7月の旬魚〜鱸の料理

暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

7月の旬魚〜鱸の料理

 暦事典〜日本文化を知るために〜
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ〜暦〜日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
          誕生花     誕生石    お祭り    万年暦    旬の野菜   旬の魚    旬の貝    用語集 
                 
 
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

♪暦〜誕生花
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦〜誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦〜用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気
・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦〜
日本の食文化
・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦〜旬の野菜
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦〜旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦〜
日本の伝統文化
♪暦〜全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦〜京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。
・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール





≪日本文化と暦≫

”旬魚鱸(すずき) ”の栄養素と効能&レシピいろいろのページ
鱸は魚の中では珍しく身にビタミンAが多く含まれ、皮にはビタミンDが豊富な魚です。
骨の弱い人には特に摂取してほしい魚です。
詳しくは7月の旬魚のページへ→こちらから
・魚介類に多く含まれる、DHA(ドコサヘキサエン酸は不飽和脂肪酸の一つ)。
EPA(エイコサペンタエン酸)はw-3脂肪酸又はn-3脂肪酸の一つで、不飽和脂肪酸の分類の一つ)
働きは、
・DHAには、血栓をできにくくしたり、悪玉コレステロールを減ら働きと脳細胞を活性化し、頭の回転を
良くする働きがあります。また、高齢者の痴呆症などの治療にも効果があると言われています。
・EPAには、脳血栓や心筋梗塞を予防するすばらしい働きを持っています。
*めやすとして1日1g以上でおよそ90g以上の魚、約大きめの1切れを食べると良いでしょう。
  
五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から
重量の単位:1gは1グラム 1rは1,000分の1グラム 1μg(マイクログラム)は100万分の1グラム
tr(トレース)は、微妙に含まれている
 
   
鱸(すずき)    
  栄養成分  単位   生   栄養成分  単位      栄養成分  単位     
脂肪酸
飽和 
1.04 マグネシウム   29  ビタミンB2    0.20
脂肪酸
一価不飽和 
g  1.20  リン   210 ビタミンB6    0.27
脂肪酸
多価不飽和 
g  1.08  鉄   0.2 ビタミンB12  μg  2.0
 エネルギー  kcal  123  亜鉛    0.5 ナイアシン    3.9
三大栄養素
 たんぱく質 
g  19.8  銅    0.02  葉酸  μg 
 三大栄養素
脂質
g   4.2 マンガン    0.01 パントテン酸    0.93
三大栄養素
炭水化物
 g tr微妙に含
まれている
 ビタミンA
 レチノール
 
μg  180 コレステロール     67
ナトリウム 81 ビタミンD μg 10.0 食塩相当量    g   0.2
カリウム 370 ビタミンE
 トコフェロールα
1.2      
カルシウム 23  ビタミンB1 0.02      




 ”旬魚鱸(すずき)”のレシピいろいろ

 旬魚の「栄養と効能」と「料理レシピいろいろ」〜検索ページ →こちらから



 ♪すずきの甘酢あんかけ
 皮を切らないように出来るだけ深く包丁を入れます、油に入れると花が開いたようになります
 表面が固まるまで動かさないこと


♪:材料(4人前)
@すずき(皮付)・・・600g A長ねぎ(せん切り)・・・飾り用

♪調味料ほか
@塩・・少々 A酒・・少々 B全卵・・1個 C片栗粉・・適宜 Dサラダ油・・適宜
Eあん ・水・・400cc ・しょうゆ・・大さじ3 ・砂糖・・200g ・塩・・小さじ1 ・黒酢・・100cc 
・酢・・大さじ1 ・水溶き片栗粉・・大さじ3 ・しょうが(みじん切り)・・小さじ1 
・長ねぎ(みじん切り)・・小さじ1

♪:そのほか(下拵えなど)
@すずきは皮を下にして、皮を切らないように格子状に包丁を入れていきます。
A塩と酒少々をまぶして下味をつけ、溶きほぐした卵にくぐらせ、
片栗粉を切れ目の中までしっかりまぶします。

