7月〜9月の旬野菜〜なすのレシピ

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

1ページ目7月〜9月の旬野菜〜なすのレシピ

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
         誕生花   誕生石   お祭り    ゴルフ   万年暦    旬の野菜  旬の魚   旬の貝   用語集 
          
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・暦四半期

・西暦と年号対応表

♪暦〜六曜
・早見表

♪暦〜誕生花

1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪暦〜
ゴルフトーナメント

1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・メジャー大会優勝者
 男子
  

・メジャー大会優勝者
 女子


♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜省エネライフ
・省エネライフ

♪西暦と年号

・和暦・西暦
対応早見表


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気

・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化

・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜

1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化

♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。

・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール




≪日本文化と暦≫

 1ページ目”旬野菜なす”の栄養素と効能&レシピいろいろ
病気の予防、旬の時期と鮮度の見分け方、保存方法、調理上の注意点他
五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、重量の単位:1gは
1グラム 1rは1,000分の1グラム 1μg(マイクログラム)は100万分の1グラム
tr(トレース)は、微妙に含まれている
         
・次のページへ @ページ目のレシピへ Aページ目のレシピへ Bページ目のレシピへ
           Cページ目のレシピへ Dページ目のレシピへ Eページ目のレシピへ
栄養成分     
なす類          
なす  べいなす  漬物     
  果実
 果実
茹で
 
 果実
 
 果実
油揚
塩漬  ぬか
みそ
漬 
こう
じ漬 
から
し漬 
しば
漬 
 無機質         ナトリウム tr 1  880  990  2600  1900  1600 
カリウム 220 180 220 220  260  430  210  72  50 
カルシウム 18 20 10 10  16  21  65  71  30 
 マグネシウム 17 16 14 14  18  33  22  36  16 
 リン 30 27 26 26  33  44  65  55  27 
 鉄 0.3 0.3 0.4 0.4  0.6  0.5  1.4  1.5  1.7 
 亜鉛 0.2 0.2 0.2 0.2  0.2  0.2   0.4 0.4  0.2 
 銅 0.06 0.05 0.08 0.09  0.09  0.09  0.17  0.13  0.12 
 マンガン 0.16 0.15 0.13 0.13  0.18  0.19  0.40  0.32  0.29 
 ビタミン
A     
 クリプト
キサンチン
μg 0  0  0  0  0  5 
 βーカロテン
当量
μg  100 98 45 20  44  26   5 76  580 
 レチノール
当量
μg  2  4  2  tr  6  48 
 ビタミン
E  
 トコフェロール
α
0.3 0.3 0.3 2.5  0.3  0.3  0.5  0.2  0.7 
  トコフェロール
β
  0.2  0  0  tr  tr  tr 
 トコフェロール
r
7.5  0  0  0  0  0.1 
 ビタミン
B  
B1 0.05 0.04 0.04 0.05  0.03  0.10  0.03  0.06  0 
B2  0.05 0.04 0.04 0.04  0.04  0.04  0.05  0.04  0.02 
B6  0.05 0.03 0.06 0.05  0.07  0.15  0.03  0.09  0.03 
 ビタミン   C 2  7  8  0  87  0 
 ナイアシン 0.5 0.4 0.6 0.6  0.4  1.0  0.3  0.6  0.1 
 葉酸 32 22 19 12  32  43  9  18  9 
 パントテン酸 0.33 0.29 0.30 0.30  0.41  0.67  0.13  0.08  0.13 
 食物
繊維 
 水溶性 0.3 0.7 0.3 0.7  0.5  0.6  0.8  1.0  0.6 
 不溶性 g 1.9 1.4 2.1 1.1  2.2  2.1  3.4  3.2  3.8 
 なすの知識
●なすの原産は、インドです。日本へは奈良時代に中国を経由して渡ってきました。
種類も豊富で、主なものだけでも、中なす、小なす、丸なす、米なす、長なすなどがあります。
・中なすはもっとも一般的なもので、炒めても、煮てもおいしくいただける万能野菜です。
・小なすは漬け物に適している小ぶりな品種です。
・丸なすは関西や北陸で好まれるなすです。
・米なすはアメリカ産のずんぐりした品種です。
・長なすは関西から九州にかけてよく食べられているものです。
なすの紫色は、ナスニンという色素によるものですが、鉄やアルミニウムに反応して、鮮やかな紺色になるからです
なすを栄養の面から見ると、低たんぱく、低カロリーで、栄養価はあまり高くありません。
主成分は糖質で、ビタミンはA、B1、B2、Cをごく少量含んでいるだけです。
比較的多いのがカルシウム、ほかに鉄が含まれています。
なすに豊富なアントシアニンは、天然色素であルポリフェノールの一種で、赤ジソやブルーベリーなどに
多く含まれ、抗酸化の作用とともに、血栓ができるのを防いだり、目の疲労を改善する効果があります。
*夏野菜は全般的に体を冷やす効果がありますが、なすはとくにその作用が強く認められます。
高血圧やのぼせ症になすを食べるといい、といわれたのはこのためです。

