2月の旬魚〜鱈の料理

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

1ページ目の2月の旬魚〜鱈の料理

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
          誕生花     誕生石    お祭り    万年暦    旬の野菜   旬の魚    旬の貝    用語集 
                 
 
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

♪暦〜誕生花
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気
・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化
・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化
♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。
・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール





≪日本文化と暦≫

1ページ目の”旬魚鱈(たら) ”の栄養素と効能&レシピいろいろ
タンパク質、脂肪分が少なく、淡白な白身です。タラの卵巣は栄養価が高く、代謝機能
を活発にするビタミンB2が多く含まれ、低カロリー高タンパクの良質なたらですがとくに
注目は皮です、皮膚や骨の細胞を結合させ、お肌をきれいに保つコラーゲンが豊富なの
で、しっかりいただきます。
たらこはスケトウダラの卵巣、しらこはマダラの精巣です。
・魚介類に多く含まれる、DHA(ドコサヘキサエン酸は不飽和脂肪酸の一つ)。
EPA(エイコサペンタエン酸)はw-3脂肪酸又はn-3脂肪酸の一つで、不飽和脂肪酸の分類の一つ)の働きは
・DHAには、血栓をできにくくしたり、悪玉コレステロールを減ら働きと脳細胞を活性化し、頭の回転を
良くする働きがあります。また、高齢者の痴呆症などの治療にも効果があると言われています。
・EPAには、脳血栓や心筋梗塞を予防するすばらしい働きを持っています。
*めやすとして1日1g以上でおよそ90g以上の魚、約大きめの1切れを食べると良いでしょう。
 
五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から
重量の単位:1gは1グラム 1rは1,000分の1グラム 1μg(マイクログラム)は100万分の1グラム
tr(トレース)は、微妙に含まれている
 
  
次のページへ @ページ目のレシピへ  Aページ目のレシピへ  Bページ目のレシピへ  
  栄養成分  単位   鱈(たら)類       
すけとうだら   まだらm  
 生   すり身   たらこ、生 焼き しらこ
脂肪酸
飽和 
0.03
0.03  0.71  0.03  0.05  0.09
脂肪酸
一価不飽和 
g  0.03 0.02 0.81  0.03  0.04  0.12 
脂肪酸
多価不飽和 
g  0.07 0.08 1.28  0.07  0.11  0.20 
 エネルギー  kcal  79  98  140  77  109  62 
三大栄養素
 たんぱく質 
g  18.1  17.5  24.0   17.6 25.2  13.4 
 三大栄養素
脂質
g   0.2  0.2  4.7  0.2  0.2  0.8 
三大栄養素
炭水化物
 g  0.1 6.6  0.4  0.1  0.2  0.2 
ナトリウム    130 120 1800 110  140  110 
カリウム 350 130 300 350  480  390 
カルシウム 41 24 32  48  6 
 マグネシウム 32 21 13  24 33  23 
 リン 270 130 390 230  280  430 
 鉄 0.4 0.1 0.6 0.2  0.4  0.2 
 亜鉛 0.5 0.3 3.1 0.5  0.9  0.7 
 銅 0.06 0.03 0.08 0.04  0.05  0.03 
 マンガン 0.01 0.01 0.04 0.01  0.04  0.01 
 栄養成分 単位     鱈(たら)類
  すけとうだら  まだら  
 生  すり身 たらこ、生   生  焼き  しらこ 
 ビタミンA
 レチノール
μg  56 24 9  29  8 
  ビタミンD μg   0  1.0  4.0  1.0  0.7  2.0 
 ビタミンE
 トコフェロールα
0.5 0.5 7.1 0.8  1.3  1.8 
 ビタミンB1 0.07 0.03 0.71 0.10  0.09  0.24 
 ビタミンB2 0.14 0.05 0.43 0.10  0.12  0.13 
 ビタミンB6 0.05 0.01 0.25 0.07  0.09  0.01 
 ビタミンB12 μg    4.0  0.6  18.1  1.3  3.9  3.1 
 ナイアシン 1.1 0.4 2.2 1.4  1.4  1.5 
 葉酸 μg   6  4  52  5  7  11 
 パントテン酸 0.40 0.19 3.68 0.44  0.53  0.68 
コレステロール  74 27 350 58 100 360
 食塩相当量   g   0.3  0.3  4.6  0.3  0.4  0.3




 @ページ目”旬魚鱈(たら)”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ 
 →揚げ鱈のおろし酢・鱈のにんにく蒸し煮・鱈のちり鍋・鱈鍋
Aページ目のレシピへ  
→鱈と白菜のシチュー・鱈のワイヤーベース風
                
・鱈のかにあんかけ・鱈の甘酢あんかけ
Bページ目のレシピへ  
→鱈のレンジ蒸し・鱈とブロッコリーのマヨネーズグラタン
 旬魚の「栄養と効能」と「料理レシピいろいろ」〜検索ページ →こちらから


