日本三大裸祭り〜古川祭起し太鼓  

     
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

日本三大裸祭り〜古川祭起し太鼓

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

≪日本全国のお祭り≫

 4月日本三大裸祭り〜古川祭起し太鼓(岐阜県)のページです
 お祭りの暦 祭1月 祭2月 祭3月 祭4月 祭5月 祭6月 祭7月 祭8月 祭9月 祭10月 祭11月 祭12月
 
 開催日:4月19日〜20日                 *お出かけのさいはご確認下さい
全国に名を馳せる古川祭起こし太鼓は、町内にある気多若宮神社の例祭で国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統神事です。この祭は、神社での神事、古式ゆかしい「御神輿行列」が中心となって、“動”の「起し太鼓」と“静”の「屋台行列」が二大祭事として加わり、三つの行事群により2日間に渡って盛大な時代絵巻が繰り広げられます。
古式ゆかしい”御神輿行列”が中心
神社本殿での神事の後、神遷しが行われ、数百人の大行列が気多若宮神社から出立します。獅子や闘鶏楽、舞姫や雅楽、屋台の台名旗、裃姿の警護役、そして神輿と厳かな行列は、2日間かけて町を巡行し、各所で祝詞があがります
動の”起こし太鼓”
1000人を超す提灯行列に導かれて進む「起し太鼓」は古川祭の「動」の顔。その昔、お祭りの始まりを告げる目覚ましのために太鼓を打ち鳴らしたのが始まりといわれている。数百人のさらし姿の裸男たちが担ぐ櫓に大太鼓に乗せて町を巡行します。櫓の上に乗って太鼓を打つ人は、「太鼓打ち」と呼ばれ、起し太鼓の花形。一生に一度あるかないかの、大変名誉ある役目です。
起し太鼓
動の”起こし太鼓” 付け太鼓
静の”屋台曳行”
江戸から移入された原型に京都からのからくり人形が入り、飛騨独自の三段構造の形ができました。ここに塗師の技術や京都の織物などが加わり屋台芸術が花開いたのです。現存する屋台は9台、屋台の重さは約2トンあり、繊細な彫刻、華麗な金具、それらを引き立てる漆黒や朱の塗りなど、随所に匠の技が施されています。屋台行列は古川祭の「静」の顔。古川の屋台は、東西文化の融合と言われています。 
屋台行列
からくり人形
  青龍台(殿町組)
謡曲「鶴亀」に合わせて操られるからくり人形は、唐人が梯子を登り、亀が鶴に代わる巧妙な糸からくりです。福禄寿と唐子人形が25条の糸で縛られている  
 子供歌舞伎 
白虎台(三之町下組)百年以上途絶えていた子供歌舞伎「橋弁慶」を昭和59年の屋台大改修の際に、復活させました。子ども達が華やかに愛らしく舞う子供歌舞伎は、大変人気があります
  
9台の屋台
神楽台(向町組)
鳳凰台(一之町中組 麒麟台(一之町下組
三光台(二之町上町 金亀台(二之町中組 龍笛台(二之町下組
     
  
清曜台(三之町上組 白虎台(三之町下組) 青龍台(殿町組)
     
♪お問い合わせほか 
・岐阜県庁11階   
・教育委員会社会教育文化課
・TEL:058-272-8754  
・8756・8759  
・FAX:058-278-2824
   

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】