12月〜2月の旬野菜〜大根(だいこん)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

1ページ目12月〜2月の旬野菜〜大根(だいこん)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 


≪旬の野菜≫

 1ページ目大根(だいこん)「栄養価と効能」「料理のレシピ」ページです。

 @ページ目”旬野菜大根〜”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ
・大根と烏賊のワタみそバター煮
・大根と豚肉の汁物
・ぶり大根
・大根の豚ばら肉巻き焼き
・切り干し大根のシャキシャキ漬け

Aページ目のレシピへ
・切り干し大根のポン酢和え
・ふろふき大根
・大根、にんじん、れんこん、玉ネギの炒め蒸し

Bページ目のレシピへ

・切り干し大根のチゲ風スープ
・大根と鮭のスープ煮
・大根と鶏肉の醤油煮込み
・大根と鶏骨付モモ肉のふろふき風

Cページ目のレシピへ→・大根のわさびマヨネーズ
・大根のごま甘酢和え
・大根の皮のにんにく醤油漬け
・大根の皮のきんぴら

Dページ目のレシピへ
・大根とツナ辛味噌和え
・大根のタラコ炒め
・切り干し大根と帆立煮
・大根と豚肉の味噌炒め

Eページ目のレシピへ
・切り干し大根と牛肉の炒め煮
・切り干し大根とじゃこの塩煮
・大根の浅漬け・大根のアチャール

根の部分は淡色野菜になります。根の部分にはあまりこれと言った栄養成分は含まれておらず、水分が多く栄養価は低いので、とてもヘルシーで、低カロリーながら満腹感を得られるダイエット食と言えそうですね。葉の部分は緑黄色野菜になります。ビタミンCやE、カリウム、カルシウムを多く含んでいます。βーカロテンはかなり多いです。下の成分表を見るともう捨てられなくなりますね。
大根五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、
栄養成分     
 位
大根類       
 かいわ
れ大根
 葉大根 大根     切り干
し大根  
  芽ば
え生
 葉生   葉生  葉茹で   根皮
むき生
根皮
むき茹で 
 無機質 ナトリウム 41 48 28  17 12 270 
カリウム 99 340 400 180  230  210  3200 
カルシウム 54 170 260 220  23  25  540 
 マグネシウム 33 25 22 22  10  10  170 
 リン 61 43 52 62  17  14  210 
 鉄 0.5 1.4 3.1 2.2  0.2  0.2  9.7 
 亜鉛 0.3 0.4 0.3 0.2  0.1  0.1  2.1 
 銅 0.03 0.05 0.04 0.03  0.02  0.01  0.14 
 マンガン 0.35 0.23 0.27 0.25  0.04  0.05  0.69 
 ビタミン
   A     
 クリプト
キサンチン
μg 15 0  0  0  (0) 
 βーカロテン
当量
μg  1900 2300 3900 4400  (0) 
 レチノール
当量
μg  160 190 330  370  (0)  (0) (0) 
 ビタミン
E  
 トコフェ
ロールα
2.1 1.5 3.8  4.9 0   0  0
  トコフェ
ロールβ
  0.1 0  0  0   0
 トコフェ
ロールr
0.5 tr 0.1 0   0 0  0 
ビタミン  K μg  200 220 270 340  tr  0  1 
 ビタミン
B  
B1 0.08 0.07 0.09 0.01  0.02  0.02  0.33 
B2  0.13 0.15 0.01 0.01  0.01  0.01  0.20 
B6  0.23 0.22 0.18 0.10  0.05  0.04  0.20 
 ビタミン   C 47 49 53 21  11  9  3 
 ナイアシン 1.3 0.5 0.5 0.1  0.2  0.2  4.6 
 葉酸 96 130 140 54  33  33  99 
 パントテン酸 0.29 0.39 0.26 0.11  0.11  0.08  1.40 
 食物繊維   水溶性 0.3 0.5 0.8 0.8  0.5  0.8  0.5 
 不溶性 g 1.6 2.1 3.2 2.8  0.8  3.6 17.1


