日本三大裸祭り〜筥崎宮の玉取祭   

     
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

日本三大裸祭り〜筥崎宮の玉取祭

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

≪日本全国のお祭り≫

1月日本三大裸祭り〜筥崎宮の玉取祭(福岡県)のページです
お祭りの暦?  祭1月 祭2月 祭3月 祭4月 祭5月 祭6月 祭7月 祭8月 祭9月 祭10月 祭11月 祭12月 
 開催日:1月3日                       *お出かけ前にご確認ください
♪ 日本三大八幡宮の一つ筥崎宮
筥崎宮は宇佐八幡、石清水八幡宮とともに日本三大八幡宮の一つである。応神天皇、神功皇后、玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祭神としています。西暦927年に編さんされた延喜式神名帳に記載されている、いわゆる「式内社」です。現在の本殿と拝殿は、大内義隆により天文15年(1546)に、楼門は小早川隆景により文禄3年(1594)に建立されたものです。それと黒田長政が慶長14年(1609)に寄進した一ノ鳥居、九州征討に従軍した千利休が天正15年(1587)に奉納したと伝えられている石灯篭などが国指定重要文化財になっています。  
 玉を頭上にかざすと幸運を授かるとされている 
この祭りの起源は諸説ありますが、約500年前の室町時代に始まったのではないかと云われています。「競り子」と呼ばれる締め込み姿の男衆が木製の
玉を奪い合う全国に知られる奇祭であり玉は陰陽2つの玉があり、小さいほうの陽玉(直径28cm重さ8キロ)を奪い合いますこの陽玉にふれて頭上に
かざすと幸運を授かるとされており、男衆は乗る人と担ぐ人が入れ替わり玉を奪い合います
♪玉取祭のスケジュール
13時より境内で行われる玉洗式から始まります
●約250m離れた末社の玉取恵比寿神社(たまとりえびすじんじゃ)に
運び神事が行われます
●神事の後に陽玉は、子供の「競り子」たちに手渡され、
玉せせりが始まります。
●途中から大人の男衆にバトンタッチし一の鳥居をくぐりオイサー、
オイサーと声をあげ、
玉を運び楼門で待ち受ける神職に手渡します
●陰陽の2つの玉は再び揃って神前に納まり
14時30分頃に祭りは終了。
●男衆は陸組(おかぐみ)と浜組(はまぐみ)に分かれており神職に最後に渡したのが
陸組(おかぐみ)であれば豊作浜組(はまぐみ)であれば大漁といわれています。 
 
♪日時と場所
●開催日時:1月3日13時から  
●開催場所:福岡県福岡市東区箱崎1−22−1筥崎宮 境内
●交通アクセス:地下鉄(箱崎宮前)なぜか地下鉄駅はハコザキミヤマエと呼ぶ 
●駐車場:3号線より参道に入るところにあります。  
●終了時間:14時30分ごろ
 ♪主な年中行事  
玉取祭(玉せせり):1月3日
●社日祭(お潮井とり):春分秋分の日に近い(つちのえの日)
●夏越まつり:7月の最終日曜日とその前日
●仲秋大祭(放生会(ほうじょうや) 9月12日〜18日
  
♪13時より境内で行われる
玉洗式から祭はスタートします

♪大きい方が陰玉(雌玉)小さい方が陽玉(雄玉)
 (直径28cm、重さ8キロ)


Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】