9月〜12月の旬きのこ〜まいたけのレシピ

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

9月〜12月の旬きのこ〜まいたけのレシピ

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
         誕生花   誕生石   お祭り    ゴルフ   万年暦    旬の野菜  旬の魚   旬の貝   用語集 
          
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・暦四半期

・西暦と年号対応表

♪暦〜六曜
・早見表

♪暦〜誕生花
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪暦〜
ゴルフトーナメント
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・メジャー大会優勝者
 男子
  

・メジャー大会優勝者
 女子


♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜省エネライフ
・省エネライフ

♪西暦と年号
・和暦・西暦
対応早見表


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気
・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化
・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化
♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。
・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール





≪日本文化と暦≫

   ”旬きのこまいたけ”の栄養素と効能&レシピいろいろのページ
病気の予防、旬の時期と鮮度の見分け方、保存方法、調理上の注意点他
五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、重量の単位:1gは
1グラム 1rは1,000分の1グラム 1μg(マイクログラム)は100万分の1グラム
   
栄養成分     単位 まいたけ(ひらたけ類)   
  生  茹で   乾 
 無機質         ナトリウム
カリウム 330 160 2500
カルシウム
 マグネシウム 12 100
 リン 130 89 700
 鉄 0.5 0.4 2.6
 亜鉛 0.8 0.7 6.9
 銅 0.27 0.17 1.78
 マンガン 0.05 0.04 0.47
 ビタミンB   B1 0.25 0.12 1.24
B2  0.49 0.19 1.92
B6  0.07 0.04 0.28
 ビタミン   ナイアシン 9.1 3.3 64.1
 葉酸 60 28 220
 パントテン酸 0.79 0.90 3.67
脂肪酸   飽和  0.07   0.08 0.38 
 一価不飽和 0.12  0.14  0.69 
多価不飽和  0.13  0.15  0.71 
 食物繊維   水溶性 0.3 0.2 1,5
 不溶性 g 2.4 3.4 39.4
 まいたけの知識
●まいたけは、ビタミンやミネラルなどの栄養が豊富なトンビマイタケ科マイタケ属のキノコです。
天然物は、ナラ、カシ、シイなどブナ科樹木の大木の根元に生えます。
一般的に店頭で販売されているものは人工栽培されたものです。天然では少ししか採れない幻のキノコです
舞茸の名前の由来には、大きく育った舞茸のそれぞれの子実体の姿が人々が舞っているように見えると
いう説と、山中で天然の舞茸を見つけ嬉しくて舞い上がったという説があります。
さわやかな香りがあり歯ごたえも良く、出汁も良く出るおいしいキノコです。
・まいたけに含まれるβ-グルカンの効能は
β-グルカンは、身体の免疫力を高めウイルスや細菌の感染を防いでくれるので、風邪やインフルエンザに
負けなくなります。免疫細胞が活性化されるので、がんや生活習慣病などの予防に役立ちます。
さらに、β-グルカンは、不溶性食物繊維の一種で、便秘の解消や血中コレステロールの上昇を抑え、
高血圧や動脈硬化を予防する働きがあります。
そのほか
@栄養価をいかす調理ポイント
・舞茸は、マイタケプロテアーゼというタンパク質分解酵素を多く含んでいますので生のまま茶碗蒸に
入れると、卵が固まりにくくなるので、舞茸を数分間、火に通してから入れるようにします。
食べるのならやっぱり天然モノが一番です。栽培種と比較するとその味に雲泥の差があることに気づか
されるはずです。鍋で煮込んだり、油でてんぷら、そして焼きものとどんな料理にもベストマッチする
キノコです。大きいものになると50センチくらいになるので遠目からでもすぐに分かるきのこです。
A鮮度の見分け方
・かさのいろがはっきりしているもの、肉厚なもの、重みのあるもの、軸の部分が締まっているもの、
また、小さい株をいくつか合わせて売られているものよりも、元から一つの株が大きいまいたけの
方がより食感が良いとされています。

B保存方法
・包装されて販売されているものは、そのままで冷蔵庫に入れて保管します。長く保存したい場合は、
石づきの部分をカットして適当な大きさに裂いてから、冷凍用保存袋に入れて保存します。
裂いておくと使いたい時に使いたい分だけ使えて便利です。

C旬の時期 ・9月〜12月
    

”旬野菜まいたけ”のレシピいろいろ

旬野菜の「栄養と効能」と「料理レシピいろいろ」〜検索ページ →こちらから
 旬の食材を活かした、美味しい料理で栄養素をしっかりと摂取、先ずは、体の中から健康に。

焼きまいたけと納豆の味噌和え   焼ききのこの香ばしさに、味噌味が美味しい

♪:材料(4人前)
@まいたけ・・・1パック(100g) Aエリンギ・・・2本(100g) Bしめじ・・・1パック(100g)
C納豆・・・大1パック(100g)
♪:調味料ほか
@味噌・・大さじ3 Aみりん・・大さじ2
♪:そのほか(下拵え)
@まいたけとしめじは石づきを除き小房に分けます。
Aエリンギは長さを半分に切り厚さ7〜8mm切ります
B焼きます。・焼き網を熱し、エリンギ、まいたけ、しめじをのせて、中火で薄く色が付くまで焼きます。
♪:作り方
@混ぜます。
・納豆に味噌とみりんを加えて、粘り気が出るまで良く混ぜます。
・ここに焼いたエリンギ、まいたけ、しめじを加えてさっくり混ぜて出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量・kcal A塩分・g

まいたけと鮭の焼き浸し

♪:材料(2人前)
@まいたけ・・1パック(120g) A生鮭・・2切れ(180g) B赤唐辛子・・1本
♪:調味料ほか
@塩・・少々 A酒・・小さじ1
BA ・酢・・1/4カップ ・だし汁・・大さじ2と1/3 ・しょうゆ・・大さじ1 ・塩・・少々
♪:そのほか(下拵え)
@鮭は1切れを2〜3つに切って、塩、酒をふります。
Aまいたけは石づきを除いて小房に分けます。
B赤唐辛子は2つに切って種を除きます。
♪:作り方
@まいたけもグリルで焼きます。
A鮭の水気をよく拭き取り、魚焼きグリルで火が通るまで焼きます。(両面焼きで6〜8分)
B鍋に赤唐辛子とAを入れて火にかけます。
Cひと煮立ちしたら焼きたての鮭とまいたけを加えて全体にからめて出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量・kcal A塩分・g

焙りまいたけと長いものサラダ   ゆず胡椒でピリッと

♪:材料(4人前)
@まいたけ・・1パック A長イモ・・130g
♪:調味料ほか
@A・ゆずこしょう・・小さじ1(又は練りわさび小さじ1/2) ・みりん・・小さじ1/2 ・しょうゆ・・小さじ1/2
・ゴマ油・・大さじ1
♪:そのほか(下拵え)
@まいたけは小房に分けます。
A長イモは皮付きのまま良く洗って、4等分の輪切りにします。
BボウルにAをいれて、ゴマ油を加えてドレッシングを作ります。
♪:作り方
@魚焼きグリルをよく熱して、長イモを両面に焼き色がつくまで中火で焼きます。
途中でまいたけを入れて、サッと焼きます。
A器に盛ってドレッシングをかけて出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量・54kcal A塩分・



Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】