7月〜8月の旬野菜〜しし唐辛子の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

7月〜8月の旬野菜〜しし唐辛子の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 

≪旬の野菜≫

 しし唐辛子の「栄養価と効能」「料理のレシピ」ページです。

   しし唐辛子は、ビタミンやミネラルなどの栄養を豊富に含むナス科トウガラシ属の多年草植物、野菜(果菜)です。原産地は、メキシコといわれています。ピーマンなどと同じ甘唐辛子に属する品種です。成熟すると赤くなりますが、店頭で販売されているものは、緑色の熟す前のしし唐辛子です。果実の形が獅子の頭に似ているところからしし唐辛子と呼ばれるようになったそうです。
 しし唐辛子五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、   
栄養成分     単位 しし唐辛子    
  果実、生  果実、油炒め
 無機質         ナトリウム tr
カリウム 340 380
カルシウム 11 15
 マグネシウム 21 21
 リン 34 39
 鉄 0.5 0.6
 亜鉛 0.3 0.3
 銅 0.10 0.10
 マンガン 0.18 0.18
 ビタミンA       βーカロテン当量 μg  530 540
 レチノール当量 μg  44 45
 ビタミンE    トコフェロールα 1.3 1.3
ビタミン  K μg  51 52
 ビタミンB   B1 0.39 0.40
B2  0.07 0.07
B6  0.39 0.40
 ビタミン   C 57 49
 ナイアシン 1.4 1.5
 葉酸 33 34
 パントテン酸 0.35 0.36
脂肪酸    飽和  g 0.32 
 一価不飽和  g 1.19 
 多価不飽和  g 1.19 
 食物繊維   水溶性 0.3 0.3
 不溶性 g 3.3 3.3

 体の中から「ヘルシーに綺麗」になるために、皮膚は「内臓の鏡」です。       
季節野菜の栄養素と効能 :一番大切なことは、食材の「旬」の時期に食べることです。
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
@皮膚の潤いを
保ちます
A衰えた肌を
回復させる
ビタミン
A
和種なばな トマト
青じそ
ピーマン

莢えんどう
  青梗菜
春菊
人参
ブロッコリー
小松菜
にら

大根
ほうれん草
 野菜以外の食べ物 わかめ、ぎんだら、鮭、鰻、レバー    
@皮膚の弾力や
コラーゲンを作る
ビタミン
C
和種なばな
キャベツ
トマト
青じそ
ピーマン

莢いんげん
  ブロッコリー
にら
大根
小松菜

ほうれん草
 野菜以外の食べ物 オレンジ、キウイ、みかん    
@老化を防止しする。
A肌を艶やかにする。
ビタミン
E
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ、トマト
春菊
ブロッコリー
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  鰻、たらこ、ゴマ、アーモンド、油揚げ、オリーブ油    
@肌の新陳代謝を
良くする。
A粘膜を強くし
肌荒れを
おこしにくくする。
ビタミン
B群
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ
  春菊
ブロッコリー
パセリ
にら
大根
ほうれん草
野菜以外の食べ物 帆立柱、鯖、鰻、小あじ、秋刀魚、豚肉
バナナ、キウイ、オレンジ、大豆、
    
@肌荒れの原因となる。
Aイライラを鎮める
カル
シウム
和種なばな
キャベツ、
セロリ
青じそ   青梗菜
春菊
ほうれん草
大根
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  帆立柱、公魚、小あじ、鰯丸干し、じゃこ、干し海老、わかめ、
牛乳、チーズ、豆腐、
    
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
     

 ”しし唐”の「旬の期」「鮮度の見分け方と保存方法」「栄養価と効能」「調理のポイント」など
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法 
    @旬の時期 ・7月〜8月 
A鮮度の見分け方は、鮮やかな緑色のもの、光沢と張りがあるもの、軸の切り口がまだ新しいもの、。シワがあるものや軸の部分が黒くなっているものは、鮮度が落ちていますので避けましょう。また、大きすぎるものは育ちすぎて美味しさに劣ります。 
B保存方法は、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。冷凍保存は、軽く洗って乾かした後、ヘタを取ってから、フリーザー袋に入れて冷凍します。調理には、そのまま利用できます 
・しし唐辛子に含まれる栄養成分、主な有効成分と効能
    @ししとうがらしの特別な栄養は
しし唐辛子など、緑の濃い野菜には、緑色の天然色素の、葉緑素(クロロフィル)が豊富に含まれています。葉緑素は、植物の成分ですが、人間の血液の色素ヘム(ヘモグロビンの中心構造)と似た構造をしており「緑の血液」といわれます。体内に摂取された葉緑素は、血液中の鉄と結合し赤血球や筋肉のヘモグロビンなどの色素に変わります。
 
A葉緑素の効能は、葉緑素には、強力な抗酸化作用と浄化作用があります
・葉緑素に含まれる有機ゲルマニウムは、活性酸素と結合し活性酸素を無毒化する強力な抗酸化作用があるので、活性酸素の発生や酸化力を抑え、
ダメージを受けた細胞を修復してくれますので、免疫力を高めたり、動脈化やガンの発生の予防に役立ちます。・血液中のコレステロール値を下げ、血液がサラサラになり、血液の流れも改善されますので動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の予防ができます。
 
@葉緑素は、胃腸の中に付着した老廃物を吸着除去する作用があり、人体に有害なカドミウム、鉛、ダイオキシンなどの物質を排出する、デトックス効果があります。
B葉緑素を摂取することで、葉緑素の構成成分である有機ゲルマニウムは体内の酸素と効率良く結合し、血流に乗って体内の隅々まで酸素を運んでくれます。また、赤血球の変形能力を正常に整えることで、血液の循環が良くなり、身体の隅々にまで血液が運ばれるようになり貧血を予防してくれま同時に、体内を酸化させる原因の一つである水素や老廃物と結合し体外に
排出してくれます。
 
