日北海道・青森県・岩手県~「汁もの」郷土料理

暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

「汁もの」郷土料理~北海道・青森県・岩手県

 暦事典~日本文化を知るために~
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ~暦~日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
          誕生花     誕生石    お祭り    万年暦    旬の野菜   旬の魚    旬の貝    用語集 
                 
 
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

♪暦~誕生花
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦~誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦~用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気
・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦~
日本の食文化
・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦~旬の野菜
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦~旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦~旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦~
日本の伝統文化
♪暦~全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦~京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。
・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール




≪日本文化と暦≫
           ”全国の「汁もの」郷土料理”北海道・青森県・岩手県のページです 

 郷土料理は、日本の四季の旬の素材でその土地から生まれた伝統的な料理方法で調理された
 その土地独自の味でもある。その料理は、故郷の母の手で作られた母の味でもあり、祖母から母へ、
 母から子へと伝承されてきた地方の人々の心のこもった味でもある。
 次ページへ
〇北海道・東北地方 
♪北海道(かぼちゃ汁)・青森県(しじみ汁/長芋すいとん汁/じゃっぱ汁)・岩手県(いものこ汁) 
♪宮城県(はっと汁)・山形県(川ガニ汁/猛宗汁/どんがら汁/納豆汁)
 〇関東地方 
♪栃木県(法度汁)・群馬県(味噌けんちん汁)・茨城県(どぶ汁)
・埼玉県(冷や汁うどん)・神奈川県(けんちん汁)

〇中部地方
♪新潟県(のっぺい汁/スケトの沖汁/くじら汁/いちょっぱ汁)
 
♪富山県(鱈汁/カブス汁/ゲンゲ汁/けんちん汁)   
♪石川県(いとこ汁/めった汁)・福井県(ぼっかけ汁)・静岡県(とろろ汁)・愛知県(ニシ汁)

〇近畿地方
♪大阪府(船場汁)・三重県(おおさ汁)・奈良県(飛鳥汁)・滋賀県(打ち豆汁)
〇中国・四国地方
♪島根県(しじみ汁)・鳥取県(カニ汁)・徳島県(そば米汁)・香川県(どじょう汁)・愛媛県(さつま汁))

〇九州・沖縄地方
♪熊本県(つぼん汁)・大分県(だんご汁)・宮崎県(鯵の冷や汁)・鹿児島県(さつま汁) 
♪沖縄県(中身汁/いかすみ汁/ソーキ汁)


♪かぼちゃ汁粉(6人分)(北海道帯広)
昔、北海道ではもち米がとれなったので、餅の代わりにかぼちゃを使って出来た汁粉です
♪材料
①小豆・・・1カップ
②かぼちゃ・・・500g

