6月〜7月の旬野菜〜南瓜(かぼちゃ)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

1ページ目6月〜7月の旬野菜〜南瓜(かぼちゃ)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 


≪旬の野菜≫

 1ページ目南瓜(かぼちゃ)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」ページです。

 @ページ目”旬野菜かぼちゃ”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ
・かぼちゃの煮もの
・かぼちゃのくず煮
・焼きかぼちゃのサラダ
・かぼちゃの電子レンジ煮
・かぼちゃのスナップえんどうの味噌汁

Aページ目のレシピへ
・かぼちゃと鶏挽き肉のそぼろ煮
・かぼちゃの和風コロッケ
・かぼちゃのおかか天ぷら
・かぼちゃのアンチョビー炒め
・かぼちゃのチーズとヨーグルトサラダ

Bページ目のレシピへ
・かぼちゃと豚肉のらっきょう炒めもの
・かぼちゃと鶏ささ身の煮もの
・かぼちゃの炒め蒸し煮
・かぼちゃのマヨ&ヨーグルト和え
・かぼちゃと茹で卵のサラダ


  カボチャは代表的な緑黄色野菜です。カロテン、ビタミンB群を多く含んでいます。特に西洋カボチャにはビタミンCも豊富な上、カロテンはホウレン草に匹敵するほど含まれています。βーカロテンの働きは、抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。カボチャはカリウムをたくさん含んでいます。ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。   
かぼちゃ五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、
栄養成分     単位 かぼちゃ類     
日本
かぼちゃ 
西洋
かぼちゃ 
そうめん
かぼちゃ
  果実生  果実、
茹で
果実生  果実、
茹で
果実生 
 無機質   ナトリウム 1  1 
カリウム 400 480 450 430  260 
カルシウム 20 24 15 14  27 
 マグネシウム 15 15 25 24  16 
 リン 42 50 43 43  35 
 鉄 0.5 0.6 0.5 0.5  0.3 
 亜鉛 0.3 0.2 0.3 0.3  0.2 
 銅 0.08 0.07 0.07 0.07  0.06 
 マンガン 0.10 0.09 0.13 0.15   0.09
 ビタミンA       クリプト
キサンチン
μg 90 90  0 
 βーカロテン
当量
μg  730 830 4000 4000  40 
 レチノール
当量
μg  60 69 330 330  4 
 ビタミンE    トコフェロール
α
1.8 2.2 4.9 4.7  0.2 
  トコフェロール
β
  0.1 0.1  0 
 トコフェロールr 3.2 3.8 1.3 1.0  tr 
ビタミン  K μg  26 27 25 22  tr 
 ビタミンB   B1 0.07 0.08 0.07 0.07  0.05 
B2  0.06 0.07 0.09 0.08  0.01 
B6  0.12 0.13 0.22 0.19  0.10 
 ビタミン   C 16 16 43 32  11 
 ナイアシン 0.6 0.7 1.5 1.5  0.5 
 葉酸 80 75 42 38  25 
 パントテン酸 0.50 0.50 0.62 0.62  0.36 
脂肪酸   飽和   g 0.01  0.01   0.04 0.04  ー 
 一価不飽和  g tr  tr  0.06  0.06  ー 
 多価不飽和  g 0.03  0.03   0.06 0.06  ー 
 食物繊維   水溶性 0.7 0.8 0.9 0.9  0.3 
 不溶性 g 2.1 2.8 2.6 3.2  1.2 

 体の中から「ヘルシーに綺麗」になるために、皮膚は「内臓の鏡」です。       
季節野菜の栄養素と効能 :一番大切なことは、食材の「旬」の時期に食べることです。
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
@皮膚の潤いを
保ちます
A衰えた肌を
回復させる
ビタミン
A
和種なばな トマト
青じそ
ピーマン

莢えんどう
  青梗菜
春菊
人参
ブロッコリー
小松菜
にら

大根
ほうれん草
 野菜以外の食べ物 わかめ、ぎんだら、鮭、鰻、レバー    
@皮膚の弾力や
コラーゲンを作る
ビタミン
C
和種なばな
キャベツ
トマト
青じそ
ピーマン

莢いんげん
  ブロッコリー
にら
大根
小松菜

ほうれん草
 野菜以外の食べ物 オレンジ、キウイ、みかん    
@老化を防止しする。
A肌を艶やかにする。
ビタミン
E
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ、トマト
春菊
ブロッコリー
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  鰻、たらこ、ゴマ、アーモンド、油揚げ、オリーブ油    
@肌の新陳代謝を
良くする。
A粘膜を強くし
肌荒れを
おこしにくくする。
ビタミン
B群
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ
  春菊
ブロッコリー
パセリ
にら
大根
ほうれん草
野菜以外の食べ物 帆立柱、鯖、鰻、小あじ、秋刀魚、豚肉
バナナ、キウイ、オレンジ、大豆、
    
