7月〜10月の旬野菜〜にがうりのレシピ

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

7月〜10月の旬野菜〜にがうりのレシピ

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
          誕生花     誕生石    お祭り    万年暦    旬の野菜   旬の魚    旬の貝    用語集 
                 
 
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

♪暦〜誕生花
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気
・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化
・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化
♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。
・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール





≪日本文化と暦≫

   ”旬野菜にがうり”の栄養素と効能&レシピいろいろのページ
にがうりは、ビタミンCが豊富です。 その量はキャベツの約4倍、レモンの2〜3倍にもなるそうです。
一般的に野菜に含まれるビタミンCは熱に弱く、加熱すると減ってしまう弱点がありますが、 にがうりに含まれるビタミンCは熱しても壊れにくく、調理してもしっかりビタミンを吸収できる便利な野菜、にがうりが旬となる夏の時期、紫外線で疲れたお肌を体内からケアしてくれる、うれしい野菜です。
にがうりに含まれる共役リノール酸は、肥満や高脂血症の改善に役立ちます。
 
   
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法 
    @旬の時期 ・7月〜10月 
A鮮度の見分け方は、色が濃い方がよいゴーヤとされていますが、苦味は色が濃いほど強いとされています。薄い緑のような、ちょっと白っぽいものを選ぶほうが苦味は弱いです。大きなイボイボでびっしり覆われているもの、ずっしりと重いもの(スカスカとした軽いものは苦味が強い)切り口が古くなっているものや、イボイボが黒っぽく傷んでいるものは避けるようにしましょう。 
B保存方法は、低温に弱い野菜なので、野菜室で保存してください。これくらいの温度設定がちょうど良い。・サイズが大きいものは切って小分けにしてからポリ袋に入れて野菜室へ。切りたくない場合は、野菜室に立てたままで保存するのがおすすめです。 
   
・にがうりに含まれる栄養成分、主な有効成分と効能
     @風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果!ビタミンCを豊富に含んでいます。 ゴーヤー(苦瓜/にがうり)が含んでいるビタミンCの量は76mgと非常に多く、キュウリの14mgやトマトの15mgに対して5倍以上も含まれています。ビタミンCを多く含むといわれるキウイでさえ69mgですから、ゴーヤ(苦瓜/にがうり)に含まれる量が如何に多いかが分かりますね。また、通常加熱すると壊れやすいのですが、ゴーヤー(苦瓜/にがうり)は、炒めても壊れにくいようです。  
A独特の苦味成分「モモルデシン」。ゴーヤー(苦瓜/にがうり)を食べると独特の苦味を感じますね。あの苦味成分は「モモルデシン」という成分で、これがとても身体に良いようです。まずは、胃腸の粘膜を保護したり食欲を増進する効果があるそうです。また、神経に働きかけて、気持ちをシャキッとさせる効果もあると言われています。まさに暑さでだれてしまいがちな時にもってこいの野菜ですね。 
B油との相性が非常に良い。夏バテしやすい時期に栄養をとるには非常に適した食材と言えます。 
・ゴーヤーの種子は捨てずに利用しましょう
にがうりの種子や果実には、糖分の分解を促進し、過剰な糖分をエネルギーに変える作用があります。 植物繊維も豊富ですので便秘解消にも効果的です。 また、にがうりの種子には、強い抗酸化作用があり、食事と一緒に摂る事で、急激な血糖値の上昇を防ぐ事が出来るのです。(抗酸化作用とは、悪玉の活性酸素が体内で暴れ、細胞が傷つき酸化して、癌(ガン)や老化、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中を招くのを防ぐ働き。) にがうりの種子は、果肉とともに、にがうり茶にして飲むことができます。
 
 
・調理のポイント  
  @調理するときにはワタ(白い種が入っているところ)をとりますが、このワタの部分が特に苦いので、手でワタを取った後に、スプーンを使って強めにこそぎ落とすと良いでしょう。・にがうりは、実が熟れて黄色く変色すると栄養が半減してしまうので、緑色の鮮やかなうちに食べるのがポイントです。 
   
