日本のお祭りについて

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

日本のお祭りについて

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 



≪日本全国のお祭り≫

 日本の祭りについてのぺーじです。 


                          

 祭1月 祭2月 祭3月 祭4月 祭5月 祭6月

 祭7月 祭8月 祭9月 祭10月 祭11月 祭12月

「マツリ」の語源は、「マツラフ」という古語の名詞形とみられ、神のそばにいて奉仕を
するといわれる即ち祭りは神を迎えて、そのお告げを聴き、神を歓待して送り出す行為である。
神は背に来臨し、翌朝帰っていくと信じられ、祭りは元来夜に行われた。

祭りは本来、人間が神と出会い、神と融和し、神に護られたと言う願望のあらわれであった。
それは神と人間の間で取り交わされる厳粛な儀式であると共に、自然と社会の中で生きる人間
にとって、共同体を維持する「精神の広場」であり、情念の発散の場でもあった。さらにそれは
芸能、演劇、文学、美術などの文化的母胎ともなった。

祭りを行う場には、その目印として幟(のぼり)が立てられ神を迎える行事が行われます。
祭りを司るのは、神職だけでなく、氏子の代表者があたる頭(当)屋制や宮座制もあります。

神を迎えるにあたっては、「みそぎ」や「神供」も重要視されます。神楽、獅子舞、田植踊、
太鼓踊といった芸能は、神を歓待する行為でありますが、なかには年の吉凶を占う意を
兼ねるものもあります。

近代化の波は多くの祭りを消滅させ、あるいは旧来の姿から変貌することを余儀なくさせて
いる。宗教的意義は薄れ、儀式も簡略化され、画一化されたものも多くなってきている。
しかし一方で、祭りがもち伝えてきた共同性、荘厳さ、エネルギッシュな側面、美的要素などは、
今日の日本人に郷愁と新たな魅力を与え、復興の気運を高めている。



 四季の祭りの特徴

 

 春の祭り

春は農事を開始するにあたって、豊作を祈願するとともに、災いをなすものを事前に、退散させ
る季節である。農耕に関する祭りでは田植に関連する神事や、神輿渡御(しんよとぎょ)を中心と
するものなどがある
農耕祭事とは、直接関係ない祭りも多い。仏教が取り行う行事に関連するものや、中国に
起源をもつ節供行事も長い歴史のなかで祭りを形成してきた。
春祭(3月〜5月)
御水取り(修二会)・・奈良市東大寺  流し雛・・鳥取県用瀬町 御柱祭・・長野県諏訪市
青柴垣(あおふしがき)神事・・島根県美保関町美保神社
高山祭(山王祭)・・岐阜県高山市  三社祭・・東京都台東区浅草神社

 夏の祭り

「まつり」が俳諧で夏の季節になっているところからも、日本人の夏祭りに対するイメージは特別
なものがある。古くからは日本では農耕との関連で春と秋の祭りが重要視されていたが、祇園祭
や盂蘭盆会(うらぼんえ)の影響により、夏祭は春、秋をしのぐほどに盛んになった。
夏祭を特徴づけるものは、豊作を祈る「田植祭」や除疫を願う「夏越の祓(なごしのはらい)」
があるが最も盛んなものは神輿渡御(しんよとぎょ)を中心とした「神幸祭」である。また本来は
仏教の行事である盂蘭盆会(うらぼんえ)も「魂(たま)祭」との関連が深く、各地にさまざまな盆
行事を生み出した。
夏祭(6月〜8月)
伊雑宮御田植祭・・三重県磯部町 祇園山笠・・福岡市 弥栄神社祇園祭・・島根県津和野町
相馬野馬追・・福島県相馬市、原町市、小高町阿波踊・・徳島市祇園祭・・京都市八坂神社
海神(うんじゃみ)祭・・沖縄県国頭村 弘前ねぶた祭・・青森県弘前市 

 秋の祭り

秋祭は収穫を感謝する祭りである。他の季節は農耕祈願のための余況儀礼であるのに対して、
秋祭は農事の終わりに際して神の恩恵に感謝するもので、各地の神社には、初物などの神饌が
供えられる。
また秋祭は翌年に向けてのスタートを意味している。収穫をもたらしてくれた神の威力を領内
に拡充して悪魔を退け、来年さらなる農耕を祈願するのである。
秋祭(9月〜11月)
大原裸祭・・千葉県大原町鞍馬の火祭・・京都市由岐神社南条踊・・山口県長門市赤崎神社
流鏑馬神事・・神奈川県鎌倉市鶴岡八幡宮 二木島祭・・三重県熊野 
長崎くんち・長崎市諏訪神社 ●宇和津彦神社秋祭・愛媛県宇和島市
酉の市・東京都台東区鷲神社

 冬の祭り

夏祭りが都会的なものが多いのに対して、冬祭りはおもに冬の農閑期をもつ地方に多い、
収穫後の秋祭りが遅れて冬に行われる事もあり、特に雪国などでは、12月に新嘗(にいなめ)
祭をにあたる行事が催しされることも少なくない。
冬祭も春近くなると、予祝的傾向が強くなる。新年を祝う正月の行事をはじめ、除疫招福や
豊作を祈願する祭り続く。
冬祭(12月〜2月)
おけら(白朮)祭・・京都市八坂神社 玉せり・・福岡市筥崎宮 えんぶり・・青森県八戸市  
御灯(おとう)祭・・和歌山県新宮市神倉神社



 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】