき焼き
(関西風)
♪:材料(4人前)
@牛肩ロース薄切り肉・・(600g) 
Aしいたけ・・(8枚) 
B春菊・・2束 
C青ネギ・・10本 
D焼き豆腐・・1丁 
E糸こんにゃく・・1パック(200g位) F卵:4個(溶き卵用) 
G焼き麩・・4枚 
H牛脂・・適量 
・せり・・1袋 
・白滝・・1パック 
うどん数人分などを
お好みで追加や変更)
 
♪:調味料ほか
@A 
・醤油・・1/2カップ 
・酒・・適量 
・みりん・・1/2カップ 
A砂糖・・1/2カップ
関西風のすき焼き  
♪:そのほか(下拵え)
@牛肉を5cmくらいの食べやすい長さに切ります。 
A焼き豆腐を3cm角のやっこに切ります。
B青ネギは4〜5pの長さに切ります。 
Cしいたけは石づきを取ります。
D春菊は洗って根をを切ります。 
E糸こんにゃくは下茹でして、食べやすい大きさに切ります。
F麩は、水で戻してキッチリ水気を切っておきます。
♪:作り方/食べ方
@すき焼き鍋を軽く熱して牛脂を溶かします。 
A牛肉を鍋に入れ両面を焼き火を通します。
B牛肉の上に砂糖をふりかけ、酒、醤油、みりんを加えます。
C牛肉に味がなじんだら下拵えした@〜Eの具を加えます。
D具が煮えたところから溶き卵につけていただきます。 
E煮汁が多くなったら焼き麩を加えて煮ます。
♪:栄養価1人分 @熱量・927kcal A塩分・2.5g
 
 すき焼き
(関東風)
♪:材料(4人前)
@牛肉(すき焼き用)・・400g 
A牛脂身・・4cm角1個 
B焼き豆腐・・1丁 
C長ねぎ・・2本 
Dしらたき・・1袋 
E春菊・・1把 
Fしいたけ・・8個
G卵・・4個
♪:調味料ほか
@砂糖・・大さじ3 
Aミツカン本みりん
(又はほんてり)・・1/2カップ
Bしょうゆ・・1/2カップ 
C水・・大さじ5
 関東風のすき焼き 
 ♪:そのほか(下拵え)
@焼き豆腐は8つに切ります。 
Aねぎは1cm幅の斜め切りにします。
B春菊はかたい茎をとって半分に切ります。 
C生しいたけは石づきを除いて半分に切ります。
Dしらたきはさっとゆでて、食べやすく切ります。
E以上の具材を器に盛り、
牛肉は取りやすいように別の器に広げておきます。
Fわりしたとして<調味料>をさっと煮立てておきます。
♪:作り方/食べ方
@すき焼き鍋を十分に熱して牛脂をひき、
1回で食べられる量のねぎ・牛肉を1枚ずつ広げて入れ、
さっと焼いてわりしたをひたひたに注ぎます。
A @の具も1回で食べられる程度に加減して加えて煮ます。
B煮えたものから順に溶いた卵につけていただきます。
その都度、材料を入れ、わりしたを加えていただきます
♪:栄養価1人分 @熱量・548kcal A塩分・g
     
  スペアリブ鍋 ♪:材料(4人前)
@スペアリブ・・600g
 
♪:調味料ほか
@A 
・しょうゆ・・大さじ1 
・酒・・大さじ1 
・長ねぎ(青い部分)・・1本分 
・にんにく(潰す)・・1かけ分
A大根・200g 
B椎茸・・8枚 
C長ねぎ・・1本 
D黄にら・・2束
EB 
・しょうゆ・・1/2カップ 
・砂糖・・大さじ3 
・みりん・・大さじ2 
・にんにく(すりおろし)・・小さじ1 
・りんご(絞り汁)・・1/2カップ 
・粉唐辛子・・小さじ1 
Fにんにく(すりおろし)・・適宜
 
