8月仙台七夕まつり(日本三大七夕祭り)

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

8月日本三大七夕祭り(仙台七夕まつり)

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
          誕生花     誕生石    お祭り    万年暦    旬の野菜   旬の魚    旬の貝    用語集 
                 
 
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

♪暦〜誕生花
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気
・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化
・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化
♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。
・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール





≪日本文化と暦≫
     
  仙台七夕まつり(せんだいたなばたまつり)(日本三大七夕祭り)(宮城県)

 祭1月 祭2月 祭3月 祭4月 祭5月 祭6月 祭7月 祭8月 祭9月 祭10月 祭11月 祭12月

 開催日:8月6日〜8日              *お出かけ前にご確認ください

今日の仙台の七夕祭りは、昭和2年不景気を吹き飛ばそうと、商家の有志達が仙台商人の心意気と
ばかりに華やかな七夕祭りを復活させました。久しぶりにその光景を目にした仙台っ子立ちは喝采し、
飾りを一目見ようとする人で街はあふれました。昭和3年、元来旧暦行事だったのを新暦日付の月遅れ
8月6日、7日、8日の3日間にわたり、東北産業博覧会の行事として、さらに仙台七夕を盛んにしようとし
た、仙台商工会議所と仙台協賛会との共同開催で「飾り付けコンクール」が開催されました。様々な趣
向を凝らした七夕飾りで街はお祭りムード一色になりました。この年が仙台七夕まつりが完全復活した
記念すべき年です。しかし再び勃発した戦争で七夕飾りは街から消えて行きました。終戦の翌昭和21年
一番町道りの焼けた跡に52本の竹飾りが建てられました。昭和22年には昭和天皇が巡幸され、巡行沿
道には5000本の竹飾りが七色のアーチを作りお迎えしました。それからの商店街は、七夕隆盛にかけ
る熱意は並々ならぬものがありました。現在では、竹飾りだけではなく夜行われるパフォーマンス等取り
入れた「星の宵祭り」も人気を集め名実ともに、日本一のスケールを誇る七夕まつりとなりました。




仙台七夕まつりの特徴「七つ飾り
仙台七夕まつりの特徴は、毎年新しく手づくりされる豪華絢爛な笹飾りです
紙衣
折鶴
短冊
投網
屑篭
巾着
吹き流し
病気や災難の
厄除け、
裁縫の上達
家内安全と
健康長寿
学問や
書道の上達
豊漁、豊作 清潔と倹約 商売繁盛 織姫の織糸

Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】