11月〜12月の旬野菜〜葱(ねぎ)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

11月〜12月の旬野菜〜葱(ねぎ)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 

≪旬の野菜≫

 葱(ねぎ)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」ページです。

  昔から風邪に対する民間療法で、昔から風邪をひいたときには焼いた白ネギをのどに当てたり、ネギを食べると良いといわれていますね。これは、あの刺激臭や辛味の成分でもある「硫化アリル」の効果で、強力な殺菌作用と鎮静効果があります。非常に揮発性が高いので、のどに当てるだけでも効くというわけで   
葱(ねぎ)五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から     
栄養成分     単位 ねぎ類    
根深ねぎ  葉ねぎ  小ねぎ 
  葉、軟、生  葉、生   葉、生 
 無機質         ナトリウム tr tr
カリウム 180 220 320
カルシウム 31 54 100
 マグネシウム 11 18 17
 リン 26 31 36
 鉄 0.2 0.7 1.0
 亜鉛 0.3 0.2 0.3
 銅 0.04 0.04 0.03
 マンガン 0.10 0.18 0.18
 ビタミンA       βーカロテン当量 μg  14 1900 2200
 レチノール当量 μg  150 160
 ビタミンE    トコフェロールα 0.1 0.9 1.3
  トコフェロールβ   tr
ビタミン  K μg  94 120
 ビタミンB   B1 0.04 0.05 0.08
B2  0.4 0.9 0.14
B6  0.11 0.12 0.13
 ビタミン   C 11 31 44
 ナイアシン 0.4 0.5 0.6
 葉酸 56 110 120
 パントテン酸 0.14 0.24 0.10
 食物繊維   水溶性 0.2 0.4 0.2
 不溶性 g 2.0 2.5 2,3

 体の中から「ヘルシーに綺麗」になるために、皮膚は「内臓の鏡」です。       
季節野菜の栄養素と効能 :一番大切なことは、食材の「旬」の時期に食べることです。
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
@皮膚の潤いを
保ちます
A衰えた肌を
回復させる
ビタミン
A
和種なばな トマト
青じそ
ピーマン

莢えんどう
  青梗菜
春菊
人参
ブロッコリー
小松菜
にら

大根
ほうれん草
 野菜以外の食べ物 わかめ、ぎんだら、鮭、鰻、レバー    
@皮膚の弾力や
コラーゲンを作る
ビタミン
C
和種なばな
キャベツ
トマト
青じそ
ピーマン

莢いんげん
  ブロッコリー
にら
大根
小松菜

ほうれん草
 野菜以外の食べ物 オレンジ、キウイ、みかん    
@老化を防止しする。
A肌を艶やかにする。
ビタミン
E
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ、トマト
春菊
ブロッコリー
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  鰻、たらこ、ゴマ、アーモンド、油揚げ、オリーブ油    
@肌の新陳代謝を
良くする。
A粘膜を強くし
肌荒れを
おこしにくくする。
ビタミン
B群
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ
  春菊
ブロッコリー
パセリ
にら
大根
ほうれん草
野菜以外の食べ物 帆立柱、鯖、鰻、小あじ、秋刀魚、豚肉
バナナ、キウイ、オレンジ、大豆、
    
@肌荒れの
原因となる。
Aイライラを鎮める
カル
シウム
和種なばな
キャベツ、
セロリ
青じそ   青梗菜
春菊
ほうれん草
大根
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  帆立柱、公魚、小あじ、鰯丸干し、じゃこ、干し海老、わかめ、
牛乳、チーズ、豆腐、
    