 肉にも、大根にもギュッとしみ込んだ甘辛さが美味しいパンチの利いた韓国風 
 ♪:そのほか(下拵え) 
@スぺアリブはAに漬けこんで30分おきます。
これをたっぷりの熱湯でサッと下茹でして、アクを取ります。
Aだいこんは厚さ1pの半月切りにして、
米少々(分量外)を入れた水と共に鍋に入れて下茹でします。
B椎茸は石づきを取って2つに切ります。
C長ねぎは斜め切りにします。
D黄にらは長さを3pに切ります。

♪:作り方/食べ方
@煮ます。鍋にBを入れて煮立たせます。
(大さじ2杯分を焼きめしように取り置きします)
Aここにスペアリブを入れて、水をヒタヒタに注いで大根を加え、
味がしみ込むまで煮ます。
B椎茸、長ねぎ、黄にらを加えさっと煮て、
好みで糸唐辛子をのせて取り分けます。
C薬味としておろしにんにくを添えます。
♪:栄養価1人分 @熱量・644kcal A塩分・4.6g
     
  焼きモツ鍋 ♪:材料(4人前)
@豚モツ(茹でてあるもの)・・200g Aにんにく(薄切り)・・2かけ分 
Bキャベツ・・1/4個(300g) 
Cにら・・1束(100g) 
Dごぼう・・1/3(50g) 
E長ねぎ(小口切り)・・適量
 
♪:調味料ほか
@A 
・しょうゆ・・大さじ1 
・酒・・大さじ1 
・しょうが(すりおろし)・・小さじ2
Aサラダ油・・大さじ1 
BB 
・固形スープの素(チキン)・・1個
・酒・・大さじ2 
・水・・5カップ 
C味噌・・40g 
D粉唐辛子・・適量
 
 コラーゲンたっぷりのモツにんにく油でモツを炒めて臭みを消して香ばしく 
 ♪:そのほか(下拵え)
@モツはAをまぶしてしばらくおきます。
Aフライパンに油とにんにくを入れて火にかけ、
きつね色になるまで炒めてにんにくを取りだします。
B同じフライパンでモツを取り出して炒めます。 
Cキャベツは3p角に切ります。
Dにらは長さを5〜6pに切ります。
Eごぼうは太めのささがきにして酢水(分量外)にさらして、
ざるに上げます。

♪:作り方/食べ方
@鍋にBを入れて火にかけ、味噌を溶き入れます。
A煮立ったらキャベツ、ごぼう、モツを入れて、にらをのせます。
B粉唐辛子とにんにくを細かくしてふり、
薬味として長ねぎを添えます。
*鍋のあとの食べ方
・ちゃんぽん用の太麺(又は中華めんなど)2〜3玉入れて煮ます。
残った具やスープと一緒に器にとり、小口切りにした長ねぎをのせていただきます。
♪:栄養価1人分 @熱量・373kcal A塩分・3.1g
 Dページ目の冬のごちそう”鍋”「肉類」のレシピ

@鍋のレシピ(野菜類)  
・雪牡丹鍋 
・ねぎの鴨鍋 
・獅子頭(シーツートウ)鍋 
・白菜と大根のかに鍋 
・水菜と豚しゃぶの味噌鍋

A鍋のレシピ(野菜類) 
・野菜と鱈のチゲ 
・ごぼう沢山すき焼き 
・きのこたっぷりの寄せ鍋

B鍋のレシピ(魚介類)   
・鮭と鯛のしゃぶ鍋 
・鰤しゃぶ 
・かぶのみぞれ石狩鍋 
・冬の新鮮魚介たっぷり鍋 
・牡蠣の豆乳土手鍋

C鍋のレシピ(魚介類)  
・牡蠣の土手鍋(広島県) 
・牡蠣鍋(宮城県) 
・ブイヤーベース風のたらちり

D鍋のレシピ(肉類)  
・薬膳牛肉のしゃぶしゃぶ 
・すき焼き(関西風) 
・すき焼き(関東風) 
・スペアリブ鍋 
・焼きもつ鍋

E鍋のレシピ(肉類)  
・坦々鍋 
・豚肉とほうれん草鍋 
・あぶりねぎの鴨だし寄せ鍋


 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】