9月〜12月の旬のきのこ〜舞茸(まいたけ)の「栄養価と効能」「料理レシピ」        
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

9月〜12月の旬のきのこ〜舞茸(まいたけ)の「栄養価と効能」「料理レシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

 ≪旬の野菜≫

 9月〜12月の旬のきのこ
 舞茸(まいたけ)の「栄養価と効能」「料理レシピ」のページです
  旬の時期は、気候や栽培方法、地域によっても異なりますので、目安にしてください。
 旬の野菜月のページへ→ 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
▽旬の野菜
旬野菜月の索引ページへ  主な旬野菜10種の栄養価比較と効能ページへ  旬野菜56種類の検索ページへ  
  近年の研究で、まいたけには強い抗がん作用があることがわかっています。まいたけには、カリウム、亜鉛、ビタミンD、ナイアシン、食物繊維、多糖類、など多種にわたる栄養成分が含まれています。なかでも、特筆すべき栄養成分が多糖類であるβーグルカンです。まいたけは、ガンばかりでなく、糖尿病や高コレステロール、高脂血症などの生活習慣病やダイエットにも効果を発揮します。 
まいたけ五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、 
栄養成分     単位 舞茸(まいたけ)(ひらたけ類)   
  生  茹で   乾 
 無機質         ナトリウム
カリウム 330 160 2500
カルシウム
 マグネシウム 12 100
 リン 130 89 700
 鉄 0.5 0.4 2.6
 亜鉛 0.8 0.7 6.9
 銅 0.27 0.17 1.78
 マンガン 0.05 0.04 0.47
 ビタミンB   B1 0.25 0.12 1.24
B2  0.49 0.19 1.92
B6  0.07 0.04 0.28
ビタミン    μg  3.4  4.2  14.4 
 ビタミン   ナイアシン 9.1 3.3 64.1
 葉酸 60 28 220
 パントテン酸 0.79 0.90 3.67
脂肪酸   飽和  0.07   0.08 0.38 
 一価不飽和 0.12  0.14  0.69 
多価不飽和  0.13  0.15  0.71 
 食物繊維   水溶性 0.3 0.2 1,5
 不溶性 g 2.4 3.4 39.4
栄養成分     単位 舞茸(まいたけ)(ひらたけ類)   
  生  茹で   乾 
     
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法、 
   @旬の時期 ・9月〜12月 
A鮮度の見分け方は、・かさのいろがはっきりしているもの、肉厚なもの、重みのあるもの、軸の部分が締まっているもの、また、小さい株をいくつか合わせて売られているものよりも、元から一つの株が大きいまいたけの方がより食感が良いとされています
B保存方法は、・包装されて販売されているものは、そのままで冷蔵庫に入れて保管します。長く保存したい場合は、石づきの部分をカットして適当な大きさに裂いてから、冷凍用保存袋に入れて保存します。裂いておくと使いたい時に使いたい分だけ使えて便利です。
 
・まいたけに含まれる栄養成分、主な有効成分と効能 
    @近年の研究で、まいたけには強い抗がん作用があることがわかっています。まいたけには、カリウム、亜鉛、ビタミンD、ナイアシン、食物繊維、多糖類、など多種にわたる栄養成分が含まれています。なかでも、特筆すべき栄養成分が多糖類であるβーグルカンです。
Aまいたけのβーグルカン(D-フラクション)は、免疫機能を調整・強化したり、腫瘍の増殖を防止する働きに優れています。また、抗がん剤の治療の際に、まいたけを併用すると、制がん効果が高まるばかりだけでなく、その副作用を抑制してくれることが明らかになっています。
 
Bまいたけは、ガンばかりでなく、糖尿病や高コレステロール、高脂血症などの生活習慣病やダイエットにも効果を発揮します。

 Cまいたけを食べ、免疫力を高めることによって、風邪をひきにくくしたり、治りを早めます。また、まいたけに含まれる別の多糖体は花粉症にも効果を発揮します。 
DβーグルカンMD-フラクションは、加熱してもその効能効果に変わりはありません。また、水溶性のため、薬効を残さず摂るには、汁ごと取れる鍋物、みそ汁、炊き込みご飯などにして食べるのが一番効果的です。煮物・炒め物にした際は、その煮汁・炒め汁も一緒に食べるようにしたほうが良いでしょう。
Eまた、ただゆでただけのゆで汁を飲む方法でも良いでしょう。ゆで汁にするまいたけの量は、1日あたり生なら30g、乾燥品なら3gを目安にすると良いでしょう。免疫を高めるには、これを1日おきに飲むようにしましょう。
調理のポイント
@・舞茸は、マイタケプロテアーゼというタンパク質分解酵素を多く含んでいますので生のまま茶碗蒸に入れると、卵が固まりにくくなるので、舞茸を数分間、火に通してから入れるようにします。食べるのならやっぱり天然モノが一番です。栽培種と比較するとその味に雲泥の差があることに気づかされるはずです。鍋で煮込んだり、油でてんぷら、そして焼きものとどんな料理にもベストマッチするキノコです。大きいものになると50センチくらいになるので遠目からでもすぐに分かるきのこです。 
     
 まいたけのβーグルカン(MD-フラクション)は、加熱してもその効能効果に変わりはありません。また、水溶性のため、薬効を残さず摂るには、汁ごと取れる鍋物、みそ汁、や炊き込みご飯などにして食べるのが一番効果的です。煮物・炒めものにした際は、その煮汁・炒め汁も一緒に食べると良いでしょう。
みそ汁に合う具材は、味噌汁のキングといわれる豆腐、やさしい味わいの玉ねぎ、やさしい味わいの油揚げ、わかめとの相性が抜群で、まいたけの旨みが染み込んだ大根も、味噌汁を引き立ててくれます。
  9月の旬のきのこ〜舞茸(まいたけ)の料理レシピ
まいたけと
豆腐・油揚げの
味噌汁
 