 ♪揚げ鱈(たら)のおろし酢   おろし酢で揚げものをさっぱり美味しく

♪:材料(4人前)
@生だら・・・4切れ Aにんじん・・・1/4本(50g)
♪調味料ほか
@おろし酢 ・大根・・1/3本(500g) ・酢・・大さじ2 ・塩・・小さじ1/2 ・赤トウガラシ(小口切り)・・少々
♪:そのほか(下拵えなど)
@生タラを骨を取り、1切れを3つずつに切ります。 Aにんじんは薄い輪切りにします。
Bおろし酢の大根はすりおろしてざるに上げ、自然に水をきり、酢、塩、赤トウガラシを混ぜておきます。
♪:作り方と食べ方
@160度Cに熱した揚げ油ににんじんを入れて、焦がさないようにカリッと揚げます。
A油の温度を180度Cにして、たらにに小麦粉を薄くつけながら入れ、あまり色が付かない程度に揚げます
B揚げたたらと、にんじんを盛り合わせます。
 Cおろし酢を添え出来上がりです。
Dしょうゆを適量かけていただきます。
♪:栄養価一人分
@熱量・190kcal A塩分・g
  


 ♪鱈(たら)のにんにく蒸し煮   鍋一つで簡単にできる蒸し煮

♪:材料(4人前)
@生だら(切り身)・・・4〜5切れ A生たらこ・・・あれば適宜 Bにんにく(薄切り)・・・2かけ 
Cねぎ(5mm幅の輪切り)・・・1/2本
♪調味料ほか
@粉唐辛子・・小さじ1/2 Aわけぎ(小口切り)・・適宜  B糸唐辛子・・あれば少々
C塩・・小さじ1/2 D酒・・おおさじ2
♪:そのほか(下拵えなど)
@生だらと生たらこは塩小さじ1/2をふって一晩おきます。(塩だらの場合はそのまま使います)
♪:作り方と食べ方
@一晩おいたたらを水でさっと洗います。
A鍋に入れてひたひたの水を加え、塩小さじ1/2、にんにく、酒大さじ2を加えて火にかける。
Bねぎと粉唐辛子をふり、蓋をして弱火で約10分間煮ます。
Cたらこに火が通ったのを確認して火を止め、器に盛ります。
Dわけぎと、あれば糸唐辛子を乗せて出来上がりです。

♪:栄養価一人分
@熱量・110kcal A塩分・g



 ♪鱈(たら)のちり鍋   淡白な切り身魚ならタラ以外でも

♪:材料(1人前)
@生タラ・・・1切れ(80g〜100g) A長ねぎ・・・1/2本 Bしめじ・・・1/4パック(他にお好みのきのこ) 
C豆腐・・・1/4丁 D三つ葉・・・適量 E春菊・・・適量 F昆布・・・5cm
G松葉ゆず(長方形に切り、両側から切り込んだもの)・・・少々
♪調味料ほか
@タラは二つに切ります。 Aねぎは斜め切りにします。 Bきのこは石づきを落として根分けします。
C豆腐は二つの奴に切ります。 D三つ葉はざく切りにします。
♪:そのほか(下拵えなど)
@タラは二つに切ります。 Aねぎは斜め切りにします。 Bきのこは石づきを落として根分けします。 
C豆腐は二つの奴に切ります。 D三つ葉はざく切りにします。
♪:作り方と食べ方
@あれば一人用の小さな土鍋で作ります。
A昆布をしいてタラをのせ、酒をふり、残りのものを入れゆずを彩りよく載せます。
Bみず1/3カップを注ぎ、4〜5分煮ます。 C出来上がったら、ポン酢しょうゆなどでいただきます。
♪:栄養価一人分
@熱量・kcal A塩分・g



 ♪鱈(たら)鍋
 たらの身だけだと淡白なのでアラを使って煮汁にうまみとコクを出しました

♪:材料(4人前)
@生だら・・・500g(切り身) A生だらの粗・・・550g B生だらの白子・・・280g(あれば) 
C茹でたけのこ・・・120g Dまいたけ・・・300g Eねぎ・・・1本(白い部分100g)
F豆腐・・・2丁 G春菊・・・100g
♪調味料ほか
@昆布だし ・昆布・・1枚(8cm角) ・水・・カップ8 A塩・・適量 B酒・・カップ1
♪:そのほか(下拵えなど)
@土鍋に昆布と分量の水を入れ15分間以上おき、昆布だしを作る
Aたらの切り身とアラを塩少々を散らしたパットに並べ、パットの30cm上から塩少々を全体にふり、
30分くらいおきます。
Bたらの白子は酒カップ1をふりかけて20分間くらいおき、塩水で軽く洗って臭みを取り、
水気をふき取ります。
CAのたらの切り身とアラを熱湯にサッとくぐらせて氷水に取り、軽く洗って水けをよくふきとります。
これを霜降りといいます

Dたけのこは食べやすい大きさのくし形切りにします。 Eまいたけは石づきを取って食べやすくほぐします
Fねぎは15cm幅の斜め切りにします。 G豆腐は4〜6等分にします。
H春菊は根元の堅い部分を切り、ざく切りにします。
♪:作り方と食べ方
@昆布だし(昆布が入ったまま)に酒90ml、たらのアラを入れ、、強火にかける煮立ったら昆布を取り出し、
弱めの中火にしてあくを丁寧に取ります。
A@にたらの切り身を加え、たらの白子、たけのこ、まいたけ、豆腐、ねぎの順に加えてサッと煮、
あくが出たら取り除きます。
B最後に春菊を加え出来上がりです。ポン酢しょうゆ、ごまだれなどにつけていただきます。
♪:栄養価一人分
@熱量・330kcal A塩分・g


 次のページへ @ページ目のレシピへ  Aページ目のレシピへ  Bページ目のレシピへ
 



Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】