6月~7月の旬の野菜~生姜(しょうが)の「栄養価と効能」「料理レシピ」        
暦~本年        TOPへ      暦~過去未来 
    暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典    
     

6月~7月の旬の野菜~生姜(しょうが)の「栄養価と効能」「料理レシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる~栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ~誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ~本年
 ・暦~過去・未来
 ・暦~誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている~
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃~
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃~
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃~
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃~
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月~野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月~魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月~貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

 ≪旬の野菜≫

 6月~7月の旬の野菜
 生姜(しょうが)の「栄養価と効能」「料理レシピ」のページです
  旬の時期は、気候や栽培方法、地域によっても異なりますので、目安にしてください。
 旬の野菜月のページへ→ 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
▽旬の野菜
旬野菜月の索引ページへ  主な旬野菜10種の栄養価比較と効能ページへ  旬野菜56種類の検索ページへ  
  生姜(しょうが)は、ショウガ科ショウガ属の野菜です。原産地は、熱帯アジアといわれています。主に香辛料として用いられ、冷奴やたたきなどの薬味にしたり甘酢漬けにして美味しくいただきます。     
 しょうが五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、
栄養成分     単位 しょうが類    
 葉しょうが  しょうが  
  根茎、生  根茎、生   漬物、酢  漬物、甘酢漬 
 無機質 ナトリウム ㎎  2800 1200 
カリウム ㎎  310 270 21 27 
カルシウム ㎎  15 12 67 36 
 マグネシウム ㎎  21 27 7 
 リン ㎎  21 25 4 
 鉄 ㎎  0.4 0.5 0.9 0.5 
 亜鉛 ㎎  0.4 0.1 tr tr 
 銅 ㎎  0.05 0.06 0.04 0.03 
 マンガン ㎎  4.73 5.01 0.78 0.56 
 ビタミンA       βーカロテン当量 μg  (0) 4 
 レチノール当量 μg  tr tr (0) tr 
 ビタミンE    トコフェロールα ㎎  0.1 0.1 0.1 0.1 
  トコフェロールβ  ㎎  tr 0 
 トコフェロールr ㎎  0.4 0.8 0.3 0.4 
ビタミン  K μg  tr 0 
 ビタミンB   B1 ㎎  0.02 0.03 0 
B2  ㎎  0.03 0.02 0 
B6  ㎎  0.08 0.13 0 
 ビタミン   C ㎎  tr 0 
 ナイアシン ㎎  0.3 0.6 tr 0 
 葉酸 ㎎  14 1 
 パントテン酸 ㎎  0.07 0.21 0 
 食物繊維   水溶性 0.1 0.2 0.2 0.2 
 不溶性 g 1.5 1.9 2.2 1.8 
栄養成分     単位 しょうが類    
 葉しょうが  しょうが  
  根茎、生  根茎、生   漬物、酢  漬物、甘酢漬 
      
 ・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法  
   鮮度の見分け方
・ヒネショウガ(老成生姜)の場合は、表面に艶と張りがあり、出来るだけふっくらと大きな塊のものを選びます。小さく細い物は繊維質が多い上に、皮を剥くので歩留まりも悪くなりますね。

・シンショウガ(新しょうが)の場合は、色が白っぽく艶やがあるもの、茎の切り口付近が綺麗な紅色のものを選びます。
・葉しょうがや矢しょうがの場合は、茎が太すぎないもの、葉先の色が青々としたグリーンのものを
保存方法
・水に浸して冷蔵庫保存、しょうがを買ってもなかなか使いきれず半分くらい傷んで捨ててしまうという事があると思います。
数日で使い切るのであればラップをして冷蔵庫に入れておいても大丈夫ですが、長期間保存する場合は瓶やタッパーに水を張り、そこに使いかけのしょうがを入れて蓋をしておくと数日おきに水を換えるだけで1ケ月程は大丈夫です。
④旬の時期 ・6月~7月
    
