日本三大だるま市〜深大寺だるま市   

     
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

日本三大だるま市〜深大寺だるま市

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

≪日本全国のお祭り≫

 3月日本三大だるま市〜深大寺だるま市(東京都)のページです    
お祭りの暦祭1月 祭2月 祭3月 祭4月 祭5月 祭6月 祭7月 祭8月 祭9月 祭10月 祭11月 祭12月     
深大寺だるま市 
・開催日:3月3日〜4日                 
・場所:深大寺                      *お出かけ前にご確認ください     
 達磨の種類     
福だるま
必勝だるま
風水だるま
寿だるま
安産だるま
合格だるま
あらゆる願い
を託される
必ず勝つの
心意気
今年も
安泰です
感動の日 安産への
願いを込めて
晴れて合格する
日を夢みて
深大寺の諸行事中最大の行事が「厄除元三大師大祭」です。元三大師様の霊験は今も多くの人々に篤く信仰されていますまた、これに合わせて境内では大師様の威力にあやかる縁起だるま市も開かれます。「日本三大だるま市」の一つとしてまた東京に春を呼ぶ深大寺のだるま市としてその知名度も全国的です。     
  
     
  ◆だるまに目入れ
お買い上げの達磨に深大寺僧侶により、直々に目入れをします。(太子堂前特設開眼所)
◆物事の始まりと終わり
深大寺独特のもので、だるまの左目に梵字の阿字を書き入れという、ものごとの始まりを意味します。1年後に、心願叶っただるまの右目に梵字の吽字を入れ、感謝の意を込めてお寺に納めます。
(吽字とは物事の終わりを意味します)
阿吽の呼吸の言葉という語源もここからきています。
◆だるまに魂を入れます。更に、元三大師堂内の護摩壇に灯されている本尊元三大師様のち智慧の火に、阿字が入った皆さまのだるまを一体一体僧侶がかざして魂を入れます。
◆分身として福をもたらす存在になる
以降だるまは元三大師様の分身としての皆さまの家庭、会社、お店などに福をもたらす有難い存在になるのです
  
◆総合受付:深大寺 事務所 ・受付時間:9:00〜17:00 
・TEL:042−486−5511  ・FAX:042−483−6969
◆御祈願受付:深大寺 元三大師堂 ・FAX:042−482−3032 
*電話によるご連絡は、事務所にお願いします。

○スケジュール
・大師堂護摩祈願10時・11時・12時・13時・14時(大護摩供)15時半・16時半
・だるま開眼→大師堂前仮説開眼所
 9時〜18時閉堂
・3日/4日両日とも、14時より百味供養、お練り行事、大護摩供奉修の為、
関係者以外入堂できません。
(※護摩札のお申し込みは可能です。)

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】