7月〜9月の旬野菜〜茄子(なす)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

1ページ目7月〜9月の旬野菜〜茄子(なす)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 


≪旬の野菜≫

 1ページ目茄子(なす)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」ページです。

 @ページ目”旬野菜なす”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ
・なす焼き(ガスコンロの場合)
・なす焼き(オーブントースターの場合)
・なすときゅうりとみょうがのもみ漬け
・なすの揚げ茶せん
・なすのごま和え

Aページ目のレシピへ
・なすと豚挽き肉の炒めもの
・なすのそぼろあんかけ
・茄子と苫とのミートローフ(ピザ風)
・なすの田楽・なすと揚げの煮もの
・揚げなすとエビのチリソース

Bページ目のレシピへ

・なすの肉詰め焼き
・なすのしょうが焼き
・塩もみなすのねぎ和え
・なすときのこと豚肉の重ね蒸し
・なすとミニトマトの煮もの

Cページ目のレシピへ
・なすとにんじんのマリネ
・蒸しなすごま衣和え
・茄子のラタトゥイユ
・茄子の忘れ煮
・茄子のフライのツナタルタルソース

Dページ目のレシピへ
・茄子の味噌田楽
・揚げ茄子と海老のあんかけ
・バルサミコ風味の米茄子と帆立のソテー
・東南アジア風焼き茄子
・茄子のビューレのブルスケッタ

Eページ目のレシピへ

・茄子と茹で豚の黄にらの花椒炒め
・茄子と豚肉の味噌炒め
・茄子と牛肉のオイスターソース炒め
・子茄子の浅漬け
・子茄子の浅漬けを使った「子茄子のしば漬風」


  身体を冷やす。よく「秋ナスは嫁に食わすな」という事を云いますが、秋ナスが嫁に食わすには勿体ない位美味しいからという説の他に、ナスには身体を冷やす効果があるから、嫁の身体を思えばこそ冷やさないように食べさせるなという説もあるんです。実際に茄子には身体を冷やす働きがあると言われています。強い抗酸化力。紫紺色はナスニンと呼ばれるポリフェノールの一種、アントシアン系の色素で、強い抗酸化力があり、ガンや生活習慣病のもとになる活性酸素を抑える力が強く、また、コレステロールの吸収を抑える作用もあるそうです。
なす五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、
栄養成分     
なす類          
なす  べいなす  漬物     
  果実
 果実
茹で 
 果実
生 
 果実
油揚
塩漬  ぬか
みそ
漬 
こう
じ漬 
から
し漬 
しば
漬 
 無機質         ナトリウム tr 1  880  990  2600  1900  1600 
カリウム 220 180 220 220  260  430  210  72  50 
カルシウム 18 20 10 10  16  21  65  71  30 
 マグネシウム 17 16 14 14  18  33  22  36  16 
 リン 30 27 26 26  33  44  65  55  27 
 鉄 0.3 0.3 0.4 0.4  0.6  0.5  1.4  1.5  1.7 
 亜鉛 0.2 0.2 0.2 0.2  0.2  0.2   0.4 0.4  0.2 
 銅 0.06 0.05 0.08 0.09  0.09  0.09  0.17  0.13  0.12 
 マンガン 0.16 0.15 0.13 0.13  0.18  0.19  0.40  0.32  0.29 
 ビタミン
A     
 βーカロテン
当量
μg  100 98 45 20  44  26   5 76  580 
 レチノール
当量
μg  2  4  2  tr  6  48 
 ビタミン
E  
 トコフェ
ロールα
0.3 0.3 0.3 2.5  0.3  0.3  0.5  0.2  0.7 
 ビタミン
B  
B1 0.05 0.04 0.04 0.05  0.03  0.10  0.03  0.06  0 
B2  0.05 0.04 0.04 0.04  0.04  0.04  0.05  0.04  0.02 
B6  0.05 0.03 0.06 0.05  0.07  0.15  0.03  0.09  0.03 
 ビタミン   C 2  7  8  0  87  0 
 ナイアシン 0.5 0.4 0.6 0.6  0.4  1.0  0.3  0.6  0.1 
 葉酸 32 22 19 12  32  43  9  18  9 
 パントテン酸 0.33 0.29 0.30 0.30  0.41  0.67  0.13  0.08  0.13 
 食物
繊維 
 水溶性 0.3 0.7 0.3 0.7  0.5  0.6  0.8  1.0  0.6 
 不溶性 g 1.9 1.4 2.1 1.1  2.2  2.1  3.4  3.2  3.8 

