1ページ目3月〜5月・9月〜11月の旬のきのこ〜椎茸(しいたけ)の「栄養価と効能」「料理レシピ」        
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

1ページ目3月〜5月・9月〜11月の旬のきのこ〜椎茸(しいたけ)の「栄養価と効能」「料理レシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

 ≪旬の野菜≫

 1ページ目3月〜5月・9月〜11月の旬のきのこ
 椎茸(しいたけ)の「栄養価と効能」「料理レシピ」のページです
  旬の時期は、気候や栽培方法、地域によっても異なりますので、目安にしてください。
 旬の野菜月のページへ→ 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
▽旬の野菜
旬野菜月の索引ページへ  主な旬野菜10種の栄養価比較と効能ページへ  旬野菜56種類の検索ページへ  
 @ページ目”旬きのこしいたけ”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ
・焼きしいたけ ・焼きしいたけと鶏肉の煮もの ・肉団子と野菜の黒酢あん

Aページ目のレシピへ
・生しいたけと豚肉のトマト煮 ・生しいたけ、まいたけと肉団子のオイスターソース煮 
・焼きしいたけと春菊のおひたし ・干ししいたけの中華煮 ・しいたけとエリンギのたたきナゲット
  しいたけは、ビタミンやミネラルなどの栄養を豊富に含むキシメジ科またはヒラタケ科もしくはツキヨタケ科シイタケ属のキノコです。天然物は、クヌギ、シイ、ミズナラ、クリなどの広葉樹の枯れ木に発生します。一般的に店頭で販売されているしいたけは、人工栽培されたものです。しいたけには、エリタデニンというきのこ類では、しいたけとマッシュルームにしか含まれていない特有の成分が含まれています。また、不溶性食物繊維の一種のβ-グルカンを多く含んでいます。  
しいたけ五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から
栄養成分     単位 椎茸(しいたけ)     
 生しいたけ 乾しいたけ 
  生  茹で   乾  茹で 
 無機質         ナトリウム 2 
カリウム 280 250 2100 220 
カルシウム 10 3 
 マグネシウム 14 12 110 13 
 リン 73 67 310 43 
 鉄 0.3 1.7 0.3 0.3 
 亜鉛 0.4 0.5 2.3 0.4 
 銅 0.05 0.07 0.50 0.09 
 マンガン 0.23 0.24 0.87 0.11 
 ビタミン   ビタミンD μg  2.1  2.4  16.8  1.9 
 ビタミンB   B1 0.10 0.10 0.50 0.06 
B2  0.19 0.18 1.40 0.23 
B6  0.11 0.09 0.45 0.10 
 ビタミン   C 10 0 
 ナイアシン 3.8 3.1 16.8 2.0 
 葉酸 42 24 240 44 
 パントテン酸 1.08 1.18 7.93 1.05 
脂肪酸   飽和   g 0.04  0.03  0.36  0.05 
 一価不飽和 0.01  0.01  0.07  0.01 
 多価不飽和  g 0.14  0.11  1.33  0.18 
 食物繊維   水溶性 0.5 0.4 3.0 0.3 
 不溶性 g 3.0 4.3 38.0 7.2 
栄養成分     単位 椎茸(しいたけ)     
 生しいたけ 乾しいたけ 
  生  茹で   乾  茹で 
      
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法
  @旬の時期 ・3月〜5月 9月〜11月 
A鮮度の見分け方は、かさが開ききっていないもの、丸みと厚みがあるもの、軸がふといもの、また、かさの裏がより白っぽい方が新鮮な証です。
B保存方法は、しいたけは水分の多いきのこですが、しいたけ自体はとても水分を嫌います。買ってきたバッグや袋詰めままの状態で冷蔵庫に入れると、しいたけから出た水分で傷んでしまうので必ず取り出して、キッチンペーパーや新聞紙に包んでから軸が上になるようにして置き冷蔵庫で保管干ししいたけにするには、3日程度天日に当てると出来上がりますが、夜は室内に取り込むようにして下さい 
・しいたけに含まれる栄養成分、主な有効成分と効能 
@しいたけに含まれるエリタデニンの効能は、血液中の悪玉コレステロール値を下げ、動脈硬化の予防が期待されます。 
Aしいたけに含まれるβーグルガンの効能は、β-グルカンは、身体の免疫力を高めウイルスや細菌の感染を防ぎ、風邪やインフルエンザに負けなくなります。
免疫細胞が活性化されますのでがんや生活習慣病などの予防に役立ちます。
さらに、β-グルカンは、不溶性食物繊維の一種ですので、便秘の解消や血中コレステロールの上昇を抑え、高血圧や動脈硬化を予防する働きがあります。
 
・調理のポイント 
@しいたけのうまみを味わう3つ(焼く、煮る、炒める)の調理方法があります。
A煮ものは、5〜6枚作るのも、20枚作るのも手間は同じなので、沢山作るとよいでしょう。焦げるのを防ぐため、少し煮汁が残っている状態で火を止めます。
冷めるときに味が入りますので、鍋のまま冷まします。
戻すのと、出汁で下煮するのを手抜きすると、うまくいきませんよ。

