1ページ目11月〜5月の旬の野菜〜セロリの「栄養価と効能」「料理レシピ」        
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

1ページ目11月〜5月の旬の野菜〜セロリの「栄養価と効能」「料理レシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

 ≪旬の野菜≫

 1ページ目〜11月〜5月の旬の野菜
 セロリの「栄養価と効能」「料理レシピ」のページです
  旬の時期は、気候や栽培方法、地域によっても異なりますので、目安にしてください。
 旬の野菜月のページへ→ 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
▽旬の野菜
旬野菜月の索引ページへ  主な旬野菜10種の栄養価比較と効能ページへ  旬野菜56種類の検索ページへ  
 @ページ目”旬野菜セロリ”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ
・セロリと烏賊の燻製のマリネ ・セロリのスープ煮 ・セロリとツナの炒め ・セロリと干し海老のサラダ
・セロリと海老の水晶和え

Aページ目のレシピへ
・セロリと挽き肉の生クリーム煮 ・セロリとスペアリブのワイン煮 ・セロリと蛸のナンプラー炒め
・セロリと切り昆布の煮もの ・セロリと厚揚げ、にんにく、赤唐辛子いり味噌汁 ・セロリとカリカリベーコンの混ぜご飯
・セロリとちりめんじゃこの炒めもの ・セロリとハムのサラダ
  カリウムを多く含んでいます。ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。逆に不足すると、筋肉が弱り、障害を起こすそうです。
特有の香りに効能あり、セロリの特徴的な香りはアピオイルという精油成分やアピインなどによるもので、これらにはイライラを鎮め精神を安定させる働きがあると言われています。
 セロリ五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、
栄養成分     単位 セロりー   
葉柄生
 無機質         ナトリウム 28
カリウム 410
カルシウム 39
 マグネシウム
 リン 39
 鉄 0.2
 亜鉛 0.2
 銅 0.03
 マンガン 0.11
 ビタミンA       βーカロテン当量 μg  44
 レチノール当量 μg 
 ビタミンE    トコフェロールα 0.2
ビタミン  K μg  10
 ビタミンB   B1 0.03
B2  0.03
B6  0.08
 ビタミン   C
 ナイアシン tr
 葉酸 29
 パントテン酸 0.26
 食物繊維   水溶性 0.3
 不溶性 g 1.2
栄養成分     単位 セロりー   
葉柄生
 
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法  
    @旬の時期 ・1月〜5月・11月〜12月 
Aセロリの香りがはっきりしているもの、海外産は検疫の関係で葉を落とされて日本に入ってくるので、葉が付いているセロリはほぼ国産と考えてもよさそうです。、葉が鮮やかな緑色で先までピンとしているもの、茎が太く肉厚なセロリほど良質です。
Bセロリは、買って来たら、葉と茎を分けましょう。葉はすぐ傷むのでなるべく早く使い切ること、茎は葉よりも長持ちしますが、限度は一週間、長期保存したいときは、ビニール袋に入れた茎の上からさらにアルミホイルで包むと、冷蔵庫で一か月ほど日持ちする長期保存もあります
 
・セロリーに含まれる栄養成分、主な有効成分と効能 
    @カリウムを多く含んでいます。ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。逆に不足すると、筋肉が弱り、障害を起こすそうです。 
A特有の香りに効能あり、セロリの特徴的な香りはアピオイルという精油成分やアピインなどによるもので、これらにはイライラを鎮め精神を安定させる働きがあると言われています。

 BセロリにもビタミンUが含まれています。セロリにもキャベツに含まれているビタミンUが含まれいます。このビタミンUは「キャベジン」とも呼ばれ、胃酸の分泌を抑えたり、胃腸粘膜を修復するなどの働きがあります。
・調理のポイント  
  @セロリの独特の香りには、食べると脂っぽさをを中和したり食欲を増進させる効果があります。肉料理の付け合わせなどにセロリが使われるのは、このようなわけがあるからでしょう。 
    
ページ目11月〜5月の衆の野菜〜セロリの料理レシピ  
  セロリと
烏賊の燻製のマリネ
♪材料(2人前)
@イカの燻製・1袋Aセロリ・1本Bにんじん・1/3本Cピーマン・2個Dタマネギ・1/2
 
♪調味料ほか
@A(マリネ液) ・サラダ油・100cc・酢・50cc・塩・小さじ1/2・砂糖・大さじ1・パプリカ・少々
 
♪そのほか(下拵え)
@セロリは厚めに切ると歯応えを楽しめる。繊維を断ち切るよう斜めに切るとよいでしょう。

♪作り方

@いかの燻製は食べよい大きさに切る。 
Aニンジン・ピーマンは長さ3cm位のせん切りにする
Bセロリは斜め薄切り、タマネギは薄くスライスする
Cマリネ液はすべての材料をよく混ぜ、1を入れて混ぜ合わせる
 
