11月の旬野菜

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

11月の旬野菜

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 

≪旬の野菜≫

  11月が旬の18種類の野菜〜主な秋野菜の栄養価と効能ページです。


旬野菜月のページへ
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12

 11月の旬野菜〜「栄養と効能」「料理のレシピ」のページヘ(野菜名・画像クリック)  
 玉ねぎ 青梗菜   春菊 レタス  白菜  ねぎ  ブロッコリー 
旬2〜4月
10〜12月
旬11〜12月
旬11〜2月
旬3〜5月
11〜12月
旬11〜2月
旬11〜12月
旬11〜2月
      
 さつまいも セロリ  にんじん  れんこん  ごぼう  ながいも  マッシュ
ルーム 
旬9〜11月
旬11〜5月 旬11月 旬11〜2月
旬11〜1月
旬11〜1月
旬10〜12月
             
さといも  じゃがいも  まいたけ   しいたけ      
*旬野菜の時期は、
気候や栽培方法に、地域によっても
異なりますので、目安にしてください。
   
旬10〜12月 旬9〜2月
旬9〜12月
旬3〜5月
9〜11月
     


 野菜は、季節(旬の時期)、鮮度(収穫から)でこんなに栄養価が違います。
 ▽季節で栄養価が違う例
・トマト=ビタミンCの場合、
・最大7月
(18mg)、最小1月(9mg)と最小月の2倍
  ほうれん草=ビタミンCの場合、
・最大月2月
(73mg),、小月7月(9mg)と最小月の8倍   
 ▽鮮度面で栄養価が違う例
ほうれん草=ビタミンCの場合
@収穫してから3日後には
70%、
 7日後には
55%まで減少国内産は収穫から1日〜3日で店頭に)
A最近では、産地直送のコーナーを設けて「朝収穫」の野菜もあります。


体の中から「ヘルシーに綺麗」になるために、皮膚は「内臓の鏡」です。       
季節野菜の栄養素と効能 :一番大切なことは、食材の「旬」の時期に食べることです。       
 
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
@皮膚の潤いを保ちます
A衰えた肌を回復させる
ビタミン
A
和種なばな トマト、青じそ
ピーマン
莢えんどう
  青梗菜
春菊、人参
ブロッコリー
小松菜
にら、 大根
ほうれん草
 野菜以外の食べ物 わかめ、ぎんだら、鮭、鰻、レバー    
@皮膚の弾力や
コラーゲンを作る
ビタミン
C
和種なばな
キャベツ
トマト、青じそ
ピーマン
莢いんげん
  ブロッコリー
にら 、大根
小松菜

ほうれん草
 野菜以外の食べ物 オレンジ、キウイ、みかん    
@老化を防止しする。
A肌を艶やかにする。
ビタミン
E
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ、トマト
春菊
ブロッコリー
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  鰻、たらこ、ゴマ、アーモンド、油揚げ、オリーブ油    
@肌の新陳代謝を
良くする。
A粘膜を強くし肌荒れを
おこしにくくする。
ビタミン
B群
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ
  春菊
ブロッコリー
パセリ
にら、
大根

ほうれん草
野菜以外の食べ物 帆立柱、鯖、鰻、小あじ、秋刀魚、豚肉
バナナ、キウイ、オレンジ、大豆、
    
@肌荒れの原因となる。
Aイライラを鎮める
カル
シウム
和種なばな
キャベツ、
セロリ
青じそ   青梗菜
春菊
ほうれん草
大根、にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  帆立柱、公魚、小あじ、鰯丸干し、じゃこ、干し海老、わかめ、
牛乳、チーズ、豆腐、
    
     

 主な秋野菜の栄養価と効能 五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から   
秋野菜 単位 青梗菜
葉、生
 
春菊
葉、生
 
人参根、
皮付、生
 
ブロッコリー
花序、生
  ビタミンA     クリプトキサンチン μg   0  0  0   
βーカロチン当量   μg  2000  4500  9100  810 
 レチノール当量  μg  170  380  760  67 
・βーカロテンには、強い抗酸化作用があり、活性酸素の、発生や酸化力を抑え、ダメージを受けた細胞を修復し動脈硬化やガンの発生を予防できます。        
 ビタミンC    24  19  4  120 
・ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれている抗酸化ビタミンです。抗酸化作用があるので、活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めます。体の細胞や組織をつなぐ働きをするコラーゲンというタンパク質をつくるので、皮膚や粘膜を健全に保ち美肌にも役立ちます。        
  ビタミンE    トコフェロールα    0.7  1.7  0.5  2.4 
 トコフェロールβ   0  0  tr  0 
  トコフェロールr    0  0.1  0  0.5 
・ビタミンEは、強力な抗酸化作用によって、活性酸素の発生や酸化力を抑え、細胞の酸化を防ぎ、血管や肌、細胞の老化を防いでくれます。細胞を修復し動脈硬化やガンの予防にも役立ちます。      
秋野菜 単位 青梗菜
葉、生
 
春菊
葉、生
 
人参根、
皮付、生
 
ブロッコリー
花序、生
 ビタミンB      B1     0.03  0.10  0.05  0.14 
・ビタミンB1は、炭水化物(糖質)の代謝を助けてエネルギーをつくり出すので
疲労回復に役立
ちます。皮膚や粘膜の健康を維持し、糖質を栄養源としている
脳神経や手足の末梢神経、筋肉の機能を正常
に保ちます。
      
 B2    0.07  0.16  0.04  0.20 
・ビタミンB2は、三大要素の炭水化物(糖質)、脂質、タンパク質を体内でエネルギーに変える、代謝を支える重要働きをしています。細胞の新陳代謝を促進し、皮膚や粘膜の機能維持や成長にもかかわりますので美容や子供の成長に欠かせない栄養になります      
ナイアシン    0.3  0.8  0.7  0.8 
・ナイアシンは、水溶性ビタミンの一種です。三大栄養素である糖質、脂質、たんぱく質の代謝によりエネルギーをつくり出す過程で働く酵素を補助する必要不可欠なビタミンです皮膚や粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせるのに役立ちます。      
 B6     0.08  0.13  0.11  0.27 
・ビタミンB6は、食事で摂取したたんぱく質をアミノ酸に分解し、体に必要なたんぱく質に再合成します。皮膚や髪を健康な状態にしたり、皮脂分泌の調節をしたりするので、摂取することによって口内炎や口唇炎、にきびやじんましんなど皮膚症状に効果があります。また、ナトリウムとカリウムのバランスを調節して、体内の水分量を一定に保ち、赤血球を作り出し、血液の流れを良くする効果もあります。アミノ酸の一種ホモシステインの血中濃度を低下させる働きがある葉酸の効果を高める力もあるので、動脈硬化の予防にも効果があります。人間の精神と身体の安定に欠かせない「セロトニン」、この脳内物質を作り出すのもビタミンB6です。気分を安定させたり、睡眠を正常にしたりと、うつ病や不安障害、恐怖症などの改善にも効果があります。    
 カルシウム      100  120  28  38 
・カルシウムは、人間の体に最も多く存在、骨や歯を構成する必須ミネラルです。血液を凝固させる働き(傷口を治す)や、筋肉の運動、神経の働き(緊張や興奮を静め、イライラやストレス解消)に作用します。        
秋野菜 単位 青梗菜
葉、生
 
春菊
葉、生
 
人参根、
皮付、生
 
ブロッコリー
花序、生


旬野菜月のページへ→1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】