・なすのこんな注意点
・妊婦などは、食べすぎると体が冷える弊害となりますので、量をひかえたほうがいいでしょう。
「秋なすは嫁に食わすな」ということわざの真意も、ここにあるといわれています。
・ぜんそく持ちの方、せきがよく出る方も、なすを多食すると、症状が悪化する可能性があるので
注意しましょう。
・ふだん声を多く使う仕事の方は、のどをあらす可能性があるので、なすを多量に食べないほうが
良いでしょう。

・なすのこんな効果、
・へたを乾かし煎じて飲むと、食あたりを改善させる効果があるといわれてます。
また、この煎じ汁でしもやけの患部を洗うと、症状が緩和されます。
・歯痛や口内炎、舌のただれには、ヘたを黒焼きにして患部に塗ります。
炎症をおこしている患部の熱を取り、痛みを解消してくれます。また、なすの汁はイボ取りにも
効果があります。
・なすをおろしてしぼった汁を、毎日イボに塗ると、徐々にイボが消えていきます。A

そのほか
@栄養価をいかす調理ポイント
・なすは、焼きなすのほか、煮物、炒め物、蒸し物、グラタン、漬け物と、幅広い料理に使われています。
・油をよく吸うので、てんぷらや油炒めなどにも相性がよく適しています。
・漬け物にするときは、古釘を入れると、仕上がりを美しい色にすることができます。
A鮮度の見分け方
見た目は、張りがあってつややかなもの、濃い紫紺色のもの(鮮度が落ちると茶色になる)、
なすのガク(へたについているひらひらした部分)についたトゲが固く鋭くとがっているもの
(鮮度が落ちるととげがなくなってきます)
、切り口がみずみずしいもの、
B保存方法
なすは低温に弱いので、5℃以下の環境で保存すると低温障害で身が収縮して固くなります。
保存は冷暗所か冷蔵庫の野菜室が良いでしょう。冷暗所なら2、3日、冷蔵庫の野菜室なら
1週間は持ちます。
・なすは乾燥にも弱いのでへたの切り口の部分からどんどんと水分が蒸発していきます。
保存するときは乾燥に気をつけましょう。1個ずつピッチリとラップして保存するか、
乾燥した新聞紙で包んだあと
ポリ袋にいれて口をしっかりと閉めて保存します。
・冷凍保存する時は、
なすはそのままでは冷凍保存できません。煮込み料理にしてから冷蔵庫、冷凍庫で保存してください。
C旬の時期 ・7月〜9月
          

@ページ目”旬野菜なす”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ→・なす焼き(ガスコンロの場合)・なす焼き(オーブントースターの場合)
・なすときゅうりとみょうがのもみ漬け・なすの揚げ茶せん・なすのごま和え
Aページ目のレシピへ→・なすと豚挽き肉の炒めもの・なすのそぼろあんかけ
・茄子と苫とのミートローフ(ピザ風)・なすの田楽・なすと揚げの煮もの・揚げなすとエビのチリソース
Bページ目のレシピへ
→・なすの肉詰め焼き・なすのしょうが焼き・塩もみなすのねぎ和え
・なすときのこと豚肉の重ね蒸し・なすとミニトマトの煮もの
Cページ目のレシピへ→・なすとにんじんのマリネ・蒸しなすごま衣和え・茄子のラタトゥイユ
・茄子の忘れ煮・茄子のフライのツナタルタルソース
Dページ目のレシピへ→・茄子の味噌田楽・揚げ茄子と海老のあんかけ
・バルサミコ風味の米茄子と帆立のソテー・東南アジア風焼き茄子・茄子のビューレのブルスケッタ
Eページ目のレシピへ
→・茄子と茹で豚の黄にらの花椒炒め・茄子と豚肉の味噌炒め
・茄子と牛肉のオイスターソース炒め・子茄子の浅漬け・子茄子の浅漬けを使った「子茄子のしば漬風」
旬野菜の「栄養と効能」と「料理レシピいろいろ」〜検索ページ →こちらから
 旬の食材を活かした、美味しい料理で栄養素をしっかりと摂取、先ずは、体の中から健康に。      

なす焼き(ガスコンロの場合)

