11月の旬魚〜鯣烏賊(するめいか)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

1ページ目11月の旬魚〜鯣烏賊(するめいか)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 


≪旬の魚≫

 1ページ目鯣烏賊(するめいか)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」ページです。

 @ページ目”旬魚錫烏賊(するめいか)”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ  →・いかと海老のめちゃうまドリア
・いかとにんにくの芽炒め
・いかの中華天ぷら
・烏賊の鉄砲焼き
・ローマ風イカフライ

Aページ目のレシピへ  →・いかめし
・イカのオクラ和え
・烏賊と野菜のマスタードマリネ
・野菜の烏賊ボール揚げ
・イカとモロヘイヤのにんにく醤油

Bページ目のレシピへ  →・烏賊と里芋のあんとじ
・烏賊のエスニック風味サラダ
・烏賊のタイ風サラダ
・烏賊と青梗菜の中華炒め
・烏賊とエリンギのバター醤油

スルメイカは秋から冬にかけての産卵期が旬。冷凍技術の発達で、旬のものはほとんど味覚をそこなわず年中出回っているが、ワタだけは生と冷凍の差が出るため、塩辛などにするのなら、旬のものを使うとよい。日本近海で獲れるいかの漁獲量の半分以上をしめるのが「するめいか」。東シナ海に生まれて、日本列島沿いに南下、秋から冬が美味とされています。「寿留女」と書いて婚約・結婚の祝い用に使われるのは花嫁が逃げ出さずに末永く留まってくれるようにとの願いからですコレステロールを下げる働きのあるタウリンが豊富であると判明しました。
錫烏賊(するめいか)五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から
  栄養成分   単位   いか類
するめ
いか
あか
いか
けんさき
いか
こう
いか
ほたる
いか
やり
いか
                
脂肪酸
飽和 
0.16 0.25 0.16 0.58 0.18 
脂肪酸
一価不飽和 
g  0.05 0.07 0.04  0  0.69  0.05 
脂肪酸
多価不飽和 
g  0.29 0.31 0.22  0  0.94  0.26 
 エネルギー  kcal  88  89  84  66  84  85 
三大栄養素
 たんぱく質 
g  18.1  17.9  17.5  14.9  11.8  17.6 
 三大栄養素
脂質
g   1.2  1.4  1.0  0.3  3.5  1.0 
三大栄養素
炭水化物
 g  0.2 tr
微妙に
含まれている
 
0.1  0.1  0.2  0.4 
ナトリウム 300 200 210 280  270  170 
カリウム 270 330 330 220  290  300 
カルシウム 14 12 12 17  14  10 
 マグネシウム 54 46 46 48  39  42 
 リン 250 280 260 170  170  280 
 鉄 0.1 0.1 0.1 0.1  0.8  0.1 
 亜鉛 1.5 1.2 1.3 1.5  1.3  1.2 
 銅 0.34 0.21 0.16 0.45  3.42  0.25 
 マンガン 0.01 0.02 0.02 0.02  0.05  0.02 
 栄養成分 単位 いか類
するめ
いか
あか
いか
 
 けんさき
いか
こう
いか
 
ほたる
いか
 
やり
いか
 
           
 ビタミンA
 レチノール
μg  13 5   1500  8
 ビタミンE
 トコフェロール
α
2.1 2.2 1.6  2.2 4.3  0 
 ビタミンB1 0.05 0.01 0.01 0.03  0.19  0.04 
 ビタミンB2 0.04 0.02 0.02 0.05  0.27  0.03 
 ビタミンB6 0.20 0.10 0.11 0.06  0.15  0.10 
 ビタミンB12 μg    6.5  2.3  2.5  1.4  14.0  1.1 
 ナイアシン 4.2 2.1 2.5 1.3  2.6  3.5 
 葉酸 μg   34 5 
 パントテン酸 0.54 0.31 0.28 0.52  1.09  0.27 
コレステロール  270 280 350 210 240 320
 食塩相当量   g   0.8  0.5  0.5  0.7  0.7  0.4


烏賊の種類

 スルメイカ
(錫烏賊)
(旬:夏)
東シナ海北部から日本海南西部で9月から11月に発生し、主に日本海で成長し夏から秋にかけて漁獲。成長する時期が餌の豊富な春から夏なので大きく成長し、日本海でのイカ釣り漁業で沢山の水揚げがされます。
 ヤリイカ
(槍烏賊)
(旬:6月〜10月)
スルメイカに比べるとやや小型で身が薄く、柔らかくて癖の無い上品な味を持っています。耳もコリコリして美味しいです。 皮むきもスルメイカよりずっと楽で便利なイカです。
コウイカ
(甲いか)
(旬:9月〜1月)
 