 体の中から「ヘルシーに綺麗」になるために、皮膚は「内臓の鏡」です。       
季節野菜の栄養素と効能 :一番大切なことは、食材の「旬」の時期に食べることです。
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
@皮膚の潤いを
保ちます
A衰えた肌を
回復させる
ビタミン
A
和種なばな トマト
青じそ
ピーマン

莢えんどう
  青梗菜
春菊
人参
ブロッコリー
小松菜
にら

大根
ほうれん草
 野菜以外の食べ物 わかめ、ぎんだら、鮭、鰻、レバー    
@皮膚の弾力や
コラーゲンを作る
ビタミン
C
和種なばな
キャベツ
トマト
青じそ
ピーマン

莢いんげん
  ブロッコリー
にら
大根
小松菜

ほうれん草
 野菜以外の食べ物 オレンジ、キウイ、みかん    
@老化を防止しする。
A肌を艶やかにする。
ビタミン
E
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ、トマト
春菊
ブロッコリー
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  鰻、たらこ、ゴマ、アーモンド、油揚げ、オリーブ油    
@肌の新陳代謝を
良くする。
A粘膜を強くし
肌荒れを
おこしにくくする。
ビタミン
B群
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ
  春菊
ブロッコリー
パセリ
にら
大根
ほうれん草
野菜以外の食べ物 帆立柱、鯖、鰻、小あじ、秋刀魚、豚肉
バナナ、キウイ、オレンジ、大豆、
    
@肌荒れの
原因となる。
Aイライラを鎮める
カル
シウム
和種なばな
キャベツ、
セロリ
青じそ   青梗菜
春菊
ほうれん草
大根
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  帆立柱、公魚、小あじ、鰯丸干し、じゃこ、干し海老、わかめ、
牛乳、チーズ、豆腐、
    
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
     

 ”なす”の「旬の期」「鮮度の見分け方と保存方法」「栄養価と効能」「調理のポイント」など
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法 
    @旬の時期 ・7月〜9月 
A鮮度の見分け方は、見た目は、張りがあってつややかなもの、濃い紫紺色のもの(鮮度が落ちると茶色になる)、なすのガク(へたについているひらひらした部分)についたトゲが固く鋭くとがっているもの(鮮度が落ちるととげがなくなってきます)、切り口がみずみずしいもの、 
B保存方法は、なすは低温に弱いので、5℃以下の環境で保存すると低温障害で身が収縮して固くなります。保存は冷暗所か冷蔵庫の野菜室が良いでしょう。冷暗所なら2、3日、冷蔵庫の野菜室なら1週間は持ちます。・なすは乾燥にも弱いので、へたの切り口の部分からどんどんと水分が蒸発していきます。保存するときは乾燥に気をつけましょう。1個ずつピッチリとラップして保存するか、乾燥した新聞紙で包んだあとポリ袋にいれて口をしっかりと閉めて保存します。 ・冷凍保存する時は、なすはそのままでは冷凍保存できません。煮込み料理にしてから冷蔵庫、冷凍庫で保存してください。 
・なすに含まれる栄養成分、主な有効成分と効能 
    @強い抗酸化力。紫紺色はナスニンと呼ばれるポリフェノールの一種、アントシアン系の色素で、強い抗酸化力があり、ガンや生活習慣病のもとになる活性酸素を抑える力が強く、また、コレステロールの吸収を抑える作用もあるそうです。 
A身体を冷やす。よく「秋ナスは嫁に食わすな」という事を云いますが、秋ナスが嫁に食わすには勿体ない位美味しいからという説の他に、ナスには身体を冷やす効果があるから、嫁の身体を思えばこそ冷やさないように食べさせるなという説もあるんです。実際に茄子には身体を冷やす働きがあると言われています。 
Bこれといって多く含んでいるビタミンやミネラルなどの栄養素は見当たりません。 
・調理のポイント  
@なすは、焼きなすのほか、煮物、炒め物、蒸し物、グラタン、漬け物と、幅広い料理に使われています。・油をよく吸うので、てんぷらや油炒めなどにも相性がよく適しています。・漬け物にするときは、古釘を入れると、仕上がりを美しい色にすることができます。 