♪材料(2人前)
@まいたけ・1/2パックA油揚げ・1枚B豆腐・1/4パックC万能ねぎ・お好みで
 
♪調味料ほか@出し水・適量 A味噌・適量  
♪そのほか(下拵え)
@まいたけはほぐしておきます。 A豆腐は食べやすい大きさに切ります。
B油揚げは、短冊に切ります。
♪作り方
@出し汁を沸かして沸騰したらまいたけ、豆腐を入れます。
Aまいたけに火が通ったら油揚げを入れ味噌を溶いてできあがり。
B器に盛り、お好みでねぎをのせます。
♪栄養価1人分@熱量・kcal A塩分・g 
 
 まいたけとわかめ
玉ねぎの味噌汁
 
♪材料(4人前)@まいたけ・1/2パックA玉ねぎ・1/2個Bわかめ・ひとつかみ程C小ねぎ・適量 
♪調味料ほか@味噌・大さじ2A顆粒だし・小さじ1B水・800CC 
♪そのほか(下拵え)
@鍋に水と顆粒出しを入れて沸騰させます。 A玉ねぎはざく切りにします。
B舞茸はほぐしておきます。 C小ねぎは細切りにします。
♪作り方
@沸騰した鍋に玉ねぎを入れる。
A玉ねぎが煮えたら、まいたけ、わかめを入れてさっと煮立たせ味噌を入れて味を整える。
B器に盛り小ねぎをのせてできあがり。
♪栄養価1人分@熱量・kcal A塩分・g 
 
 きのこの
炊き込みご飯
 
♪材料(4人前)@米・3合Aまいたけ・1/2パックBしめじ・1パックCエリンギ・1/2パック 
          Dにんじん・30gEごぼう・40gF三つ葉・適量G油揚げ・1枚
  
 ♪調味料ほか@キッコーマン濃いだし本つゆ・大さじ4と1/2
♪そのほか(下拵え)
@米はといでざるに上げておきます。 Aまいたけとしめじは小房にわけます。
Bエリンギは、長さを半分にし薄切りにします。 Cにんじんは、3〜4pの長さに細切りします。
D三つ葉は、2pに切ります。
♪作り方
@炊飯器に米とつゆを入れ、3合の目盛りまで水を加えます。
Aまいたけ・しめじ・エリンギ・にんじん・ごぼう・油揚げをのせ、平らにして炊きます。
B炊き上がったら、さっくりと混ぜ合わせて器によそい、三つ葉をちらして出来上がりです。

   
焼きまいたけと
納豆の味噌和え
  
♪材料(4人前)@まいたけ・1パック(100g)Aエリンギ・2本(100g)Bしめじ・1パック(100g)
C納豆・大1パック(100g)
  
 ♪調味料ほか@味噌・大さじ3Aみりん・大さじ2
焼ききのこの香ばしさに、味噌味が美味しい 
♪そのほか(下拵え)
@まいたけとしめじは石づきを除き小房に分けます。 Aエリンギは長さを半分に切り厚さ7〜8mm切ります
B焼きます。・焼き網を熱し、エリンギ、まいたけ、しめじをのせて、中火で薄く色が付くまで焼きます。
♪作り方
@混ぜます。
・納豆に味噌とみりんを加えて、粘り気が出るまで良く混ぜます。
・ここに焼いたエリンギ、まいたけ、しめじを加えてさっくり混ぜて出来上がりです。
 
♪栄養価1人分@熱量・kcal A塩分・g 
  
  まいたけと
鮭の焼き浸し
 
♪材料(2人前)@まいたけ・1パック(120g)A生鮭・2切れ(180g)B赤唐辛子・1本 
♪調味料ほか@塩・少々A酒・小さじ1
               BA ・酢・1/4カップ・だし汁・大さじ2と1/3・しょうゆ・大さじ1・塩・少々
 
♪そのほか(下拵え)
@鮭は1切れを2〜3つに切って、塩、酒をふります。 Aまいたけは石づきを除いて小房に分けます。
B赤唐辛子は2つに切って種を除きます。
♪作り方
@まいたけもグリルで焼きます。
A鮭の水気をよく拭き取り、魚焼きグリルで火が通るまで焼きます。(両面焼きで6〜8分)
B鍋に赤唐辛子とAを入れて火にかけます。
Cひと煮立ちしたら焼きたての鮭とまいたけを加えて全体にからめて出来上がりです。
♪栄養価1人分@熱量・kcal A塩分・g 
  
 焙りまいたけと
長いものサラダ
  
♪材料(4人前)@まいたけ・1パックA長イモ・130g  
♪調味料ほか@A ・ゆずこしょう・小さじ1(又は練りわさび小さじ1/2)
                   ・みりん・小さじ1/2・しょうゆ・小さじ1/2・ゴマ油・大さじ1
ゆず胡椒でピリッと 
♪そのほか(下拵え)
@まいたけは小房に分けます。 A長イモは皮付きのまま良く洗って、4等分の輪切りにします。
BボウルにAをいれて、ゴマ油を加えてドレッシングを作ります。
♪作り方
@魚焼きグリルをよく熱して、長イモを両面に焼き色がつくまで中火で焼きます。
途中でまいたけを入れて、サッと焼きます。
A器に盛ってドレッシングをかけて出来上がりです。
 
♪栄養価1人分@熱量・54kcalA塩分・

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】