5月の旬魚〜鰈(かれい)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

5月の旬魚〜鰈(かれい)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 



≪旬の魚≫

 鰈(かれい)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」ページです。

鰈の旬は種類によって異なり、1年中食べられる。マコガレイ、イシガレイは初夏。マガレイは秋から冬.。ヤナギムシカレイは春、鰈の逸品、城下ガレイは4月〜8月が美味しい。・カレイは脂肪が少なくあっさりした淡白な味で、タンパク質を多く含む歯、骨、血液、筋などの重要な構成成分であるリンを多量に含んでいる。鰈の種類はいろいろありますが、一般的に料理にするのは「真がれい」「真子がれい」「石がれい」など身の大きいもの。「笹がれい」など小さい物は干物に向いています。おいしさだけでなくかれいのタンパク質は消化が良くビタミンB1、B2が多いタンパク質の代謝を早め、胃腸の負担を減らします・また皮の部分にはお肌に良いコラーゲンが含まれています。「左ひらめ」「右かれい」というように、目の位置が他の魚とは異なり、盛つけは頭が右に。
鰈(かれい)五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から   
  栄養成分  単位  鰈(かれい)類
まがれい   まこがれい  子持ちがれい 
水煮 焼き 水煮
脂肪酸
飽和 
0.25 0.30 0.21  0.32  1.13  1.33 
脂肪酸
一価不飽和 
g  0.26 0.32 0.21  0.32  1.72  1.97 
脂肪酸
多価不飽和 
g  0.32 0.40  0.30 0.50  1.70  1.74 
 エネルギー  kcal  95  107  110  99  143  162 
三大栄養素
 たんぱく質 
g  19.6  21.4  23.4  19.5 19.9  22.3 
 三大栄養素
脂質
g   1.3  1.7   1.2 1.8  6.2  7.2 
三大栄養素
炭水化物
 g 0.1  0.1  0.1  tr
微妙に
含まれている
 
0.1  0.1 
ナトリウム 110 100 130 110  77  83 
カリウム 330 320 370 320  290  270 
カルシウム 43 56 70 42  20  40 
 マグネシウム 28 29 32 26  27  28 
 リン 200 200 240 200  200  210 
 鉄 0.2 0.3 0.3 0.2  0.2  0.3 
 亜鉛 0.8 0.9 1.0 0.8  0.8  1.0 
 銅 0.03 0.03 0.04 0.02  0.03  0.04 
 マンガン 0.01 0.02 0.02 0.02  0.04  0.04 
 栄養成分 単位 鰈(かれい)類
  まがれい  まこがれい  子持ちがれい 
水煮 焼き 水煮
 ビタミンA
 レチノール
μg  6  12   11
  ビタミンD μg   13.0  16.6  17.5  5.0  4.0  4.7 
 ビタミンE
 トコフェロールα
1.5 2.0 2.5 1.3  2.9   4.2
 ビタミンB1 0.03 0.03 0.03 0.04  0.19  0.25 
 ビタミンB2 0.35 0.27 0.41 0.36  0.20  0.22 
 ビタミンB6 0.15 0.14 0.13 0.16  0.15  0.15 
 ビタミンB12 μg    3.1  3.3  4.1  2.9  4.3  4.9 
 ナイアシン 2.5 2.6 3.1 2.2  2.4  2.7 
 葉酸 μg   4  4  6  5  20  23 
 パントテン酸 0.66 0.73 0.76 1.05  2.41  2.58 
コレステロール  71 87 100 71 120 140
 食塩相当量   g   0.3  0.3  0.3  0.3  0.2  0.2

・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法 
 
 
 
含まれる栄養成分、主な有効成分と効能 
・調理のポイント 
 
 
 


旬魚の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから

”鰈(かれい)”のレシピ 
 カレイの
煮付け

♪:材料(2人前)
@カレイ・・・2切れ(1切れ100g) 
Aごぼう・・・60g 
Bしょうが・・・1/2かけ
♪調味料ほか
@A 
・酒・・1/4カップ 
・みりん・・大さじ2 
・しょうゆ・・大さじ2 
・砂糖・・小さじ1 
・水・・2/3カップ
  
♪:そのほか(下拵えなど)
@カレイは表側の皮目に切り目を入れます
Aごぼうは皮をこそげ、包丁の背で軽くたたいて、
長さ5cmに切ります。
Bしょうがは薄切りにします。

♪:作り方と食べ方
@煮ます。
・鍋にAを入れて火にかけ、煮立ったらいったん火からおろします。
・ここにカレイを並べて入れ、ごぼう、しょうがを加えて煮ます。
・時々煮汁を掛けながらごぼうが柔らかくなるまで煮ます。
♪:栄養価一人分 @熱量:kcal、 A塩分:g
 焼きかれい

