7月〜10月の旬の野菜〜大葉(おおば)の「栄養価と効能」「料理レシピ」        
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

7月〜10月の旬の野菜〜大葉(おおば)の「栄養価と効能」「料理レシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

 ≪旬の野菜≫

 7月〜10月の旬の野菜
 大葉(おおば)の「栄養価と効能」「料理レシピ」のページです
  旬の時期は、気候や栽培方法、地域によっても異なりますので、目安にしてください。
 旬の野菜月のページへ→ 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
▽旬の野菜
旬野菜月の索引ページへ  主な旬野菜10種の栄養価比較と効能ページへ  旬野菜56種類の検索ページへ  
  各種栄養成分量は抜群。紫蘇はβカロテンだけでなく、ビタミンB群やビタミンEやKなども他の野菜に比べ抜群に沢山含んでいます。単に薬味としてだけでなく、積極的に食べる事をお勧めします。清々しい香りの芳香成分ぺリアルデヒドの効果。紫蘇の清々しい香りは主にぺリアルデヒドと呼ばれる芳香成分によるもので、強い防腐・殺菌作用を持っています。生魚を食べる刺身のツマに用いる事は理にかなっているんです。更にこの香りにより食欲増進効果や健胃作用もあるといわれています。ミネラルも豊富。鉄分をはじめ、カルシウムなど身体に必要なミネラルをバランスよく、しかも沢山含んでいます。 
しそ(大葉)五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、 
栄養成分     単位 大葉(おおば)・しそ)
  葉、生  実、生
 無機質         ナトリウム
カリウム 500 300
カルシウム 230 100
 マグネシウム 70 71
 リン 70 85
 鉄 1.7
 亜鉛 1.3 1.0
 銅 0.20 0.52
 マンガン 2.01 1.35
 ビタミンA       βーカロテン当量 μg  11000 2600
 レチノール当量 μg  880 220
 ビタミンE    トコフェロールα 3.9 3.8
  トコフェロールβ   0.1
 トコフェロールr 0.7
ビタミン  K μg  690 190
 ビタミンB   B1 0.13 0.09
B2  0.34 0.16
B6  0.19 0.12
 ビタミン   C 26
 ナイアシン 1.0 1.8
 葉酸 110 72
 パントテン酸 0.43 0.39
 食物繊維   水溶性 0.8 0.8
 不溶性 g 6.5 8.1
栄養成分     単位 大葉(おおば)・しそ)
  葉、生  実、生
    
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法、調理上の注意点他
   @旬の時期 ・7月〜10月 
A鮮度の見分け方は、緑色が濃くくたくたになっていないもの、しその鮮度が落ちると黒ずんできたり葉の裏に黒い斑点ができることがある。また、大きすぎるしそは成長がしすぎて硬くなっており、味も香りも下がってしまう。 B保存方法は、冷蔵で2週間ほど長く持たせる方法は、(しそは少しずつ使用すること多いので)湿らせたキッチンペーパーの上にしそを置き、そのまま四方からふんわりと包み込むようにして覆います。それをそのままラップか、密閉容器に入れて冷蔵庫で保管をします。(ポイントは水分を与え続けることです) 
・しそに含まれる栄養成分、主な有効成分と効能 
@βカロテンはトップクラスの含有量です。紫蘇にはβカロテンが豊富に含まれています。その量は100g中に11000μgと人参の9100μgをはるかに超えている他、ヨモギやアシタバの2倍以上となっています。βカロテンには活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守る働きや、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きがあり、あわせて免疫力を高め、がん予防にも効果があると言われています。
 A各種栄養成分量は抜群。紫蘇はβカロテンだけでなく、ビタミンB群やビタミンEやKなども他の野菜に比べ抜群に沢山含んでいます。単に薬味としてだけでなく、積極的に食べる事をお勧めします。 
B清々しい香りの芳香成分ぺリアルデヒドの効果。紫蘇の清々しい香りは主にぺリアルデヒドと呼ばれる芳香成分によるもので、強い防腐・殺菌作用を持っています。生魚を食べる刺身のツマに用いる事は理にかなっているんです。更にこの香りにより食欲増進効果や健胃作用もあるといわれています。Cミネラルも豊富。鉄分をはじめ、カルシウムなど身体に必要なミネラルをバランスよく、しかも沢山含んでいます。
 D赤紫蘇は漢方薬の一つとして用いられています。赤紫蘇の葉は漢方医学では「蘇葉(そよう)」と呼ばれ、気が停滞している状態を改善し、精神を安定させる理気薬として色々な漢方薬に配合されています。 
・調理のポイント 
  @成長に応じて葉、芽、花穂、実の全ての部分がつかえる利用価値の高い食材です。
 