スミイカ、ハリイカとも言います。胴が楕円形で皮に灰色の模様があります。胴の中に甲があるのが名前の由来で、 甲羅の先端がとがっていて胴の下部からわずかに出ています。さっと塩茹ですると歯切れが良く、柔らかく て旨みが濃い。大変おいしいイカです。
  ヨーロッパ
コウイカ
(旬:)
カミナリイカの代用品としてアフリカから輸入されるようになったイカで通称”モンゴウイカ”です。胴長50cmを 超えるものもある大型のイカで、カミナリイカと同様に派手な模様があります。カミナリイカよりやや大味。 カミナリイカとの見分け方は、触(長い足)に特大の吸盤が無いことです輸入イカは加工されて「ロールイカ」として輸入されることが多い。
  ケンサキイカ
(剣先烏賊)
(旬:春・夏)
スルメはケンザキスルメとして最高の扱いを受けます。裂きやすく上品でコクのある味で、「一番スルメ」と言われて中国に輸出されます。(これに対してスルメイカのスルメは裂きにくく、 コクはあるが国内で消費されるので、「二番スルメ」と言われます。
 ソデイカ
(袖烏賊)
(タルイカ、アカイカ)
(旬:)
赤道を帯のように取り巻いて生息する、外套長80p以上もある大型の烏賊です。重さも10〜20sにもなります。秋から初冬にかけて日本海側で漁獲されます。大型で肉が厚いので、歩留まりも高いため、寿司のチェーン店や大型のレストランで使われているようです。
 シリヤイカ
(旬:)
以前はマイカとも呼ばれていました。コウイカに似ていますが、甲の先端が胴の下から顔を出していません。 コウイカやカミナリイカと混同されていています。味は濃いのですが、コウイカより固く歯ごたえがあるイカです。
 カミナリイカ
(モンゴウイカ)
(紋甲烏賊)
(旬:10〜12月)
モンゴウイカとも呼ばれます。コウイカを大型にしたようで、胴に派手なキスマークのような模様(紋)があります。 房総半島から南に分布しています。身が厚いわりには柔らかく旨みがあり、かつ重量感のある美味しいイカです漁獲が少なく、現在は幻の高級イカになってしまっています。
 アオリイカ
(障泥烏賊)
(旬:子は10〜11月
親は3〜5月)
コウイカのように楕円形の胴を持った大型のイカ。バショウイカとも呼ばれます。上品な味で美味しいです。
 ホタルイカ
(蛍烏賊)
(旬:4月・5月)
桜の咲く時期からゴールデンウィークまでの間に出回る小さなイカ。一年に一回、発光器を備えていて、シーズンの夜に富山湾の海面を 群遊し、漁師の網に触れて発行する様は有名です。富山湾はホタルイカ群遊海面として 天然記念物に指定されています。


・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法 
 
 
 
含まれる栄養成分、主な有効成分と効能 
・調理のポイント 
 
 
 