大根の煮物
♪:材料(2人前)
@かれい・・・1尾(300g)
・焼きかれいの市販品でもよいだし
が出て味わいが深い煮物になります
A大根・・・1/2本 
B昆布・・・5〜6センチ 
C木の芽・・・たっぷり目
♪調味料ほか
@酒・・大さじ2 
A砂糖・・大さじ1弱 
Bしょうゆ・・大さじ2・1/2 
C水・・1/2カップ
 焼きかれいを使うと、よいだしが出て味わい深い煮物になります
♪:そのほか(下拵えなど)
@うろこを取ります→ぬめりがあるので左手でしっかりと
頭を持ち、尾から頭に向けて、包丁を立ててうろこをこそげ取ります。
Aえらとワタを取ります→えらぶたを開いて包丁を入れ、
刃先でえらを引き出します。白い側のむなびれの下に切り目を入れ、
ワタをかき出し、腹の中を洗います。
B焼きかれいを作っておきます。
C大根は2センチ厚さの半月切りにし、面取りをします。
米のとぎ汁か、中華スープの素(顆粒)少々
(分量外)を加えた湯で全体に透き通るまで7〜8分茹でます。

♪:作り方と食べ方
@鍋に昆布を敷いて大根を並べ、かれいを白い方を上にし、のせます。
A水と酒を入れ、中火で5〜6分煮ます。 
B砂糖、しょうゆを加え、鍋をゆすりながら弱火で煮ます。
C器に盛り、木の芽をたっぷり目に添えて出来上がりです。
♪:栄養価一人分 @熱量:kcal、 A塩分:g
 子持ちかれい
の煮物
♪:材料(2人前)
@子持ち鰈・・・2切れ 
Aしんとり菜・・・適量
♪調味料ほか
@水・・1/2カップ 
A酒・・大さじ2 
B砂糖・・大さじ1 
Cみりん・・大さじ1 
Dしょうゆ・・大さじ2弱
子持ち鰈の煮つけは身、卵、とろっとしたひれ、それぞれが味わえます  
 ♪:そのほか(下拵えなど) ♪:作り方と食べ方
@平なべに水、酒、砂糖、みりん、しょうゆ、を入れて煮立てます。
A鰈を奇麗に洗って子持ちが麗を入れて、濡らした落としブタをし、
時々煮汁を掛けながら20分ぐらい煮ます
Bしんとり菜を鍋の端でさっと煮て添えます。
♪:栄養価一人分 @熱量:kcal、 A塩分:g 
 鰈の唐揚げ
野菜甘酢
あんかけ
♪:材料(2人前)
@鰈・・2切れ 
A玉ねぎ・・80g 
Bにんじん・・30g 
Cピーマン・・2個
 
♪調味料ほか
@塩・・少々 
Aこしょう・・少々 
B片栗粉・・適量 
C揚げ油・・適量 
D水・・100t
E調味料 
・だしの素・・小さじ1/2 
・しょうゆ・・大さじ1と1/2 
・酢・・大さじ1と1/2 
・砂糖・・大さじ1
・みりん・・大さじ1 
・酒・・大さじ1 
F水溶き片栗粉・・小さじ1と1/2
  
♪:そのほか(下拵えなど)♪:作り方と食べ方
@ピーマン、玉ねぎ、にんじんは細切りにします。
A鰈に塩こしょうを振り、片栗粉をまぶします。
B170℃の揚げ油で、カラリト揚げます。
Cフライパンに水とにんじん。玉ねぎを入れて火にかけます。
玉ねぎがしんなりしてきたら、調味料を入れピーマンを加え、サッと煮ます。
D水溶き片栗粉でとろみをつけ、揚げたかれいにかけて出来上がりです。
♪:栄養価一人分 @熱量:kcal、 A塩分:g 
 
 鰈の
ムニエル
きのこソース
添え
♪:材料(3人前)
@鰈の切り身・・3切れ 
♪調味料ほか
@塩・・少々 
Aこしょう・・少々 
B小麦粉・・大さじ1 
Cきのこソース 
・エリンギ・・1本 
・ふなしめじ・・半パック 
・えのき・・半パック 
・レモン汁・・半個分
・醤油・・大さじ1 
・みりん・・大さじ1 
・酒大さじ1 
Dバター(又はマーガリン)
・・大さじ1
 バターは焦げやすいので、火は弱めで調理するのがポイント 
 ♪:そのほか(下拵えなど)♪:作り方と食べ方
@鰈は水分を取り、ビニール袋に入れて塩とこしょう、
小麦粉を加え振り混ぜます。
Aバター大さじ半分でこんがり焼きます。
B焼きあがった鰈をお皿に移し、
フライパンの汚れをペーパーで拭き取ります。
バター大さじ半分できのこを炒め、調味料で味付けをします。
C鰈にきのこソースをかけて出来上がりです。
♪:栄養価一人分 @熱量:kcal、 A塩分:g 

 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】