旬野菜の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから

”なす”のレシピ 
旬の食材を活かし、美味しい料理で栄養をしっかりと摂取、先ずは、体の中から健康に 

なす焼き
(ガスコンロの
場合)
 
♪:材料(4人前)
@ナス(小)・・・8本
 
♪:調味料ほか
@かつお節ミニパック‥2袋
Aおろし生姜又はワサビ‥適量
B醤油‥大さじ2
 
♪:そのほか(下拵え)
@ガクは焦げやすいで取り除きます。ガク(ヘタ)の周囲に、
グルリと一周包丁で浅く切れ目を入れます
切れ目を入れることで、皮がむきやすくなる効果もあります
Aフォークで数箇所刺して、穴を開けておきます。
水蒸気の逃げ道を作ることにより火が通りやすくなります。皮の破裂も防ぎます。
B又は、箸をおしりの方から、
突きあたるまで差し込み水蒸気をトンネルに逃がし、
火の通りがよくなります
♪:作り方
@ガスコンロに金網を置いて熱し、
なすをのせます時々回しながら、皮全体に焦げ目をつけます
A水蒸気のトンネル効果で、ジュー、ジューと蒸気が勢いよく出てきます
B焼きあがりの見極めはなすの表面を箸で押してみて、
跡がつくぐらい柔らかくなっていれば、芯まで焼けています
C焼けたら水にサッとつけて取り出します。つけっ放しにすると、
水っぽくなるのですぐに取り出しましょう。
D手で皮をむきます、ヘタの切り込みからむくとむきやすいです
Eもう一度手早く水につけて汚れをとります
F切り方は、竹串で縦に4等分します、包丁よりも汁が流れ出ません。
G包丁でヘタを切り落とし、食べやすい大きさに切ります
H器に盛ってかつお節をかけ、おろし生姜を添え、醤油をかけていただきます
 
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g 
  
 なす焼き
(オーブン
トースター
の場合)
♪:材料(2人前)
@ナス・・・4個 
・オーブントースター 
・菜ばし 
・竹串
 
♪:調味料ほか
@サラダ油‥適量 
Aかつお節ミニパック‥2袋 
Bおろし生姜又はワサビ‥適量 
C醤油‥大さじ2
 
♪:そのほか(下拵え)
@焦げやすいガクと花つき(おしり)を切り落とします。
菜ばしを花つきの方からガクに向かって差し込み、
穴をあけます(火を通りやすくするため)
♪:作り方
@ナスの表面に薄くサラダ油を塗ります。
オーブントースターの鉄板において焼きます
・油を塗ることで表面の温度が上がり、火のまわりが早くなります
・焼きあがりの目安時間はトーストを焼く温度です
・ナス4本なら15〜20分くらいが焼きあがりの目安です
A途中ひっくり返しながら、
穴を開けた所から蒸気が出てきたら焼き上がりです
・ナスの表面を箸で押した時、
跡がつくくらいのやわらかさが目安となります
Bガクを濡れ布巾などで押さえ、ガクの下に竹串を刺して、
花つき(おしり)に向かって横にスーッと竹串を動かし切ります
C焼きあがったナスは、箸で適当に割いて器も盛り、
ショウガやカツオ節、しょう油をかけて召し上がります
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g  
なすときゅうりと
みょうがの
もみ漬け
 
