4月〜6月の旬野菜〜絹さやのレシピ

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

1ページ目4月〜6月の旬野菜〜絹さやのレシピ

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
         誕生花   誕生石   お祭り    ゴルフ   万年暦    旬の野菜  旬の魚   旬の貝   用語集 
          
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


   HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・暦四半期

・西暦と年号対応表

♪暦〜六曜
・早見表

♪暦〜誕生花

1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪暦〜
ゴルフトーナメント

1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・メジャー大会優勝者
 男子
  

・メジャー大会優勝者
 女子


♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜省エネライフ
・省エネライフ

♪西暦と年号

・和暦・西暦
対応早見表


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気

・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化

・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜

1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化

♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。

・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール




≪日本文化と暦≫

  1ページ目
”旬野菜さやえんどう(絹さや)”の栄養素と効能&レシピいろいろ
病気の予防、旬の時期と鮮度の見分け方、保存方法、調理上の注意点他
五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、重量の単位:1gは
1グラム 1rは1,000分の1グラム 1μg(マイクログラム)は100万分の1グラム
・次のページへ @ページ目のレシピへ Aページ目のレシピへ Bページ目のレシピへ 
栄養成分     単位 えんどう(豌豆)類 さやえんどう(絹さや)
  若ざや、生  若ざや、茹で 
 無機質         ナトリウム
カリウム 200 160
カルシウム 35 36
 マグネシウム 24 23
 リン 63 61
 鉄 0.9 0.8
 亜鉛 0.6 0.6
 銅 0.10 0.09
 マンガン 0.40 0.39
 ビタミンA       クリプトキサンチン μg
 βーカロテン当量 μg  560 580
 レチノール当量 μg  47 48
 ビタミンE    トコフェロールα 0.7 0.7
 トコフェロールr 0.2 0.2
ビタミン  K μg  47 40
 ビタミンB   B1 0.15 0.14
B2  0.11 0.10
B6  0.08 0.06
 ビタミン   C 60 44
 ナイアシン 0.8 0.6
 葉酸 73 56
 パントテン酸 0.56 0.47
 食物繊維   水溶性 0.3 0.9
 不溶性 g 2.7 2.2
 さやえんどう(絹さや)の知識
●さやえんどうは、未成熟なえんどうの莢(さや)をふくめて若い果実を食用とします。
ビタミンやミネラルなどの栄養を豊富に含んだ野菜です。
エンドウ(豌豆)は、マメ科の一・二年草。広く栽培され、食用となっている。一般に、エンドウマメとも。
別名にノラマメ、グリーンピース未熟の種子を食用とする場合の呼び方)、サヤエンドウ(莢豌豆・絹莢
未熟の莢を食用とする場合の呼び方)。スナップエンドウ(さやと大きな実との両方を食用とする)、
日本での栽培種には、ウスイエンドウ(うすい豆)キヌサヤエンドウ、オランダエンドウ、がある。
そのほか
@栄養価をいかす調理ポイント
・ビタミン類は熱に弱いので、短時間で料理することで、栄養を効率的に摂取できます。
その他、肉・魚・豆などのたんぱく質やごま・ナッツなどのビタミンEを含む食品との相性がよいです。・
A鮮度の見分け方
・さやのおしりについている、ひげが白くピンとしているもの、全体が鮮やかな緑色で、ハリがあり、
豆が育ち過ぎていないもの、さや全体に実がしっかりと入っており、ハリのあるもの。
B保存方法
・乾燥に大変弱いので、ビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存。1〜2日以内に食べきりましょう。
硬めにゆでて、冷凍保存します。
C旬の時期 ・4月〜6月
     

@ページ目”旬野菜さやえんどう(絹さや)”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ→・絹さやとカジキのバター醤油焼き・絹さやの卵とじ
・絹さやと海老の卵とじ・絹さや入りのかきたま汁
Aページ目のレシピへ→・絹さやの酢みそ和え・絹さやのツナ和え
・絹さやのきんぴら風・絹さやのクリーム煮
Bページ目のレシピへ→・絹さやとわかめの煮もの・絹さや、牛肉、じゃがいもの中華炒め・絹さやのナムル
旬野菜の「栄養と効能」と「料理レシピいろいろ」〜検索ページ →こちらから
 旬の食材を活かした、美味しい料理で栄養素をしっかりと摂取、先ずは、体の中から健康に。