     
 7月〜10月の旬の野菜〜大葉(おおば)・しその料理レシピ 
  おおばと
トマトのサラダ

♪材料(〜人前)@大葉(しそ)・10枚〜15枚 Aトマト・2個B玉ねぎ・小1個 
♪調味料ほか@いりごま・大さじ1A胡麻ドレッシング(市販のもの)・適量 
♪そのほか(下拵え)
@洗った大葉を重ねて丸め、千切りにし水にさらします  Aトマトはヘタを取り、6〜8mm幅にスライスにします
B玉ねぎはなるべく薄くスライスにします。(辛味が気になる場合は、暫く水にさらしておきます)
C大葉と玉ねぎをそれぞれザルに上げ、キッチンペーパーで水分をしっかりときっておきます
♪作り方
@お皿に玉ねぎを敷き、その上にトマトを盛り付け、大葉をたっぷりトッピングします
A市販のごまドレッシングを回しかけ、ごまを振りかけたら出来上がりです
 
♪栄養価1人分@熱量・kcal A塩分・g  
  
  青じその
ミルフィーユカツ
 
♪材料(2人前)@豚肉(しゃぶしゃぶ用)・150g A青じそ・6枚  
          B玉ねぎ・1/4個(50g)Cきゅうり・1本(100g)
  
♪調味料ほか@薄力粉・適宜 A溶き卵・適宜 Bパン粉・適宜 C揚げ油・適宜
D中農ソース・適宜 EA ・炒りごま(黒)・大さじ1/2 ・塩・少々
しそと玉ねぎで、味も香りもいっそう豊かに 
♪そのほか(下拵え)
@豚肉の枚数を半部にに分けます。 A青じそは縦半分に切ります。
B玉ねぎは薄切りにします。
Cつけ合わせのきゅうりは縦に切れ目を入れて、ピーラーで薄くスライスします
D重ねて衣を作ります。豚肉1枚を広げ、青じそ2枚、玉ねぎ1/6量をのせて広げます。
その上に同様に、豚肉、玉ねぎをのせます。これを3回繰り返して豚肉をのせ、しっかりくっけます。
もうひとつも同様に作り、薄力粉、溶き卵、パン粉の順につけます。
♪作り方
@揚げます。重ねて衣をつけた豚肉を170度の揚げ油でこんがり揚げ、食べやすい大きさに切ります。
・きゅうりにAをふり、器に盛ったカツに添えます。
Aお好みで中農ソースをかけていただきます。
▲重ねて衣を作る時・・・薄力粉、溶き卵をつけ、さらにもう一度薄力粉、溶き卵をつけてから
パン粉をまぶすと、衣がしっかりつき、ボリューム感も出ます。
 
♪栄養価1人分@熱量:360kcalA塩分:1.8g  
  
 青じそのと
油揚げの
味噌和え
  
♪材料(4人前)@青じその葉・30枚A油揚げ・2枚  
♪調味料ほか@白いりごま・少々 
AA ・テイエンメンジアン(中華甘味噌)・大さじ2・ゴマ油・小さじ1・一味唐辛子・少々
油揚げは焼いて油を落としても、美味しい 
♪そのほか(下拵え)
@油揚げは熱湯に入れてひと煮立ちさせます。ざるに上げて油抜きをします。
水気を絞り、縦2つに切って幅を5mmに切ります。
A青じそは縦2つに切って重ね、横に幅6mmに切ります。
♪作り方
@ボールにAを入れて混ぜ合わせます。油揚げ、青じそを加えて和えます。
A器に盛ってゴマをふって出来上がりです。
 
♪栄養価1人分@熱量・82kcalA塩分・0.5g 
  
 豚肉のしそ巻き ♪材料(2人前)@豚肉(薄切り肉)・250gAしそ・10枚   
♪調味料ほか@片栗粉・適量Aみりん・大さじ2Bしょうゆ・大さじ2C油・適量
味つけはみりんとしょうゆ、豚肉としその相性が抜群なので、シンプルな味つけでしっかり美味しい 
♪そのほか(下拵え)
@豚肉の上にしそを置いて、くるくる巻きます。 A全体に片栗粉をまぶします。
♪作り方
@フライパンに油をひいて、中火で焼きます。
A肉に火が通ったら弱火(焦げ付きやすいので)にして、みりんとしょうゆを入れ、全体に調味料が
絡まったら出来上がりです。
 
♪栄養価1人分@熱量・kcal A塩分・g

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】