 体の中から「ヘルシーに綺麗」になるために、皮膚は「内臓の鏡」です。       
季節野菜の栄養素と効能 :一番大切なことは、食材の「旬」の時期に食べることです。
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
@皮膚の潤いを
保ちます
A衰えた肌を回復
させる
ビタミン
A
和種なばな トマト
青じそ
ピーマン

莢えんどう
  青梗菜
春菊
人参
ブロッコリー
小松菜
にら

大根
ほうれん草
 野菜以外の食べ物 わかめ、ぎんだら、鮭、鰻、レバー    
@皮膚の弾力や
コラーゲンを作る
ビタミン
C
和種なばな
キャベツ
トマト
青じそ
ピーマン

莢いんげん
  ブロッコリー
にら
大根
小松菜

ほうれん草
 野菜以外の食べ物 オレンジ、キウイ、みかん    
@老化を防止しする。
A肌を艶やかにする。
ビタミン
E
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ、トマト
春菊
ブロッコリー
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  鰻、たらこ、ゴマ、アーモンド、油揚げ、オリーブ油    
@肌の新陳代謝を
良くする。
A粘膜を強くし
肌荒れを
おこしにくくする。
ビタミン
B群
和種なばな
アスパラガス
ピーマン
青じそ
  春菊
ブロッコリー
パセリ
にら
大根
ほうれん草
野菜以外の食べ物 帆立柱、鯖、鰻、小あじ、秋刀魚、豚肉
バナナ、キウイ、オレンジ、大豆、
    
@肌荒れの原因
となる。
Aイライラを鎮める
カル
シウム
和種なばな
キャベツ、
セロリ
青じそ   青梗菜
春菊
ほうれん草
大根
にら 
小松菜
野菜以外の食べ物→  帆立柱、公魚、小あじ、鰯丸干し、じゃこ、干し海老、わかめ、
牛乳、チーズ、豆腐、
    
効果&効能 栄養素 春野菜   夏野菜   秋野菜 冬野菜
     

 ”大根”の「旬の期」「鮮度の見分け方と保存方法」「栄養価と効能」「調理のポイント」など
・旬の時期と鮮度の見分け方、保存方法、 
@旬の時期 ・1月〜2月・12月
A肌にハリとツヤ、青々とした葉付き、
Bポリ袋かラップ、新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室に 
・大根に含まれる栄養成分、主な有効成分と効能
     @根の部分は淡色野菜になります。根の部分にはあまりこれと言った栄養成分は含まれておらず、水分が多く栄養価は低いので、とてもヘルシーで、低カロリーながら満腹感を得られるダイエット食と言えそうですね。 
A大根の汁とでんぷんで水あめができる?大根にはジアスターゼと言うでんぷん分解酵素が多く含まれており、でんぷんに大根の汁を混ぜ合わせると分解が始まり糖に変わるからだそうです。その為、消化を助け、、胃酸過多、胃もたれや、胸やけなどに効果があるそうです。大根もちって甘味がありますよね。あれはこの作用をうまく取り入れた料理と言う事です。
B辛味成分ラファサチンとは、大根の辛味はラファサチンと呼ばれるイソチオシアネート(芥子油)成分の一種によるもので、おろすことでグルコラファサチンが酵素と反応して分解され、生成されます。これには発がん抑制作用や抗菌作用があるとされています。
C葉の部分は緑黄色野菜になります。ビタミンCやE、カリウム、カルシウムを多く含んでいます。βーカロテンはかなり多いです。下の成分表を見るともう捨てられなくなりますね。 
Dグルコラファサチン。辛味成分ラファサチンの前駆体でグルコシノレートと呼ばれる成分の一種。大根特有の臭いやたくあん漬の黄色色素の基となる。近年、農業・食品産業技術総合研究機構と渡辺農事株式会社によって、グルコラファサチンを含まない大根品種「悠白(ゆうはく)」と「サラホワイト」が開発されました。  
・調理のポイント
 ・大根はどんな食べ方をしても食あたりしないことから「大根役者」の語源になったという説があります。