 B焼きしいたけは、塩か醤油をかけ、すだちなどの柑橘を絞ってシンプルに食べるのがおすすめ。グリルや網で焼くときは、かさの裏側にあるうまみが落ちないようにかさの表面を下向きにして、片面だけ焼くと美味しさをキープ。 C炒めものは、味をしっかり目につくるなら醤油を、薄目がいいなら麺つゆなどで。
      
1ページ目3月〜5月・9月〜11月の旬のきのこ〜椎茸(しいたけ)の料理レシピ  
焼きしいたけ
  
♪材料(4人前)
@しいたけ・適量
*選び方・傘の中に、酒・しょうゆなどの水ものを入れるので、傘が開ききっていないものを選ぶ、
又頭が平らなもの。
・傘の肉厚差で、火の通り加減が変わるのでいきなり多量を作るのではなく1〜2個試してみて下さい
(傘が肉厚な物が、一番良いです出来るだけ大きな物を選びます) 
  
♪調味料ほか@しょうゆ・適量A酒・適量
♪そのほか(下拵え)♪作り方 @椎茸の軸の部分を切るだけです。
@網焼きの場合
・火加減は、中〜中強くらいで焼きます
・椎茸の傘の内側を少し水で濡らしてから、傘の内側が下になるように、網の上に並べて焼きます
・約、1〜2分したら裏返して、傘のひだに浸りきるくらい酒を入れ、
次に醤油を適当に入れます
・その後、3〜5分くらい焼いてくると、酒・醤油・椎茸の良い香りがしてきますので箸で、突いてみて、
生っぽい堅さが無ければ、焼き上がりです
Aフライパン焼きの場合(蒸し焼きタイプ)

・火加減は、中火くらいで焼きます
・椎茸の傘の内側を少し水で濡らしてから、傘の内側が下になるように、フライパンに並べ蓋をして、約1分焼きます
・裏返しにして、傘のひだに浸りきるくらい酒を入れ、次に醤油を適当に入れます
・蓋をして、約3分焼いたら出来上がりです
 
♪栄養価1人分@熱量:kcalA塩分:g 
  
焼きしいたけと
鶏肉の煮もの
  
♪材料(4人前)
@生しいたけ・12枚A鶏モモ肉・350gBくり・12個Cぎんなん・20粒Dさやえんどう・12枚
♪調味料ほか@だし ・白ワイン・カップ1と1/4・しょうゆ・大さじ4・砂糖・小さじ2
・みりん・大さじ1と2/3 A塩・少々B揚げ油・適量C片栗粉・少々
秋の素材がいっぱいの煮ものです 
♪そのほか(下拵え)
@生しいたけは石づきを切り取り、大きいものは二つに切ります。 A鶏モモ肉は一口大に切ります。
Bくりは渋皮を残さないように皮をむきます。 Cぎんなんは殻を割り、薄皮をむきます。
Dさやえんどうは筋を取り、塩少々加えた湯でサッと茹でます。

♪作り方

@揚げ油を熱し、くりとぎんなんは150度cで約3分間、鶏肉は薄く片栗粉をふり、170度cで約30分間
それぞれ表面を固める程度に揚げます。
Aしいたけと@を鍋に入れ、だし調味料を合わせて加え、中火で煮汁がほとんどなくなるまで煮ます。
B最後のさやえんどうを加えて火を止めます。器に盛って出来上がりです。
 
♪栄養価1人分@熱量・340kcalA塩分・g 
  
 肉団子と
野菜の黒酢あん
♪材料(2人前)
@しいたけ・2枚(30g)A玉ねぎ・1/4個(50g)Bにんじん・1/6本(30g)C豚挽き肉・250g
  
♪調味料ほか@片栗粉・大さじ1
AA ・玉ねぎ(みじん切り)・1/4個(50g)・しょうゆ・小さじ2・ゴマ油・小さじ2
BB ・黒酢・大さじ2・砂糖・大さじ2・水・大さじ2・片栗粉・小さじ1
 電子レンジ使って簡単に野菜も一緒に加熱  
♪そのほか(下拵え)
@ボウルに挽き肉とAを入れ、粘りが出るまで練り混ぜます。
・これを12等分して丸めます。(加熱する前に片栗粉をまぶします)
A玉ねぎは繊維にそって薄切りにします。 Bにんじんはせん切りにします。
Cしいたけは石づきを除いて薄切りにします。
♪作り方
@電子レンジで加熱をします。
・耐熱皿に野菜を平にのせて広げ、皿の周囲に片栗粉をまぶした肉団子を並べます。
A良く混ぜ合わせたBの甘酢を肉団子にかけ、ふんわりラップをして電子レンジで5〜6分加熱します。
B調味料をからめます。
・耐熱皿ごと取り出してラップをはずして、甘酢を肉団子と野菜にからめながら、とろみがつくまで
1分ぐらい混ぜ合わせて出来上がりです。
 
♪栄養価1人分@熱量・421kcalA塩分・3.6g

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】