7月の旬魚~カンパチの「栄養価と効能」   

  HOME TOPのページへ 
   今年の暦 暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典     過去未来の暦
   

7月の旬魚~カンパチの「栄養価と効能」 

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに変わり
「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
     
桜と富士山   日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬  全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる~栄養価と効能/レシピまで        記念日/誕生日プレゼントに
 旬の野菜 旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  誕生日花と誕生石の暦 
           

 ≪旬の魚≫

 7月の旬の魚
カンパチの「栄養価と効能」「料理レシピ」ページです
   旬の魚時期と「栄養価と効能」「レシピ」~検索のページへ →こちらから
 旬の魚月のページへ→1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
アジ科の魚。初夏から秋にかけてがおいしい時期。幼魚は魚体が黄色いことからヒヨッヒ(シオッコ)と呼ばれ、高級魚の仲間に入っている。カンパチは肉が締まっていてコクがあり、脂ののりもよく、舌触りもよい。夏の高級魚の一つである。
カンパチ(間八)五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から  
  カンパチ  
  栄養成分  単位  生   栄養成分  単位     栄養成分  単位    
脂肪酸
飽和 
1.12 マグネシウム ㎎   34  ビタミンB2  ㎎   0.16
脂肪酸
一価不飽和 
g  1.03  リン ㎎   270 ビタミンB6  ㎎   0.32
脂肪酸
多価不飽和 
g  1.24  鉄  ㎎  0.6 ビタミンB12  μg  5.3
 エネルギー  kcal  129  亜鉛  ㎎   0.7 ナイアシン  ㎎   8.0
三大栄養素
 たんぱく質 
g  21.0  銅  ㎎   0.05  葉酸  μg  10
 三大栄養素
脂質
g   4.2 マンガン  ㎎   0.01 パントテン酸  ㎎   0.52
三大栄養素
炭水化物
 g 0.1  ビタミンA
 レチノール
 
μg  コレステロール ㎎   62
ナトリウム ㎎  65 ビタミンD μg 4.0 食塩相当量    g   0.2
カリウム ㎎  450 ビタミンE
 トコフェロールα
㎎  0.9      
カルシウム ㎎  15  ビタミンB1 ㎎  0.15      
  カンパチ  
  栄養成分  単位  生   栄養成分  単位     栄養成分  単位    
        
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法         
         
含まれる栄養成分、主な有効成分と効能        
         
 ・調理のポイント       
         
         
  カンパチ(間八)について    
 カンパチ(間八)は、基本的には夏〜秋ですが、出回るのは秋〜冬にかけてが多いです。
ヒラマサが「夏」、カンパチが「夏〜晩秋」、ブリが「冬」とかなり連続で旨い魚が食べられます。

<選び方>
カンパチ(成魚)ですと一本で買うことは、まず無いと思いますが、カンパチの選び方は。
・鰓が赤々と鮮やかなもの。・身体がピンと張っているもの。
・腹がしっかりしているもの。
・体表に、透明なヌメリがあるもの。
・カンパチの大きさは2〜3㎏くらいが良いと思います。
・野締め(氷のみで締めたもの)よりも活き締め(包丁を入れ氷で締めたもの)が良いと思います。
・天然物の方が、脂の乗りも上品で美味しいです。

<食べ方>
・刺身が一番です。特に天然物は格別ですが、養殖物でも美味しい魚です。
この時期でしたら「しゃぶしゃぶ」も良いですし、切り身にして「鍋」も美味しいです。
ヒラマサ、ブリと同じように調理出来、アラ炊きも美味しいです。
 
 
Copyright (C) 2019~2027  暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】