旬野菜の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから

”大根”のレシピ 
旬の食材を活かし、美味しい料理で栄養をしっかりと摂取、先ずは、体の中から健康に 

 だいこんとイカの
ワタみそバター煮
 ♪:材料(2人前)
@だいこん・・・12cm(360g)  
Aスルメイカの胴1ぱい分(180g) 
Bスルメイカのワタ1ぱい分(40g)
♪:調味料ほか
@だし汁・・・2カップ  
Aみそ・・・大さじ2  
Bみりん・・・大さじ1
Cバター・・・大さじ1 
D春菊の葉・・・適宜
 烏賊をワタごと使って、コクをつけます
 ♪:そのほか(下拵え)
@イカの下拵え・・・胴は幅1cmの輪切り、
ワタは切れ目を入れて中身を取り出し、
味噌とみりんを混ぜます。
♪:作り方
@大根を煮る・・・厚さ2cmの輪切りにして皮をむきます
A鍋に入れてだし汁を加え、ふたをして中火で15〜20分、
だいこんがやわらかくなるまで煮ます
B大根がやわらかくなったら、
下ごしらえしたイカの胴と調味したワタ、バターを加えて3〜4分煮ます。
C器に盛って春菊の葉を添えます。
 
 ♪:栄養価1人分 @熱量:256kcal A塩分:3.4g 
  
 大根と豚肉の
汁物
 ♪:材料(2人前)
@大根・・・1/3本(300g)  
Aにんじん・・・1/2本(70g) 
B豚バラ肉(かたまり)・・・100g
C結び昆布・・・6個
 ♪:調味料ほか
@水・・2カップ
Aだし汁・・2カップ
BA
・塩・・小さじ1/3  
・しょうゆ・・小さじ2  
・酒・・大さじ1
 お好みですりおろしたショウガをのせます
♪:そのほか(下拵え)
@大根とにんじんは、一口大の乱切りにします。 
A豚肉は厚さ5〜6mmの食べやすい大きさに切ります
♪:作り方
@鍋に豚肉と分量の水を入れ、強火にかけます。
煮立ったらアクを除き、弱火で10〜15分煮ます。
A@に大根、にんじん、結び昆布、だし汁を加えます
さらに10〜15分煮たら、Aを加えて調味して
出来上がりです。
 
 ♪:栄養価1人分 @熱量:kcal A塩分:g  
ぶり大根   ♪:材料(4人前)
@ブリの切り身・・・4切れ 
A大根・・・2/3本(700g) 
B生姜・・・ひとかけ
C米・・・大さじ1
 ♪:調味料ほか
@A 
・水・・・1/2カップ 
・酒・・・大さじ3 
・みりん・・・大さじ3 
・砂糖・・・大さじ1 
・しょうゆ・・・大さじ4
Aだし汁・・・1カップ
Bしょうゆ・・・大さじ1
  
  切り身なら下茹でしなくても生臭みはありません
♪:そのほか(下拵え)
@大根は皮をむき、大きめの乱切りにします。 
Aブリは3等分に切ります。
Bしょうがは皮をむいてせん切りにします。

♪:作り方
@鍋に大根を並べてかぶるぐらいの水と米を加えて強火にかけます。
A煮立ったら弱火の中火にして蓋をして、20分ほど下茹でをします。
大根を水洗いして米を落とします。
B鍋を洗ってAを入れて煮立て、しょうがとブリを入れ、
煮汁をぶりの表面にかけます。落とし蓋をして
さらに鍋蓋をして弱めの中火で10分ほど煮ます。
C大根とだし汁を加えて、落とし蓋をしてさらに鍋蓋をして、
弱火で20分ほど煮て出来上がりです。
♪:栄養価1人分 @熱量:365kcal A塩分:3.5g  
  
