日本三大提灯祭〜尾張津島天王祭り   

     
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

日本三大提灯祭〜尾張津島天王祭り

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

 ≪日本全国のお祭り≫

  7月 日本三大提灯祭〜尾張津島天王祭り(愛知県)のページです
 
お祭りの暦 祭1月 祭2月 祭3月 祭4月 祭5月 祭6月 祭7月 祭8月 祭9月 祭10月 祭11月 祭12月 
 
 開催日:7月第四土曜日               *お出かけ前にご確認ください
津島神社
全国に三千有余あるといわれる天王社の総社である。津島須佐之男命を祭神として,古くより尾張天王社として知られています「津島の天王様」「津島さん」と呼ばれ,疫病や厄難除けの神様として全国から崇敬されています.歴代尾張国主となった織田・豊臣徳川氏の崇敬も厚く,現在の本殿は清須城主だった松平忠吉(家康四男)の寄進で,楼門とともに桃山様式を今に伝える建物です。(重要文化財指定)
津島天王祭りは,7月第4土日に津島神社と天王川公園で繰り広げる大祭で,一般に津島川祭り津島祭とも呼ばれます.一般的に知られる神葭(みよし)神事と車楽による川祭りが中心。
その「宵祭」と「朝祭」を紹介します。
宵祭は、
天王川に浮かぶ津島五車のまきわら船の提灯に灯がともされると、宵祭の始まりです。
宵祭りは津島五車の車楽(だんじり=朝祭りの車楽と区別して巻藁船・提灯船とも呼びます)が提灯を飾り車河戸と天王川の御旅所を往復します.

巻藁舟二隻の舟を繋ぎその中心に真柱を立てて、ここに12個(1年12月を象徴.閏年は13個)の提灯をかかげます。半円形に一年の日数三百六十五個(実際は約400個)の提灯を付けますその他なべづる・軒提灯・燈籠・高張提灯・弓張提灯・箱提灯など数多くの提灯で装われます.その他の提灯も合計すると、一隻あたり五百五十程度の提灯がつく事となる。それが五隻なので、一回の祭りで最低でも二千七百五十個の提灯とロウソクを使用し、点灯する順番で、三種類の大きさがある。真柱と坊主の下側は一番大きく、五百五十個の提灯が最後まで灯っているようになっている。午後7時頃から,これらの提灯に点火され,やがて5艘の巻藁船は提灯の灯を水面に映しながら川を遡り,御旅所に到着します.花火もあがり,津島祭りのクライマックスです.
宵祭りを終えて車河戸に帰る車楽は,
当番車の合図により,航行しながら一斉に朝の車楽へと飾り替えを競い合う.
巻藁船提灯船とも呼びます
半円形400個の提灯
花火もあがり,津島祭りのクライマックスです
朝祭は、市江車を先頭に6艘の車楽舟が能の出し物をかたどった置物を飾り、楽を奏でながら漕ぎ進みます
朝祭は津島の五隻に、佐屋町市江地区の「市江車」が先頭に加わる。市江車には十人の若者が締め込み姿で布鉾を持ち、途中から天王川に飛び込み泳ぎ、津島神社に通じる岸まで渡る。その後、神社まで走って神前に布鉾を奉納する。舟(車楽舟)の最高部には、能装束を模してつくられた衣装をまとった人形が乗るが、津島の五隻中、
先頭を行く当番車には必ず「高砂」が乗る。

その他の四隻は毎年能番組が変わり毎年の楽しみの一つでもある。文献では、織田信長が津島によく来ており、津島祭りも当時の天王橋の上から見物をしたという記録も残っている。他にも、大事な行事の一つに「神葭(みよし)流し」がある。朝祭の終了後の深夜、社殿に奉斎されていた古い神葭を天王川に流すものだ。新しい神葭は津島神社本殿に納められ、一年間人々の祈願を受ける。
二隻の舟をつなぎ
真柱に12個の提灯
朝祭りの山車  津島の五隻に、佐屋町市江地区の「市江車」が先頭に加わる。
市江車 今車 筏場車 下車 堤下車 米車
市江島 今市場 筏場 下構 堤下 米之座

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】