旬魚の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから

”錫烏賊(するめいか)”のレシピ 
 いかと海老の
めちゃうま
ドリア

♪:材料(2人前)
@烏賊・・・胴1/2杯分 
A海老・・・8匹 
Bほうれんそう・・・1輪
♪調味料ほか
@ブランデー・・少々 
A万能フレンチの素・・大さじ3 
B生クリーム・・カップ1
Cグリュイエールチーズ
(おろしたもの)・・適宜 
D塩・・少々 
Eこしょう・・少々 
Fオリーブ油・・適宜
 濃厚でありながらさっぱりと食べられます 
♪:そのほか(下拵えなど)
@イカは輪切りにします。 
A海老は頭を落とし、殻と背ワタをを取り除きます。
B烏賊と海老に塩、こしょうを少々ふります。 
Cほうれん草は5cm長さに切ります。
♪:作り方と食べ方
@フライパンにオリーブ油適宜を熱して、
烏賊と海老を炒め、ブランデーを少々ふります。
8割り方火が通ったら、ほうれん草を加えます。
Aしんなりしたら万能フレンチの素
(大さじ3)と生クリーム(カップ1杯)を加え、とろりとするまで煮詰め
塩、こしょうを少々加え味を調えます。
B耐熱性の皿にご飯を盛り、とろりとしたAをかけます。
チーズを散らしてオーブントースターに入れ
焼き色をつけ出来上がりです。
♪:栄養価一人分 @熱量:kcal A塩分:g
 いかと
にんにく
の芽炒め
♪:材料(2人前)
@するめいか・・・1ぱい 
Aにんにくの芽・・・2輪 
Bにんにく(せん切り)・・・1かけ 
Cしょうが(せん切り)・・・1かけ
♪調味料ほか
@薬念(ヤンニョム) 
・しょうゆ・・大さじ3 
・砂糖・・小さじ2 
・粉唐辛子・・小さじ1 
・いりごま(白)・・小さじ1
Aサラダ油・・大さじ1 
Bゴマ油・・少々 Cこしょう・・少々
少し唐辛子をきかせると、にんにくの芽の甘みが引き立ち美味しいです。
:そのほか(下拵えなど)
@イカは腹ワタごと足を抜き、はらわたを落として手早く水洗いします
水けをふいて胴は縦半分に切ってから
5cm幅に切り、足は5cm長さに切ります。
Aにんにくの芽は5cm長さに切ります。 
B薬念の材料は合わせておきます。
♪:作り方と食べ方
@フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、にんにく、しょうがを炒めます。
香りが立ったら、イカを入れて強火で炒め、にんにくの芽を加え炒めます。
Aにんにくの芽がしんなりしたら、薬念を全体にかけてからめます。
B仕上げにゴマ油少々を回しかけ、
こしょう少々をふり、器に盛り出来上がりです。
♪:栄養価一人分 @熱量:110kcal A塩分:g
 いかの
鉄砲焼き
♪:材料(4人前)
@いか・・2はい(400g) 
Aごぼう・・1/3本(50g) 
Bにんじん・・30g
Cきくらげ(戻した)・・1/2枚(6g)
Dさやえんどう・・・12枚 
Eおから・・・1〜1/2カップ
(100〜150g)
調味料ほか
@ゴマ油・・大さじ1
AA 
・だし汁・・1/2カップ 
・しょうゆ・・大さじ1〜2 
・酒・・大さじ2 
・砂糖・・大さじ1〜2 
・塩・・少々
BB 
・みりん・・大さじ1 
・酒・・大さじ2 
・しょうゆ・・2と1/2 
・水・・大さじ3
 いかの風味と歯ごたえ、おからが美味しい 
  ♪:そのほか(下拵えなど)
@いかはワタを取り出し、水洗いをして水気を拭きます。
足は細かく刻みます
Aごぼうはささがきにして酢水に浸けます。 
Bにんじんはせん切りにします。
C戻したきくらげはせん切りにします。 
Dさやえんどうは斜めせん切りにします。
Eおからはフッ素樹脂加工のフライパンで、
パラパラになるまで、空炒りします。
♪:作り方と食べ方
@具を炒めます。
・鍋にごま油を入れて火にかけます。
・水気を切ったごぼう、にんじん、きくらげ、さやえんどうと
イカの足を炒めます。
・油が全体にまわったら、Aの調味料を入れてしばらく煮ます。
・おからに加えて混ぜ合わせます。
A具を詰めて蒸し焼きにします。
・いかの胴に具をギュッと詰めます。
・これをフライパンに入れてBの調味料をまわし入れ、
蓋をして蒸し焼きにします。煮汁をからめます。
B食べやすい厚さに切って、器に盛りあればしょうがやみょうがの
酢漬けなどをつけていただきます。
♪:栄養価一人分 @熱量:kcal A塩分:g
     
  ローマ風
イカフライ
♪:材料(4人前)
@イカ(胴)・・・2はい(200g)
Aミントの葉・・・適宜 
Bライム・・・適宜
(レモンでも代用できます)
 
♪調味料ほか
@A 
・オリーブ油
(エキストラバージン)大さじ1 ・レモン汁・・大さじ1 
・塩・・少々
A卵・・1個 
B薄力粉・・適宜 
C揚げ油・・適宜
 
衣はカリッと、イカはやわらかライムをギュッと絞って、さっぱりといただきます。  
  ♪:そのほか(下拵えなど)
@Aのマリネ液に漬けます。
・イカの胴は皮をむき、幅1cm強の輪切りにします。
・Aを混ぜ合わせてイカにふりまぜ、30分おきます。
♪:作り方と食べ方
@揚げます。
・ボウルに卵を割りほぐして泡立てます。
・イカの水気を拭いて薄力粉を薄くまぶし、
泡立てた卵にくぐらせて、180度の揚げ油でカラリと揚げます。
A油をよく切って器に盛り、ミントの葉と
くし切りにしたライムを添えて出来上がりです。
♪:栄養価一人分 @熱量:127kcal A塩分:0.2g 
@ページ目”旬魚錫烏賊(するめいか)”のレシピいろいろ

@ページ目のレシピへ  →・いかと海老のめちゃうまドリア
・いかとにんにくの芽炒め
・いかの中華天ぷら
・烏賊の鉄砲焼き
・ローマ風イカフライ

Aページ目のレシピへ  →・いかめし
・イカのオクラ和え
・烏賊と野菜のマスタードマリネ
・野菜の烏賊ボール揚げ
・イカとモロヘイヤのにんにく醤油

Bページ目のレシピへ  →・烏賊と里芋のあんとじ
・烏賊のエスニック風味サラダ
・烏賊のタイ風サラダ
・烏賊と青梗菜の中華炒め
・烏賊とエリンギのバター醤油


 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】