5月の旬魚〜鰈の料理

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

5月の旬魚〜鰈の料理

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
          誕生花     誕生石    お祭り    万年暦    旬の野菜   旬の魚    旬の貝    用語集 
                 
 
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

♪暦〜誕生花
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気
・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化
・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化
♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。
・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール




≪日本文化と暦≫

”旬魚鰈(かれい) ”の栄養素と効能&レシピいろいろのページ
鰈の旬は種類によって異なり、1年中食べられる。マコガレイ、イシガレイは初夏。
マガレイは秋から冬.。ヤナギムシカレイは春、鰈の逸品、城下ガレイは4月〜8月が
美味しい。・カレイは脂肪が少なくあっさりした淡白な味で、タンパク質を多く含む。
歯、骨、血液、筋などの重要な構成成分であるリンを多量に含んでいる。鰈の種類
はいろいろありますが、一般的に料理にするのは「真がれい」「真子がれい」「石がれい」
など身の大きいもの。「笹がれい」など小さい物は干物に向いています。・おいしさだけで
なくかれいのタンパク質は消化が良くビタミンB1、B2が多いタンパク質の代謝を早め、
胃腸の負担を減らします・また皮の部分にはお肌に良いコラーゲンが含まれています。
「左ひらめ」「右かれい」というように、目の位置が他の魚とは異なり、盛つけは頭が右に
・魚介類に多く含まれる、DHA(ドコサヘキサエン酸は不飽和脂肪酸の一つ)。
EPA(エイコサペンタエン酸)はw-3脂肪酸又はn-3脂肪酸の一つで、不飽和脂肪酸の分類の一つ)の働きは
・DHAには、血栓をできにくくしたり、悪玉コレステロールを減ら働きと脳細胞を活性化し、頭の回転を
良くする働きがあります。また、高齢者の痴呆症などの治療にも効果があると言われています。
・EPAには、脳血栓や心筋梗塞を予防するすばらしい働きを持っています。
*めやすとして1日1g以上でおよそ90g以上の魚、約大きめの1切れを食べると良いでしょう。
 
五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から
重量の単位:1gは1グラム 1rは1,000分の1グラム 1μg(マイクログラム)は100万分の1グラム
tr(トレース)は、微妙に含まれている
 
  
  栄養成分  単位  鰈(かれい)類
まがれい   まこがれい  子持ちがれい 
水煮 焼き 水煮
脂肪酸
飽和 
0.25 0.30 0.21  0.32  1.13  1.33 
脂肪酸
一価不飽和 
g  0.26 0.32 0.21  0.32  1.72  1.97 
脂肪酸
多価不飽和 
g  0.32 0.40  0.30 0.50  1.70  1.74 
 エネルギー  kcal  95  107  110  99  143  162 
三大栄養素
 たんぱく質 
g  19.6  21.4  23.4  19.5 19.9  22.3 
 三大栄養素
脂質
g   1.3  1.7   1.2 1.8  6.2  7.2 
三大栄養素
炭水化物
 g 0.1  0.1  0.1  tr
微妙に
含まれている
 
0.1  0.1 
ナトリウム 110 100 130 110  77  83 
カリウム 330 320 370 320  290  270 
カルシウム 43 56 70 42  20  40 
 マグネシウム 28 29 32 26  27  28 
 リン 200 200 240 200  200  210 
 鉄 0.2 0.3 0.3 0.2  0.2  0.3 
 亜鉛 0.8 0.9 1.0 0.8  0.8  1.0 
 銅 0.03 0.03 0.04 0.02  0.03  0.04 
 マンガン 0.01 0.02 0.02 0.02  0.04  0.04 
 栄養成分 単位 鰈(かれい)類
  まがれい  まこがれい  子持ちがれい 
水煮 焼き 水煮
 ビタミンA
 レチノール
μg  6  12   11
  ビタミンD μg   13.0  16.6  17.5  5.0  4.0  4.7 
 ビタミンE
 トコフェロールα
1.5 2.0 2.5 1.3  2.9   4.2
 ビタミンB1 0.03 0.03 0.03 0.04  0.19  0.25 
 ビタミンB2 0.35 0.27 0.41 0.36  0.20  0.22 
 ビタミンB6 0.15 0.14 0.13 0.16  0.15  0.15 
 ビタミンB12 μg    3.1  3.3  4.1  2.9  4.3  4.9 
 ナイアシン 2.5 2.6 3.1 2.2  2.4  2.7 
 葉酸 μg   4  4  6  5  20  23 
 パントテン酸 0.66 0.73 0.76 1.05  2.41  2.58 
コレステロール  71 87 100 71 120 140
 食塩相当量   g   0.3  0.3  0.3  0.3  0.2  0.2




 ”旬魚鰈(かれい)”のレシピいろいろ

 旬魚の「栄養と効能」と「料理レシピいろいろ」〜検索ページ →こちらから



 ♪カレイの煮付け

♪:材料(2人前)
@カレイ・・・2切れ(1切れ100g) Aごぼう・・・60g Bしょうが・・・1/2かけ
♪調味料ほか
@A ・酒・・1/4カップ ・みりん・・大さじ2 ・しょうゆ・・大さじ2 ・砂糖・・小さじ1 ・水・・2/3カップ
♪:そのほか(下拵えなど)
@カレイは表側の皮目に切り目を入れます
Aごぼうは皮をこそげ、包丁の背で軽くたたいて、長さ5cmに切ります。
Bしょうがは薄切りにします。