♪:材料(2人前)
@茄子・・・2本(1本60〜75g) 
Aきゅうり・・・1本 
Bみょうが・・・2個 
C青じそ・・・2〜3枚
♪:調味料ほか
@塩・・小さじ2/3
 
♪:そのほか(下拵え)
@茄子は縦二つに切って3ミリ厚さの斜め切りにします。 
Aきゅうりは2〜3ミリ厚さの小口切りにします。
Bみょうがは縦に二つに切って斜め薄切りにします。
C青じそは千切りにします。
♪:作り方
@茄子、きゅうり、みょうが、青じそをボールに入れて、
塩小さじ2/3をふって軽くもみ、7〜8分おいて
全体がしんなりとしたら、汁気を絞って器に盛り、出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g 
  
なすの
揚げ茶せん
♪:材料(2人前)
@茄子・・・小4個 
A大根・・・おろし適量 
Bオクラ・・・6個
 
♪:調味料ほか
@天つゆ・・・適量
 
♪:そのほか(下拵え)
@がくを切りそろえ、
包丁の刃元で茄子に4〜5ミリ間隔の切り込みを入れます
A塩水で洗って水けをふきます。 
Bオクラも洗って水をふき取っておきます。
♪:作り方
@茄子を175度cの油で揚げます。
A揚がったらへたを持つて軽くひねって茶せん形にします。
オクラもさっと揚げます。
B器に盛り、大根おろしを添えて、天つゆでいただきます
 
♪:栄養価1人分 @熱量・kcal A塩分・g 
  
 なすのごまあえ ♪:材料(4人前)
@茄子・・・4個
 
♪:調味料ほか
@入りごま(白)・・大さじ4 
Aしょうゆ・・大さじ2 
B砂糖・・大さじ1 
Cだし・・大さじ2 
D粉ざんしょう・・適宜
 
切って、湯がいて、絞って、和えるだけ、地味だけど美味しい 
♪:そのほか(下拵え)
@茄子はへたを切り落とします。
皮付きのまま縦半分に切ってから3mm幅の斜め切りにし、
熱湯でさっと湯がいて冷水に取り、水気を絞ります。
♪:作り方
@入りごまをすり鉢で半ずりにし、
残りの材料を合わせて和え衣を作ります。
A茄子を加えてあえ、器に盛って粉ざんしょうをふって出来上がりです。
 
♪:栄養価1人分 @熱量・80kcal A塩分・g  
@ページ目”旬野菜なす”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ
・なす焼き(ガスコンロの場合)
・なす焼き(オーブントースターの場合)
・なすときゅうりとみょうがのもみ漬け
・なすの揚げ茶せん
・なすのごま和え

Aページ目のレシピへ
・なすと豚挽き肉の炒めもの
・なすのそぼろあんかけ
・茄子と苫とのミートローフ(ピザ風)
・なすの田楽・なすと揚げの煮もの
・揚げなすとエビのチリソース

Bページ目のレシピへ

・なすの肉詰め焼き
・なすのしょうが焼き
・塩もみなすのねぎ和え
・なすときのこと豚肉の重ね蒸し
・なすとミニトマトの煮もの

Cページ目のレシピへ
・なすとにんじんのマリネ
・蒸しなすごま衣和え
・茄子のラタトゥイユ
・茄子の忘れ煮
・茄子のフライのツナタルタルソース

Dページ目のレシピへ
・茄子の味噌田楽
・揚げ茄子と海老のあんかけ
・バルサミコ風味の米茄子と帆立のソテー
・東南アジア風焼き茄子
・茄子のビューレのブルスケッタ

Eページ目のレシピへ
・茄子と茹で豚の黄にらの花椒炒め
・茄子と豚肉の味噌炒め
・茄子と牛肉のオイスターソース炒め
・子茄子の浅漬け
・子茄子の浅漬けを使った「子茄子のしば漬風」


 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】