6月〜10月の旬野菜〜茗荷(みょうが)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

6月〜10月の旬野菜〜茗荷(みょうが)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 


≪旬の野菜≫

 茗荷(みようが)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」ページです。

 
みょうがたけ

葉の部分を軟化栽培
した竹の子のような
ものです
みょうが(茗荷)は、ビタミンやミネラルなどの栄養をバランス良く含むショウガ科ショウガ属の多年草です原産地は、東アジアといわれています。「食べると物忘れがひどくなる」といわれていますが、根拠はなく、栄養学的にもそのような成分は含まれていません。釈迦の故事に由来します。釈迦の弟子である周利槃特(しゅりはんどく)は記憶力が悪く自分の名前すら忘れてしまうので名荷(みょうが:名札のこと)を首にかけさせましたが、名荷をかけたことさえも忘れてしまったそうです。名荷と茗荷が同音であることから「茗荷を食べると物忘れがひどくなる」という俗信が生まれたそうです 
みようが五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、    
栄養成分     単位 みょうが類    
みょうが
 みょうがたけ 
  花穂、生  茎葉、生 
 無機質  ナトリウム tr
カリウム 210 350
カルシウム 25 11
 マグネシウム 30
 リン 12 18
 鉄 0.5 0.3
 亜鉛 0.4 0.3
 銅 0.05 0.03
 マンガン 1.17 1.44
 ビタミンA       βーカロテン当量 μg  31
 レチノール当量 μg 
 ビタミンE    トコフェロールα 0.1 0.1
 トコフェロールr 1.2 0.3
ビタミン  K μg  20
 ビタミンB   B1 0.05 0.02
B2  0.06 0.02
B6  0.07 0.02
 ビタミン   C
 ナイアシン 0.4 0.1
 葉酸 25 13
 パントテン酸 0.20 0.07
 食物繊維   水溶性 0.4 0.1
 不溶性 g 1.7 1.0

 体の中から「ヘルシーに綺麗」になるために、皮膚は「内臓の鏡」です。       
季節野菜の栄養素と効能 :一番大切なことは、食材の「旬」の時期に食べることです。
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
@皮膚の潤いを
保ちます
A衰えた肌を
回復させる
ビタミン
A
和種なばな トマト
青じそ
ピーマン

莢えんどう
  青梗菜
春菊
人参
ブロッコリー
小松菜
にら

大根
ほうれん草
 野菜以外の食べ物 わかめ、ぎんだら、鮭、鰻、レバー    
@皮膚の弾力や
コラーゲンを作る
ビタミン
C
和種なばな
キャベツ
トマト
青じそ
ピーマン

莢いんげん
  ブロッコリー
にら
大根
小松菜

ほうれん草
 野菜以外の食べ物 オレンジ、キウイ、みかん    
@老化を防止しする。
A肌を艶やかにする。
ビタミン
E
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ、トマト
春菊
ブロッコリー
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  鰻、たらこ、ゴマ、アーモンド、油揚げ、オリーブ油    
@肌の新陳代謝を
良くする。
A粘膜を強くし
肌荒れを
おこしにくくする。
ビタミン
B群
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ
  春菊
ブロッコリー
パセリ
にら
大根
ほうれん草
野菜以外の食べ物 帆立柱、鯖、鰻、小あじ、秋刀魚、豚肉
バナナ、キウイ、オレンジ、大豆、
    
@肌荒れの原因となる。
Aイライラを鎮める
カル
シウム
和種なばな
キャベツ、
セロリ
青じそ   青梗菜
春菊
ほうれん草
大根
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  帆立柱、公魚、小あじ、鰯丸干し、じゃこ、干し海老、わかめ、
牛乳、チーズ、豆腐、
    
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
     

 ”みようが”の「旬の期」「鮮度の見分け方と保存方法」「栄養価と効能」「調理のポイント」など
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法  
鮮度の見分け方
・みょうがは、色やツヤがしっかりしたもの、ずんぐりと丸みがあってしまっているもの、色はややピンクがかっているもの、実際に触ってみて、ふわふわしていないものが良いでしょう。黄色い花が開いたミョウガは、やわらかく風味もないので避けるようにしましょう。・
保存方法
・みょうがは、乾くと独特の香りが失われてしまいます。冷蔵庫で保存するときは、保存袋に入れ霧吹きなどで水分を与えるようにします。塩漬けや味噌漬けにすると、保存期間は長くできます。冷凍保存するときは、洗ってみじん切りにして、小分けして平らにして冷凍します。
旬の時期  ・6月〜10月
・みょうがに含まれる栄養成分、主な有効成分と効能  
・みょうがに含まれるαーピネンの効能は、αーピネンは、みょうがに含まれる香り成分です。頭をスッキリさせたり、眠気を吹き飛ばしたり、神経の興奮を鎮めストレスを和らげる働きがある。更に、血液の循環を良くし、呼吸機能を高める働きがあります
・調理ポイント   
栄養価をいかす調理ポイント
・みょうがは、料理に添える程度の量ですから、薬味に使ったり、汁の実、天ぷら、酢の物、刺身のつまなどに使われます。アクが強いのでアク抜きをしますが、水にさらすのは香りと辛味を逃がさないように短時間にします。