・しょうがに含まれる栄養成分、主な有効成分と効能        
  ・生姜に含まれるジンゲロールの効能は、ジンゲロールは、しょうがに含まれる辛味成分です。加熱したり乾燥するとショウガオールやジンゲロンに変化します。ジンゲロールには殺菌作用や免疫細胞を活性化させる
働きがあります。さらに、強力な抗酸化作用があり、活性酸素の発生や酸化力を抑え、ダメージを受けた細胞を修復し、免疫力を高めたり、動脈硬化やがんの発生を防ぐ働きがあります。
   
 ・調理ポイント     
  しょうがは通常しょうがそのものを食べるというより、しょうがの味や香りを薬味や味のアクセントとして取り入れるような使い方をする事が多い野菜です
◉薬味として、
・おろししょうが(夏のそうめんや冷奴に)
・刻みしょうが、(煮魚に針しょうがを盛り付ける、吸い物に針しょうがを使う)◉下味として、
・魚料理や鶏料理など、臭みを消し旨みを加えたい時にしょうがを使う事が多いです。魚の煮付けでは欠かせません。また、茹で鶏でもしょうがとネギを一緒に茹でる事で香りをよくします。漬け物にも、しょうがその物を食べるというより、しょうがの風味を加えるという意味で用いられています。
◉タレの味付けとして、
焼き肉のたれをはじめ、しょうが焼きのタレなどに使います。また、ドレッシングにも使ったりします。
◉しょうがそのものを食べる、
寿司屋のガリや、新しょうがなど根しょうがの甘酢漬けや、ハジカミと呼ばれる矢しょうがの甘酢漬けなどがある
     
       
 6月~7月の旬の野菜~生姜(しょうが)の料理レシピ
 酢どりしょうが  ♪材料()①葉しょうが・5~6本 
♪調味料ほか①甘酢 ・酢・1/2カップ・砂糖・大さじ2~3・塩・少々
♪そのほか(下拵え)
①葉しょうがの茎を斜めに切り、根を削るようにして筆の形(筆しょうが)にします。
♪作り方
①根だけを熱湯にさっとくぐらせ、すぐに甘酢に漬け15分以上漬けます。
♪栄養価1人分①熱量・kcal②塩分・g
 
 しょうがの
甘酢漬け
 
♪材料()①新しょうが・100g
♪調味料ほか①甘酢 ・酢・1/3カップ・砂糖・大さじ2・塩・小さじ1/2
 ♪そのほか(下拵え)
①新しょうがを1節ずつ分け、繊維に沿って皮をむきます。
②包丁を1節の縦にし下から入れるとらくにむけます。
♪作り方
①新しょうがを薄切りにし、熱湯でさっと茹でて甘酢につけます。
②瓶に入れて冷蔵すると長期保存できます。
③魚料理や寿司のつけ合わせに使います。
♪栄養価1人分①熱量:361kcal、②塩分:g 
   
  豚肉の
しょうが焼き
 
♪材料(4人前)①豚薄切り(肩ロース肉)・400g②キャベツ・200g(1個:1000g)
          ③トマト・1個(200g)④しょうが・2かけ
 
♪調味料ほか
 ・しょうが・2かけ(小さじ2)・しょうゆ・大さじ3・みりん・大さじ1・砂糖・小さじ1・酒・大さじ2
②サラダ油・大さじ1
 
 ♪そのほか(下拵え)
①Aのしょうがはすりおろし、他の調味料と混ぜ合わせます ②Aに豚肉を漬け込んで10分置き、下味を付けをします
③キャベツは千切りにして水にさらします ④トマトはヘタを取ってくし切りにします
♪作り方
①フライパンにサラダ油を熱し、汁気を切った豚肉を入れ、中火で焼き色が付くまで両面を焼き、
仕上げに漬け汁を加え、煮詰めるようにからめます
②皿に盛り、水気を切ったキャベツ・トマトを添えて出来上がりです。
♪栄養価1人分①熱量・kcal②塩分・g

Copyright (C) 2019~2027  暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】