8月~10月の旬の貝~鮑(あわび)の「栄養価と効能」「料理レシピ」

  HOME TOPのページへ 
   今年の暦 暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典     過去未来の暦
   

 8月~10月の旬の貝~鮑(あわび)の「栄養価と効能」「料理レシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに変わり
「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
     
桜と富士山   日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬  全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる~栄養価と効能/レシピまで        記念日/誕生日プレゼントに
 旬の野菜 旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  誕生日花と誕生石の暦 
           

 ≪旬の貝≫

 8月~10月の旬の貝
鮑(あわび)「栄養価と効能」「料理レシピ」のページです
 旬の貝の時期と「栄養価と効能」~「レシピ」索引のページヘ →こちらから
  旬の貝月の索引ページへ→1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
アワビの旬は夏。刺身に向くのはクロアワビ、マダカアワビ、酒蒸しやステーキによいのがメガイアワビ。アワビはコンドロイチンを多く含み、老化の進行を抑えるほか、血枯れを治し、病後の回復・解毒に効果がある
五鮑(あわび)訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から  
  栄養成分  単位  鮑(あわび)
干し 塩辛 水煮缶詰
 エネルギー  kcal  73 273  100  90 
三大栄養素たんぱく質  g  12.7 38.0   14.8 19.4 
 三大栄養素脂質 g   0.3 1.6 3.9  0.4 
三大栄養素炭水化物  g 4.0 23.8 1.4  1.0 
ナトリウム ㎎  330 2900 2600 570 
カリウム ㎎  200 490 180  130
カルシウム ㎎  20 39 55 20 
 マグネシウム ㎎  54 110 88 58 
 リン ㎎  100 300 160 230 
 鉄 ㎎  1.5 2.0 33.9 1.8 
 亜鉛 ㎎  0.7 1.8 2.2 10.4 
 銅 ㎎  0.36 0.74 0.25 0.42 
 マンガン ㎎  0.02 0.05 0.11 0.02 
 ビタミンA レチノール μg  tr微妙に含まれている tr微妙に含まれている 
 ビタミンAカロテンβ  μg   17 45   -  -
 ビタミンA
クリプトキサンチン
μg   -  2  -
 -
 栄養成分 単位  鮑(あわび)   
  干し  塩辛  水煮缶詰 
ビタミンAβーカロテン当量  μg   17  47  700 tr微妙に含まれている 
 ビタミンA レチノール当量 μg    4 58  tr微妙に含まれている 
 ビタミンE トコフェロールα ㎎  0.5 1.2 2.5 1.5 
  ビタミンK  μg   23 92  0 
 ビタミンB1 ㎎  0.10 0.36 0.20 0.04 
 ビタミンB2 ㎎  0.09 0.11 0.70 0.04 
 ビタミンB6 ㎎  0.02 0.05 0.10 0.02 
 ビタミンB12 μg    0.4 2.4 12.1  0.7 
 ナイアシン ㎎  1.0 3.3 1.5 1.0 
 葉酸 μg    22 87  130  3 
 パントテン酸 ㎎  1.90 0.71 1.13 0.23 
  ビタミンC ㎎   tr微妙に含まれている  (0)  (0) 
 脂肪酸飽和     0.04 0.22  0.91  0.07 
 脂肪酸一価不飽和     0.03 0.14  0.89   0.06
 脂肪酸多価不飽和    0.04 0.23  0.67  0.13 
コレステロール  ㎎  97 390 190 140
 食塩相当量   g  0.8  7.4  6.6  1.4
 栄養成分 単位  鮑(あわび)   
  干し  塩辛  水煮缶詰 
     
含まれる栄養価と効能 
   1、栄養豊富で低脂肪&低カロリーの「貝」は、旬に美味しく食べる
・「貝」は春の季語だそうです。
 由来は蛤などが産卵を控えてふっくら肉厚で旨みを増す時期が旬
・旬の時期の食材は一番栄養価が高いと一般に言われています。
2、タウリンを豊富に含む効果と効能
(主に魚介類、牡蠣、蜆や烏賊、蛸、魚の血合いなど)
①肝機能を高める3つの働き
・肝細胞の再生を促進する・細胞膜を安定化すること
・胆汁の分泌を盛んにすることで
・肝臓の働きを助けること
②タウリンで肝臓を守り脂肪肝を良くする
・牡蠣に含まれるタウリンは酸素の働きを助けることで、
 アルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽くします
③タウリンは血圧を下げる働きと正常に保つことに効果を発揮している。
④タウリンダイエット
・牡蠣、蜆、烏賊、蛸等に含むタウリンは血液中の毒素
 (悪玉コレステロール)を退治、血液をサラサラに。
・タウリンダイエット=タウリンを多く含む食品+運動
 3、亜鉛とビタミンB12の効果と効能
亜鉛は
①蛋白質の代謝を促進させる。 
②味覚を正常に保つことに関係しています。
・ビタミンB12は、
①不足すると悪性貧血やだるさにつながります。
②ビタミンB12を多く含む貝類は低脂肪&低カロリー
   
 ・調理のポイント    
   1、貝類に共通することは、火のかけすぎに注意すること。
身が硬くなるので、酒蒸しにせよ、
炒めものにせよ、サッと火を通す程度と覚えておきましょう。
 2、うま味の出し方→味噌汁は、貝の種類によって調理方法が違います。
・浅蜊の味噌汁→水から浅蜊を投入。
 お湯から茹でるより貝のうま味が引き出せます。
・蜆の味噌汁は→初めに水に味噌を溶いてしまい、
 沸かして温かくなったところで貝を入れます。
   
8月~10月の旬~鮑(あわび)の料理レシピ 
 鮑の刺身
 
♪材料(2人前)①鮑・2個②青じそ・1枚③大根・ツマ少量
♪調味料ほか①塩・適宜
♪そのほか(下拵えなど)
①殻がついたまま身に塩をふり、タワシなどでまんべんなくこすり、汚れを落とします。
②殻からはずし、水洗いして、水気をとり、わたとえんがわを取ります。

♪作り方と食べ方
①身の内側に、細かく切り目を入れ、2mm幅に切ります。
②殻に青じその葉を敷き、大根のツマを盛り、鮑を盛り合わせて出来上がりです。
♪栄養価一人分 ①熱量:kcal②塩分:g
 鮑の酒蒸し  ♪材料(2人前)①鮑・2個②昆布・少量③青じそ・1枚④大根・ツマ少量
♪調味料ほか①塩・少量②酒・大さじ1 
♪そのほか(下拵えなど)
①殻がついたまま身に塩をふり、タワシなどでまんべんなくこすり、汚れを落とします。
②殻からはずし、水洗いして、水気をとり、わたとえんがわを取ります。

♪作り方と食べ方
①鍋に、酒大さじ1を入れ、コンブをのせて30~40分中火で蒸します。
②蒸し上がったら身を薄く切ります。
③殻に青じその葉を敷き、大根のツマを盛り、鮑を盛り合わせて出来上がりです。
♪栄養価一人分①熱量:kcal②塩分:g
  
Copyright (C) 2019~2027  暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】