日本の行事と文化〜七夕の節句

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

七夕の節句〜日本の行事と文化

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 

≪日本の行事と文化≫

  七夕の節句(節供)(たなばたのせっく)のページです。

 五節句とは  
五節句の「節」というのは、唐の時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことです。暦の中で奇数の重なる日を取り出して、「奇数(陽)が重なると陰になるとして、それを避けるための避邪(ひじゃ)の行事が行われたことから、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的から始まりました。この中国の暦法と日本の農耕を行う人々の、習が合わさり定められた日に、宮中で邪気を祓う宴会が催しされるようになり「節句」と言われるようになったそうです。
 
年中行事を構成する日、基本的には神祭りをする日である。正月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月10日(重陽)五節句は中国から伝えられ、江戸時代に民間に普及したものである。なお節供の語は、節の日の供え物がその日を代表するようになったとする考えがあり、*おせち(御節)料理は正月に限らず本来は節の日一般の食ものを指す語だったと言われている。 
    
七夕の節句(たなばたのせっく)の節句(節供)
七夕(たなばた)とは7月7日の夕方を意味しています。七夕行事は中国に古くから伝わる牽牛、織女星の伝説から発達した乞巧奠(きこうでん)の行事に日本古来の棚機津女(たなばたなつめ)の信仰が混ざり合って形成されたものでした
七夕は、日頃は天の川をへだてて相対しる「牽牛星」と「織女星」が年に一度だけ会えるという中国の古い伝説が日本に伝わったものです。七夕に織女星を祭り、裁縫や習字などが上達するように願うものです。笹に願い事を書いた札をさげる風習は江戸の町人の間で広まったそうです。六日の夜に神を迎えて、七日に送るのが正式ですが、今は七月七日だけの行事となりました。
  五色の短冊の五色にはそれぞれに意味があるといわれています。

 
さそり座のアンタレス ○願い事は成績の向上や、結婚、健康と様々ですが、星に願いをかけると聞き届けてくれそうな気持ちにさせてくれます。
○七夕送りで、笹を流すと天の川に通じ、牽牛星と織女星二つの星に届く想いがあるからです。願いを叶え、病気、災厄をも流してくれると伝えられるそうです。各地では七夕に祓之の人形などを流し、神を送る行事が続けられております。天の川同様に、水にかかわるお祭とも言えます

日本では、芋の露で墨を溶き葉に字を書き入れて筆の上達を願ったことや、棚機女(タナバタメ)の信仰が七夕祭りになったとされています。        
 
織姫、ベガ 
 
 彦星、アルタイル
 
 天の川(銀河)
 
 夜空・宇宙
 
長麺を食する風習があります、長麺を食すと、災厄から逃れるとされています。平安時代の書物「延喜式(えんぎしき)」には、"七夕にそうめんを食べると大病をしないと記述されています。この言い伝えは宮中から始まり、一般庶民にも広まって行きました。天の川を表す「白一色のそうめん」、あるいは、五色の糸に見立てた「五色そうめん」。天の川に見立てたそうめんは、涼しさ・爽やかさを演出するだけでなく、そうめんに添える薬味野菜の生姜や小葱は、どちらも食欲増進の効果をもたらすとっておきの夏料理です夏場に弱った体を労り、消化の良いそうめんを食べるという生活の知恵から生まれた風習とも言えるでしょう。
 
お節料理とは節句の会食(宴会)の時に出されるお料理を言います。悪霊を祓い無病息災で過ごせますようにと願い、お供えします。

 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】