日本三大提灯祭〜竿燈まつり   

     
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

日本三大提灯祭〜竿燈まつり

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

 ≪日本全国のお祭り≫

  8月 日本三大提灯祭〜竿燈まつり(秋田県)のページです
 
 お祭りの暦 祭1月 祭2月 祭3月 祭4月 祭5月 祭6月 祭7月 祭8月 祭9月 祭10月 祭11月 祭12月
 
 開催日:8月3日〜8月6日               *お出かけ前にご確認ください
竿燈まつりは、真夏の病魔や邪気を払う、ねぶり流し行事として宝暦年間にはその原型となるものが出来ていたという。国重要無形民俗文化財。高さ12m余りの竹竿に46個の提灯を下げた竿燈を手、額、肩、腰などで支え、妙技を競う。東北三大祭りの一つで約260年ほど前から伝わる独自の行事。五穀豊穣を祈願したものと言われるが、約230本の竿燈が林立する様はまさに”光の稲穂”のようである。
竿燈妙技「肩」差しやすく、
もっとも覚えやすい技

230本の竿燈が続く

竿燈妙技「腰」かなりの
修練が必要で派手な技
 スケジュール
・開催日:8月3日〜8月6日
・会場:竿燈通り(夜本場)
・有料観覧席予約受付開始
:団体予約(15名様以上)→4月1日午前10時〜
:個人予約(14名様以下)→5月2日午前10時〜
・事務局・電話:018-866-2112 ・824-8686
◆夜本番(竿燈大通り)
・8月3日〜8月6日 
・交通規制:18:15 
・竿燈入場:19:00 
・竿燈演技:19:30〜20:40
・ふれあいの時間(写真撮影や竿燈体験が可能):20:40
◆昼竿燈(妙技会・千秋公園中土橋)
・8月4日〜8月6日 
・9:20〜15:30(予定)
 会場
・市役所会場
・7月31日(土)〜
8月2日(月)  
10:30〜20:00
・8月 3日(火)〜6日(金) 
 10:30〜22:30
・中央会場(旧産業会館跡地)
・8月3日(火)〜6日(金) 
 14:00〜21:30
・秋田駅前会場
(アゴラ広場)
・8月3日(火)〜6日(金)
 10:00〜17:00
 竿燈妙技

 流し

 平手

 額

次の差し手が竹を継ぎ易い様に支える二人で竿燈を起こし、利き手で差し上げ、次の差し手が継竹を足す。高く差し上げいったん手の平に静止し。指の間から15〜20cmずらして持ちこたえる
高々と翳し上げて見せる、力強く豪快な竿燈の基本技。前の差し手は継ぎ終わる迄静止し、持ちこたえる。二本目の継竹を足し、手のひらにかざして静止。指の間からずらして、次の差し手に余裕を持って流す。 首の根っこが座った、重量感あふれる技。前の差し手から利き腕の手の平で受ける。指の間から静かにずらしながら額に乗せる。静止して、両手を大きく開きバランスを取る
 肩  
差しやすく、最も覚えやすい技。利き腕の手の平に受けて静止。利き腕を曲げないで真直ぐ肩に降ろす。利き腕を真直ぐに伸ばし軸足と肩を一直線に。片手で持ち上げ次の差し手へ。

かなりの修練が必要で派手な技。利き腕の手の平に受けて、持ち上げ静止させる。指の間からずらして腰にのせ、上体をほどよく横に傾ける両足を開きバランスを取る。

・秋田市竿燈まつり実行委員会事務局<秋田市観光物産課内>
・〒010-8560 
・住所:秋田県秋田市山王一丁目1-1
・TEL 018-866-2112
・FAX:018-866-2425
  

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】