11月の旬魚~?(かわはぎ)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典      

11月の旬魚~?(かわはぎ)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃~ 夏5月6日頃~  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃~   冬11月7日頃~   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃~
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃~
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃~
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃~
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜~索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚~索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝~索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦~用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 


≪旬の魚≫

 鮍(かわはぎ)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」ページです。

かわはぎの旬は、本来は夏であるが、秋から冬にかけて第二の旬があり釣りや籠漁などで一年を通じて漁獲される。小さな口で餌を削ぎとるように食べるので釣り人に当たりが伝わりにくく、釣り上げるには高度なテクニックが必要とされ、このため引っ掛け釣りなどの釣法も普及しており、釣りの対象としても人気が高い。身は脂肪が少なく歯ごたえがある白身で、料理法も、煮付け刺身、フライ、干物など多種多様である。生では弾力があるので、刺身にする際は薄造りにする。また、身だけでなく肝臓(キモ)も美味で珍重するカワハギの第二の旬が秋からというのも、この時期は冬に備えて餌を多く摂り肝臓が特に大きく発達する時期だからである。肝臓はピンク色で、脂肪の少ない身に対して脂肪分を多く含んでおり、こってりした旨みと甘みがある。身と一緒に刺身や煮付けで食べるキモを裏ごしして醤油に溶いたものを刺身につけるのも、カワハギならではの食べ方である。一方肝臓が発達すると身がやせてしまうので、身だけを賞味するならば夏がよい同じカワハギ科のウマヅラやウスバハギも料理法はカワハギと同様である。
かわはぎ五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から    
   かわはぎ 
  栄養成分  単位   生   栄養成分  単位      栄養成分  単位     
脂肪酸
飽和 
0.02 マグネシウム ㎎   28  ビタミンB2  ㎎   0.07
脂肪酸
一価不飽和 
g  0.01  リン ㎎   240 ビタミンB6  ㎎   0.45
脂肪酸
多価不飽和 
g  0.03  鉄  ㎎  0.2 ビタミンB12  μg  1.3
 エネルギー  kcal  80  亜鉛  ㎎   0.4 ナイアシン  ㎎   3.0
三大栄養素
 たんぱく質 
g  18.8  銅  ㎎   0.03  葉酸  μg 
 三大栄養素
脂質
g   0.1 マンガン  ㎎   0.02 パントテン酸  ㎎   0.17
三大栄養素
炭水化物
 g tr微妙に含
まれている
 ビタミンA
 レチノール
 
μg  コレステロール   ㎎   47
ナトリウム ㎎  110 ビタミンD μg 43.0 食塩相当量    g   0.3
カリウム ㎎  380 ビタミンE
 トコフェロールα
㎎  0.6      
カルシウム ㎎  13  ビタミンB1 ㎎  0.02      

・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法 
 
 
 
含まれる栄養成分、主な有効成分と効能 
・調理のポイント 
 
 
 


旬魚の時期と「栄養価と効能」~「レシピ」検索のページヘ →こちらから

”かわはぎ”のレシピ 
 かわはぎの
煮付け

♪:材料(2人前)
①かわはぎ・・2匹
(皮を剥いで処理され肝付) 
生姜・・1かけ 
③白ねぎ・・1/2本 
④にんじん・・1/3本
♪調味料ほか
①調味料 
・酒・・50㏄ 
・水・・100㏄ 
・しょうゆ・・大さじ2 
・みりん・・大さじ1 
・砂糖・・大さじ1
  
♪:そのほか(下拵えなど)
①生姜は皮付きのままで半量はスライスに、半量は千切りにします。
②ねぎは3~4㎝の長さに切ります。 
③にんじんは乱切りにします。
④かわはぎは頭を落とし、内臓を取り除き奇麗に洗います。
⑤サッと熱湯をかけて下処理をして置きます。