♪:作り方と食べ方
@煮ます。
・鍋にAを入れて火にかけ、煮立ったらいったん火からおろします。
・ここにカレイを並べて入れ、ごぼう、しょうがを加えて煮ます。
・時々煮汁を掛けながらごぼうが柔らかくなるまで煮ます。

♪:栄養価一人分
@熱量:kcal、 A塩分:g


 焼きかれいと大根の煮物   焼きかれいを使うと、よいだしが出て味わい深い煮物になります

♪:材料(2人前)
@かれい・・・1尾(300g)・焼きかれいの市販品でもよいだしが出て味わいが深い煮物になります
A大根・・・1/2本 B昆布・・・5〜6センチ C木の芽・・・たっぷり目

♪調味料ほか
@酒・・大さじ2 A砂糖・・大さじ1弱 Bしょうゆ・・大さじ2・1/2 C水・・1/2カップ
♪:そのほか(下拵えなど)
@うろこを取ります→ぬめりがあるので左手でしっかりと頭を持ち、尾から頭に向けて、
包丁を立ててうろこをこそげ取ります。
Aえらとワタを取ります→えらぶたを開いて包丁を入れ、刃先でえらを引き出します。
白い側のむなびれの下に切り目を入れ、ワタをかき出し、腹の中を洗います。
B焼きかれいを作っておきます。
C大根は2センチ厚さの半月切りにし、面取りをします。米のとぎ汁か、中華スープの素(顆粒)少々
(分量外)を加えた湯で全体に透き通るまで7〜8分茹でます。

♪:作り方と食べ方
@鍋に昆布を敷いて大根を並べ、かれいを白い方を上にし、のせます。
A水と酒を入れ、中火で5〜6分煮ます。 B砂糖、しょうゆを加え、鍋をゆすりながら弱火で煮ます。
C器に盛り、木の芽をたっぷり目に添えて出来上がりです。

♪:栄養価一人分
@熱量:kcal、 A塩分:g



 ♪子持ちかれいの煮物   子持ち鰈の煮つけは身、卵、とろっとしたひれ、それぞれが味わえます

♪:材料(2人前)
@子持ち鰈・・・2切れ Aしんとり菜・・・適量

♪調味料ほか
@水・・1/2カップ A酒・・大さじ2 B砂糖・・大さじ1 Cみりん・・大さじ1 Dしょうゆ・・大さじ2弱
♪:そのほか(下拵えなど) ♪:作り方と食べ方
@平なべに水、酒、砂糖、みりん、しょうゆ、を入れて煮立てます。
A鰈を奇麗に洗って子持ちが麗を入れて、濡らした落としブタをし、時々煮汁を掛けながら20分ぐらい煮ます
Bしんとり菜を鍋の端でさっと煮て添えます。

♪:栄養価一人分
@熱量:kcal、 A塩分:g 


 ♪鰈の唐揚げ野菜甘酢あんかけ・

♪:材料(2人前)
@鰈・・2切れ A玉ねぎ・・80g Bにんじん・・30g Cピーマン・・2個
♪調味料ほか
@塩・・少々 Aこしょう・・少々 B片栗粉・・適量 C揚げ油・・適量 D水・・100t
E調味料 ・だしの素・・小さじ1/2 ・しょうゆ・・大さじ1と1/2 ・酢・・大さじ1と1/2 ・砂糖・・大さじ1
・みりん・・大さじ1 ・酒・・大さじ1 F水溶き片栗粉・・小さじ1と1/2

♪:そのほか(下拵えなど)♪:作り方と食べ方
@ピーマン、玉ねぎ、にんじんは細切りにします。
A鰈に塩こしょうを振り、片栗粉をまぶします。
B170℃の揚げ油で、カラリト揚げます。
Cフライパンに水とにんじん。玉ねぎを入れて火にかけます。
玉ねぎがしんなりしてきたら、調味料を入れピーマンを加え、サッと煮ます。
D水溶き片栗粉でとろみをつけ、揚げたかれいにかけて出来上がりです。

♪:栄養価一人分
@熱量:kcal、 A塩分:g 



 ♪鰈のムニエルきのこソース添え   バターは焦げやすいので、火は弱めで調理するのがポイント

♪:材料(3人前)♪調味料ほか
@鰈の切り身・・3切れ A塩・・少々 Bこしょう・・少々 C小麦粉・・大さじ1 
Dきのこソース ・エリンギ・・1本 ・ふなしめじ・・半パック ・えのき・・半パック ・レモン汁・・半個分
・醤油・・大さじ1 ・みりん・・大さじ1 ・酒大さじ1 Eバター(又はマーガリン)・・大さじ1FGHI

♪:そのほか(下拵えなど)♪:作り方と食べ方
@鰈は水分を取り、ビニール袋に入れて塩とこしょう、小麦粉を加え振り混ぜます。
Aバター大さじ半分でこんがり焼きます。
B焼きあがった鰈をお皿に移し、フライパンの汚れをペーパーで拭き取ります。
バター大さじ半分できのこを炒め、調味料で味付けをします。
C鰈にきのこソースをかけて出来上がりです。

♪:栄養価一人分
@熱量:kcal、 A塩分:g 




Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】