11月〜2月の旬野菜〜れんこんのレシピ

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

1ページ目11月〜2月の旬野菜〜れんこんのレシピ

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
         誕生花   誕生石   お祭り    ゴルフ   万年暦    旬の野菜  旬の魚   旬の貝   用語集 
          
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・暦四半期

・西暦と年号対応表

♪暦〜六曜
・早見表

♪暦〜誕生花
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪暦〜
ゴルフトーナメント
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・メジャー大会優勝者
 男子
  

・メジャー大会優勝者
 女子


♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜省エネライフ
・省エネライフ

♪西暦と年号
・和暦・西暦
対応早見表


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気
・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化
・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化
♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。
・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール





≪日本文化と暦≫

    1ページ目”旬野菜れんこん”の栄養素&レシピいろいろ
病気の予防、旬の時期と鮮度の見分け方、保存方法、調理上の注意点他
五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、重量の単位:1gは
1グラム 1rは1,000分の1グラム 1μg(マイクログラム)は100万分の1グラム
tr(トレース)は、微妙に含まれている
次のページへ @ページ目のレシピへ Aページ目のレシピへ Bページ目のレシピへ
           Cページ目のレシピへ Dページ目のレシピへ Eページ目のレシピへ
 
栄養成分     単位 れんこん    
  根茎生  根茎茹で
 無機質         ナトリウム 24 15
カリウム 440 240
カルシウム 20 20
 マグネシウム 16 13
 リン 74 78
 鉄 0.5 0.4
 亜鉛 0.3 0.3
 銅 0.09 0.05
 マンガン 0.78 0.80
 ビタミンA       βーカロテン当量 μg 
 レチノール当量 μg  tr tr
 ビタミンE    トコフェロールα 0.6 0.6
  トコフェロールβ   tr tr
 ビタミンB   B1 0.10 0.06
B2  0.01
B6  0.09 0.07
 ビタミン   C 48 18
 ナイアシン 0.4 0.2
 葉酸 14
 パントテン酸 0.89 0.49
 食物繊維   水溶性 0.2 0.2
 不溶性 g 1.8 2.1
 れんこんの知識
●れんこんは、ハスの地下茎が肥大したもの
・れんこんに含まれるムチンは、水溶性食物繊維です。ムチンには粘膜保護作用があり、胃や腸壁の
潰瘍を予防します。また、肝臓の働きを強化し、タンパク質の消化吸収をたすける働きや、
滋養強壮の働きもあります。のどや鼻の粘膜を保護し、ウイルスから身体をまもり、風邪などの
感染症を予防します。さらに、目の粘膜を保護しドライアイを防いでくれます。
・れんこんに含まれるタンニンは、ポリフェノールの一種で強力な抗酸化作用があり、活性酸素の発生や
酸化力を抑え、ダメージを受けた細胞を修復し、免疫力を高めたり、動脈硬化や生活習慣病、
がんなどの予防に役立ちます。さらに、タンニンには、下痢を改善する働きもあります・
そのほか
@栄養価をいかす調理ポイント
・栄養成分は、ビタミンC、食物繊維、澱粉質が多いため加熱してもビタミンCが壊れにくいことが特徴
 粘り気の成分・ムチンは、胃や腸の粘膜を保護、消化吸収力を高める。・
A鮮度の見分け方
・太くてまっすぐ、皮は肌色、穴の中に泥が入っているものは避けましょう。
B保存方法
・れんこんは乾燥に弱く、光と空気に触れるのを嫌います。
湿らせた新聞紙に包み、ポリ袋に入れて野菜室に、節の途中で切れているものは穴の中が空気が
通らないように切り口をラップで包んで野菜室に・
C旬の時期 ・1月〜2月・11月〜12月
根菜の栄養と賢い保存方法
@品種→ハスの地下茎が肥大したもの
A栄養成分→ビタミンC、食物繊維、澱粉質が多いため加熱してもビタミンCが壊れにくいことが特徴
 粘り気の成分・ムチンは、胃や腸の粘膜を保護、消化吸収力を高める。
B選び方と保存方法→太くてまっすぐ、皮は肌色、穴の中に泥が入っているものは避けましょう。
 れんこんは乾燥に弱く、光と空気に触れるのを嫌います。
 湿らせた新聞紙に包み、ポリ袋に入れて野菜室に、節の途中で切れているものは穴の中が空気が
 通らないように切り口をラップで包んで野菜室に。
    