♪:作り方と食べ方
①大き目の鍋に、調味料
(水、酒、醤油、砂糖、みりん)全て入れ、ひと煮立ちします。
②煮立ったら、生姜(半量)スライスと一緒にカワハギを並べて入れます。
③再度煮立ったら、落としブタをして、中火で15分ほど煮ます。
(フツフツと泡が立つ程度の火加減で)
ここで付け合わせの野菜(ネギ、にんじん)を加えます。
④時々煮汁をまわしかけながら、味をふくめて、
煮汁が半分になるまで煮詰めて出来上がりです。
身が崩れないようにお皿に盛ります。
生姜(半量)のせん切りを飾っていただきます。
♪:栄養価一人分 ①熱量:kcal ②塩分:g
 かわはぎの
ムニエル
♪:材料(4人前)
①かわはぎ・・500g
(皮を剥いで処理され肝付)
♪調味料ほか
①塩・・少々 
②こしょう・・少々 
③小麦粉・・大さじ4
④バター・・10g
 
♪:そのほか(下拵えなど)
かわはぎは頭を落とし、内臓を取り除き奇麗に洗い、
かわはぎの水気をキッチンペーパーで拭き取ります。。
②かわはぎに十字に切れ目を入れて、
全体に塩、こしょうをして小麦粉をまぶします。

♪:作り方と食べ方
①フライパンを十分熱してバターをひいてバターを溶かします。
②バターが溶けたら、皮剥ぎを入れて焼きます。
片目に焦げ目が付いたら裏返して火を中火にし、
蓋をして3分~5分蒸し焼きにします。
(魚の厚さによって多少差があるので3分したら様子見します)
③蒸し焼きが終わったらお皿に盛りつけます。
④蒸し焼きが終わったらお皿に盛りつけましょう。
⑤とってもあっさりした味のお魚です。
濃い目のソースか、レモンでさっぱりいただきます。
♪:栄養価一人分 ①熱量:kcal ②塩分:g
 かわはぎの
お刺身
♪:材料(2人前)
①かわはぎ・・2匹((刺身用)
②白髪ネギ又はカイワレ・・適量 
♪調味料ほか
①しょうゆ又はポン酢
 お酒好きな方にはたまらない一品です。茹でた肝でタレを作り。 
 ♪:そのほか(下拵えなど)♪:作り方と食べ方
①かわはぎは、はさみで口、頭の上の角、お腹の下の固い骨を切り取ります。
②口のところの、両面にはさみで切れ込みを入れて、
切れ込みから、ペリペリと皮を剥いでいきます。
③頭の角のあたりに固い骨があるので、
その骨の少し後ろから、沿わせるように半分ぐらい包丁を入れます。
④頭を持って下に引っ張ると、内臓ごと取り除けます。
⑤内臓を取り出し、肝だけ残して軽く洗っておきます。
お腹の中も水で奇麗に流します。
頭の部分は頬のへこみに指を入れ、鰓を取ると奇麗に流せます。
⑥尻尾から包丁を入れて横にすべらせ、三枚におろしします。
⑦お腹の内側の周りに付いている
薄皮と色が変わっているところも取り除きます。
⑧下側の薄い皮を切らないように気を付けて包丁を下ろして、
そのまま左に滑らせて、身を切り取ります。
⑨まわして上下逆に置き、⑧と同じように骨の左に包丁を入れ、
滑らせて身を取ります。
(身を取った後のアラは、いいだしが出るので、
アラを煮た後、鍋用にとっておきます)
⑩身を丁寧に薄く切り、食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておきます。
⑪肝をサッと熱湯で茹でます。
⑫肝が冷えたら、お皿に盛って出来上がりです。
お好みで、肝と白ネギを混ぜたもの、または肝と醤油かポン酢を混ぜて、
お刺身と絡めていただきます。
♪:栄養価一人分 ①熱量:kcal ②塩分:g
 
Copyright (C) 2015~2020  暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】