5月の旬魚〜鱚(きす)の「栄養価と効能」「料理レシピ」   

     
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

5月の旬魚〜鱚(きす)の「栄養価と効能」「料理レシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

≪旬の魚≫

 5月の旬〜鱚(きす)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」ページです
 
  旬の魚時期と「栄養価と効能」「レシピ」〜検索のページへ →こちらから
 旬の魚月のページへ→1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
・旬は5月〜6月。アオギス、シロギスの2種類、シロギスの方が美味しい
・三枚におろして刺身にしたり、天ぷらや酢の物、塩焼き、すし種、汁の実にすると美味しい。白身の身肉は淡白な味で、脂肪が少なく、タンパク質や鉄分が豊富に含まれている。
鱚(きす)五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から   
    鱚(きす)
  栄養成分  単位   生   栄養成分  単位      栄養成分  単位     
脂肪酸飽和  2.15 マグネシウム   30  ビタミンB2    0.04
脂肪酸一価不飽和  g  3.80  リン   220 ビタミンB6    0.31
脂肪酸多価不飽和  g  1.60  鉄   0.2 ビタミンB12  μg  3.9
 エネルギー  kcal  85  亜鉛    0.4 ナイアシン    2.4
三大栄養素たんぱく質  g  19.2  銅    0.02  葉酸  μg  16
 三大栄養素脂質 g   4.2 マンガン    0.01 パントテン酸    0.43
三大栄養素炭水化物  g 0.1  ビタミンA レチノール  μg  10 コレステロール     100
ナトリウム 120 ビタミンD μg 9.0 食塩相当量    g   0.3
カリウム 350 ビタミンE トコフェロールα 0.5      
カルシウム 38  ビタミンB1 0.07      
    鱚(きす)
  栄養成分  単位  生   栄養成分  単位     栄養成分  単位    
        
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法         
         
 含まれる栄養成分、主な有効成分と効能        
         
 ・調理のポイント       
         
        
5月の旬〜鱚(きす)の料理レシピ 
 きすの天婦羅
 
♪材料(4人前)@きす・12尾(約60g)Aしし唐辛子・4個
 ♪調味料ほか@A ・水・1カップ・ほんだし・小さじ1/2・しょうゆ・大さじ1/2 
・薄口しょうゆ・大さじ2と1/2・みりん・大さじ1と1/2・砂糖・1と1/2
A卵・1個B冷水・適量C小麦粉・1カップDAJINOMOTO胚芽の恵みコーン油 
E大根おろし・1カップFおろししょうが・20g
天婦羅の具材は、水けをよくとりましょう  
♪そのほか(下拵えなど)
@きすはうろこを落とし、胸ビレを頭側に寄せて庖丁を入れ、頭を切り落とします。
A庖丁の先を使って、きすの腹ワタを取り除きます。よく水洗いし、頭を右、背を手前にしてまな板に置き、
肩口から中骨に沿って庖丁を入れます。
B次に骨身を下にしてまな板に置き、庖丁の刃先を肩口から入れ、中骨に沿って尾の手前まで切り込みます
中骨を切り落とします。
C腹骨を上にして庖丁を当て、薄くすくい取るようにして片側ずつ腹骨をすき取ります
Dししとうは、上げた時に破裂しないように、庖丁の先で切れ目を入れておきます
EAの材料を鍋に合わせて、ひと煮立てして天つゆを作ります。
F卵と冷水を合わせて1カップにしてよく混ぜます。小麦粉を加えて、太めの箸で粉が少し残る程度に
軽く混ぜ合わせ、衣を作ります。

♪作り方と食べ方
@揚げ油を170℃に熱し、ししとうに衣をつけ揚げます。
A油の温度を180℃に上げ、きすの尾をもち、衣をたっぷりつけて揚げます。
B器に盛り合わせ、大根おろし、おろししょうがを添えて、天つゆを添える。
♪栄養価一人分@熱量:351kcalA塩分:2.6g  
 きすのフライ
(定番)
 
♪材料(1人前)@きすの開き・2枚
♪調味料ほか@卵・1/2個A小麦粉・大さじ1 Bパン粉・大さじ1C塩・適量 
Dこしょう・適量E揚げ油・適量
 
 
♪そのほか(下拵えなど)♪:作り方と食べ方
@きすの開きに骨がある場合は、取り除きます。
A軽く塩、こしょうをふっておきます。
B小麦粉→卵→パン粉の順で衣をつけます。
C油で揚げて出来上がりです。
♪栄養価一人分@熱量:kcalA塩分:g

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】