にがうり五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、 
栄養成分     単位 にがうり    
  果実、生  果実、油炒め 
 無機質         ナトリウム
カリウム 260 260
カルシウム 14 14
 マグネシウム 14 15
 リン 31 33
 鉄 0.4 0.5
 亜鉛 0.2 0.2
 銅 0.05 0.05
 マンガン 0.10 0.11
 ビタミンA       クリプトキサンチン μg
 βーカロテン当量 μg  210 230
 レチノール当量 μg  17 19
 ビタミンE    トコフェロールα 0.8 0.9
  トコフェロールβ   0.1 0.1
 トコフェロールr 0.1 0.1
ビタミン  K μg  41 45
 ビタミンB   B1 0.05 0.05
B2  0.07 0.08
B6  0.06 0.07
 ビタミン   C 76 75
 ナイアシン 0.03 0.03
 葉酸 72 79
 パントテン酸 0.37 0.41
脂肪酸   飽和  0.35 
一価不飽和   g 1.32 
多価不飽和  1.31 
 食物繊維   水溶性 0.5 0.5
 不溶性 g 2.1 2.3
 にがうりの知識




  

”旬野菜にがうり”のレシピいろいろ

旬野菜の「栄養と効能」と「料理レシピいろいろ」〜検索ページ →こちらから

 旬の食材を活かし、美味しい料理で栄養素をしっかりと摂取、先ずは、体の中から健康に

  にがうりの
おかかあえ

♪:材料(4人前)
@にがうり・・・1本
 
♪:調味料ほか
@糸がつお・・適量 
Aしょうゆ・・適量 
B塩・・少々
 
♪:そのほか(下拵え)
@にがうりは種を取って薄く切ります。 
A塩をふってしんなりするまでもみます。
B水洗いして塩を落とします。
♪:作り方
@熱湯でさっとゆでて盆ざるに取り、手早く湯を切ます。
A熱いうちにしょうゆをぱらっとふり、粗熱が取れたら器に盛って糸がつおをふり出来上がりです。
  
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g 
  
ゴ―ヤー
チャンプルー
 
♪:材料(2人前)
@にがうり・・・1/2本
A豚肉(薄切り)・・・100g
B卵・・・1個 
C木綿豆腐・・・1/2丁
 
♪:調味料ほか
@サラダ油・・大さじ1
Aかつお節・・適量
B
キッコーマン特選丸大豆しょうゆ
・・大さじ1と1/2  
・マンジョウ芳醇本みりん
・・大さじ1と1/2
 
♪:そのほか(下拵え)
@にがうりは縦半分に切り、スプーンなどでワタをきれいに取り除き、2mm厚さの半月切りにします
Aボウルに入れて塩(分量外)でもみ、水で洗い、水気をきります
B卵は溶きほぐします 
C豚肉はひと口大に切ります 
D豆腐は水きりし、手でひと口大にちぎります
♪:作り方
@フライパンにサラダ油を熱し、ほぐした卵を流し入れて半熟に炒め、取り出しておきます
A同じフライパンで豚肉・にがうり・豆腐を炒め、卵を戻し、で調味する
B器に盛り、かつお節をちらして出来上がりです。
  
♪:栄養価1人分 @熱量:322kcal、 A塩分:2.0g  
  
にがうりと
豚肉の炒めもの
 
♪:材料(4人前)
@苦瓜・・1本 
A豚もも肉・・150g 
Bにんにく・・3片 
Cしょうが・・1片 
D長ねぎ・・3cm 
E赤唐辛子(種を取った)・・4本
 
♪:調味料ほか
@サラダ油・・大さじ4 
Aしょうゆ・・大さじ2 
B塩・・少々 
C酢・・小さじ1
 
最後に加える酢の効果で、苦瓜の苦みと青臭さがなくなります 
♪:そのほか(下拵え)
@豚もも肉は、長さ10cm、幅5mmの細切りにします。
A苦瓜は両端を切り落として表面のいぼいぼの部分を削ります。
(皮むきを使うと簡単にできます)種と白い部分をスプーンを使い取り出します縦に半分に切ります。
これを幅5mmの斜め切りにします。
B長ねぎはみじん切りにします。 C赤唐辛子は斜め切りにします。
♪:作り方
@熱した中華鍋にサラダ油大さじ2を入れて鍋肌にまわし、余分な油を戻してから、
苦瓜を加えて炒めざるに上げておきます。
A再び中華鍋にサラダ油大さじ2を熱し、豚のモモ肉を炒め、色が変わったら、にんにく、しょうが、
長ねぎのみじん切り、斜め切りした赤唐辛子を加えて合わせ、しょうゆを加えて色づけし、苦瓜を戻します。
B手早く塩で味を調え、最後に酢をまわし入れて出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g  