@ページ目”旬野菜〜れんこん”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ→・れんこんメンチ・れんこんステーキ・れんこんと豆腐バーグのおろし煮
・スタミナれんこんきんぴら・れんこんと牛肉の煮もの
Aページ目のレシピへ→・れんこんきんぴら・れんこん肉ばさみ焼き・れんこんまんじゅう
・れんこん酢・れんこんサラダドッグ
Bページ目のレシピへ→・れんこんとスモークサーモンのサラダ・れんこんとおからのベジタリアンローフ
・れんこんの宝袋鍋煮・れんこんの粒マスタードサラダ・れんこんのベーコン炒め
Cページ目のレシピへ→・すりおろしれんこんと鶏ひき肉の鉢蒸し・れんこんのウィスターソース照り焼き
・揚げれんこんと豚肉のサラダ
Dページ目のレシピへ→・れんこんと豚肉のこってり煮・れんこんの味噌炒め・れんこん酢炒めもの
Eページ目のレシピへ
→・厚切りのれんこんのコンビーフはさみ揚げ焼き
旬野菜の「栄養と効能」と「料理レシピいろいろ」〜検索ページ →こちらから
 旬の食材を活かした、美味しい料理で栄養素をしっかりと摂取、先ずは、体の中から健康に。

れんこんメンチ
サクサクの歯ざわり

♪:材料(2人前)
@れんこん・・1/4節(80g)  Aたまねぎ(みじん切り)・・1/4個分(50g) Bキャベツ・・・1枚(50g)
CA ・牛ひき肉・・200g ・溶き卵・・1/2個分 ・酒・・大さじ1/2・塩・・小さじ1/4 ・こしょう・・少々
♪:調味料ほか
@薄力粉・・適宜 A溶き卵・・適宜  Bパン粉・・適宜 C揚げ油・・適宜
Dソース・・適宜 E片栗粉・・適宜
♪:そのほか(下拵え)
@れんこんは皮をむき粗く刻み、タマネギと合わせて片栗粉をまぶします。
Aキャベツは芯を除いてせん切りにします。
Bたねを作る・・・ボウルにAを入れて粘りが出るまで混ぜ合わせます
C、@のれんこんとたまねぎを加え更によく混ぜます。水で手を濡らしながら
4等分して小判形にまとめ、薄力粉溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。
♪:作り方
@揚げる・・・揚げ油を低めの中温(160度)に熱します。
A4等分した小判形をいれて、ときどき裏返しながらきつね色になるまで5〜6分揚げます。
B竹串を刺して透き通った肉汁が出てきたら、高温(180度)に上げ、カリッとするまで
1〜2分揚げます。
C器に盛って@のキャベツを添え、ソースをかけていただきます。
♪:栄養価1人分
@熱量:598kcal A塩分:2.0g

れんこんステーキ
素材を生かしじっくり焼くとモチッとした食感で美味しく

♪:材料(2人前)
@れんこん・・・2枚(50g) Aれんこん(すりおろし)・・・50g
♪:調味料ほか
@酢・・適量  Aオリーブオイル(マリネ用)・・大さじ4  Bパン粉・・大さじ2Cローズマリー・・大さじ2
D塩・こしょう・・各適量 E水・・80ml  F昆布茶・・小さじ1 G塩・・ひとつまみ
♪:そのほか(下拵え)
@れんこんは2cmぐらいの厚さに切り皮をむき、酢水につけ、水気を拭いて、塩、こしょうをし、
オリーブオイルでマリネにしておきます。
Aパン粉とローズマリーを合わせ、れんこんマリネにまぶします。
♪:作り方
@フライパンにオリーブオイルを熱してまぶしたレンコンを入れ、蓋をして弱火できつね色に
なるまでじっくり焼きます。
Aれんこんソースの材料、れんこんのすりおろし、水、昆布茶、塩を鍋に入れ、とろみがつくまで
少し煮ます
B器にれんこんソースを敷き、焼いたれんこんをのせて出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量:kcal A塩分:g  
 

