日本の食文化〜七夕の節句

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

七夕の節句〜日本の食文化

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
          誕生花     誕生石    お祭り    万年暦    旬の野菜   旬の魚    旬の貝    用語集 
                 
 
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

♪暦〜誕生花
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

・アクセサリーの意味

♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気

・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化

・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜

1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化

♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。

・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール



≪日本文化と暦≫

                ”七夕の節句(たなばたのせっく)”のページです

年中行事を構成する日、基本的には神祭りをする日である。
正月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月10日(重陽)、
五節句は中国から伝えられ、江戸時代に民間に普及したものである。なお節供の語は、
節の日の供え物がその日を代表するようになったとする考えがあり、*おせち(御節)料理は
正月に限らず本来は節の日一般の食べ物を指す語だったと言われている。
 

七夕は、日頃は天の川をへだてて相対しる「牽牛星」と「織女星」が年に一度だけ会えるという
中国の古い伝説が日本に伝わったものです。七夕に織女星を祭り、裁縫や習字などが上達する
ように願うものです。笹に願い事を書いた札をさげる風習は江戸の町人の間で広まったそうです。
六日の夜に神を迎えて、七日に送るのが正式ですが、今は七月七日だけの行事となりました。
五色の短冊の五色には
それぞれに意味があると
いわれています。
○願い事は成績の向上や、結婚、健康と様々ですが、
星に願いをかけると聞き届けてくれそうな気持ちに
させてくれます。
○七夕送りで、笹を流すと天の川に通じ、牽牛星と織女星
二つの星に届く想いがあるからです。願いを叶え、病気、
災厄をも流してくれると伝えられるそうです。
各地では七夕に祓之の人形などを流し、神を送る行事が続け
られております。天の川同様に、水にかかわるお祭とも言えます

日本では、芋の露で墨を溶き葉に字を書き入れて筆の
上達を願ったことや、棚機女(タナバタメ)の信仰が七夕祭り
になったとされています。
さそり座の
アンタレス
織姫、ベガ
彦星、アルタイル
天の川(銀河)
夜空・宇宙

長麺を食する風習があります、長麺を食すと、災厄から逃れるとされています。
平安時代の書物「延喜式(えんぎしき)」には、"七夕にそうめんを食べると大病をしない
と記述されています。この言い伝えは宮中から始まり、一般庶民にも広まって行きました。
天の川を表す「白一色のそうめん」、あるいは、五色の糸に見立てた「五色そうめん」
天の川に見立てたそうめんは、涼しさ・爽やかさを演出するだけでなく、そうめんに添える
薬味野菜の生姜や小葱は、どちらも食欲増進の効果をもたらすとっておきの夏料理です。
夏場に弱った体を労り、消化の良いそうめんを食べるという生活の知恵から生まれた風習とも言えるでしょう。


お節料理とは節句の会食(宴会)の時に出されるお料理を言います。悪霊を祓い無病息災で
過ごせますようにと願い、お供えします。



Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】