♪栄養価1人分 @熱量:1人分kcal A塩分:1人分g
  
セロリーの
スープ煮
  
♪材料(2人前)@セロリ・2〜3本Aベーコン・1枚Bパセリ・適量 
♪調味料ほか@スープ・2/3カップA塩・少々Bこしょう・少々Cバター・大さじ2  
♪そのほか(下拵え)
@根元を切って1本ずつにし、細い葉先は折ります。 A皮むき器か包丁の刃元で、薄くむくように筋を取ります。 
B食べやすい長さに切ります。 Cベーコンは細切りにします。
♪作り方
@セロリはサッと茹でます。 Aソテーパンを熱してバターを溶かし、ベーコンを炒めます。
Bセロリを並べ入れ、スープを注ぎ、落とし蓋をして弱火で10分煮ます。
C柔らかくなったら塩、こしょうをして、火を止め、味を含ませます。
D皿に盛り、ベーコンを添え、パセリのみじん切りをふって出来上がりです。
  
♪栄養価1人分 @熱量:1人分kcal A塩分:1人分g    
セロリーと
ツナの炒め
  
♪材料(2人前)@セロリ・大きいもの2本Aツナ(油漬け)・1缶(80g)Bにんにく・1片
♪調味料ほか@醤油・大さじ2〜3A酒・大さじ1Bみりん・大さじ1
C白ごま・大さじ1Dごま油・小さじ1/2
 
 ♪そのほか(下拵え)
@セロリはよく洗います A葉っぱはみじん切りにして、その他は薄くスライスします。
Bにんにくは、みじん切りにしておきます。
♪作り方
@フライパンにツナを油ごと入れ、火にかけます。
Aみじん切りのにんにくを入れます。
Bツナが十分に温まったら、セロリを入れてしんなりするまで炒めます
C調味料(醤油、酒、みりん)を順番に入れ、汁気がなくなるまで炒めます。
D器に盛って白ごまと、ゴマ油をふって完成です
♪栄養価1人分@熱量:1人分kcalA塩分:1人分g 
  
 セロリーと
干し海老の
サラダ
 
♪材料(4人前)@セロリ・2本(300g)A干し海老・30g 
♪調味料ほか
@A ・酢・大さじ1・しょうゆ・大さじ1・砂糖・小さじ1・ゴマ油・大さじ1/2・塩・小さじ1/3
セロリをサッと茹でる歯ごたえが残ります 
♪そのほか(下拵え)
@干し海老はヒタヒタのぬるま湯に浸して戻します。細かく刻みます。
Aセロリは1.5cm角に切り、サッと茹でて水気を切ります。
♪作り方
@盛りつけます。器にセロリを盛って干し海老をのせ、
良く混ぜ合わせたAをかけて出来上がりです。
 
♪栄養価1人分 @熱量:1人分55kcal A塩分:1人分1.2g 
  
 セロリーと
海老の水晶和え
 
♪材料(4人前)@えび・6尾Aセロリ・1本 
♪調味料ほか@塩・少々Aこしょう・少々B酒・少々C片栗粉(水溶き)・少々
D和え衣・塩・小さじ1/2・ゴマ油・小さじ1/2・酢・小さじ1・しょうが(みじん切り)・小さじ1
Eマーシュ・適宜
  
和え衣に使う調味料の組み合わせと配分が味の決め手です 
♪そのほか(下拵え)
@えびはしっぽまで殻をはずし、背ワタを取り、背から切り開きます。これに塩、こしょう、酒で下味をつけます。
Aえびの表面に水溶き片栗粉をまんべんなくまぶし、熱湯で茹でたら氷水で冷やし、水気を切っておきます。
Bセロリの太い部分を縦半分に切り、5mm幅の斜め薄切りにし、サッと茹でて、
茹でたエビと同様に冷水で冷まし、水気を切っておきます
♪:作り方
@ボウルに和え衣の材料を入れ混ぜ合わせ、そこにセロリ、海老を入れて和え、器に盛り、
彩りにマーシュ等の生で食べられる葉野菜を添えます。
  
♪栄養価1人分@熱量:1人分kcalA塩分:1人分g   
 @ページ目”旬野菜セロリ”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ
・セロリと烏賊の燻製のマリネ ・セロリのスープ煮 ・セロリとツナの炒め ・セロリと干し海老のサラダ
・セロリと海老の水晶和え

Aページ目のレシピへ
・セロリと挽き肉の生クリーム煮 ・セロリとスペアリブのワイン煮 ・セロリと蛸のナンプラー炒め
・セロリと切り昆布の煮もの ・セロリと厚揚げ、にんにく、赤唐辛子いり味噌汁 ・セロリとカリカリベーコンの混ぜご飯
・セロリとちりめんじゃこの炒めもの ・セロリとハムのサラダ
  

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】