@肌荒れの
原因となる。
Aイライラを鎮める
カル
シウム
和種なばな
キャベツ、
セロリ
青じそ   青梗菜
春菊
ほうれん草
大根
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  帆立柱、公魚、小あじ、鰯丸干し、じゃこ、干し海老、わかめ、
牛乳、チーズ、豆腐、
    
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
     

 ”かぼちゃ”の「旬の期」「鮮度の見分け方と保存方法」「栄養価と効能」「調理のポイント」など
・旬の時期・鮮度の見分け・保存方法 
    @旬の時期 ・6月〜7月 
A鮮度の見分け方は、皮の表面に艶があるもの。下に緑ではなく、黄色い部分があるような色むらは地面と接していた部分で、日焼けしていない部分になります。あってもそんなに問題はありません。むしろ、あればその色で中の状態が判断できます。その色むらのオレンジ色が濃いもの。・軸が太く、切り口がよく乾燥してコルク状になっているもの、そして軸の周りがへこんでいるもの。・綺麗に左右対称に丸くなっているもの・手に持った時にずっしりと重みを感じるもの・カットされている物は、果肉の色が濃いオレンジ色をしていて、肉厚なもの、また、種がしっかりと熟して膨らんでいるものを選びます。種がペッタンコのものは未熟なうちに収穫されたもので、甘味やホクホク感が足りないはずです。 
B保存方法は、長期保存ができ、保存による栄養、ビタミンの減少も少なくなっています
かぼちゃを丸ごと保存する場合は、風通しのよい涼しい場所での常温保存がよく、切った場合は、ワタを取りラップをして、野菜庫で保存します。
 
・かぼちゃに含まれる栄養成分、主な有効成分と効能  
  @カボチャは代表的な緑黄色野菜です。カロテン、ビタミンB群を多く含んでいます。特に西洋カボチャにはビタミンCも豊富な上、カロテンはホウレン草に匹敵するほど含まれています。 
Aβーカロテンの働きは、抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。 
Bカボチャはカリウムをたくさん含んでいます。ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。 
Cアンチエイジング効果的、カボチャ、特に西洋かぼちゃには抗酸化ビタミンと言われているビタミンC、ビタミンE、そしてβカロテンが沢山含まれています。
Dカボチャを食べてお腹もすっきりします。食物繊維も豊富に含まれています。 カボチャには水溶性の他不溶性食物繊維が多く、便秘の予防や改善に役立ちます。 
・調理のポイント
@かぼちゃの皮には、栄養が多いので、皮ごと食べるのが良い方法です。また、βカロテンとビタミンEは、油で調理すると吸収されやすくなります。
 


旬野菜の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから

”かぼちゃ”のレシピ 
旬の食材を活かし、美味しい料理で栄養をしっかりと摂取、先ずは、体の中から健康に 

かぼちゃの
煮もの
♪:材料(4人前)
@かぼちゃ・・・1/4個(約300g)
A(煮汁)
 
♪:調味料ほか
@だし汁・・カップ1 
A砂糖・・大さじ2 
Bしょうゆ・・大さじ1
 
♪:そのほか(下拵え)
@かぼちゃは
・種とわたをスプーンでかき取ります
・幅3-4cm角のくし形に切って、
さらに幅3-4cmに切ります(煮崩れしないように面取りをします)
・皮を2-3ヶ所むきます。(煮汁を中までしみ込みやすくするため)

♪:作り方
@鍋に煮汁を入れてひと混ぜします
A皮を下にしてかぼちゃを入れます
(かぼちゃはできるだけ重ねずに鍋の底いっぱいに詰められるくらいが良い)
Bはじめは強火にかけ、
煮立ったら弱めの中火にし、落し蓋をして煮ます
C煮汁が少なくなったら鍋を揺すりながら汁気をとばします
(煮汁が少なくなってもかぼちゃには触らずに、鍋を揺するだけにします)

