4月御田植祭香取神宮(日本三大御田植祭)

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

4月日本三大御田植祭(香取神宮御田植祭)

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 



≪日本全国のお祭り≫       

  御田植祭(日本三大御田植祭)(千葉県、香取神宮)


 祭1月 祭2月 祭3月 祭4月 祭5月 祭6月

 祭7月 祭8月 祭9月 祭10月 祭11月 祭12月

 開催日:4月5日、6日 両日午後1時         *お出かけ前にご確認ください

御田植(おたうえ)祭
その年の五穀豊穣を祈る御田植祭は、通称“かとりまち”ともいわれます。日本三大御田植祭の一つ(大阪住吉大社・三重伊勢神宮)とならび数えられています。史料によりますと明徳2年(1391)には、既に行われていたと考えられています。初日の耕田式、翌日の田植式と2日間にわたって行われます。
式内社、下総国一宮で、旧社格は官幣大社。日本全国に約400社ある香取神社の総本社である。正月三が日には50万人以上が参拝をする。
総門 楼門 香取神宮 本殿
初日の耕田式、翌日の田植式と2日間にわたって行われます。
1日目の耕田式は、
拝殿前において鎌・鍬・鋤・牛を使って田植え前の田んぼを耕す風景を模した儀式と8人の稚児による田舞や早乙女手代による植初め行事が奏されます。
     
  2日目は田植式で、
早乙女手代等が御神田へ向かい田植えをする田植式では、稚児や神職等が参道から御神田へと向かい、早乙女手代が田植え歌を唄いながら苗を植る姿を見ることができます。
 
   境内の桜
この時期は例年桜の見頃となり境内は桜に包まれ、祭りに一層の彩りを添えます。
     
アクセス
■車の場合東京より約90分
東関東自動車道→佐原香取インターを降りてすぐの信号を左折。2分ほど走ると右手に香取神宮の正面駐車場が見えてきます。
■高速バスをご利用される場合
@千葉交通バス
→浜松町発東京駅経由→「佐原回り銚子行き」→佐原香取インター下車→徒歩15分
AJR東関東バスor関東鉄道バス
→東京駅発「佐原廻り麻生行き」→香取神宮前下車→徒歩約5分

■電車をご利用される場合→@特急電車のご利用
A東京都内の駅から普通電車のご利用    
※香取駅からはタクシー・バスなどありませんので、佐原駅をご利用された方が便利です。
・住所:千葉県香取市香取1697
・TEL:0478-57-3211

 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】