絹さやとカジキのバターじょうゆ焼き 絹さやを散らして彩りも栄養価もアップします

♪:材料(2人前)
@絹さや・・・40g Aメカジキ・・・2切れ(切り身180グラム) Bエリンギ・・・1本(60g)
♪:調味料ほか
@バター・・大さじ1 A塩・・少々Bこしょう・・少々 CA ・酒・・大さじ1 ・しょうゆ・・大さじ2/3
♪:そのほか(下拵え)
@メカジキは1切れを3〜4つに切り、塩、こしょうをふります。
Aエリンギは長さを半分に切って、縦4つに切ります。
B絹さやは筋を除き、塩(分量外)を加えた熱湯でさっとゆでて水に取り、水気を切ります。
♪:作り方
@焼きます。
・フライパンを温め、バターを溶かします。
・メカジキを入れて中火で両面を焼き、エリンギを加えて1分ほど炒めます。
・絹さやとAも加え、返しながら火を通して出来上がりです。
A器にカジキを盛り、上にエリンギと絹さやを盛って出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量・184kcal A塩分・1.2g

絹さやの卵とじ

♪:材料(2人前)
@絹さや・・・ざっと2つかみ A豚バラ肉薄切り・・・100g B卵・・・2個
♪:調味料ほか
@A ・水・・50cc ・しょうゆ・・大さじ1/2 ・酒・・大さじ2 ・みりん・・大さじ2
・砂糖・・小さじ2 ・かつお顆粒出し・・小さじ1/4
♪:そのほか(下拵え)
@絹さやを洗い、スジをとります。
♪:作り方
@鍋にを入れ、沸騰させ、豚バラ肉を入れます
A肉の色が変わったら、絹さやを入れ、フタをし、弱めの中火で1〜2分蒸します
Bフタを開け、水分が少なくなるまで煮て、溶き卵を入れます
C再びフタをし、弱火で1〜2分煮て、半熟になったら軽く混ぜ、器に盛って出来上がりです
コツ
→溶き卵は入れてからスグに混ぜず、出来上がる直前にひと混ぜするとキレイに上がります
♪:栄養価1人分
@熱量:kcal、 A塩分:g

絹さや入りのかき玉汁   溶き卵にだし汁を混ぜてふんわり

♪:材料(2人前)
@絹さや・・・25g
♪:調味料ほか
@しょうが(すりおろし)・・少々 Aだし汁・・1と1/2カップ
BA ・溶き卵・・1/2個分 ・だし汁・・大さじ1/2
CB ・塩・・小さじ1/4 ・しょうゆ・・小さじ1/2
DC ・片栗粉・・小さじ1 ・だし汁・・小さじ2
♪:そのほか(下拵え)
@絹さやは筋を除き、2〜3等分に切ります。
AAは混ぜ合わせて卵液を作ります。
♪:作り方
@煮ます。
・鍋にだし汁と絹さやを入れて火にかけます。煮立ったらBを加えて調味し、混ぜ合わせたCでとろみを
つけます。再び煮立ったら、卵液を少しずつ細くまわし入れ、ふんわり浮いてきたら、器に注ぎ、
しょうがを落として出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量・29kcal A塩分・1.0g
 
絹さやと海老の卵とじ
卵とじの極意は、卵をかき混ぜ過ぎない事、卵を入れたら強火で煮る事、粗く混ぜる事、
ふっくらと仕上がります

♪:材料(4人前)
@絹さや・・・150g A海老・・・15尾 B卵・・・3個 C生しいたけ・・・4個 Dねぎ・・・1/2本
♪:調味料ほか
@A ・塩・・・小さじ1/3 ・酒・・・大さじ1
AB ・だし汁又は水・・・1と1/2カップ ・薄口しょうゆ・・・大さじ1と1/2
・酒・・・大さじ3 ・砂糖・・・大さじ1 ・しょうがのせん切り・・・1/2かけ分
♪:そのほか(下拵え)
@絹さやはヘタと筋を取ります。
A生しいたけは石づきを切って薄切りにします。
Bねぎは斜め薄切りにします。
C海老は背に切り目を入れて背ワタを取り、尾を残して殻をむき、Aをからめます
♪:作り方
@浅い鍋にBを入れて中火にかけて煮立ったらねぎとしいたけを加えます。
Aしんなりとしたら海老を加えて上下を返して3〜4分煮ます。
B絹さやを加えて1〜2分煮て、卵をサッと溶いて回し入れ、強火で1〜2分煮て、蓋をして火を止めて
蒸して出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量・439kcal A塩分・2.1g


 ・次のページへ @ページ目のレシピへ Aページ目のレシピへ Bページ目のレシピへ



Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】