D汁気がなくなったら出来上がりです
 
♪:栄養価1人分 @熱量:kcal、 A塩分:g 
  
かぼちゃのくず煮  ♪:材料(4人前)
@かぼちゃ・・・中1/2個
Aしめじ・・・2パック
Bぎんなん・・・適量
 
♪:調味料ほか
@だし汁・・5カップ 
A酒・・1/2カップ 
B薄口しょうゆ・・大さじ2
C砂糖・・大さじ5  
Dみりん・・大さじ2 
E塩・・少々 
F片栗粉(水溶き)・・大さじ2
とろみをつけて口あたり良く 
♪:そのほか(下拵え)
かぼちゃは種を取って、一口大に切り、ところどころ皮をむきます。
Aしめじは石づきを切り落とし、大きくさばいておきます。
Bぎんなんは塩茹でします。
♪:作り方
@鍋にだし汁を煮立て、酒、砂糖、みりん、薄口しょうゆ、塩少々で調味し、
かぼちゃとしめじを加えて中火で約10分間、かぼちやが柔らかくなるまで煮ます。
A煮あがり際に、塩ゆでしたぎんなんを加え、サッと温めます。
B器にかぼちゃ、しめじ、ぎんなんを盛り、
水溶きした片栗粉で煮汁にとろみをつけてかけて出来上がり。
 
♪:栄養価1人分 @熱量:kcal、 A塩分:g  
焼きかぼちゃの
サラダ
 
♪:材料(2人前)
@かぼちゃ・・・100g 
Aながいも・・・5cm 
Bしいたけ・・・2枚 
Cエリンギ・・・1本(60g)
 
♪:調味料ほか
@サラダ油・・大さじ1/2 
Aルッコラ・・適宜 
Bフレンチドレッシング・・大さじ3 
Cこしょう・・適宜
 
野菜素材のうまみを、ギュッと凝縮 
♪:そのほか(下拵え)
@かぼちやはよく洗って皮付きのまま厚さ1cmに切ります。
A長芋も同様に。 
Bしいたけは石づきを除きます。 
Cエリンギは薄切りにします。
♪:作り方
@フライパンに油を入れて火にかけます。
Aかたい順に、かぼちや、長芋、しいたけ、エリンギを入れて火を通します。
B器に野菜を盛り、ルッコラを添えて、
フレンチドレッシングをかけて出来上がりです
 
 ♪:栄養価1人分 @熱量:kcal、 A塩分:g
  
かぼちゃの
電子レンジ煮
 
♪:材料(2人前)
@かぼちゃ・・・300g
 
♪:調味料ほか
@塩・・小さじ1/2 
A炒りごま(白)・・小さじ1 
Bかつおぶし・・3g
 
だしで煮込んだような 
♪:そのほか(下拵え)
@かぼちゃは種とワタを除いて、食べやすい大きさに切ります。
A全体に塩をまぶして5分ほどおきます。
♪:作り方
@耐熱皿にかぼちゃを並べます。
(大きいものは耐熱皿の外側に置くと加熱むらがなく出来上がります)
ラップをかけて、電子レンジで5分ほど加熱し、火を通します。
A加熱したかぼちゃを水が入らないようにボウルに移します。
Bごまと、かつおぶしを全体にまぶしてから器に盛って出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・133kcal A塩分・1.5g 
  
 かぼちゃと
すなっぷえんどうの
味噌汁
♪:材料(2人前)
@かぼちゃ・・・200g
Aすなっぷえんどう・・・4個
 
♪:調味料ほか
@だし汁・・2カップ
Aみそ・・大さじ3/4〜1
 
ビタミンも、食べごたえも、十分 
♪:そのほか(下拵え)
@かぼちゃは種とワタを除いて、食べやすい大きさに切ります。
Aすなっぷえんどうは筋を取ります。
♪:作り方
@かぼちゃを煮ます。
・鍋にだし汁とかぼちゃを入れて火にかけます。
煮立ったら中火で5〜6分煮ます。
A調味します。
・すなっぷえんどうを加えて1〜2分煮ます。味噌を溶き入れ、
煮立つ直前に火を止めて椀に注ぎいただきます。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g  
@ページ目”旬野菜かぼちゃ”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ
・かぼちゃの煮もの
・かぼちゃのくず煮
・焼きかぼちゃのサラダ
・かぼちゃの電子レンジ煮
・かぼちゃのスナップえんどうの味噌汁

Aページ目のレシピへ
・かぼちゃと鶏挽き肉のそぼろ煮
・かぼちゃの和風コロッケ
・かぼちゃのおかか天ぷら
・かぼちゃのアンチョビー炒め
・かぼちゃのチーズとヨーグルトサラダ

Bページ目のレシピへ
・かぼちゃと豚肉のらっきょう炒めもの
・かぼちゃと鶏ささ身の煮もの
・かぼちゃの炒め蒸し煮
・かぼちゃのマヨ&ヨーグルト和え
・かぼちゃと茹で卵のサラダ

 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】