③片栗粉・・・200g~250g
④砂糖・・・80g
⑤塩・・・少々
♪下拵え
①かぼちゃは食べやすい大きさに切ります。皮を少し残してむき、鍋に入れてかぶるくらいの水で
25~30分程度、柔らかくなるまで茹でます
②かぼちゃの湯を捨てて火にかけ、水分をとばしたら、ポテトマッシャーでかぼちゃをつぶします。
③かぼちゃに片栗粉をくわえながら、耳たぶくらいの柔らかさになるまで、よくこねます。
④かぼちゃを直径3センチくらいの筒状にしてラップでくるんで、2時間以上冷蔵庫で寝かせます。
⑤かぼちゃを1センチ程度の厚さに切って丸め、真ん中を少しくぼませ、これを熱湯に入れ浮き
上がってきたら、氷水に入れてぬめりをとります
♪作り方
①小豆はザルに入れて水で洗い、鍋に移してかぶるくらいの水で煮てアクを出します。
②小豆を一度ザルにあけ、鍋に戻して再び水を入れ、落し蓋をして柔らかくなるまで20分程度煮ます。
③小豆が柔らかくなったら、砂糖と塩で味付けして火を止める。
④小豆に水を加え、火にかける。温まったら、かぼちゃ団子を入れて軽く煮て器に盛り付けます。
♪しじみ汁(4人分)(青森県)
 青森県十三湖にあるしじみ貝は青森の特産品、「しじみ汁」は地元の郷土料理として一般的に家庭
で食べられ地元の味として受け継がれてきています
♪材料
①しじみ・・・250g
②だし汁
・水・・・4カップ ・味噌・・・大さじ3 ・かつおだし・・・小さじ1
♪作り方
① 砂出しをしたしじみをよく洗い、水けをきります。
② 鍋に水・かつおだしをいれます。
③しじみを入れて火にかけるとしじみの口が開いてきます。
④アクをすくい、味噌を溶き入れて混ぜ合わせて出来上がりです。
♪長芋すいとん汁(4人分)(青森県)
 冷涼な気候の下田町は根菜類や野菜等の作付けが盛んで、なかでも長芋はおいしいと有名水で
練った小麦粉をひっつまんで(つまんで)鍋に入れるところから、「ひっつみ汁」と言われる。
♪材料
①長芋・・・中1/2本 ②鶏肉・・・50g
③にんじん・・・中1/2本 ④ごぼう・・・1/2本
⑤しめじ・・・1房 ⑥長ねぎ・・・大1/2本
⑦卵・・・適量 ⑧片栗粉・・・100g ⑨油・・・適量 ⑩しょうゆ・・・適量
⑪塩・・・適量 ⑫酒・・・適量
♪下拵え
① 人参・ごぼうはささがきにし、水に浸しておきます。  ② しめじはさっと洗って小房に分けます。
③長ねぎは斜め切りにします。  ④鶏肉は一口大に切り、塩・酒少々を振っておきます。
⑤長芋の皮をむき、酢水につけた後、ゆでます。    ⑥ゆでた長芋をマッシャーでよくつぶします。
⑦茹でた長芋をよく冷ましてから、卵と片栗粉で堅さを調節しながら餅状にこね、棒状に伸ばします。
長芋すいとんの出来上がりです。
♪作り方
①鍋に油をひき、鶏肉を炒める。表面に火が通ったら、よく水を切った人参、ごぼうを加えてさらに炒め、
水を入れて加熱する。
②鍋のアクをとり、大体火が通ったら、しめじを加え、しょうゆ・塩で味付けをします。
③5ミリ~1センチの厚さに切った長芋すいとんを鍋に入れて、すいとんが半透明になったら、
火をとめます。最後に長ねぎを散らして出来上がりです。
♪じゃっぱ汁(10人分)(青森県)
「じゃっぱ」とは、青森弁で「残り物」タラを丸ごと一匹使った津軽の郷土料理です正月に必ず食べる習慣
  ♪材料
①たらのあら・・・2尾分 ②大根・・・1本
③ねぎ・・・2本 ④にんじん・・・1本

⑤みそ…適量 ⑥だし昆布・・・1本
⑦酒…1/2カップ(100cc) ⑧水…約2リットル
♪下拵え
①鍋に水を約2リットル入れ、だし昆布を浸して1晩漬けておきます。
♪作り方
①鍋を火にかけ、沸騰したらだし昆布を取り除き、大根を1cm厚さのいちょう切りにして鍋に入れて煮ます
②大根が煮えたらみそを入れます。
③薄塩の水でじゃっぱをさっと洗ってざるにあげ、水切りをします。
④じゃっぱを入れて煮ます。あくが浮いてきたら取り除きながら20分くらい煮ます。
⑤酒を入れて味を整えて、ねぎをななめ切りにして入れます。
⑥ねぎに火がとおったら火を止めて出来上がりです
♪いものこ汁(岩手県)
季節的には秋が中心となりますお酒と一緒に食すことがあります
♪材料
①さといも・・・ ②こんにゃく・・・250g③鳥肉・・・150g ④しめじ・・・100g
⑤ねぎ・・・150g ⑥豆腐・・・200g 
♪調味料
①とりがら・・・スープ1リットル②酒・・・25cc ③醤油・・・100cc
④塩・・・少々 ⑤鶏がら・・・1羽
 ⑥水・・・2.5ℓ
♪下拵え
①大きめの鍋でとりがらスープを作ります。
②さといもは洗って皮を取り大きめに切り塩もみをします。
③こんにゃくは適当にちぎってからいりします。
④シメジ、ネギは洗って切っておきます。
⑤鳥肉は皮を取って3~5㎝位に切ります。
♪作り方
①鍋にとりがらスープと水を入れ煮立たせ、さといも、こんにゃく、鳥肉を煮ます。
さといもが煮えたら調味します
②味が整ったら豆腐、ネギを入れ一煮立ちさせて出来上がりです。



Copyright (C) 2015~2020  暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】