日本三大囃子〜花輪囃子   

     
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

日本三大囃子〜花輪囃子

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

 ≪日本全国のお祭り≫

  8月 日本三大囃子〜花輪囃子(秋田県)のページです
 
お祭りの暦 祭1月 祭2月 祭3月 祭4月 祭5月 祭6月 祭7月 祭8月 祭9月 祭10月 祭11月 祭12月 
 
開催日:8月19日〜20日                   *お出かけ前にご確認ください
産土の神を奉る幸稲荷神社は1204年の創建と伝えられ古来近郷の信仰を集め祭礼はもとより、元朝詣りには、多くの老若男女を集め年々栄えております。

毎年の初午には、この地に生まれた厄年の人々が一同に会して産土の神の前にて"厄払いの儀式”が盛大に行われていることは他に類を見ない程です。花輪ばやしは、この市街地の東約3.5キロに位置する幸稲荷神社(さきわいいなりじんじゃ)の「祭礼ばやし」として現在に引き継がれている。当地の代表的な民俗芸能で、秋田県の無形民俗文化財の指定を受けております。祭典は、お盆明けの8月16日本殿から、神官、氏子総代に守られたお御輿が、直径1m余りの大太鼓を従えて町内を一巡りして「御旅所」に安置されることから始まり、20日本殿へ還幸されるまでの5日間行われます。
 
  花輪ばやしは
8月19日・20日の両日幸稲荷神社・産土の神に奉納するため盛大に行われているものです。青垣山に囲まれた城下町は祭り一色に彩られ近隣はもとより多くの観光客で賑います。
   華やかに飾りをつけた豪華な屋台 
   囃子方を乗せた屋台
   屋台が向かい合った時は通行権をめぐり交渉交渉決裂すれば屋台を最接近させ囃子で勝負
   前方から迫り他町の屋台を待ち受けることも囃子の掛け合いはかなり激しい!
 JR花輪線鹿角花輪駅前の広場に町内全ての屋台が集まって囃子を競う駅前行事での円陣はまさに圧巻です 
日時 内容と見どころのポイント
19日
第一日目
11:00〜 交通規制開始→21日午前5時まで終日交通規制
17:30〜18:35 御旅所詰出発→のろしを合図に御旅所に向かってパレード開始
18:35〜18:55 御旅所→幸稲荷大神様へ祭りの開始の挨拶。サンサ(花輪祭典の独特の手打ち)が見られます。かづの銘酒前で子供はやしコンクールがあります。
18:55〜19:50 御旅所発→駅前広場に向かってパレード開始。
19;00〜19;50 町おどり→駅前広場にて、花輪美女による町踊りで屋台到着を
待つ
19:50〜21:15 駅前行事花輪ばやし一番の見どころ。全町内そろい踏み円陣を組みお囃子の共演などがあります。
21:15〜23:00 各町内へ→自町内に向かってパレード開始。踊りが一緒につきますその後休憩を取り朝詰パレードの準備を行います。
20日
第一日目
0:00〜2:55 朝詰パレード→枡形に向け朝詰パレード開始。各町内の若者は、この朝詰のために1年間ガンバって来ました!
2:55〜4:00 各枡形行事→飛躍的なパレードと趣向がかわり、一転、厳粛な神事となります神様へ各町内が奉納曲を演奏する。サンサも見られます。
4:00〜6:00 各町内へ→自町内に向かってパレード。各町内の若者(この時はバカ者?)最高潮に盛りあがります。パレード終了後、一時お休み
20日
第二日目
11:00〜19:00 町内自主運行→各町内で、バンド、民謡の舞台や「門付け」と呼ばれる自町内の屋台巡行が行われています。中央通りの露店も楽しみの一つ。
19:00〜23:30 赤鳥居詰パレード→赤鳥居(組丁)詰めパレード開始
20:00〜20:40 鹿角の郷土芸能→駅前広場にて鹿角の郷土芸能を披露、屋台到着を待つ。
20:40〜21:30 駅前行事花輪ばやし一番の見どころ。全町内そろい踏み円陣を組みお椰子の共演など。駅前行事終了後、赤鳥居(組丁)へ出発。
23:30〜23:45 赤鳥居行事→幸稲荷大神様へ祭り終了の挨拶。最後のサンサが見られます。
23;45〜2:30 各町内へ→途中、下5町内は保健センター前、上5町内は御旅所前で囃子の共演などを行う予定です。
 21日  5:00  交通規制解除→鹿角の熱い夏が終わります。
 ※ 時間は、予定時刻です。天候次第では時間、内容に変更があります。 

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】