月〜6月の旬野菜〜そら豆の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

1ページ目4月〜6月の旬野菜〜そら豆の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 


≪旬の野菜≫

 1ページ目そら豆の「栄養価と効能」「料理のレシピ」ページです。

 @ページ目”旬野菜そらまめ”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ
・そら豆のしょうゆ煮
・そら豆とトマトサラダ
・そら豆と鮭のペンネ
・そら豆のビールフリッター

Aページ目のレシピへ
・そら豆とえびのオリーブオイル炒め
・そら豆のグリル焼き
・そら豆のガーリック炒め

Bページ目のレシピへ
・そら豆の杏仁豆腐
・そら豆と海老のかき揚げ
・そら豆、豆腐、トマトのチーズ焼き


  全体の10%以上をたんぱく質が占めているほか、カロテノイド、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、食物繊維などを含んでいるため、そらまめは比較的栄養バランスが整った食品といえます。  
そら豆五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、 
栄養成分     単位 そら豆   
  未熟豆、生  未熟豆、茹で 
 無機質         ナトリウム
カリウム 440 390
カルシウム 22 22
 マグネシウム 36 38
 リン 220 230
 鉄 2.3 2.1
 亜鉛 1.4 1.9
    
 銅 0.39 0.33
 マンガン 0.21 0.38
 ビタミンA       βーカロテン当量 μg  240 210
 レチノール当量 μg  20 18
 ビタミンE    トコフェロールα tr tr
 トコフェロールr 1.3 1.2
ビタミン  K μg  18 19
 ビタミンB   B1 0.30 0.22
B2  0.20 0.18
B6  0.17 0.13
 ビタミン   C 23 18
 ナイアシン 1.5 1.2
 葉酸 120 120
 パントテン酸 0.46 0.39
脂肪酸   飽和  0.03  0.03 
一価不飽和   g 0.01  0.01 
 多価不飽和 0.05  0.05 
 食物繊維   水溶性 0.2 0.4
 不溶性 g 2.4 3.6

 体の中から「ヘルシーに綺麗」になるために、皮膚は「内臓の鏡」です。       
季節野菜の栄養素と効能 :一番大切なことは、食材の「旬」の時期に食べることです。
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
@皮膚の潤いを
保ちます
A衰えた肌を
回復させる
ビタミン
A
和種なばな トマト
青じそ
ピーマン

莢えんどう
  青梗菜
春菊
人参
ブロッコリー
小松菜
にら

大根
ほうれん草
 野菜以外の食べ物 わかめ、ぎんだら、鮭、鰻、レバー    
@皮膚の弾力や
コラーゲンを作る
ビタミン
C
和種なばな
キャベツ
トマト
青じそ
ピーマン

莢いんげん
  ブロッコリー
にら
大根
小松菜

ほうれん草
 野菜以外の食べ物 オレンジ、キウイ、みかん    
@老化を防止しする。
A肌を艶やかにする。
ビタミン
E
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ、トマト
春菊
ブロッコリー
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  鰻、たらこ、ゴマ、アーモンド、油揚げ、オリーブ油    
@肌の新陳代謝を
良くする。
A粘膜を強くし
肌荒れを
おこしにくくする。
ビタミン
B群
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ
  春菊
ブロッコリー
パセリ
にら
大根
ほうれん草
野菜以外の食べ物 帆立柱、鯖、鰻、小あじ、秋刀魚、豚肉
バナナ、キウイ、オレンジ、大豆、
    
@肌荒れの
原因となる。
Aイライラを鎮める
カル
シウム
和種なばな
キャベツ、
セロリ
青じそ   青梗菜
春菊
ほうれん草
大根
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  帆立柱、公魚、小あじ、鰯丸干し、じゃこ、干し海老、わかめ、
牛乳、チーズ、豆腐、
    
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
     

 ”そら豆”の「旬の期」「鮮度の見分け方と保存方法」「栄養価と効能」「調理のポイント」など
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法 
@旬の時期 ・4月〜6月 
A鮮度の見分け方は、莢つきのものを選ぶようにしましょう。豆だけのものは必要以上に乾燥してしまったようなものがあります。莢つきのものはしなびてないもの、変色していないもの、傷がないもの、弾力があるようなものを選ぶようにしましょう。 
B保存方法は、家庭では、皮をむかず、莢ごとポリ袋に入れて野菜室で保存、そら豆は鮮度がすぐ落ちますので、早めに使い切りましょう。 
・そら豆に含まれる栄養成分、主な有効成分と効能
   @豆類については大豆に代表されるように、植物性たんぱく質を豊富に含んでおり、そらまめもそのひとつです。 
Aそらまめはカリウムを豊富に含んでいます。ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。 
Bそらまめにはミネラルも豊富。マグネシウム、リン、鉄分などのミネラルを豊富に含みます。マグネシウムは血圧を調整する働きや、骨の成分でもあり、イライラの解消にも効果があるそうです。
CビタミンB群をたくさん含んでいます。消化液の分泌を促すビタミンB1や、粘膜をつくるビタミンB2、そして、血行をよくしたり、エネルギーの代謝を促すナイアシンなどのビタミンB群が豊富です。 
DそらまめはビタミンCも含んでいます。風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。 
・調理のポイント  
  @そら豆は時間の経過とともに、食感や旨味成分が急速に落ちていきますので、すぐに使用するのがベストです。
A生のままでも水分が少ないそらまめは、その分栄養が凝縮しています。
 


