日本三大盆踊り〜西馬音内の盆踊り   

     
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

日本三大盆踊り〜西馬音内の盆踊り

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

≪日本全国のお祭り≫

  8月 日本三大盆踊り〜西馬音内の盆踊り(秋田県)のページです
 
お祭りの暦 祭1月 祭2月 祭3月 祭4月 祭5月 祭6月 祭7月 祭8月 祭9月 祭10月 祭11月 祭12月 
 
豊年祈願や盆供養のために始められたという伝統行事で、阿波踊り、郡上おどりと並んで日本三大盆踊りと呼ばれている。浴衣姿の人びとと編み笠に美しい端縫い衣裳の人びとたちや、亡者を連想させる彦三(ひこさ)頭巾の踊り手たちが優雅に夏の夜を舞い、賑やかに鳴り響く囃子の音が幻想的な世界を映しだす。毎年8月16日から18日に行われている、国指定の重要無形民俗文化財。
 西馬音内の盆踊り

約700年の歴史を持つ伝統的な盆踊り。300mにわたる細長い通りを埋め尽くし、踊りを披露します。賑やかで勇ましい野生的なお囃子と、優雅で流れるような美しい踊りとの不思議な調和が、西馬音内盆踊りの特徴です。

 盆踊りでは、初めて、重要無形民俗文化財に指定された。
西馬音内盆踊り会館
・入観料 無料
・開閉館時間
午前9時〜午後5時

会館にある
西馬音内盆踊り

この指先の反りの美しさ
が踊りの特徴の1つです
亡者を連想させる
彦三(ひこさ)頭巾の踊り手
   約2、000人の流し踊り
 午後6時半ごろから浴衣姿の子供たちが可愛らしい踊りを披露
 次第に端縫い衣装や、藍染めの浴衣の大人たちが踊りの輪に加わる
豊年踊りと亡者踊りが一緒になって伝えられたと言われている。約700年の歴史があるこの踊り、篝火を囲み彦三頭巾や鳥追い笠で顔をかくし独特の衣裳で踊る姿が印象的です。
 
   スケジュールほか
・開催日時:8月16日〜18日 19:30〜23:00 最終日19:30〜23:30
・開催場所:秋田県羽後町 西馬音内本町通り(雨天時は総合体育館になります)
・イベント料金:桟敷席→2,000円、簡易指定席(4人掛)→5,000円
・主催:西馬音内盆踊り実行委員会
・お問い合わせ先:羽後町企画商工課
・TEL:0183−62−2111
・所在地:秋田県羽後町西馬音内字本町
・アクセス:JR奥羽本線「湯沢駅」からタクシー約15分
  

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】