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
     

 ”葱(ねぎ)”の「旬の期」「鮮度の見分け方と保存方法」「栄養価と効能」「調理のポイント」など
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法 
  @旬の時期 ・11月〜12月 
A鮮度の見分け方は、・緑の葉は、薄緑色でハリがあるもの、緑色と白のコントラストがはっきりしているもの、・白い部分はツヤがあり、よく締まっているもの、首の部分が締まっているもの、・全体的に重みがあるもの。 
B保存方法は、・ねぎを、保存する時のポイントは、白い茎の部分と、緑の葉の部分を切り分けて保存することです。これは、茎の部分の栄養が、緑色の葉ねぎのほうに流れてしまうのを防ぐためです。白い茎の部分は新聞紙に包んで冷暗所に立てる、もしくは冷蔵庫で保存します。葉の部分はラップに包んで冷蔵庫で保存すると良いでしょう。・冷凍保存は、ねぎは刻んで冷凍もできますが、冷凍すると風味が逃げてしまうので、薬味としては利用できません。 
・ねぎに含まれる栄養成分、主な有効成分と効能 
@白(根深)ネギと青(葉)ネギ。下の成分表を見ていただけると分かりますが、白ねぎは淡白食野菜、青ネギは緑黄食野菜にあたり、それぞれ栄養成分がかなり違います。葉ねぎには非常にたくさんのカロテンが含まれています。 
A薬効が多いアリシンは、ネギ特有の強い香りの成分は硫化アリルと言う成分によるもので、ビタミンB1の吸収を助ける他、血行をよくし、疲労物質である乳酸を分解する作用などがあると言われており、肩こりや疲労回復にも効果が期待できます。更に消化液の分泌を促す働きもあります。この硫化アリルは刻むことによって沢山作られ、時間と共に消えてしまうので、食べる直前に調理することが大切です。
B昔から風邪に対する民間療法で、昔から風邪をひいたときには焼いた白ネギをのどに当てたり、ネギを食べるといいといわれていますよね。これは、あの刺激臭や辛味の成分でもある「硫化アリル」の効果で、強力な殺菌作用と鎮静効果があります。非常に揮発性が高いので、のどに当てるだけでも効くというわけです。
・調理のポイント  
@・ねぎの刺激臭でもあるアリシンは加熱するとその成分や効力を失うので
鍋物などに入れる際は最後に入れてあまり火を通さないようにしていただきます。
 


旬野菜の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから

”旬野菜葱(ねぎ)”のレシピ 
旬の食材を活かし、美味しい料理で栄養をしっかりと摂取、先ずは、体の中から健康に 
 ねぎま汁   ♪:材料(2人前)
@長ねぎ・・1/2本(50g)
Aまぐろ(切り落とし)・・200g
♪:調味料ほか
@しょうが・・(すりおろし)・・適宜
AA
・水・・1/2カップ 
・酒・・大さじ1 
・みりん・・大さじ1/2 
・しょうゆ・・小さじ1 
・粗塩・・小さじ2/3
 
鮪は脂の多いところを使うと、身がかたくなりません。 
♪:そのほか(下拵え)
@まぐろは、薄い塩水(分量外)水1カップに塩小さじ1杯程度)で
洗ってキッチンペーパーで水けをふきます
A長ねぎは2センチの長さにぶつ切りします。
♪:作り方
@鍋に調味料Aを入れて煮立て、
まぐろを加えて弱火の中火で15分ほど煮ます。
A粗熱が取れたら冷蔵庫で保存します。 
B食べるときに、温めて器に盛り、しょうがをのせます。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・603kcal A塩分・4.0g 
  
 焼きねぎの
味噌がけ
 ♪:材料(4人前)
@ねぎ・・2本 
A豚挽き肉・・250g
♪:調味料ほか
@生姜のみじん切り・・小さじ1 
Aゴマ油・・小さじ1 
B豆板醤・・小さじ1
CA 
・味噌・・大さじ2 
・砂糖・・大さじ1/2 
・酒・・大さじ1と1/2 
・水・・大さじ1と1/2
 
甘い焼きネギが美味しい 
♪:そのほか(下拵え)
@ねぎは根と青い部分を切り落として、
6pの長さに切ってグリルで色よく焼きます。
♪:作り方
@フライパンを中火にかけて
ゴマ油、豆板醤、生姜を入れて炒めます。
香りが立ったら豚挽き肉を加えて炒めます。
A肉の色が変わったらAを加えて2分ほど炒めます。
B器に色よく焼いたねぎを盛って、@をかけて出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・188kcal A塩分・g  
  
