5月の旬魚〜伊佐木(いさき)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

5月の旬魚〜伊佐木(いさき)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 



≪旬の魚≫

 伊佐木(いさき)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」ページです。

5〜6月の産卵期のものは「麦わらいさき」と呼ばれ、脂がのって最も味が良いクセのない淡白な味だが、磯魚特有の臭みがあり、鮮度が落ちやすい大ぶりで新鮮なものは刺身やあらいに、小ぶりの物は塩焼きなどが良い。
伊佐木(いさき)五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から
伊佐木(いさき)    
  栄養成分  単位   生   栄養成分  単位      栄養成分  単位     
脂肪酸
飽和 
1.63 マグネシウム   32  ビタミンB2    0.12
脂肪酸
一価不飽和 
g  1.29  リン   220 ビタミンB6    0.31
脂肪酸
多価不飽和 
g  1.65  鉄   0.4 ビタミンB12  μg  0.12
 エネルギー  kcal  127  亜鉛    0.6 ナイアシン    4.0
三大栄養素
 たんぱく質 
g  17.2  銅    0.04  葉酸  μg  12
 三大栄養素
脂質
g   5.7 マンガン    0.01 パントテン酸    0.77
三大栄養素
炭水化物
 g 0.1  ビタミンA
 レチノール
 
μg  41 コレステロール   71
ナトリウム 160 ビタミンD μg 15.0 食塩相当量    g   0.4
カリウム 300 ビタミンE
 トコフェロールα
0.9      
カルシウム 22  ビタミンB1 0.06      

・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法 
 
 
 
含まれる栄養成分、主な有効成分と効能 
・調理のポイント 
 
 
 


旬魚の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから

”伊佐木(いさき)”のレシピ 
 いさきの
焼き浸し

♪:材料(2人前)
@いさき(3枚におろしたもの)
・・・1尾分(正味150g) 
Aにんじん・・・2p(30g) 
Bアスパラガス・・・2本(50g)
C長ねぎ・・・1/3本(30g)
D赤唐辛子・・・1/2本
♪調味料ほか
@A 
・しょうゆ・・・大さじ2 
・酒・・・大さじ2 
・だし汁・・・大さじ2
 ほかにスズキなども、美味しいですよ 
♪:そのほか(下拵えなど)
@にんじんは厚さを2〜3mmの斜め切りにします。
Aアスパラガスは根元の堅い部分を除いて、
3〜4等分に切ります。
B長ねぎは長さを3pに切ります。 
C赤唐辛子は斜め半分に切って種を除きます。
Dいさきは1枚を3等分にします。

♪:作り方と食べ方
@魚焼きグリルにアスパラガスを並べて、
強火で少し焦げ目がつくぐらいに焼きます。
A同様ににんじんと長ねぎも4〜5分焼きます。 
B赤唐辛子もサッと焼きます。
Cいさきはグリルを両面焼きにして5〜6分焼きます。
DバットなどにAを入れて混ぜ合わせ、材料全てを入れて、
時々返しながら10分ほど浸し、味をなじませて出来上がりです。
♪:栄養価一人分 @熱量:130kcal、 A塩分:2.2g 
 伊佐木の
アクアパッア
♪:材料(2人前)
@伊佐木(下処理したもの)・・2匹
A浅蜊・・1パック 
Bプチトマト・・10個 
Cしめじ・・1パック 
Dにんにく・・2かけ
♪調味料ほか
@白ワイン・・200cc
A自然塩(美味しいもの)・・小さじ3
Bレインボーペッパー・・適量
Cバター・・15g
 
♪:そのほか(下拵えなど)
@伊佐木はよく洗ってキッチンペーパーで、水気を拭き取ります。
A浅蜊は殻をこすり合わせて、よく洗います。 
Bニンニクはみじん切りにします。
Cプチトマトは半分に切ります。 
Dしめじは石づきを除いて小房に分けます。

