4月春の高山祭(日本三大曳山祭)

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

4月日本三大曳山祭(春の高山祭)

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 



≪日本全国のお祭り≫               

     春の高山祭(山王祭り)(日本三大曳山祭)(岐阜県)のページです。


 祭1月 祭2月 祭3月 祭4月 祭5月 祭6月

 祭7月 祭8月 祭9月 祭10月 祭11月 祭12月

 開催日:春の高山祭(山王祭り)・・4月14日・15日      *お出かけ前にご確認ください

山やまの雪がとけて、ところどころに地肌をみせる高山の4月、飛騨路は陽春を迎えます。長い冬籠りから開放されて耳をすますと、村の鎮守からまつり太鼓が聞えてくる。青空にそびえている幟も風にはためき、”ひだびと”の喜びを象徴しているようである。中でも4月14、15両日が山王まつり(日枝神社)は最も大きく氏子だけではなく近郷近在はもちろん、全国から多くの人が集まってくる。高山祭は日枝神社の春の山王祭(4月14・15日)と、桜山八幡宮の秋の八幡祭(10月9・10日)の総称で、日本三大美祭のひとつに上げられています。
日枝神社
 本殿したの鳥居
4月14日
4月14日は試楽祭
●社殿で、奉告祭、奉幣祭
●午後に発御祭を行う発御祭は、神輿にご分霊を奉遷し、
榊を先頭に獅子舞・大太神楽・闘鶏楽
・雅楽・一文字笠・峠姿の警固等数百人の行列がつづく。
●午前中に神社正面石段下広場から参道にかけて曳き揃えられ、からくりが奉納される。
夕方には、夜まつり曳行、所定の場所に曳き揃えられる。
 
 4月14日夜祭り  
●屋台蔵と屋台に灯をともし曳き別れとよばれる夜祭りが始まる。
●夜祭りは各屋台に提灯をつけ「高い山から」の曳き別れ歌をうたいながら所定の町内を1巡して、各屋台組へ別れ、夜闇にゆれどよめく灯りのさまは観客をファンタジックな世界へと誘い込む
4月15日
 4月15日は本楽祭
●本楽祭の祭りは最高潮に達する。
●午前から御旅所前広場をはじめ所定の場所に曳き揃えられた12台の屋台のうち、御旅所前広場では三番曳・龍神台・石橋台の3台はからくり人形の技を数度披露し、喝采をあびる
●ご分霊は、正午御旅所にて発御祭を執行ののち出発、前日の行列に屋台の台名旗を立てた代車を合せて、氏子中を進行後、本社に還御、即時還御祭を執行、引き続き拝殿にて千秋楽曳き払いとなる。
     
石橋台
(しゃっきょうたい) 
上二之町上組、
下神明町西組

三番叟
(さんばそう) 
上一之町中組
 
麒麟台
(きりんだい)
上一之町下組

 

屋台は、国の重要有形民族文化財に指定されています。飛騨の匠によって彫られた木彫りや金工、幕の刺繍などはほんとうに素晴らしく見とれてしまいます。

神楽台
(かぐらたい)
上一之町上組
三番叟
(さんばそう) 
上一之町中組
麒麟台
(きりんたい) 
上一之町下組
石橋台
(しゃっきょうたい) 
上二之町上組、
下神明町西組

屋台行列の先頭で
囃子を奏す
三番叟のからくり 谷口与鹿(よろく)の
彫刻など、絢爛豪華
美女が獅子に
変化するからくり
五台山
(ごたいさん) 
上二之町中組
鳳凰台
(ほうおうたい)
 上二之町下組
恵比寿
(えびすたい)
上三之町上組
龍神台
(りゅうじんたい)
上三之町中組
彫刻、刺繍幕、
見送幕などが見事
三色の胴幕
堅牢で技巧的
純金鍍金の金具、
与鹿の彫刻
竹生島(ちくぶじま)
龍神のからくり
崑崗台
(こんこうたい) 
片原町
琴高台
(きんこうたい) 
本町一丁目
大国台
(だいこくたい)
 上川原町
青龍台
(せいりゅうたい) 
川原町
台名は中国の金
の産地にちなむ
鯉づくしの意匠 屋根柱に鴬張り
の工夫をする
天守閣風の屋根、
三層の台形
       
ご案内
▲雨天の場合:からくり奉納
・御巡幸・屋台曳き揃え
・夜祭は中止となります。
●4月14日・15日のみ開設

・高山祭各案内所・高山祭案内本部
:TEL057733-7980
・開設時間
:14日8:30〜21:00 ・15日8:30〜16:00

・飛騨高山観光案内所:TEL(0577)32-5328
・高山市役所 観光課:TEL(0577)35-3145

お願い・・・ご協力をお願いします
屋台は貴重な文化財です。大切にしましょう。
・屋台には絶対手をふれないようにしましょう。
・また屋台曳行の際は危険ですから、関係者以外は曳かないようお願いします。
・特に屋台が方向を変えるときは、近寄らないようお願いします。
・御巡幸(祭行列)の列の中へみだりに入り、写真等を撮らないでください。

祭見物の人出で大変混雑が予想されます。お互いにゆずりあって、事故のないようご注意ください。
シートベルトは命の綱。
・アイドリングストップをしましょう。
条例により、市全域で「ごみのポイ捨て」、古い町並周辺での「路上喫煙」は禁止されています
タバコの投げ捨てはやめましょう。
ゴミの持ち帰り運動に協力しましょう。
天候などの都合で、祭行事が変更される事がありますのでご了承ください。
側溝には“ふた”がありませんので、特に夜祭の際には足元にご注意ください。



 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】