 ねぎとわかめの
サッと炒め
 
♪:材料(2人前)
@長ねぎ・・・1本 
Aわかめ(戻して)・・・50g
 
♪:調味料ほか
@ごま油・・大さじ1/2 
A塩・・少々 
Bこしょう・・少々
 
もう一品のとき 
♪:そのほか(下拵え)
@長ねぎは縦4つ割にし、長さ5〜6cmに切ります。 
Aわかめは食べやすい長さに切ります。
♪:作り方
@フライパンにごま油を熱し、長ねぎ、わかめを炒めます。
しんなりして油がまわったら塩、こしょうで調味して出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・44kcal A塩分・0.6g   
ねぎとラムの
炒めもの
 
♪:材料(4人前)
@長ねぎ・・・1本
Aラム肉薄切り・・・300g
B香菜・・・少々
 
♪:調味料ほか
@下味調味料
・しょうゆ・・大さじ2と1/2
・酒・・大さじ1/2
・こしょう・・少々 
・ゴマ油・・小さじ1 ・
・しょうが汁・・小さじ1/2
・中国しょうゆ小さじ1(又は濃い口しょうゆ半分量)
Aサラダ油・・大さじ2
B黒酢・・大さじ2
Cゴマ油・・少々
 
しょうがでくせを和らげた、食べやすいラム料理 
♪:そのほか(下拵え)
@ラム肉は下味調味料に30分漬けこみます。
味をなじませておきます
A長ねぎは大きめの斜め切りにします。
1/3量は香りづけのためにラム肉に合わせます。
♪:作り方
@中華鍋にサラダ油を熱し、高温にしてラム肉を入れて、
焼き色をつけながら八分目ぐらいまで
火を通します
A長ねぎを加えてサッと炒め、黒酢、ゴマ油をまわし入れたら
皿に盛って香菜を飾ってっ出来上がりです
 
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g 
  
 焼きねぎと
鶏肉の煮もの
♪:材料(4人前)
@ねぎ(白い部分)
・・3本分(250g) 
A鶏モモ肉・・2枚(500g) 
Bゆずの皮(せん切り)・・適宜
Cおろしわさび・・適宜
 
♪:調味料ほか
@小麦粉
AA 
・だし汁・・2カップ 
・しょうゆ・・大さじ2 
・酒・・大さじ2 
・みりん・・大さじ2 
・塩・・ひとつまみ
 
 焼いてサッと煮たねぎは、香ばしく食感がよく甘味もすっきりと
♪:そのほか(下拵え)
@ねぎは長さを4pに切ります。
焼き網かグリルで表面に焦げ目がつくまでじっくりと焼きます。
A鶏肉は余分な脂肪を取り除き、
一口大に切ります。茶こしで両面に小麦粉をふります。
♪:作り方
@鍋に煮汁の材料を入れて中火で煮立てます。 
A肉を加えて蓋をして10分煮ます。
Bねぎを加えてもう3分ほど煮ます。
C器に盛ってゆずの皮とワサビを添えて出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・309kcal A塩分・1.7g 
  
ねぎと
牛肉の炒めもの
 
♪:材料(4人前)
@ねぎ・・2本(200g) 
A牛肉(薄切りかこま切れ肉)
・・300g 
Bにんにく(潰した)・・1かけ分
 
♪:調味料ほか
@サラダ油・・大さじ2
AA 
・しょうゆ・・大さじ1と1/2 
・酒・・大さじ1と1/2 
・サラダ油・・大さじ1
BB 
・しょうゆ・・小さじ2 
・酢・・小さじ2 
・粗びきこしょう・・適宜
 
牛肉と一緒にねぎにも下味をつけて炒めると、風味となじみが抜群です 
♪:そのほか(下拵え)
@ねぎは縦半分に切り、巾を5mmの斜め切りにします。
A牛肉は大きければ一口大に切ります。
パットにAを入れて軽くもみます。
ねぎを加えて全体をざっと混ぜ合わせて10分ほどおきます。
♪:作り方
@フライパンにサラダ油大さじ2と潰したにんにくを入れ、
中火で1分ほどかけます。
フライパンが充分熱くなったら強火にして牛肉とねぎを加えて
、肉の赤身がなくなるまで手早く炒めます。
ABを加えて全体を大きく返すように
2〜3回混ぜ合わせて出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・304kcal A塩分・1.5g  
旬野菜の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから
 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】