5月の旬魚〜鱚の料理

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

5月の旬魚〜鱚の料理

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
          誕生花     誕生石    お祭り    万年暦    旬の野菜   旬の魚    旬の貝    用語集 
                 
 
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

♪暦〜誕生花
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気
・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化
・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化
♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。
・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール





≪日本文化と暦≫

”旬魚鱚 ”の栄養素と効能&レシピいろいろのページ
・旬は5月〜6月。アオギス、シロギスの2種類、シロギスの方が美味しい
・三枚におろして刺身にしたり、天ぷらや酢の物、塩焼き、すし種、汁の実にすると美味しい。白身の身肉は
淡白な味で、脂肪が少なく、タンパク質や鉄分が豊富に含まれている。
・魚介類に多く含まれる、DHA(ドコサヘキサエン酸は不飽和脂肪酸の一つ)。
EPA(エイコサペンタエン酸)はw-3脂肪酸又はn-3脂肪酸の一つで、不飽和脂肪酸の分類の一つ)
働きは、
・DHAには、血栓をできにくくしたり、悪玉コレステロールを減ら働きと脳細胞を活性化し、頭の回転を
良くする働きがあります。また、高齢者の痴呆症などの治療にも効果があると言われています。
・EPAには、脳血栓や心筋梗塞を予防するすばらしい働きを持っています。
*めやすとして1日1g以上でおよそ90g以上の魚、約大きめの1切れを食べると良いでしょう。
  
五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から
重量の単位:1gは1グラム 1rは1,000分の1グラム 1μg(マイクログラム)は100万分の1グラム
tr(トレース)は、微妙に含まれている
 
   
    鱚(きす)
  栄養成分  単位   生   栄養成分  単位      栄養成分  単位     
脂肪酸
飽和 
2.15 マグネシウム   30  ビタミンB2    0.04
脂肪酸
一価不飽和 
g  3.80  リン   220 ビタミンB6    0.31
脂肪酸
多価不飽和 
g  1.60  鉄   0.2 ビタミンB12  μg  3.9
 エネルギー  kcal  85  亜鉛    0.4 ナイアシン    2.4
三大栄養素
 たんぱく質 
g  19.2  銅    0.02  葉酸  μg  16
 三大栄養素
脂質
g   4.2 マンガン    0.01 パントテン酸    0.43
三大栄養素
炭水化物
 g 0.1  ビタミンA
 レチノール
 
μg  10 コレステロール     100
ナトリウム 120 ビタミンD μg 9.0 食塩相当量    g   0.3
カリウム 350 ビタミンE
 トコフェロールα
0.5      
カルシウム 38  ビタミンB1 0.07      




 ”旬魚鱚(きす)”のレシピいろいろ

 旬魚の「栄養と効能」と「料理レシピいろいろ」〜検索ページ →こちらから



 ♪きすの天婦羅   天婦羅の具材は、水けをよくとりましょう

♪:材料(4人前)
@きす・・12尾(約60g) Aしし唐辛子・・4個
♪調味料ほか
@A ・水・・1カップ ・ほんだし・・小さじ1/2 ・しょうゆ・・大さじ1/2  ・薄口しょうゆ・・大さじ2と1/2 
・みりん・・大さじ1と1/2 ・砂糖・・1と1/2
A卵・・1個 B冷水・・適量 C小麦粉・・1カップ DAJINOMOTO胚芽の恵みコーン油 
E大根おろし・・1カップ  Fおろししょうが・・20g

♪:そのほか(下拵えなど)
@きすはうろこを落とし、胸ビレを頭側に寄せて庖丁を入れ、頭を切り落とします。
A庖丁の先を使って、きすの腹ワタを取り除きます。よく水洗いし、頭を右、背を手前にしてまな板に置き、
肩口から中骨に沿って庖丁を入れます。
B次に骨身を下にしてまな板に置き、庖丁の刃先を肩口から入れ、中骨に沿って尾の手前まで切り込みます
中骨を切り落とします。
C腹骨を上にして庖丁を当て、薄くすくい取るようにして片側ずつ腹骨をすき取ります
Dししとうは、上げた時に破裂しないように、庖丁の先で切れ目を入れておきます
EAの材料を鍋に合わせて、ひと煮立てして天つゆを作ります。
F卵と冷水を合わせて1カップにしてよく混ぜます。小麦粉を加えて、太めの箸で粉が少し残る程度に
軽く混ぜ合わせ、衣を作ります。

♪:作り方と食べ方
@揚げ油を170℃に熱し、ししとうに衣をつけ揚げます。
A油の温度を180℃に上げ、きすの尾をもち、衣をたっぷりつけて揚げます。
B器に盛り合わせ、大根おろし、おろししょうがを添えて、天つゆを添える。

♪:栄養価一人分
@熱量:351kcal、 A塩分:2.6g  


 ♪きすのフライ(定番)・

♪:材料(1人前)
@きすの開き・・2枚
♪調味料ほか
@卵・・1/2個 A小麦粉・・大さじ1 Bパン粉・・大さじ1 C塩・・適量 Dこしょう・・適量
E揚げ油・・適量

♪:そのほか(下拵えなど)♪:作り方と食べ方
@きすの開きに骨がある場合は、取り除きます。
A軽く塩、こしょうをふっておきます。
B小麦粉→卵→パン粉の順で衣をつけます。
C油で揚げて出来上がりです。

♪:栄養価一人分
 @熱量:kcal、 A塩分:g



Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】