11月〜12月の旬野菜〜青梗菜のレシピ

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

1ページ目11月〜12月の旬野菜〜青梗菜のレシピ

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
          誕生花     誕生石    お祭り    万年暦    旬の野菜   旬の魚    旬の貝    用語集 
                 
 
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

♪暦〜誕生花
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気

・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化

・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜

1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化

♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。

・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール




≪日本文化と暦≫

   1ページ目
”旬野菜青梗菜(チンゲンサイ)”の栄養素と効能&レシピいろいろ
   
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法
    @旬の時期 ・11月〜12月 
A鮮度の見分け方は、・葉柄は淡緑色で幅広く厚みがあるもの、葉はツヤがあり緑色で柔らかいものを。 
B保存方法は、・軽く霧を吹いた新聞紙に包み、ポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。一週間程度もちます。 
   
・青梗菜に含まれる栄養成分、主な有効成分と効能 
     @青梗菜に含まれる豊富なβカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれて
います。
 
A青梗菜はカリウムやカルシウムを豊富に含んでいます。カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。また、カルシウムは骨を生成する上で欠かせない成分です。骨を丈夫にし、健康を維持します。また、イライラの解消にも効果
があります。
 
BビタミンCを含み風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。
   
・調理のポイント  
    @・青梗菜は、葉も茎も同じように淡緑色をし、柔らかくて歯切れがよく、風味もある
色合いと歯切れのよさが身上なので、これを生かす食べ方がくふうされています
湯に通すと淡緑色が美しくさえてくるが、炒めるとさらに鮮やかになる。
A青梗菜は、油ととても相性がいいのです。中国料理には必ず油を使いますが、青梗菜もまた油炒めが成分上も効果的です。高温でさっと炒めると、ビタミンCの損失も少なくて済みます。また、青梗菜の中のカロチノイドや植物化学物質は油によく溶ける性質を持っていますから、よりよく吸収されます。
加えて、味も歯ごたえもよくなります。もっとも適当な調理法といえましょう。
 
B洋食なら、肉料理に添える温野菜として好適です。むろん、ゆでても揚げても、成分に変化はありません。  
   
青梗菜五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、 
栄養成分     単位 青梗菜    
  葉生  葉茹で 
 無機質         ナトリウム 32 28
カリウム 260 250
カルシウム 100 120
 マグネシウム 16 17
 リン 27 27
 鉄 1.1 0.7
 亜鉛 0.3 0.2
 銅 0.07 0.06
 マンガン 0.12 0.17
 ビタミンA       βーカロテン当量 μg  2000 2600
 レチノール当量 μg  170 220
 ビタミンE    トコフェロールα 0.7 0.9
ビタミン  K μg  84 120
 ビタミンB   B1 0.03 0.03
B2  0.07 0.05
B6  0.08 0.04
 ビタミン   C 24 15
 ナイアシン 0.3 0.3
 葉酸 66 53
 パントテン酸 0.17 0.12
 食物繊維   水溶性 0.2 0.3
 不溶性 g 1.0 1.2



  

@ページ目”旬野菜青梗菜”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ →・青梗菜たっぷりの肉豆腐・青梗菜と豚肉の酢味噌和え
・青梗菜のアンチョビ炒め・青梗菜と挽き肉の甘辛煮・青梗菜のねぎちりめんじゃこがらめ
Aページ目のレシピへ →・青梗菜と牛タンのバター炒め・青梗菜の海苔和え
・青梗菜のスープ炒め・青梗菜と豚肉のわかめ煮もの・青梗菜と鶏肉の中華炒め
Bページ目のレシピへ
→・青梗菜と豚肉のオイスターソース炒め・青梗菜とシーチキン炒め
・青梗菜と椎茸のオイスターソース炒め・青梗菜とカニカマの玉子あんかけ・青梗菜としめじの白和え

旬野菜の「栄養と効能」と「料理レシピいろいろ」〜検索ページ →こちらから

 旬の食材を活かし、美味しい料理で栄養素をしっかりと摂取、先ずは体の中から健康に


 青梗菜たっぷりの
肉豆腐
♪:材料(2人前)
@青梗菜・・150g 
A豚肉(こま切れ)・・100g 
B豆腐(絹)・・1/2丁(200g) 
Cしょうが(薄切り)・・1枚
 
♪:調味料ほか
@だし・・カップ1 
A七味唐辛子・・適宜 
Bしょうゆ・・大さじ1と1/2 
Cみりん・・大さじ1と1/2
 
♪:そのほか(下拵え)
@青梗菜は葉と芯に切り分け、良く洗います。
♪:作り方
@鍋にだし、しょうゆ、みりん各大さじ1と1/2を入れ、煮立てます。
Aしょうがを加え、豚肉を広げながら加える。ふたたび煮立ったら、あくを取ります
B中火にして、豆腐を大きくちぎって入れ、3〜4分煮ます。豆腐が色づいたら、青梗菜の芯を入れ、
続いて葉を全体にかぶせるようにのせて、6〜7分間煮て出来上がりです。
C器に盛り、お好みで七味唐辛子をふります。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g 
  
