12月〜2月の旬野菜〜だいこんのレシピ

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

1ページ目12月〜2月の旬野菜〜だいこんのレシピ

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
         誕生花   誕生石   お祭り    ゴルフ   万年暦    旬の野菜  旬の魚   旬の貝   用語集 
          
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・暦四半期

・西暦と年号対応表

♪暦〜六曜
・早見表

♪暦〜誕生花

1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪暦〜
ゴルフトーナメント

1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・メジャー大会優勝者
 男子
  

・メジャー大会優勝者
 女子


♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜省エネライフ
・省エネライフ

♪西暦と年号

・和暦・西暦
対応早見表


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気

・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化

・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜

1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化

♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。

・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール




≪日本文化と暦≫

    1ページ目”旬野菜大根”の栄養素と効能&レシピいろいろ
病気の予防、旬の時期と鮮度の見分け方、保存方法、調理上の注意点他
五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から、重量の単位:1gは
1グラム 1rは1,000分の1グラム 1μg(マイクログラム)は100万分の1グラム
tr(トレース)は、微妙に含まれている
    
・次のページへ @ページ目のレシピへ Aページ目のレシピへ Bページ目のレシピへ
           Cページ目のレシピへ Dページ目のレシピへ Eページ目のレシピへ
 
栄養成分     
 位
大根類       
 かいわ
れ大根
 葉大根 大根     切り干
し大根 
 
  芽ばえ
 葉生   葉生  葉茹で   根皮
むき生
根皮
むき茹で 
 無機質 ナトリウム 41 48 28  17 12 270 
カリウム 99 340 400 180  230  210  3200 
カルシウム 54 170 260 220  23  25  540 
 マグネシウム 33 25 22 22  10  10  170 
 リン 61 43 52 62  17  14  210 
 鉄 0.5 1.4 3.1 2.2  0.2  0.2  9.7 
 亜鉛 0.3 0.4 0.3 0.2  0.1  0.1  2.1 
 銅 0.03 0.05 0.04 0.03  0.02  0.01  0.14 
 マンガン 0.35 0.23 0.27 0.25  0.04  0.05  0.69 
 ビタミン
   A     
 クリプト
キサンチン
μg 15 0  0  0  (0) 
 βーカロテン
当量
μg  1900 2300 3900 4400  (0) 
 レチノール
当量
μg  160 190 330  370  (0)  (0) (0) 
 ビタミン
E  
 トコフェ
ロールα
2.1 1.5 3.8  4.9 0   0  0
  トコフェ
ロールβ
  0.1 0  0  0   0
 トコフェ
ロールr
0.5 tr 0.1 0   0 0  0 
ビタミン  K μg  200 220 270 340  tr  0  1 
 ビタミン
B  
B1 0.08 0.07 0.09 0.01  0.02  0.02  0.33 
B2  0.13 0.15 0.01 0.01  0.01  0.01  0.20 
B6  0.23 0.22 0.18 0.10  0.05  0.04  0.20 
 ビタミン   C 47 49 53 21  11  9  3 
 ナイアシン 1.3 0.5 0.5 0.1  0.2  0.2  4.6 
 葉酸 96 130 140 54  33  33  99 
 パントテン酸 0.29 0.39 0.26 0.11  0.11  0.08  1.40 
 食物繊維   水溶性 0.3 0.5 0.8 0.8  0.5  0.8  0.5 
 不溶性 g 1.6 2.1 3.2 2.8  0.8  3.6 17.1
 大根の知識
●大根の古名は「すずしろ」といい、春の七草のひとつにも数えられています。
最も多く売られている品種は青首大根が多く、特徴は水分が多い、やわらかい、辛みが少ない、甘みが強い。
・根の部分は、ビタミン・ミネラル類の含有量は低いが、消化酵素のジアスターゼやオキシダーゼを含んでいる
ので、消化を促進し胃もたれなどを防いでぐれます。又、オキシダーゼは魚の焦げた部分にできる発がん物質
も分解する作用があるので、焼き魚に大根おろしを添えるのは理にかなったことと言えます。さらに、大根の
辛み成分のイソチオシアネートには、ピロリ菌の育成を阻害したり、がんを予防する効果もあります。
・葉の部分は、、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、鉄などが豊富に含まれ
ます。特にカルシウム、鉄の含有量が多く、野菜類の中でトップクラスです。ビタミン類をほうれん草と比較する
と、βカロテンはやや下回りますが、ビタミンCは1.5倍、ビタミンEは1.7倍多く含まれます。
大根の葉はビタミン・ミネラルが豊富なので葉の部分は捨てないで利用しましょう。
・風には、大根おろしと生姜(ショウガ)をすりおろしたものに、お湯を注いで飲むと効果があると言われている。
そのほか・
@栄養価をいかす調理ポイント
・大根はどんな食べ方をしても食あたりしないことから「大根役者」の語源になったという説があります。
A鮮度の見分け方
・肌にハリとツヤ、青々とした葉付き、
B保存方法
・ポリ袋かラップ、新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室に
C旬の時期 ・1月〜2月・12月
     