旬野菜の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから

”そら豆”のレシピ 
旬の食材を活かし、美味しい料理で栄養をしっかりと摂取、先ずは、体の中から健康に 

 そら豆の
しょうゆ煮豆
 
♪:材料(2人前)
@そらまめ・・・300g
(さや付700g)
 
♪:調味料ほか
@煮汁 
・水・・1カップ 
・砂糖・・小さじ2 
・しょうゆ・・大さじ2.1/2 
・みりん・・大さじ2
 
出始めの小ぶりのそら豆はしょうゆ煮にすると美味です。
大きいそら豆は、「お歯黒」と呼ばれる黒い爪の部分に包丁目を入れて、塩ゆでにします。
♪:そのほか(下拵え)/♪:作り方
@そら豆はさやから出し、合わせた煮汁に入れて、
火にかけ煮立ったら火を弱め10分くらい煮ます。
Aそのまましばらくおいて味を含めます。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g 
  
そら豆と
トマトのサラダ
 
♪:材料(4人前)
@そら豆・・・適量 
Aトマト・・・2個
 
♪:調味料ほか
@オリーブオイル・・大さじ4 
Aレモン汁・・大さじ2 
B塩(ハーブ入りがよい)・・少々 
C黒コショウ・・適量
 
♪:そのほか(下拵え)
@そら豆はさやから取り出します
A鍋で湯を沸かし、沸騰したら少量の塩を加え、
そら豆を入れ、2分ほど茹でます
B茹で上がったら、ザルに上げ、水気を切ります
Cトマトは食べやすい大きさに切ります(トマトの皮むきでもOK)
♪:作り方
@ボウルに、オリーブオイル、レモン汁、塩、黒胡椒を入れ、
よく混ぜ合わせてドレッシングを作ります
Aそら豆とトマトを入れ、和えます
B器に盛って、出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量:kcal、 A塩分:g  
そら豆と
鮭のペンネ
 
♪:材料(2人前)
@鮭(甘塩、切り身)
・・・1切れ(100g) 
A玉ねぎ・・・1/4個(50g)
Bそら豆・・・100g
(さやと薄皮を除く正味70g) 
Cペンネ・・・120g
 
♪:調味料ほか
@バター・・・大さじ1 
Aサラダ油・・・少々 
Bにんにく(みじん切り)・・・小さじ2
Cしょうゆ・・・小さじ1と1/2〜2
 
 バター醤油味の和風パスタ
♪:そのほか(下拵え)
@鮭は魚焼のグリルで焼き、
粗熱が取れたら皮と小骨を除いて粗くほぐします。
Aそら豆はさやを取り、薄皮を除きます。
B玉ねぎは薄切りにします。
C鍋に湯を沸かし、湯の1%の塩(1.5リットルの湯に対して塩大さじ1・分量外)を
加えて、ペンネを袋の表示時間どうりに茹でます。
茹であがりの1分前にそら豆を入れて茹でます。
茹で汁をお玉1杯ほど取り除きます、炒め合わせの時に使います。
♪:作り方
@フライパンにバターと油、にんにく、玉ねぎ、を入れて、
玉ねぎがしんなりするまで炒めます。
A茹で上げて湯を切ったペンネ、そら豆、ほぐした鮭、
茹で汁お玉1杯分加えて、サッと炒めます。
B仕上げにしょうゆを加えて炒め合わせて出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・440kcal A塩分・1.2g
  
 そら豆の
ビールフリッター
♪:材料(2人前)
@そら豆・・・150g
(さやと薄皮を除く正味100g) 
A玉ねぎ・・・1/6個(35g)
Bレモン・・・1/4個(くし切り)
 
♪:調味料ほか
@薄力粉・・・40g 
A塩・・・適宜 
Bビール・・・1/4カップ 
C揚げ油・・・適宜
 
意外と簡単にでき、衣とそらまめ、玉ねぎの歯ざわりが格別です 
♪:そのほか(下拵え)
@そら豆はさやを取り、薄皮を除きます。
A玉ねぎは薄切りにします。
♪:作り方
@衣をつけます。ボウルに薄力粉をふるい入れ、
塩少々とビールを加えて、箸でざっくりと混ぜます。
Aそら豆と玉ねぎを入れて混ぜます。
Bフライパンに揚げ油を170度に熱します。
C衣をつけたものを1/8量ずつスプーンですくって落とし入れます。
こんがりと色づくまで揚げます
 
♪:栄養価1人分 @熱量・152kcal A塩分・0.8g  
@ページ目”旬野菜そらまめ”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ
・そら豆のしょうゆ煮
・そら豆とトマトサラダ
・そら豆と鮭のペンネ
・そら豆のビールフリッター

Aページ目のレシピへ
・そら豆とえびのオリーブオイル炒め
・そら豆のグリル焼き
・そら豆のガーリック炒め

Bページ目のレシピへ
・そら豆の杏仁豆腐
・そら豆と海老のかき揚げ
・そら豆、豆腐、トマトのチーズ焼き


 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】