青梗菜と
豚肉の酢味噌和え
 
♪:材料(2人前)
@青梗菜・・・2株
A豚バラ肉・・・薄切り(150g)
 
♪:調味料ほか
酒・・小さじ2  
A塩・・小さじ1  
Bサラダ油・・大さじ1 
C味噌和え
・味噌・・70g ・
砂糖・・大さじ3  
・酢・・大さじ1 ・
しょうゆ・・1/2 
・溶き辛子・・小さじ1/2
 
♪:そのほか(下拵え)
@青梗菜は1枚ずつはがして二つに切ります。 
A豚肉は、2センチ幅に切ります。
Bボールに味噌和えを作ります。
♪:作り方
@青梗菜を茹でます。沸騰湯に塩小さじ1、サラダ油大さじ1、を入れて軸を先に茹で、再沸騰したら葉を
入れて茹でます。盆ざるに入れて水に取らず手早く冷まします
A小鍋に豚肉を入れ酒小さじ2、塩少々を加えて、弱めの中火にかけ、箸で軽く混ぜながら火を通します
B味噌和えに青梗菜と豚肉をあえて器に盛り出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g  



  
青梗菜の
アンチョビ炒め
 
♪:材料(2人前)
@青梗菜・・・2株(200g)
Aにんにく(みじん切り)・・・1/4かけ分
B赤唐辛子・・・1/2本 
Cアンチョビ(フィレ)・・・3枚
 
♪:調味料ほか
@オリーブ油・・大さじ1/2 
A塩・・少々 
Bこしょう・・少々
 
青菜でヘルシーな一品 
♪:そのほか(下拵え)
@青梗菜は葉を1枚ずつはずして、大きい葉は乱切りにします。芯は縦4つ割りにします。
A赤唐辛子はちぎります。
♪:作り方
@炒めて調味します。
・フライパンにオリーブ油、にんにく、赤唐辛子を入れて、中火にかけます。
・香りが立ったらアンチョビを加えてひと混ぜし、青梗菜を入れます。
(アンチョビをオリーブ油になじませてから青梗菜を炒めると、風味が全体に良く絡みます)
・全体がしんなりしたら、塩、こしょう各少々で調味して出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g 
  
青梗菜と
挽き肉の甘辛煮
 
♪:材料(4人前)
@青梗菜・・4株(500g) 
A豚挽き肉・・200g 
B黒きくらげ・・大さじ2
Cにんにくのみじん切り・・1かけ分 
Dねぎのみじん切り・・大さじ4
 
♪:調味料ほか
@サラダ油・・大さじ2 
A塩・・少々 
B豆板醤・・小さじ1〜2 
C酒・・大さじ1
D砂糖・・大さじ1/2 
Eしょうゆ・・大さじ3 
Fゴマ油・・大さじ1/2  
G水・・適宜
HA 
・片栗粉・・大さじ1と1/2 
・水・・大さじ2
 
青梗菜と挽き肉は別々に炒めて、とろみをつける前に合わせるのがポイントです 
♪:そのほか(下拵え)
@青梗菜は葉と茎に切り分けます。茎は縦4等分に切ります。
Aきくらげは水につけて戻し、堅い石づきを切り、大きいものは半分に切ります。
♪:作り方
@中華鍋にサラダ油大さじ1を熱し、青梗菜の茎と塩を入れてサッと炒め、水大さじ3を加えて蓋をし、
中火で2分ほど蒸し茹でにします。青梗菜の葉もひと茹でし取り出します。
A中華鍋にサラダ油大さじ1をたして熱し、挽き肉を中火で炒め、色が変わったらにんにく、ねぎ、
豆板醤の順に加えて香りが立つまで炒めます。
Bきくらげを加えてサッと炒めて、酒をふり、水1カップを加えて煮立てます。砂糖しょうゆを加え蓋をして
中火で5分ほど煮ます。
C青梗菜を加えてひと煮して、Aを混ぜ合わせて加え、ゴマ油をふって出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・253kcal A塩分・2.5g 
  
 青梗菜の
ねぎちりめんじゃこ
がらめ
♪:材料(4人前)
@青梗菜・・2株(250g)
 
♪:調味料ほか
@塩・・小さじ1 
Aゴマ油・・大さじ1 
BA 
・ねぎの小口切り・・1本分 
・ちりめんじゃこ・・大さじ2
 
香ばしい風味が加わって、生でも食べやすい 
♪:そのほか(下拵え)
@青梗菜は1枚ずつ葉をはずし、茎の部分は横に幅を1pに切ります。
葉は横に幅を1.5pに切ります。ともに塩をふってもんでしんなりするまで30分ぐらいおきます。
♪:作り方
@フライパンにごま油を中火で熱し、Aを順に加え炒めます。
Aちりめんじゃこがきつね色になったら平らな皿などに広げて粗熱を取ります。
B青梗菜に水1カップを加えてざっと混ぜます。水気をよく絞ります。
C炒めたAを加えて、全体にからめます。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・58kcal A塩分・0.7g  


・次のページへ 
@ページ目のレシピへ Aページ目のレシピへ Bページ目のレシピへ




Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】