@ページ目”旬野菜大根〜”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ→・大根と烏賊のワタみそバター煮・大根と豚肉の汁物・ぶり大根
・大根の豚ばら肉巻き焼き・切り干し大根のシャキシャキ漬け
Aページ目のレシピへ→・切り干し大根のポン酢和え・ふろふき大根
・大根、にんじん、れんこん、玉ネギの炒め蒸し
Bページ目のレシピへ
→・切り干し大根のチゲ風スープ・大根と鮭のスープ煮
・大根と鶏肉の醤油煮込み・大根と鶏骨付モモ肉のふろふき風
Cページ目のレシピへ→・大根のわさびマヨネーズ・大根のごま甘酢和え
・大根の皮のにんにく醤油漬け・大根の皮のきんぴら
Dページ目のレシピへ→・大根とツナ辛味噌和え・大根のタラコ炒め
・切り干し大根と帆立煮・大根と豚肉の味噌炒め
Eページ目のレシピへ→・切り干し大根と牛肉の炒め煮・切り干し大根とじゃこの塩煮
・大根の浅漬け・大根のアチャール
旬野菜の「栄養と効能」と「料理レシピいろいろ」〜検索ページ →こちらから
         
 旬の食材を活かした、美味しい料理で栄養素をしっかりと摂取、先ずは、体の中から健康に。

だいこんとイカのワタみそバター煮
烏賊をワタごと使って、コクをつけます

♪:材料(2人前)
@だいこん・・・12cm(360g)  Aスルメイカの胴1ぱい分(180g) Bスルメイカのワタ1ぱい分(40g)
♪:調味料ほか
@だし汁・・・2カップ  Aみそ・・・大さじ2  Bみりん・・・大さじ1Cバター・・・大さじ1 D春菊の葉・・・適宜
♪:そのほか(下拵え)
@イカの下拵え・・・胴は幅1cmの輪切り、ワタは切れ目を入れて中身を取り出し、味噌とみりんを混ぜます。
♪:作り方
@大根を煮る・・・厚さ2cmの輪切りにして皮をむきます
A鍋に入れてだし汁を加え、ふたをして中火で15〜20分、だいこんがやわらかくなるまで煮ます
B大根がやわらかくなったら、下ごしらえしたイカの胴と調味したワタ、バターを加えて3〜4分煮ます。
C器に盛って春菊の葉を添えます。
♪:栄養価1人分
@熱量:256kcal A塩分:3.4g
 
大根と豚肉の汁物
お好みですりおろしたショウガをのせます


♪:材料(2人前)
@大根・・・1/3本(300g)  Aにんじん・・・1/2本(70g) B豚バラ肉(かたまり)・・・100g
C結び昆布・・・6個

♪:調味料ほか
@水・・2カップ Aだし汁・・2カップ
BA ・塩・・小さじ1/3  ・しょうゆ・・小さじ2  ・酒・・大さじ1
♪:そのほか(下拵え)
@大根とにんじんは、一口大の乱切りにします。 A豚肉は厚さ5〜6mmの食べやすい大きさに切ります
♪:作り方
@鍋に豚肉と分量の水を入れ、強火にかけます。煮立ったらアクを除き、弱火で10〜15分煮ます。
A@に大根、にんじん、結び昆布、だし汁を加えますさらに10〜15分煮たら、Aを加えて調味して
出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量:kcal A塩分:g
  
   

