7月天神祭(日本三大祭)

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典      

7月日本三大祭(天神祭)

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃~ 夏5月6日頃~  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃~   冬11月7日頃~   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃~
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃~
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃~
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃~
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜~索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚~索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝~索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦~用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 



≪日本全国のお祭り≫   

 天神祭(日本三大祭、日本三大夏祭り)(大阪府、大阪天満宮)のページです。


 祭1月 祭2月 祭3月 祭4月 祭5月 祭6月

 祭7月 祭8月 祭9月 祭10月 祭11月 祭12月

 開催日:7月24日・25日(24日宵宮、25日本宮)      *お出かけ前にご確認ください

天神祭(てんじんまつり、てんじんさい)は、全国の天満宮及び、天神社で催される祭り。祭神の菅原道真の命日にちなんだ縁日で25日前後に行われる。一年の内1月の初天神祭等、ある月に盛大に行われることがある。各神社で行われる天神祭の中では、大阪天満宮を中心として大阪市で行われる天神祭が有名である。日本三大祭(京都の「祇園祭」東京の「神田祭」)の一つ。また日本三大夏祭りでもある特に、25日の本宮の夜は、大川で、多くの船が行き交う船渡御(ふなとぎょ)が行われ、奉納花火があがる。大川に映る篝火や提灯灯り、花火などの華麗な姿より火と水の祭典とも呼ばれている。他に鉾流神事(ほこながししんじ)陸渡御(おかとぎょ)などの神事が行われます。

鉾流神事(ほこながししんじ)
当宮鎮座の翌々年の天暦五年(951年)に鉾流神事が始まったと伝えられます。これは社頭の浜から神鉾を流しその漂着した地を斎場と定めて、そこに神様を御迎えする神事です。鉾流神事は、 鉾に託して「穢(けが)れ」を祓(はら)うとともに、年に一度、神様が氏地を巡見されるという意味合いも持っています。
陸渡御(おかとぎょ)
神様に氏地の平安を御覧いただこうと、氏子たちが御迎えの行列を組んだのが陸渡御・船渡御の始まりです。陸渡御列の中心は、 神霊を奉安する御鳳輦(ごほうれん=御守護神様が御乗りになられた御車)ですが、この前後を催太鼓や神輿(みこし)、神具、牛車、旗、鉾などが供奉して氏地を巡回し、天神橋北詰めの乗船場まで進みます。かつての氏地各町では、地車(だんじり)を曳いて神様の渡御を悦びましたが、安永九年(1780年)には八十四輌もの地車が宮入りした記録があります。現在では、一輌だけ残った三ツ屋根地車が渡御列に御奉仕しています。
陸渡御列 第一陣は威勢の良い催太鼓で始まる。
6人の願人が打ち出す勇壮な響きが陸渡御のス
タートを告げる。

催し太鼓
(もよおしだいこ)
猿田彦は渡御列
の先導役


猿田彦
(さるたひこ)
渡御列が進む
道の清め役。

神鉾
(かみほこ)

威勢よく鉦と
太鼓でお囃子
を打ち鳴らす。

地車
(じぐるま)

傘踊り、四つ竹、
梵天の多彩な
パフォーマンス。

獅子舞
(ししまい)
被布(かつぎ)の
女性たちがしず
しずと練り歩く。

采女
(うねめ)
お稚児さんたち
が、母親に手を
ひかれて歩く。

稚児
(ちご)
菅公お手持ちの
御本をお運びする

文車
(ふぐるま)
旧此花町が母体となって結成さ
れた福梅講が牛曳童児で参加。

牛曳童児
(うしひきどうじ)
御旗で奉仕する
のは大阪料
理飲食業組合。

錦旗
(みはた)
大きな花傘で
50人ほどの
供奉者が参加。

風流花傘
(ふうりゅう
はながさ)
神様のお召し
上がりものを
納めた櫃。

神饌唐櫃
(しんせん
からびつ)
陸渡御列 第二陣は平安時代の貴族の乗り物
渡御の
総指揮者。

総奉行
(そうぶぎょう)
渡御の道案内。
(大阪府知事)

前行
(ぜんこう)
渡御の警護役。
(大阪市市長)

前衛
(ぜんえい)
平安時代の貴族
の乗り物だった
御羽車を曳く。

御羽車
(おはぐるま)
菅公の御太刀
を捧持して参加。

御太刀
(おんたち)
晴儀用の御蓋
供奉するのは
米穀商の団体。

御錦蓋
(おきんがい)
雨儀用の御蓋。元・北信用組合
の供奉人30人
が参加

御菅蓋
(おかんがい)
陸渡御列 第三陣は鳳神輿、玉神輿。
菅原道真公の
御神霊を奉安
した神輿。

御鳳輦
(ごほうれん)
鉾流神事の
主役を務める
神童

神童
(しんどう)
宮司(ぐうし)
・権宮司
(ごんぐうし)

齋主
(さいしゅ)
菅南連合という
六つの町内会
で組織される鳳

講が担ぐ鳳神輿
鳳御輿
(おおとりみこし)
鳳神輿と競い合
うように進むの
は、金色の玉を
冠した玉神輿。

玉御輿
(たまみこし)
船渡御(ふなとぎょ)
江戸時代には、氏子・崇敬者の仕立てた数多の船が、舳先(へさき)に御迎人形を立て、 意匠を競って船体を飾り立て、御旅所へ御迎えの船列を整えました。昭和十二年(1937年)の船渡御列は、二百艘に達したといいますが、現在は約百艘に制限しています。
天神祭奉納花火
・開催日時2010年7月25日(日) ・19:00〜21:00
・悪天の場合:中止 ・開催場所:桜之宮公園、川崎公園
 
アクセス他
・開催場所:大阪市北区天神橋2-1-8
・問い合わせ窓口 ・TEL:06-6353-0025
・アクセス:地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」下車すぐ、
 JR東西線「大阪天満宮駅」下車すぐ

天神祭グッズ

専門学校アートカレッジ神戸
グラフィックデザイン学科の
圓山 風花 さんデザイン

 
Copyright (C) 2015~2020  暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】