日本三大奇祭〜吉田の火祭り   

     
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

日本三大奇祭〜吉田の火祭り

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

 ≪日本全国のお祭り≫

  8月 日本三大奇祭〜吉田の火祭り(山梨県)のページです
 
お祭りの暦 祭1月 祭2月 祭3月 祭4月 祭5月 祭6月 祭7月 祭8月 祭9月 祭10月 祭11月 祭12月
 
 開催日:8月26日〜27日                     *お出かけ前にご確認ください
北口本宮冨士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)は、山梨県富士吉田市上吉田にある神社。主祭神は木花開耶姫命、夫神の彦火瓊瓊杵命と父神の大山脾祇神を共に祀っている。旧社格は県社で、戦後別表神社となった浅間神社の一つ。    
 北口本宮富士浅間神社
 本殿
 同じ境内にある
諏訪神社
大きな松明を燃やし、町中が火の海のようになることで有名な「吉田の火祭り」は富士山の山仕舞いを告げる「北口本宮富士浅間神社」と、境内の「諏訪神社」のお祭りです。静岡県島田の「帯祭り」愛知県国府宮の「裸祭り」と並び「日本三奇祭」に数えられ、毎年多くの観光客でにぎわいます。
 鎮火災
祭りは浅間神社と諏訪神社の神様を市中にお迎えして、今年の登山無事とご利益を感謝してお祭りをします。神社では神主や氏子、お神輿を担ぐ勢子がお払いをし、五穀や玉串をお供えしますその後、ご神霊は「大神輿」と「お山さん」の2基のお神輿に移され、いよいよ市中を練り歩きます。お神輿がお旅所に到着すると約3m、70本余りの大松明に次次と火が灯され、赤々と燃え上がり、通りにはたくさんの夜店も立ち並びます。どうして松明を燃やすのか古資料は残っていませんが、元々地元に伝えられた火焚き行事が神社のお祭りに取り入れられたか、木花開耶姫命などの神話に由来するなど、諸説があります。 
 明神さん、お山さん(1トン神輿)
 勇壮に担ぎだされるお山さん
お山さん
(富士山形神輿)
を道路上に3度落とします。
 子供神輿
 神輿に安泰を祈願
         
   お旅所に
  大松明が起立点火され火の海が広がっていく
 
  すすき祭り  
  富士山の恩恵に感謝して、山麓にたなびくすすきの穂にお注漣をつけてお神輿に従うと、商売繁昌学業成就、火防、安産の願いが叶えられると伝えられています。まず、神社境内で「太々神楽」が奉奏されると、お旅所からお神輿が出発します。金鳥居では氏子の御加護を願う「金鳥居祭」が執り行なわれ、辺りを練り歩くと神社へ向かいます。境内西にある「御鞍石」でお神輿がひと休みしている間、東側にある「あげ松」では神事が行われますその後大神輿は社殿前の「高天原」を2周し、「お山さん」が到着すると一緒に勢いよく5周します。その間「お山さん」は地面に3回打ち落とされます。こうして到着の神事が行われると、ご神霊は本殿に帰され、2日間に渡る「火祭り」が終わります。  
 火祭り日程
     26日
(鎮火祭)
15:00〜 本殿祭、諏訪神社
17:00〜 発興祭、氏子中大神輿御影渡御
18:00〜 神楽奉奏
18:40頃〜 御旅所奉安祭(上吉田コミュニティセンター)松明点火
22:00 松明焚上終了
0:00 交通規制解除
   27日
(すすき祭り)
14:00〜 御旅所発興祭、氏子中大神輿御影渡御
15:00 金鳥居祭
18:30 御鞍石祭(神社境内西側)
19:00〜 高天原祭(神社境内)
諏訪神社還幸祭
本殿還幸祭
  (※時間は多少前後する場合があります。)
開催場所:山梨県富士吉田市上吉田
・営業時間:15:00〜23:00
・電話番号:0555-21-1000
・問い合わせ先:財団法人ふじよしだ観光振興サービス
・アクセス:富士急行線富士吉田駅すぐ。中央道河口湖ICから10分。
 

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】