れんこんと豆腐バーグのおろし煮
おろし蓮根で柔らか仕上げふわふわの食感は好評

♪:材料(2人前)
@豆腐(木綿)・・1/2丁(150g)  Aれんこん・・1/2節(100g) B大根おろし・・1カップ(水気を切って)
C万能ねぎ・・3本分(小口切り)
♪:調味料ほか
@A ・溶き卵・・1個分 ・片栗粉・・大さじ1 ・塩・・小さじ1/4・ちりめんじゃこ・・大さじ3
Aごま油・・大さじ1
BB ・しょうゆ・・大さじ1 ・みりん・・大さじ1 ・だし汁・・1カップ
♪:そのほか(下拵え)
@豆腐はキッチンペーパーに包んで重しをし30分以上おいて水気を切ります。
Aれんこんはすりおろし、ざるに上げて約10分おき、水気を切ります。
Bボウルに豆腐とレンコンを入れ、Aを入れて良く練り混ぜ合わせます
Cこれを4等分し、小判形にします。
♪:作り方
@フライパンにごま油を熱し、小判形のハンバーグだねの両面を6〜7分かけて、
中弱火でこんがり焼きます。
ABと大根おろしを加えて、ひと煮します。 B器に盛り、万能ねぎを散らして出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量:290kcal A塩分:g


スタミナれんこんきんぴら

♪:材料(作りやすい分量)
@れんこん・・・約13cm(中、300g) Aにんにく・・・1片
♪:調味料ほか
@昆布茶(顆粒)・・小さじ1/3 A水・・大さじ2 Bしょうゆ・・大さじ1 C酢・・小さじ2 
Dサラダ油・・大さじ1
♪:そのほか(下拵え)
@れんこんは皮をむき、薄切りにします。
Aボウルに水カップ4に酢小さじ2を入れて、3〜4分間浸したら、ざるに上げ、布巾などで
水気をふきます。
Bにんんくは粗みじん切りにします。
♪:作り方
@フライパンにサラダ油大さじ1とにんにくを入れて熱し、香りが出てきたられんこんを加え、
中火で2〜3分間炒めます。
Aれんこんが透き通ってきたら、昆布茶、水、醤油を加え水気がほとんどなくなるまで炒めます。
(調味料に水を加えるのはれんこんが焦げないようにする為)
♪:栄養価1人分
@熱量:290kcal A塩分:g
 

れんこんと牛肉の煮もの
牛肉のうま味を含んだれんこんが絶品です

♪:材料(2人前)
@れんこん・・中150g A牛薄切り肉・・100g B長ねぎ・・1/4本20g
♪:調味料ほか
@酒・・小さじ1/2 Aしょうゆ・・小さじ1/2 Bサラダ油・・大さじ1/2 Cすりごま(白)・・大さじ1
D一味唐辛子・・少々
EA ・だし汁・・1/2〜1カップ・しょうゆ・・大さじ1と1/2・酒・・大さじ1/2
♪:そのほか(下拵え)
@牛肉は長さを2〜3つに切り、酒、しょうゆをふって味を漬けます。
Aれんこんは皮をむいて厚さ1cmの半月切りにし、酢水(分量外)にさらします。
B長ねぎは長さ1cmに切ります。
♪:作り方
@炒めます。
・鍋に油を熱し、長ねぎを炒めます。香りが立ったら牛肉を加えて炒めます。
・牛肉の色が変わったら、水気を切ったれんこんを入れざっと炒め、Aを加える。
A煮からめます。
・@が煮立ったら中火にして、蓋をします。10分ほど蒸し煮したら蓋を取り、
煮汁が少なくなるまで煮ます
・すりごまを加え、全体を返しながら、煮汁をからめます。
B器に盛って、一味唐辛子をふって出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量:243kcal A塩分:1.8g


 ・次のページへ @ページ目のレシピへ Aページ目のレシピへ Bページ目のレシピへ

           Cページ目のレシピへ Dページ目のレシピへ Eページ目のレシピへ



Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】