・調理のポイント 
   @サッと焼いていただくと、色も香りも良く、大変おいしく、β-カロテンやビタミンC、クロロフィル(葉緑素)などの栄養をたっぷりいただくことができます 


旬野菜の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから

”しし唐”のレシピ 
旬の食材を活かし、美味しい料理で栄養をしっかりと摂取、先ずは、体の中から健康に 

ししとうの
明太子炒め
♪:材料(4人前)
@しし唐辛子・・・30本 
A辛子明太子・・・100g
 
♪:調味料ほか
@酒・・・小さじ2
 
辛子明太子の、辛味がからんで美味しい 
♪:そのほか(下拵え)
@しし唐辛子は竹ぐしで数ヶ所穴を開けます。
A辛子明太子は縦に切り目を入れて
薄皮から中身を取り出しておきます。
♪:作り方
@フッ素樹脂加工のフライパンに入れて中火で炒めます。
全体に熱が回ったら酒をふり入れてサッと炒めて出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・49kcal A塩分・g 
  
ししとうの
牛肉巻き
 
♪:材料(4人前)
@ししとう・・・15本 
A牛肉・・・200g 
B玉ねぎ・・・1個
 
♪:調味料ほか
@A(タレ) 
・タカラ本みりん・・大さじ1 
・しょうゆ・・大さじ1 
・料理酒・・大さじ1
・顆粒出し・・少々 
・水・・大さじ4
A油・・少々 
B片栗粉・・少々
 
 
♪:そのほか(下拵え)
@のたれを混ぜておきます 
A玉ねぎを薄切りします 
Bししとうに、片栗粉をつけて、牛肉を巻きます
♪:作り方
@フライパンに油を入れ、玉ねぎを中火で炒めます 
A端によせて、ししとうの牛肉巻きを並べて焼きます
B両面焼いたら、のたれを入れて、蓋をして弱火で焼きます 
C5分位焼いたら出来上がりです
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g  
  
 しし唐辛子と
ちりめんじゃこの
和えもの
♪:材料(2人前)
@しし唐辛子・・200g 
Aちりめんじゃこ・・1/2カップ
♪:調味料ほか
@ごま油・・小さじ2 
A白煎りごま・・小さじ1 
BA 
・酒・・小さじ1 
・みりん・・小さじ1 
・しょうゆ・・小さじ1
 
ピリッと隠し味のほどよさや辛味が、食欲のない時にも、お茶漬けのおかずにも、
ちりめんじゃこを加えたら、焦げやすいので弱火で炒め合わせるのがコツ
 
♪:そのほか(下拵え)
@しし唐辛子はヘタを落として、
爪楊枝で2〜3ヶ所穴をあけてから、水洗いして水気を取ります。
(炒めたときの破裂を防ぐために)
♪:作り方
@フライパンにごま油を熱し、しし唐辛子を入れ中火弱でサッと炒めたら、
弱火にして
、ちりめんじゃこを
加え4〜5分炒めます。
AAを加え、汁気がなくなるまで炒めます。
汁気がなくなったら、白ごまを加え軽く混ぜ合わせ火を止めます。
B器に盛り付けて出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g 
  
 しし唐辛子と
牛肉の甘辛煮
♪:材料(2人前)
@しし唐辛子・・20本 
A牛肉・・150g
 
♪:調味料ほか
@砂糖・・大さじ1 
Aしょうゆ・・大さじ2 
Bみりん・・大さじ4 
C酒・・大さじ4 
Dごま油・・大さじ1
 
♪:そのほか(下拵え)
@しし唐辛子はガクの部分をばくっと外します。
大きいものは縦半分に切ります。
A牛肉は薄切り食べやすい大きさに切ります。
♪:作り方
@しし唐辛子をごま油で軽く炒めます。
A牛肉を入れ、砂糖、しょうゆ、酒、みりんを入れて弱火で炒め煮ます。
(あわせ調味料におろし生姜を足しても美味しいです)
B汁気が多過ぎれば、一度具を取り出して、煮詰めてから戻して絡めます。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g 
  
 しし唐辛子と
烏賊の
中華風炒め
♪:材料(2人前)
@しし唐辛子・・6本 
Aスルメイカ(胴体)・・1杯分 
Bしいたけ・・2個 
Cニンニク・・1片
 
♪:調味料ほか
@オリーブ油・・大さじ2 
A酒・・大さじ2 
B塩・・少々 
C砂糖・・大さじ1 
Dガラスープ・・大さじ1
E黒こしょう・・少々 
F濃い口しょうゆ・・少々
 
♪:そのほか(下拵え)
@スルメイカは胴体からゲソ、ワタ、軟骨を抜いて、
エンペラを切り落とします。
イカの胴体の皮を剥ぎます。
大きさを約3o幅で斜め格子(鹿の子・見栄えが良いのと調味料が絡み易い)
に浅く切り目を入れて、6〜8枚切れに切ります。
Aしし唐辛子は軸を3oほど残して切り落とします。
胴体中央に約1cmの切込みを入れます(爆発防止の為)
Bしいたけは1個を4つにそぎ切りにします。
Cにんにくは約2mm幅に薄切りにします。
♪:作り方
@フライパンに火をかけてオリーブ油をひき、
香りが立ってきたらしいたけを中火で焼きます。
30秒程度で返します。
Aイカとしし唐辛子を加えて中火でサッと炒め、
酒を回しいれてアルコールを飛ばします。
B塩と砂糖、ガラスープ、黒こしょうで味付けをしたら、
しょうゆをひと垂らしして火を止めます。
皿に盛り付けて出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g 
旬野菜の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから
 
 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】