ぶり大根
切り身なら下茹でしなくても生臭みはありません

♪:材料(4人前)
@ブリの切り身・・・4切れ A大根・・・2/3本(700g) B生姜・・・ひとかけC米・・・大さじ1
♪:調味料ほか
@A ・水・・・1/2カップ ・酒・・・大さじ3 ・みりん・・・大さじ3 ・砂糖・・・大さじ1 ・しょうゆ・・・大さじ4
Aだし汁・・・1カップBしょうゆ・・・大さじ1
♪:そのほか(下拵え)
@大根は皮をむき、大きめの乱切りにします。 Aブリは3等分に切ります。
Bしょうがは皮をむいてせん切りにします。

♪:作り方
@鍋に大根を並べてかぶるぐらいの水と米を加えて強火にかけます。
A煮立ったら弱火の中火にして蓋をして、20分ほど下茹でをします。大根を水洗いして米を落とします。
B鍋を洗ってAを入れて煮立て、しょうがとブリを入れ、煮汁をぶりの表面にかけます。落とし蓋をして
さらに鍋蓋をして弱めの中火で10分ほど煮ます。
C大根とだし汁を加えて、落とし蓋をしてさらに鍋蓋をして、弱火で20分ほど煮て出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量:365kcal A塩分:3.5g
           

大根の豚バラ肉巻き焼き

♪:材料(2人前)
@豚バラ肉・・・200g A大根・・・5cm程度
♪:調味料ほか
@砂糖・・大さじ1 A醤油・・大さじ1 Bオイスターソース・・大さじ1 C酒・・少々 D一味・・お好みで
♪:そのほか(下拵え)
@大根は長さ5cm程度の1cm角に切りにします A豚バラ肉は1枚を半分くらいの長さに切ります
B大根に豚バラ肉を巻きつけ、片栗粉を薄くはたき、肉の巻き終わをしっかり押さえます
♪:作り方
@フライパンでこんがり焼き、出てきた油をキッチンペーパーなどでふき取ってから酒を回しかけます。
A砂糖と醤油を加え、汁気がなくなるまで絡めながら焼きます。
B最後にお好みで一味を振って出来上がりです。
♪:栄養価1人分
@熱量:kcal A塩分:g
 

切干大根のシャキシャキ漬け

♪:材料(2人前)
@切干大根・・・30g Aにんじん・・・4cm
♪:調味料ほか
@酢・・大さじ4 Aしょうゆ・・大さじ1 B砂糖・・小さじ2 C水・・大さじ2 D塩・・少々 
E七味唐辛子・・少々
♪:そのほか(下拵え)
●切干大根を戻す
@切干大根をボウルの中に入れ、たっぷりの水で、流し水をしながらよく洗います。
Aたっぷりの水に洗った切干大根をつけ、そのまま10分つけて戻します。
Bにんじんはせん切りにします
注意⇒戻しすぎると、自然の甘みや風味が抜けてしまいますので、
水に10分ほどつけた後、手で触って芯がなければ大丈夫です。
♪:作り方
●調味料を加え漬ける
@鍋に、砂糖、酢、醤油、水、塩を入れて一度煮立てて火を止めます。
A切干大根をざるに上げ、水分が少し残る程度に絞り、にんじんと一緒に熱い漬け汁に漬けます。
B好みで七味唐辛子をふります。
注意⇒・切干大根を絞りすぎると味が染み込みにくくなるので、少し水分が残る程度に絞りましょう。
・漬け汁は、砂糖と塩が溶ければいいです。火にかけなくても、
レンジに少しかけるほうが手軽かもしれません
・にんじん臭さが気になる場合、漬け汁の鍋に少し入れて火を通します。或いは、少しレンジにかけます。
ただ、シャキシャキ感が残るように、あまり火を通しすぎないほうがよい。
●仕上げます
@冷めたらタッパなどに入れて冷蔵庫で保存する。少なくとも1時間ぐらいおいて、
味が馴染んでからいただきます。
♪:栄養価1人分
@熱量:kcal A塩分:g
                


 ・次のページへ @ページ目のレシピへ Aページ目のレシピへ Bページ目のレシピへ

           Cページ目のレシピへ Dページ目のレシピへ Eページ目のレシピへ



Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】