大根の
豚バラ肉巻き焼き
 
 ♪:材料(2人前)
@豚バラ肉・・・200g 
A大根・・・5cm程度
 ♪:調味料ほか
@砂糖・・大さじ1 
A醤油・・大さじ1 
Bオイスターソース・・大さじ1 
C酒・・少々 
D一味・・お好みで

♪:そのほか(下拵え)
@大根は長さ5cm程度の1cm角に切りにします 
A豚バラ肉は1枚を半分くらいの長さに切ります
B大根に豚バラ肉を巻きつけ、片栗粉を薄くはたき、
肉の巻き終わをしっかり押さえます
♪:作り方
@フライパンでこんがり焼き、
出てきた油をキッチンペーパーなどでふき取ってから酒を回しかけます。
A砂糖と醤油を加え、汁気がなくなるまで絡めながら焼きます。
B最後にお好みで一味を振って出来上がりです。
 
 ♪:栄養価1人分 @熱量:kcal A塩分:g 
  
切干大根の
シャキシャキ漬け
 
♪:材料(2人前)
@切干大根・・・30g 
Aにんじん・・・4cm
 
 ♪:調味料ほか
@酢・・大さじ4 
Aしょうゆ・・大さじ1 
B砂糖・・小さじ2 
C水・・大さじ2 
D塩・・少々 
E七味唐辛子・・少々
♪:そのほか(下拵え)
●切干大根を戻す
@切干大根をボウルの中に入れ、
たっぷりの水で、流し水をしながらよく洗います。
Aたっぷりの水に洗った切干大根をつけ、そのまま10分つけて戻します。
Bにんじんはせん切りにします
注意⇒戻しすぎると、自然の甘みや風味が抜けてしまいますので、
水に10分ほどつけた後、手で触って芯がなければ大丈夫です。
♪:作り方
●調味料を加え漬ける
@鍋に、砂糖、酢、醤油、水、塩を入れて一度煮立てて火を止めます。
A切干大根をざるに上げ、水分が少し残る程度に絞り
、にんじんと一緒に熱い漬け汁に漬けます。
B好みで七味唐辛子をふります。
注意⇒・切干大根を絞りすぎると味が染み込みにくくなるので、
少し水分が残る程度に絞りましょう。
・漬け汁は、砂糖と塩が溶ければいいです。火にかけなくても、
レンジに少しかけるほうが手軽かもしれません
・にんじん臭さが気になる場合、漬け汁の鍋に少し入れて火を通します。
或いは、少しレンジにかけます。
ただ、シャキシャキ感が残るように、あまり火を通しすぎないほうがよい。
●仕上げます
@冷めたらタッパなどに入れて冷蔵庫で保存する。
少なくとも1時間ぐらいおいて、
味が馴染んでからいただきます。
 
♪:栄養価1人分 @熱量:kcal A塩分:g   
@ページ目”旬野菜大根〜”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ
・大根と烏賊のワタみそバター煮
・大根と豚肉の汁物
・ぶり大根
・大根の豚ばら肉巻き焼き
・切り干し大根のシャキシャキ漬け

Aページ目のレシピへ
・切り干し大根のポン酢和え
・ふろふき大根
・大根、にんじん、れんこん、玉ネギの炒め蒸し

Bページ目のレシピへ

・切り干し大根のチゲ風スープ
・大根と鮭のスープ煮
・大根と鶏肉の醤油煮込み
・大根と鶏骨付モモ肉のふろふき風

Cページ目のレシピへ→・大根のわさびマヨネーズ
・大根のごま甘酢和え
・大根の皮のにんにく醤油漬け
・大根の皮のきんぴら

Dページ目のレシピへ
・大根とツナ辛味噌和え
・大根のタラコ炒め
・切り干し大根と帆立煮
・大根と豚肉の味噌炒め

Eページ目のレシピへ
・切り干し大根と牛肉の炒め煮
・切り干し大根とじゃこの塩煮
・大根の浅漬け・大根のアチャール

 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】