♪:材料(4人前)
@ナス(小)・・・8本
♪:調味料ほか
@かつお節ミニパック‥2袋 Aおろし生姜又はワサビ‥適量 B醤油‥大さじ2
♪:そのほか(下拵え)
@ガクは焦げやすいで取り除きます。ガク(ヘタ)の周囲に、グルリと一周包丁で浅く切れ目を入れます
切れ目を入れることで、皮がむきやすくなる効果もあります
Aフォークで数箇所刺して、穴を開けておきます水蒸気の逃げ道を作ることにより火が通りやすくなります
皮の破裂も防ぎます。
B又は、箸をおしりの方から、突きあたるまで差し込み水蒸気をトンネルに逃がし、火の通りがよくなります。
♪:作り方
@ガスコンロに金網を置いて熱し、なすをのせます時々回しながら、皮全体に焦げ目をつけます
A水蒸気のトンネル効果で、ジュー、ジューと蒸気が勢いよく出てきます
B焼きあがりの見極めはなすの表面を箸で押してみて、跡がつくぐらい柔らかくなっていれば、
芯まで焼けています
C焼けたら水にサッとつけて取り出します。つけっ放しにすると、水っぽくなるのですぐに取り出しましょう。
D手で皮をむきます、ヘタの切り込みからむくとむきやすいです
Eもう一度手早く水につけて汚れをとります
F切り方は、竹串で縦に4等分します、包丁よりも汁が流れ出ません。
G包丁でヘタを切り落とし、食べやすい大きさに切ります
H器に盛ってかつお節をかけ、おろし生姜を添え、醤油をかけていただきます
♪:栄養価1人分
@熱量・kcal A塩分・g

なす焼き(オーブントースターの場合)

♪:材料(2人前)
@ナス・・・4個 ・オーブントースター ・菜ばし ・竹串
♪:調味料ほか
@サラダ油‥適量 Aかつお節ミニパック‥2袋 Bおろし生姜又はワサビ‥適量 C醤油‥大さじ2
♪:そのほか(下拵え)
@焦げやすいガクと花つき(おしり)を切り落とします菜ばしを花つきの方からガクに向かって差し込み、
穴をあけます(火を通りやすくするため)
♪:作り方
@ナスの表面に薄くサラダ油を塗りますオーブントースターの鉄板において焼きます
・油を塗ることで表面の温度が上がり、火のまわりが早くなります
・焼きあがりの目安時間はトーストを焼く温度です
・ナス4本なら15〜20分くらいが焼きあがりの目安です
A途中ひっくり返しながら、穴を開けた所から蒸気が出てきたら焼き上がりです
・ナスの表面を箸で押した時、跡がつくくらいのやわらかさが目安となります
Bガクを濡れ布巾などで押さえ、ガクの下に竹串を刺して、花つき(おしり)に向かって横にスーッと竹串を
動かし切ります
C焼きあがったナスは、箸で適当に割いて器も盛り、ショウガやカツオ節、しょう油をかけて召し上がります
♪:栄養価1人分
@熱量・kcal A塩分・g

なすときゅうりとみょうがのもみ漬け

♪:材料(2人前)
@茄子・・・2本(1本60〜75g) Aきゅうり・・・1本 Bみょうが・・・2個 C青じそ・・・2〜3枚
♪:調味料ほか
@塩・・小さじ2/3
♪:そのほか(下拵え)
@茄子は縦二つに切って3ミリ厚さの斜め切りにします。 Aきゅうりは2〜3ミリ厚さの小口切りにします。
Bみょうがは縦に二つに切って斜め薄切りにします。 C青じそは千切りにします。
♪:作り方
@茄子、きゅうり、みょうが、青じそをボールに入れて、塩小さじ2/3をふって軽くもみ、7〜8分おいて
全体がしんなりとしたら、汁気を絞って器に盛り、出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量・kcal A塩分・g
 
なすの揚げ茶せん

♪:材料(2人前)
@茄子・・・小4個 A大根・・・おろし適量 Bオクラ・・・6個
♪:調味料ほか
@天つゆ・・・適量
♪:そのほか(下拵え)
@がくを切りそろえ、包丁の刃元で茄子に4〜5ミリ間隔の切り込みを入れます
A塩水で洗って水けをふきます。 Bオクラも洗って水をふき取っておきます。
♪:作り方
@茄子を175度cの油で揚げます。
A揚がったらへたを持つて軽くひねって茶せん形にします。オクラもさっと揚げます。
B器に盛り、大根おろしを添えて、天つゆでいただきます
♪:栄養価1人分
@熱量・kcal A塩分・g
 
なすのごまあえ   切って、湯がいて、絞って、和えるだけ、地味だけど美味しい

♪:材料(4人前)
@茄子・・・4個
♪:調味料ほか
@入りごま(白)・・大さじ4 Aしょうゆ・・大さじ2 B砂糖・・大さじ1 Cだし・・大さじ2 D粉ざんしょう・・適宜
♪:そのほか(下拵え)
@茄子はへたを切り落とします。皮付きのまま縦半分に切ってから3mm幅の斜め切りにし、
熱湯でさっと湯がいて冷水に取り、水気を絞ります。
♪:作り方
@入りごまをすり鉢で半ずりにし、残りの材料を合わせて和え衣を作ります。
A茄子を加えてあえ、器に盛って粉ざんしょうをふって出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量・80kcal A塩分・g


 ・次のページへ @ページ目のレシピへ Aページ目のレシピへ Bページ目のレシピへ

           Cページ目のレシピへ Dページ目のレシピへ Eページ目のレシピへ



Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】