旬野菜の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから

”みようが”のレシピ 
旬の食材を活かし、美味しい料理で栄養をしっかりと摂取、先ずは、体の中から健康に 

 みょうがたけの
甘酢漬け
♪:材料(〜人前)
@みようがたけ・・・2〜3本
 
♪:調味料ほか
@甘酢 
・酢・・1/3カップ 
・砂糖・・大さじ2 
・塩・・小さじ1/4
 酢どりみょうがも同様に 
♪:そのほか(下拵え)
@みょうがたけは乱切りにします。
♪:作り方
@乱切りしたみょうがたけを
熱湯にさっと通して甘酢に漬けます。
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g
 
 夏野菜と豆腐の
みょうが
ドレッシング
♪:材料(4人前)
@国産大豆絹豆腐
・・・400グラム(1丁) 
Aなす・・・2個 
Bミニトマト・・・4個
Cいんげん・・・4本 
Dみょうが・・・3個 
Eサラダ油・・・少々
♪:調味料ほか
@A(みょうがドレッシング)
・みょうが〔みじん切り〕・・3個 
・酢・・大さじ2 
・しょうゆ・・大さじ2 
・砂糖・・小さじ1 
・ごま油・・小さじ1
夏野菜をたっぷり使って豆腐でさっぱりと  
 ♪:そのほか(下拵え)
@ボウルにAを入れドレッシングを作ります
Aいんげんを茹でる
♪:作り方
@なすはへたを取り、皮に油を塗って、
耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジ(500W)で3分加熱して
冷蔵庫で冷まします
A冷めた茄子を縦8等分にし半分に切きります
BボウルにAを入れて混ぜます
C皿に豆腐(12等分に切る)、
ミニトマト(4つ割)、いんげんを盛りみょうがドレッシングでいただきます。
♪:栄養価1人分 @熱量:kcal、 A塩分:g 
     
  みょうがと鯵の
サラダ 
♪:材料(4人前)
@みようが・・・6個 
A鯵の三枚おろし・・・4尾分 
B青じそのは20枚
C玉ねぎ・・・1/2個 
Dトマト・・・1個
 
♪:調味料ほか
@塩・・・大さじ2 
A酢・・・適宜 
Bサラダ油・・・大さじ4
CA 
・酢・・・大さじ1と1/2 
・塩・・・小さじ1/3 
・こしょう・・・少々
 
 脂がのった旬の鯵は、酢じめが一番 
 ♪:そのほか(下拵え)
@鯵はざるに並べ、塩を両面にふり15分〜20分おき、
水で洗って水けを拭きます
Aパットに並べて酢をヒタヒタに注ぎ、
20分〜30分おいて、しめます。
B鯵を頭から尾に向かって手で皮をむきます
。斜めに幅6mmに切ります。
Cみょうがは縦2つに切ります。
そして薄切りにします。
D青じそは手で縦2つにちぎり、
横3等分にします。
E玉ねぎは縦に薄切りにします。
冷水に3分ほどさらして水気を切ります。
Fトマトはヘタと種を取り、一口大に切ります。
♪:作り方
@ボウルに鯵と野菜類全てを入れ、サラダ油をふり、
混ぜ合わせたAをふって混ぜ合わせて出来上がりです。
 ♪:栄養価1人分 @熱量・232kcal A塩分・1.9g
     
 みょうがと
鶏肉の炒め
♪:材料(4人前)
@みょうが・・・12個 
A鶏モモ肉・・・2枚(500g) 
B黒きくらげ・・・10g
 
 ♪:調味料ほか
@A 
・塩・・・小さじ1/2 
・こしょう・・・少々 
Aサラダ油・・・大さじ1 
B酒・・・大さじ1 
C塩・・・小さじ1/2 
Dこしょう・・・少々 
E砂糖・・・大さじ1 
F酢・・・大さじ3〜4
 仕上げは酢をふりかけ、色鮮やかにほど良い酸味で、食欲アップ
 ♪:そのほか(下拵え)
@みょうがは縦2〜3つに切ります。
A鶏肉は3cm角に切ります。Aをふります。
B黒きくらげは水につけ戻して硬い石づきは切ります
大きいものは2つに切ります。
♪:作り方
@フライパンにサラダ油を熱して、
鶏肉を皮目から入れて中火で両面を焼きつけます。
Aみょうが、黒きくらげを入れてサッと炒めます。
B酒をふり、蓋をして弱火で2分ほど蒸し焼きにします。
C塩、こしょう、砂糖を加えて炒め合わせて、
最後に酢を加えてサッと炒めて出来上がりです。
  
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g  
     
 みょうがの
甘酢漬け
♪:材料(4人前)
@みょうが・・・8個
♪:調味料ほか
@塩・・・小さじ1強 
AA 
・酢・・1/2カップ 
・水・・大さじ2 
・砂糖・・大さじ2 
・塩・・小さじ1/4
 
 茹でたてを漬けこんで鮮やかな紅色、冷蔵庫で5日ぐらい保存可 
  ♪:そのほか(下拵え)
@Aを良く混ぜ合わせて保存容器に入れておきます。
Aみょうがは縦2つに切ります。
芯の中央に縦に2pほど切り込みを入れます。
ボールに入れて塩をふって混ぜ、
たっぷりの熱湯で2分ほど茹でます。ざるに上げ水を切ります。
♪:作り方
@Aを入れた保存容器に、
みょうがの熱いうちに加えて冷まします。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・20kcal A塩分・0.3g
旬野菜の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから
 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】