  
苦瓜の天ぷら  ♪:材料(4人前)
@苦瓜・・大1本(350g) 
A桜えび・・3つまみ 
Bレモンのくし形切り・・適宜
 
♪:調味料ほか
@小麦粉・・・適宜 
A天ぷら粉・・・2/3カップ 
B冷水・・・2/3カップ 
C粗塩・・・適宜 
D揚げ油・・・適宜
 
ころもにくずした桜えびの香ばしさと、苦瓜の風味もしっかりと
♪:そのほか(下拵え)
@苦瓜は両端を切り落とし、厚さを1.5cmに切ります種とワタを切りぬき、茶こしで小麦粉を
全体にふりからめます。
A桜えびは細かく崩します。 
B天ぷら粉と冷水を混ぜ合わせ、桜えびも混ぜてころもを作ります。
♪:作り方
@鍋に揚げ油を中温に熱し、苦瓜をころもにつけて、油に入れます。
A時々返しながら、ゆっくりと、カラッと揚げます。 
B器に盛り、粗塩とレモンを添えます。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・176kcal A塩分・0.8g  
 
  苦瓜の
肉味噌の炒め
♪:材料(4人前)
@苦瓜・・・中1本(300g) 
A豚肩ロース薄切り肉・・・300g  
C木綿豆腐・・・1/2丁
 
♪:調味料ほか
@塩・・・適宜 
A豆板醤・・・小さじ1 
Bゴマ油・・・少々
C
・みそ・・・大さじ2 
・酒・・・大さじ2 
・砂糖・・・大さじ2
 
苦瓜の歯ざわりと、肉味噌炒めのうま味 
♪:そのほか(下拵え)
@苦瓜は両端を切り落とし、縦半分に切って種とワタを取り、厚さ5mmに切ります。
A軽く塩をふって混ぜ、ざるに入れ熱湯にサッとつけて色鮮やかに湯通しし、
水気をしっかりと振り切ります
B豚肉は粗めにたたき切ります。 
CAを混ぜ合わせておきます。
♪:作り方
@フライパンをよく熱し、豚肉をほぐしながら中火で焼きます。色が変わったら、豆板醤を加えて、
からめるように炒めます。
AAを加えて、味噌が焦げて風味が立つまで炒め合わせます。
B苦瓜を加えてざっと混ぜてゴマ油をふりかけて出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・225kcal A塩分・1.7g 
  
 にがうりの
ピーナツ味噌炒め
 
♪:材料(4人前)
@にがうり・・・中1本(300g) 
A ピーナツ・・・20g(無塩)
 
♪:調味料ほか
@サラダ油・・・小さじ2 
A水・・・1/3カップ 
BA 
・味噌・・・大さじ2 
・砂糖・・・大さじ2 
・酒・・・大さじ2
 
味噌ピーで、香ばしさがあり美味しい 
♪:そのほか(下拵え)
@にがうりは両端を切り落とし縦半分に切ります。ワタと種を取って薄切りにします。
Aピーナツは粗く刻みます。
♪:作り方
@中華鍋にサラダ油を熱してにがうりを中火で炒めます。油が回ったら水を加えて蓋をして
少し蒸し茹でにします。
AAを加えてこってりと炒め上げます。ピーナツを加えて混ぜたら出来上がりです
 
♪:栄養価1人分 @熱量・87kcalA塩分・1.0g 
  
  にがうりの
ツナマヨサラダ
♪:材料(4人前)
@にがうり・・・大1本(350g) 
A玉ねぎ・・・小1/2個
 
♪:調味料ほか
@塩・・・適宜
AA 
・ツナ(缶詰・フレーク)・・・80g 
・マヨネーズ・・・大さじ3と1/2〜4
・レモン汁・・・小さじ2 
・塩・・・少々 
・こしょう・・・少々
 
新鮮な和えものです 
♪:そのほか(下拵え)
@にがうりは両端を切り落とし縦半分に切ります。ワタと種を取って薄目に切りにします。
塩を軽く振って混ぜます。
A玉ねぎは薄切りにします。 
B熱湯で玉ねぎ、にがうりの順にサッと湯通しし、水気を切って冷まします。
♪:作り方
@ボールにAを混ぜ合わせて、玉ねぎとにがうりの水気をよく拭いて和えて出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・161kcal A塩分・0.8g  




Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】