♪:作り方と食べ方
@みじん切りのニンニクと、バターを熱したフライパンで、
両面を香ばしく焼きます
A@に浅蜊、しめじ、プチトマトを加えて、白ワインを回し入れて
蓋をして、暫く蒸し焼きにします。
B浅蜊の口が開いたら、塩とレインボーペッパーで
味付けをして出来上がりです
♪:栄養価一人分 @熱量:kcal、 A塩分:g  
 伊佐木の
なめろう
♪:材料(4人前)
@伊佐木・・2尾(30p) 
A長ねぎ・・8p 
B生姜・・1かけ(小) 
C大葉・・3枚
♪調味料ほか
@味噌・・大さじ2
(伊佐木の大きさで調整)
 粘りが出るまで叩きます 
 ♪:そのほか(下拵えなど)
@伊佐木を三枚に下ろしたら、腹骨を削ぎ取ったうえで皮を引きます。
A長ねぎはみじん切りにします。 
B生姜はみじん切りにします。 
C大葉は細かく刻んでおきます。

♪:作り方と食べ方
@まな板の上に伊佐木を置き、出刃包丁で叩いて細かくする。
ある程度の粘りが出たら、刻んだネギを加えて叩きます。
生姜を加えて叩きます。更に大葉を加えて叩きます。
最後に味噌を加えて叩きます。
Aすべてがまんべんなく交じり合ったら出来上がりです。

*叩くとき、ネギは飛びやすいので最初は細かく、
馴染んできたら大胆に叩きます。
*さんが焼き「なめろう」をハンバーグ状にして
焼いても美味しいです。
♪:栄養価一人分 @熱量:kcal、 A塩分:g 
 伊佐木の
塩焼き
♪:材料(4人前)
@伊佐木・・2尾 
♪調味料ほか
@レモン・・1/2個 
A塩・・大さじ1 
Bサラダ油・・少々 
Cしょうゆ・・適量 
D甘酢生姜・・適量
 サッパリと美味しいです 
♪:そのほか(下拵えなど)
@伊佐木を尾の方から頭に向かってうろこをこそげ取ります。
盛りつけたときに裏側になる側の腹に切りこみを入れて内臓をだします。
身の厚い部分に切りこみを入れ、両面に塩をふります。
(切り身の場合は、身の厚い部分に切り込みを入れて両面に塩をふります)
*塩のふり方は魚の20p位上から指の間から
塩ををふり落とすとまんべんなくふれます。
Aレモンは4つのくし切りにします。

♪:作り方と食べ方
@オーブンの網にサラダ油を塗り、イサキを並べて
オーブンに入れ、焼き上げます。
A器にイサキを盛り、レモン、甘酢ショウガを添え、
お好みでしょうゆ等を掛けていただきます。
*イサキの身がパサパサした感じの時は、
オリーブ油としょうゆ少々をかけていただくと美味しいです。
♪:栄養価一人分 @熱量:107kcal、 A塩分:g
 
 伊佐木の刺身
(姿造り)
♪:材料(2人前)
@伊佐木・・1尾
♪調味料ほか
@大葉・・適量 
Aわさび・・適量
 新鮮なものは、脂がのって旨い 
 ♪:そのほか(下拵えなど)
@ウロコをしっかりと落とします。
(ウロコが残ると生臭くなるので、
包丁が引っ掛かり捌きにくいので残らず奇麗に落とします)
A頭を落とし内臓を取り出します。
Bしっかり水洗いして、お腹の中の血もきれいにします。
C頭を右にして腹から包丁を入れます。
中骨まで包丁が入ったら、今度は背の方から包丁を入れます。
包丁は常に骨に当てて、コリコリと音をならすように捌いていきます。
2枚おろしの出来上がりです。
D引き続き反対側も捌きます。反対側は背から包丁を入れます。
(3枚おろしの基本は、 腹-背-背-腹の順です)
3枚おろしの出来上がりです。
E次に腹骨をすきとります。包丁を寝かせながら、
腹骨に沿ってスーッと包丁を入れます。
腹の身は脂がのって旨いので身を残すように切ります。
F皮を引きます。包丁を固定して、皮を少し上下させるよう
に引いていくと上手くいきます。
(中骨に沿って包丁を入れ、中骨を外します。 ま
たは骨抜きを使ってもOK)

♪:作り方と食べ方
@皿に伊佐木の頭と中骨を置いて、大葉を敷き詰めます。  
A薄くそぎ切りにして、盛り付けをします。
Bわさびを添えて出来上がりです。
♪:栄養価一人分@熱量:kcal、 A塩分:g

 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】