♪:作り方と食べ方
@160度に熱した油に、皮目を下にして入れ、強火でカリッと揚げます。
Aあんを作ります。
・鍋に水、しょうゆ、砂糖、塩を加えて煮立て、黒酢、酢を加え、水溶き片栗粉を
2〜3回に分けて加えてとろみをつけ、みじん切りのしょうがと長ねぎを加えます。
B皿にすずきを盛りつけ、あんかけをかけ、せん切りにした長ねぎを盛ります。

♪:栄養価一人分
@熱量:kcal A塩分:g
  


 ♪スズキのムニエル   バターだけだと焦げやすいのでサラダ油を加えて

♪:材料(4人前)♪調味料ほか
@スズキ・・4切れ(80g) A塩、こしょう・・少々 B小麦粉・・適量 Cサラダ油・・大さじ4 
Dバター・・大さじ1 Eレモン汁・・少々 Fレモン(カット)・・適量 Gバターソース・・バター大さじ6

♪:そのほか(下拵えなど)
@スズキはサッと水洗いし、水気を十分に拭き取ってから、軽く塩こしょうで下味をつけます。
A下味をつけたスズキ全体に小麦粉をまぶし、余分な粉をはたいて落とします。

♪:作り方と食べ方
@フライパンにサラダ油・バターを入れて熱し、スズキの皮目を下にして並べます。
フライパンを揺すりながら焼き色をつけます。
A焼き色が付いたら裏返して、火を弱めます。
スズキの中まで火を通したら器に盛って、レモン汁を振り、レモンをのせておきます。
Bフライパンを奇麗にして、バターを入れて溶かし、かき混ぜながらキツネ色に色づいてきたら
バターソースの出来上がりです。
Cアツアツのバターソースを器に盛ったスズキにかけて出来上がりです。

♪:栄養価一人分
@熱量:kcal A塩分:g



 ♪スズキのアライ

♪:材料(4人前)
@スズキ・・1/4柵
♪調味料ほか
@お刺身のツマ ・大根・・少量 ・大葉・・5枚 ・にんじん・・少量 
A酢味噌 ・白みそ・・大さじ1 ・砂糖・・小さじ1 ・酢・・大さじ1 
Bレモン・・1/8個

♪:そのほか(下拵えなど)♪:作り方と食べ方
@大根はかつらむきの後にせん切りにします。
Aにんじんは細かく切ります。
Bスズキの三枚におろしたスズキを柵どりにします。(骨を削ぐか毛抜きで抜きます)
C柵どりした身を薄く切り、身の色が白っぽくなるまで、氷水につけます。
D皿に大葉とツマを飾り、レモンを添えます。
Eツマを飾った皿にスズキを盛り付けて、食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておきます。
F酢味噌を作ります。白味噌、酢、砂糖を混ぜ合わせます(砂糖の量はお好みで調整)
G酢味噌につけていただきます。

♪:栄養価一人分
@熱量:kcal A塩分:g



 ♪スズキのバター焼き

♪:材料(1人前)
@スズキ・・半身
♪調味料ほか
@塩・・少々 Aこしょう・・少々 B小麦粉・・大さじ1 Cバター・・10g Dレモン・・1かけ
♪:そのほか(下拵えなど)♪:作り方と食べ方
@スズキを捌きます。半身を使います。
A焼くと縮むので、皮に切れ目を入れます。
B両面の水気を拭き取ります。塩、こしょうを振ります。
C小麦粉を薄く両面にまぶします。
Dフライパンにバターを入れて、熱します。
Eバターが溶けて香りがしてきたら、皮目を上にして身の方から焼きます。
Fこんがりと色が付いたら、皮目の方を焼きます。
G皿に盛り、レモンをかけていただきます。

♪:栄養価一人分
@熱量:kcal A塩分:g




Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】